プラスチック 黄ばみ 取り。 ヘッドライトの黄ばみを取る方法|黄ばみや曇りがついてしまったヘッドライトをきれいにクリーニング

お風呂(プラスチック)の黄ばみの取り方!クエン酸と重曹で落とせるの?

プラスチック 黄ばみ 取り

プラスチックの黄ばみの原因 プラスチックが黄ばむ原因は大きく分けて3つあります。 素材自体が劣化する プラスチックと一口にいっても素材が色々。 一番多いのはABS樹脂と呼ばれるものです。 Acrylnitrile(アクリルニトリル)• Butadiene(ブタジエン)• Styrene(スチレン) という3つの素材からできています。 この中のブタジエンという物質が時間とともに劣化、変色して黄ばみが出てくるのです。 素材に添加されている材料が原因で劣化する ABS樹脂には• 酸化防止剤• 難燃剤 が添加されています。 これらの添加物が含まれるものを暗い所で長期間保存していると、素材が化学変化を起こして黄ばみが出てきます。 これを暗所黄変といいます。 何となく直射日光に当てていると色が変わりそうなイメージがありますが、暗い所でも化学変化が起こるんですね。 外的要因による黄ばみ これは外側からの原因で黄ばんでしまう場合で、例えばタバコのニコチンなどによるものです。 外側に汚れがついているだけなので、比較的落としやすい黄ばみです。 プラスチックの黄ばみの簡単な取り方 どの要因で黄ばみが出来ているかは、落としてみないと分かりません。 素材自体の経年劣化による黄ばみの場合は、どうやっても落ちないこともあります。 まずは黄ばみ取りを試してみるしかありません。 酸素系漂白剤に漬け込んで紫外線を当てる 家庭に1本はある酸素系漂白剤。 お洗濯に使うものですが、これを使って黄ばみを取っていきます。 水に漂白剤を入れて、プラスチックを沈めます。 水に漬け込んだまま、1週間~1ヶ月日光に当てます。 これは、紫外線の力で漂白剤に含まれている成分に化学反応を起こし、黄ばみを取るという方法です。 小さいものなら洗面器、大きいものは収納ケースなどを使うといいでしょう。 日光に当てないと意味がないですから、家の中や日陰に置いておいてもダメです。 ベランダなど、日光が当たる場所においてください。 紫外線が当てられればいいので、ブラックライトをお持ちの方はそれを当てても構いません。 オキシドールで拭く もし水につけられないものなら、オキシドールで拭きましょう。 オキシドールは薬局で安く手に入りますから、雑巾やコットンなどに浸して黄ばみを拭いてみてください。 肌が弱い人はオキシドールに直に触れることでかゆみが出ることもあるので、できればゴム手袋などをした方がいいでしょう。 目の細かいスポンジで拭く メラミンスポンジ、激落ちくんなどの名前で売られている、ふわふわしたスポンジがありますよね。 あのスポンジを使って拭いてみましょう。 水をしっかり含ませてから軽く絞ります。 それで黄ばみのある所を拭いてみてください。 ただし、メラミンスポンジは研磨剤のようなもの。 もし、表面が傷ついたら困るようなものは目立たない所で試してからにしてください。 すべての黄ばみが落ちるわけではない 残念ながらすべての黄ばみが落ちるわけではありません。 素材自体が劣化してしまっていると、今回ご紹介した方法でも落とせないのです。 黄ばみは出来るだけ早く対処すること。 早めに黄ばみ取りをすればたいていの黄ばみは落ちるので、是非試してみてください。 , , ライター紹介.

次の

プラスチックの黄ばみを取りたい!家にあるモノでできる黄ばみの落とし方

プラスチック 黄ばみ 取り

TPU素材とは スマホケースやタブレットケースに使われる 最近よく使われるようになったTPU素材。 ピンと来なくても、名前だけはどこかで見た覚えがありませんか。 そう!TPUとは、スマホケースやタブレットケースなどに、よく使われている素材です。 実はTPU素材は、自動車の部品や工業製品などにも、広く利用されています。 ですが、私たちに身近なTPU素材と言えば、やはりスマホケース。 スマホやタブレットにケースを付けることが一般的になるにつれて、TPU素材も広く普及するようになりました。 プラスチック素材の一種 TPU素材とは、熱可塑性ポリウレタンという、プラスチックの一種です。 ウレタンゴムや、ウレタン樹脂と呼ばれることもあります。 プラスチックの長所である、軽さと丈夫さ。 ゴムの長所である、弾力性や柔らかさ。 という二つのいいどころ取りをしたような、便利な素材です。 TPU素材のスマホケース 引っ張ると延びるのがTPU素材 もし自分のスマホケースをお持ちでしたら、手触りを確かめてみてください。 見るからに、レザーなどの皮革素材や、ナイロンなどの布素材であるものは置いといて・・・。 これらは、 明らかにTPU素材ではないですしね。 TPU素材は、ぱっと見たところ、普通のプラスチックに似ています。 しかし、手で引っ張ると、やや延び感があるのがTPU素材の特徴です。 TPU素材とシリコン素材は似ている 柔らかくてよく延びるのはシリコン素材 スマホケースを引っ張ると、ビヨヨ~ンと延び、重力に従ってダランと垂れ下がるものがあります。 これは、おそらくシリコン素材です。 シリコン素材とTPU素材は、見た目がとても似ています。 ですが、とにかく柔らかいほうがシリコン素材、しっかりとした硬さがあるほうがTPU素材というふうに見分けることができます。 言ってしまえば、スマホに填めるときに、クニャクニャと延びて、装着しやすいほうがシリコン素材です。 シリコン素材が少なくなった理由 シリコン素材のスマホケースは、ひと昔前まではよく見られたのですが、最近ではめっきり少なくなりました。 言ってしまえば、TPU素材に取って替わられた感があります。 これは、シリコン素材には、次のような弱点があったことが理由だと考えられています。 TPU素材の特徴と利点 柔らかくて弾力がある 柔らかくて弾力があり、手で曲げることができますが、すぐに元に戻ります。 柔らかくて滑りにくいので、手によく馴染みます。 つまり、手に持ちやすく、長く持っても疲れにくいので、毎日携帯するスマホケースにピッタリなんです。 弾力があるので、クッション性が高く、落としたときにも安心。 また、伸縮性があるので、スマホにカパッと装着しやすいです。 着色しやすい TPU素材は、さまざまな色に着色することができます。 ですので、単色カラーだけでなく、カラフルなデザインもお手のもの。 シリコン素材のケースよりも、断然、色合いやデザインは豊富です。 毎日持つスマホだからこそ、自分好みのケースを填めたい!という人にピッタリです。 TPU素材の弱点 熱に弱い 加熱すると溶ける TPU素材は、熱可塑性と言うとおり、熱に弱いです。 加熱されると、素材が溶けてしまうことがあります。 と言っても、かなり高温にならないと、ドロドロに溶けることはありません。 日常生活で起きるとしたら、熱さで変形して、ケースが歪んだり、曲がったりするぐらいです。 車には置きっ放しにしないで 夏の時季、車内に置きっ放しにするのは危険です。 車の中は高温になりやすく、さらにダッシュボードの中や、黒い革張りのチェアの上では、どんどん温度が上がります。 TPU素材が溶けて、革張りにくっ付いてしまい、跡が残ることもあります。 もちろん、高温下ではスマホが壊れるリスクもありますので、避けるにこしたことはないです。 車内に置き忘れた結果、ケースは溶けてスマホは壊れる・・・なんて、かなり悲劇ですからね。 熱可塑性とは 熱可塑性とは、加熱すると柔らかくなり、冷やすと固くなる性質のことです。 熱可塑性の素材では、熱して軟化させた状態で変形を行い、冷やして硬化させることで、好きな形のものをバンバンと作ることができます。 加工がしやすく、同じ形のものを大量に生産できるので、安価で販売することができます。 変色や黄ばみが生じる 持ち歩くのが理由!? TPU素材は、変色しやすいです。 スマホケースではとくに、色落ちや変色が目立つかもしれません。 それは、スマホは、いつも持ち歩いて使うことと関係しています。 ですので、お店で長い間陳列されていたとしても、よほど悪い環境に置かない限り、すぐに変色はしません。 紫外線が黄ばみの原因 TPU素材は、紫外線を浴びることで、黄ばみや変色が起きやすくなります。 ですので、外回りの仕事や、海や山のレジャーに行く機会が多い人のスマホケースは、とても変色しやすいです。 しかし、そこまでアクティブでなくても、スマホはとにかく外出に持ち歩くもの。 紫外線が当たることを、完全に防ぐのは難しいです。 ですので、たとえ会社と家を往復するような生活をしていたとしても、通勤途中や昼休みに外に出たり、窓からの日差しが当たったりで、ケースが黄ばんでくることはあります。 手垢などの汚れが原因 スマホを持ち歩いているうちに、手垢などが付いてケースは汚れてきます。 この汚れが原因で、ケースが黄ばんで見えることがあります。 手垢などの汚れが原因の場合は、水洗いすることで、黄ばみが薄くなります。 日光が当たる場所に置くのはNG 黄ばみや変色が生じるかどうかは、元の色合いや、使い方によりけりです。 先に述べたように、屋外でスマホを使う機会が多い人は、変色しやすくなります。 また、スマホをいつも、直射日光が当たる場所に置くクセがあるのも、良くないですね。 日が当たる窓辺や、車のフロントガラスの側にスマホを置くと、やはり変色しやすくなります。 クリアケースは黄ばみが目立ちやすい 黄ばみが見られやすいのは、クリア(透明)ケースです。 使い方によっては、数ヶ月も経たないうちに、黄ばみが生じることがあります。 真っ白や淡い色のスマホケースも、黄ばみが目立ちやすいです。 一方、原色や蛍光色など、派手な色使いのスマホケースは、黄ばみが生じても気付きにくいです。 柄物やキャラクターなどのデザインが施されたケースも、黄ばみや変色が目立ちにくいです。 サクッと水洗いするときには、中性洗剤が便利です。 スマホケースを、スマホから取り外します。 なお、装飾が付いているなどの理由で、水洗いできないケースもありますので、あらかじめ確認してくださいね。 スポンジか指の腹を使って、ゴシゴシと汚れを落としましょう。 漂白剤と落とす方法 落ちにくい黄ばみには、漂白剤を使ってみましょう。 三つの方法をご紹介します。 洗面器に、水とキッチンハイターを適量入れてからかき混ぜ、スマホケースを浸け置きします。 最後に流水でよく洗い流します。 スマホケースを軽く濡らしてから、泡ハイターを直接スプレーします。 真っ白な泡で覆われて、表面が見えなくなるぐらい、たっぷりとスプレーしてください。 表示時間どおり置いたら、泡を流水で洗い流します。 洗面器に水を張り、オキシクリーンを溶かしてから、スマホケースを浸してください。 表示時間どおり浸け置きをしたら、流水で洗い流します。 メラミンスポンジで落とす方法 ダメ元で試してほしいのが、メラミンスポンジです。 表面だけが黄ばんでいる場合は、きれいに落とせることがあります。 しかし、スマホケースに施されたデザインや装飾なども、一緒に剥げ落ちてしまうリスクもあります。 クリアケースや単色使いのケースに、利用できる方法です。 手始めに、隅っこの方をこすってみて、色落ちや色剥げが起きないか、確認してくださいね。 その他の方法 他にも、歯磨き剤を使ってこすり洗いする方法や、重曹を使って浸け置きする方法などがあります。 ちょっと乱暴ですが、紙ヤスリなどを使って、表面を削り落とすという荒技もあります。 しかし、どの方法を行っても、黄ばみがしっかりと落とせるとは言いがたいです。 いちどTPU素材が黄ばむと、スッキリと落とすことはなかなか難しいようです。 でも、手垢などの汚れは落とせるので、清潔ピカピカにはなっているはずです。 黄ばみが気になるとき ・洗ってみる ・スマホケースを塗り替える(黒や紺などの暗い色がお薦め) ・新しいスマホケースに買い換える.

次の

お風呂(プラスチック)の黄ばみの取り方!クエン酸と重曹で落とせるの?

プラスチック 黄ばみ 取り

保存容器としてもお弁当容器としても、軽くて密封性があって便利なプラスチック容器をはじめ、お子様がいらっしゃる家庭でも割れないと大活躍のプラスチック食器。 そんな使いやすいプラスチック容器ですが難点として、 黄ばみや汚れが落ちにくく、色素沈着してしまったり、匂いが残りやすかったりという点があります。 どなたか、このカレーの黄ばみを取る方法をご存じないですか? — REIYA REIYA10 おたまさんが カレーの黄ばみに ヤられた😟wwwwww — 鈴木愛梨 xxhlaxyxxx やはり、食べ物に触れるので、見た目にも味にも影響があっては嫌ですよね。 そこで今回は、特に 黄ばみが残りやすいカレー黄ばみについて、綺麗に落とす方法をご紹介します。 プラスチック製は、耐熱ガラスや陶器と比べても、臭いや色が移りやすい素材。 プラスチック製品は表面に細かい凸凹があるので、食べかすや油がはまり込んでしまう。 親油性があり油によく馴染むため、食品中の油汚れを吸着させやすい性質がある。 上記のプラスチック製品の特性上、 「カレーなどの油脂を含んだ食品の汚れや臭い、色を吸着しやすく、さらに液体状のものは表面の凸凹に入り込みやすい」という事がわかりますね。 プラスチックの素材からして、 カレーの黄ばみ汚れを前もって回避する方法はありません。 もちろん長時間カレーをプラスチック食器につけておく事になると、そのぶん臭い、色移りは濃くなります。 ですが、ついてしまった臭いと色の落とし方を知っていれば、いくらでも落とす事はできます。 それでは 色の落とし方や臭いの取り方についてご紹介していきます。 まず汚れを落としたい容器の八分目までに重曹と水を入れて溶かします。 レンジで2~3分加熱します。 重曹は加熱すると一気に泡立ち吹きこぼれる危険があるので、必ず入れる量は八分目までにし目を離さないようにしましょう。 加熱を止めるタイミングは、沸騰し始めたところです。 加熱が足りない場合は10秒など、少しずつ時間を追加します。 粗熱が取れたところで、ゴム手袋を使いながら水でしっかりとすすぎます。 また、酢にはぬめり取りの働きもあります。 同じく、クエン酸でも代用できます。 市販のアルコール除菌スプレー(キッチン用)などを臭いの容器にふきつけてそのまま乾かします。 洗剤で洗ったあと乾燥させたものを天日干ししましょう。 ただし、長時間照射しすぎると、プラスチック製品が熱で変形したり割れやすくなるデメリットがありますので、その点はご注意ください。 プラスチック食器に臭いや汚れが付くのを防ぐ方法 ここまで臭いや汚れを落とす方法をご紹介してきましたが、出来る事ならば臭いや汚れの沈着を未然に防ぎたいと思われていると思います。 そこでここからは、 臭い・汚れ沈着の防止方法をご紹介いたします。 ですので、 できるだけ早く時間を置かずに洗うようにしましょう。 そうは言っても、プラスチック容器はお弁当用であったりするものも多く、すぐにその場で洗えない場合もあります。 そのようなときは、 お湯と洗剤を入れて振っておいたり、キッチンペーパーなどで余分な汚れをふいておくだけでも、後処理がずいぶん楽になります。 ただし、レンジ加熱する場合アルミホイルですと発火してしまうので、必ずラップを使用するようにしてください。 まとめ.

次の