マーク x 馬力。 トヨタ マークXの性能まとめ [GRX130型

マークXは速いのか?加速性能から0

マーク x 馬力

車種・仕様・グレード別エンジンスペックページ エンジン型式 販売時期 車両型式 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA10 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA10 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA10 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA10 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA10 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA10 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA10 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA15 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA15 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA15 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA15 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA15 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA15 2AZ-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-ANA15 2GR-FE 2011. 02-2013. 11 DBA-GGA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA15 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2010. 07-2011. 02 DBA-ANA10 2AZ-FE 2009. 12-2011. 02 DBA-ANA15 2AZ-FE 2009. 12-2011. 02 DBA-ANA15 2AZ-FE 2009. 12-2011. 02 DBA-ANA15 2AZ-FE 2009. 12-2011. 02 DBA-ANA15 2AZ-FE 2009. 12-2011. 02 DBA-ANA15.

次の

マークX(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

マーク x 馬力

この記事のコンテンツ• マークXのグレード別馬力 発売から数度のマイナーチェンジを行ってきたマークXですが今回は2016年~発売の現行では一番新しいモデルの性能で調べてみました。 5 350RDS AT FR AT 318• 5 250RDS AT FR AT 203• 5 250 AT FR AT 203• 5 250G AT FR AT 203• 5 250G Fパッケージ AT FR AT 203• 5 250SFour 4WD AT 4WD AT 203• 5 250G Four 4WD AT 4WD AT 203• 5 250G Fパッケージ Four 4WD AT 4WD AT 203• 5 350RDS GR スポーツAT FR AT 318• 5 250S GR スポーツAT FR AT 203• 5 GRMN MT FR MT 318 11のグレードがあり最大馬力で318ps最小馬力で203psとなっています。 ホンダ• ジェイドハイブリッド 131p• シビックタイプR 310ps• シャトルハイブリッド 110ps スバル• WRXSTI 308ps• インプレッサSTI 320ps• フォレスター2. 0XTアイサイト 280ps マツダ• CX-5 XD-L 175ps• スピードアクセラ 264ps 日産• エクストレイル 147ps• エクストレイルGT 280ps さすがDセグメントとなると各メーカーの名だたる名車がそろっていますがその馬力は様々です。 排気量・エンジンの種類などを同様の条件で比較した訳ではありませんがほぼ同じサイズの車両の馬力として考えた場合、 マークXの馬力は小さくはない事がわかります。 むしろマークX3. 5 GRMN MTなどの318psなどはこのクラスにおいてトップクラスの馬力を誇っていることがわかります。 エンジンは2. 5リッターと3. 5リッターの2種類のV6エンジンを搭載しています。 5リッターがレギュラーガソリン仕様となって 若干出力低下しましたがその分燃費が向上されました。 5リッターは 318馬力とパワーアップされマークXの上位モデルスポーツセダンとして設定されています。 このV6エンジンの特徴としてEセグメント以上の高級車に多く採用される傾向にあり、同じ排気量で比較してみると同エンジンは 大きな出力(馬力)を出せることが特徴として挙げられます。 反面エンジン 構造が複雑で重量が重くメンテナンス性には劣るといわれています。 そのため重量の重さも相まって 燃費性能はあまり良いとは言えないエンジンでもあります。 馬力が大きいメリットとデメリット 馬力が大きい方が車の性能、エンジンの性能が高いような気が漠然としていますが実際のところはどうなんでしょうか。 まずはメリットから調べてみたいと思います。 馬力が大きいということでエンジンの力が強いという事になり、 高回転でエンジンを回さなくても車両を動かすのに十分な力が得られ余裕が生まれます。 これは一定の速度に到達するまでの時間が短縮することにつながり具体的な運転時では・ 追い越し時の加速・高速道路走行時の低回転数での静かで快適な乗り心地などのメリットがあります。 反対にデメリットでは、 加速中にコントロールを失いやすい事やシャーシ剛性や足回りとのバランスが悪くなり運転がつかれる車になってしまうことです。 とはいえそこまで馬力がある車も国産車ではまれなためトヨタマークXの場合これには当てはまらないと思います。 以上を踏まえて考えると馬力が大きい事に越した事はなくトヨタマークXはDセグメントに相応しい 優雅で安定したドライビングが可能な車であることがわかります。 馬力をアップさせるカスタム トヨタマークXの馬力は同ランクの車種に比べて小さいという事はありませんがそれでもさらに馬力をアップさせたい方にカスタムの方法を説明させていただきます。 ただし車種によっては純正部品の方が吸気効率が高い事もあり作業前の確認は必須です。 またオールステンレスやチタン素材にすることで車両重量の軽量化にもつながり結果馬力があがります。 全域で馬力アップできるこのカスタムは一般的に 20~50psの馬力アップにつながるといわれています。 ただしブーストアップのみ行う場合は燃料の不足やタービンの摩耗などリスクも多いため全体のバランスを確認しながら少しずつブースト圧を上げることが望ましいといわれています。 このセッティングをしないばかりに燃料が足りない状態になりエンジンがオーバーヒートしたり、ノッキングが起こりやすくなったりします。 最悪の場合エンジンブローにもつながりかねないのでECUの再セッティングは必須となります。 以上のカスタム方法を説明しましたがこの方法は比較的簡単にできるカスタムに限定しています。 パーツの交換程度では大きく馬力は向上しないかもしれませんが確実にアクセを踏み込んだ時のフィーリングは変わりますので少しでも馬力に不満があればぜひ実践していただきたいカスタムです。 まとめ トヨタマークXの馬力について調べていきましたがこのクラスの他の車種と比較しても馬力で劣るという印象はありませんでした。 むしろエンジンサイズは大きくなりますが マークX3. 5 GRMN MTなどに関してはこのクラスでトップクラスの馬力を誇っています。 実際に運転して馬力が足りないもしくはもっと刺激的な走りを感じたいと考える方は上記に説明した馬力アップのカスタム方法をお試しいただければと思いますが、私自身はこのマークXという車に関してはこの馬力で十分な気がします。 安全性能を意識した加速と快適で疲れないドライビングフィーリングが備わったこの車の持ち味のバランスを崩すのはもったいないと思うからです。 この記事を書いた人 TAC 私は車が好きで、アルファードに乗っています!最近は、あまり乗れていませんが・・・ 愛車にパーツを取り付けらり、整備したり、色々とDIYもしています! 新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 「この車、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、新車の購入を 検討しているけど 悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザを ご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

次の

トヨタ マークX +Mスーパーチャージャー発売…360PS

マーク x 馬力

トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「250G Fパッケージ」、「250G FOUR Fパッケージ」、スポーツグレード「250S」、「250S FOUR」とさらに上質感を付与した「350RDS」、「250RDS」を設定。 さらに、「350RDS」と「250S」をベースに「GR」シリーズ「350RDS GRスポーツ」、「250S GRスポーツ」を設定。 特別仕様車には、「250S」、「250S FOUR」をベースに「ファイナルエディション」を設定。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX130 2499cc 4 6AT FR 5名 11. エンジンは、2. それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「250G Fパッケージ」、「250G FOUR Fパッケージ」、スポーツグレード「250S」、「250S FOUR」とさらに上質感を付与した「350RDS」、「250RDS」を設定。 さらに、「350RDS」と「250S」をベースに「GR」シリーズ「350RDS GRスポーツ」、「250S GRスポーツ」を設定。 今回、「250S」、「250S FOUR」をベースに特別仕様車「ファイナルエディション」を設定。 外装はスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用し、洗練された上質感を創出。 内装には、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用。 さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどの随所にレッドステッチを施すことで、スポーティな印象を際立たせている。 また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備し、デザインだけでなく安全性能の充実を図った。 ボディカラーには、「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「シルバーメタリック」、「プレシャスブラックパール」の全3色を用意。 トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「250G Fパッケージ」、「250G FOUR Fパッケージ」、スポーツグレード「250S」、「250S FOUR」とさらに上質感を付与した「350RDS」、「250RDS」を設定。 さらに、「350RDS」と「250S」をベースに「GR」シリーズ「350RDS GRスポーツ」、「250S GRスポーツ」を設定。 今回、「350RDS」をベースに限定車「GRMN」を設定(350台限定)。 6速マニュアルトランスミッションとV6 3. 5L自然吸気エンジンを組み合わせることで、FRスポーツならではのパフォーマンスを追求した。 エクステリアは、フロントバンパーなど光輝部品加飾のダーク化、4本出しマフラー(大型バッフル)、19インチBBS製鍛造アルミホイール&前後異サイズタイヤといった専用装備をはじめ、リヤスポイラー、ブレーキキャリパー(ホワイト塗装、フロントのみGRロゴ付)&スポーツブレーキパットなど、GRセダンの頂点にふさわしいデザイン・パーツを採用。 インテリアは、カーボン調加飾とピアノブラック塗装を組み合わせたインストルメントパネル、ウルトラスエード表皮の専用スポーツフロントシートなど、ブラックを基調とし、走る気分を高める室内としている。 (注文期間は1月11日〜9月30日まで。 早期に販売台数(350台)に達した場合は受付を終了) トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「250G Fパッケージ」、「250G FOUR Fパッケージ」、スポーツグレード「250S」、「250S FOUR」とさらに上質感を付与した「350RDS」、「250RDS」を設定。 今回、「350RDS」と「250S」をベースに「350RDS GRスポーツ」、「250S GRスポーツ」を追加設定。 これまでスポーツコンバージョン車シリーズ「G Sports(通称Gs=ジーズ)」としてスポーツカーの楽しさを提供してきたが、今後は「GR」シリーズに一新して車両ラインアップやパーツ等の新アイテムを充実させるとともに、走ることを通じてクルマを楽しむ文化を育てる取り組みを強化していく。 主要装備として、専用チューニングサスペンション、専用メーター(GRロゴ付)、専用マフラー、カーボン調加飾(ドアスイッチベースなど)、小径ステアリングホイールを備えた。 エクステリアには、ホワイト塗装+GRロゴ入りのブレーキキャリパー、専用エンブレムを採用。 インテリアには、専用スポーティシート(GRロゴ入り)、ドアトリム、フロントシート等にスポーティさを演出した専用加飾やシルバーステッチなどを用意。 ボディカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」を含む6色用意。 トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「250G Fパッケージ」。 今回、マイナーチェンジを行うとともに、スポーツグレード「250S」、「250S FOUR」とさらに上質感を付与した「350RDS」、「250RDS」を設定。 エクステリアは、グレードごとに表情が異なるフロントフェイスを採用。 また、ロアグリルをサイドから包み込むように張り出した縁取りでワイドに低く構えたバンパー&ロアグリルと見る角度によって表情を変える緻密なデザインのアッパーグリル、洗練されたシャープなデザインのヘッドランプとの組み合わせが、フロントフェイスをダイナミックに強調。 ブラック基調のリヤコンビネーションランプの採用により、フロントとの一体感ある大人のスポーティさを演出。 スパッタリング塗装を施した18インチアルミホイール、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装を施した16インチアルミホイールなどを装備。 さらに、デイライトが昼間における存在感も強調。 スポーティさを兼ね備えたリヤスポイラー(ラゲージ&バンパーロア)を装備。 インテリアは、ディンプル付本革巻き4本スポークステアリングホイールなどを採用したほか、室内スイッチなどの照明をクリアブルーに統一し、質感を向上するとともに、洗練されたイメージを演出。 スポーツグレードにパドルシフトやアルミペダル(アクセル&ブレーキ)+アルミフットレストを採用。 安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備。 ボディカラーは、新色「トゥルーブルーマイカメタリック」、「プレシャスブラックパール(オプション)」を含む全6色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX130 2499cc 4 6AT FR 5名 11. エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3. 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、2. 5L/3. 5Lを搭載する豪華装備の「プレミアム」と、その4WDモデル「プレミアム Four」、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデル「Gs」を設定。 さらに、限定車として「250G」、「250G Four」をベースに特別仕様車「250G イエローレーベル」、「250G Sパッケージ・イエローレーベル」、「250G Four イエローレーベル」を設定。 今回、「走る楽しさ」と「操る喜び」を追求し、「大人のスポーツFRセダン」をコンセプトに、350Sをベースとした限定車「GRMN」を設定(100台限定)。 国内で販売している国産FRセダンとしては、唯一となる6速マニュアルトランスミッションを採用し、足回りの専用チューニングなどにより運動性能に磨きをかけ、一般道からサーキット走行まで幅広く、走りを楽しめるモデルとした。 サスペンションの専用チューニングのほか、補強用ブレース、ドアスタビライザーの追加によるボディ剛性の向上、専用トルセンLSDおよび前後で異なるタイヤサイズの採用のほか、ブレーキ部品の軽量化などにより、GRMNならではの「走りの味」を演出。 エクステリアは、フロントのバンパーやスポイラーを空力性能に配慮したデザインとしたほか、ライセンスガーニッシュをボディと同色とし、サイドミラーカバーをブラックとするなど、スポーティさを強調。 また、前後にGRMN専用エンブレムを採用。 インテリアは、6速マニュアルトランスミッションの採用に合わせ、専用デザインのシフトレバーを採用し、ペダル配置を変更したほか、サイドブレーキを手引き式とするなど、ドライバーが自らの操作でクルマを操る楽しさを追求。 また、内装色は黒を基調としたほか、インストルメントパネルガーニッシュやメーター周辺などにピアノブラック塗装を施し、シートやドアトリムなどにウルトラスエード表皮を採用。 さらに、専用コンビネーションメーター、GRMNのロゴ入りのエンジンスタートスイッチなどを装備。 トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3. 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、2. 5L/3. 5Lを搭載する豪華装備の「プレミアム」と、その4WDモデル「プレミアム Four」、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデル「Gs」を設定。 さらに、限定車として「250G」、「250G Four」をベースに特別仕様車「250G イエローレーベル(Yellow Label)」、「250G Sパッケージ・イエローレーベル(Yellow Label)」、「250G Four イエローレーベル(Yellow Label)」を設定。 今回、「250G SパッケージGs」、「350S Gs」のボディカラーに「アウェイクンイエロー」を追加設定。 トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデル「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3. 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、2. 5L/3. 5Lを搭載する豪華装備の「プレミアム」と、その4WDモデル「プレミアム Four」、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデル「Gs」を設定。 今回、一部改良を行った。 「プレミアム」、「プレミアム Four」の内装色・シート表皮にスタイリッシュなブラックを追加したほか、インテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能&駐車空間認識機能付)のオプション設定を「250G」、「250G Four」にも拡大した。 また、「250G」、「250G Four」をベースに特別仕様車「250G イエローレーベル(Yellow Label)」、「250G Sパッケージ・イエローレーベル(Yellow Label)」、「250G Four イエローレーベル(Yellow Label)」を設定。 内装色にはイエローとブラックの2色を設定したほか、シート表皮(専用ファブリック)や本革巻きステアリングホイールなどにイエローステッチをあしらい、上質でスポーティな仕様とした。 ボディカラーは、特別設定の「アウェイクンイエロー」を含む全4色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX130 2499cc 4 6AT FR 5名 11. エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデルとなる「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3. 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、豪華装備の2. 5L搭載「プレミアム(PREMIUM)」と、その4WDモデルとなる「プレミアム Four(PREMIUM FOUR)」、3. 5L搭載「プレミアム(PREMIUM)」、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデル「Gs」を設定。 内装材やフロントピラー内の制振材の採用を拡大し、静粛性を向上。 さらに溶接のスポット点数を追加するなどボディ剛性、操縦性・走行安定性も高めた。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX130 2499cc 4 6AT FR 5名 11. エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデルとなる「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3. 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、豪華装備の2. 5L搭載「プレミアム(PREMIUM)」と、その4WDモデルとなる「プレミアム Four(PREMIUM FOUR)」、3. 5L搭載「プレミアム(PREMIUM)」、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデル「Gs」を設定。 今回、「250G Sパッケージ」、「350S」をベースとし、特別仕様車として、「250Gs Sパッケージカーボンルーフバージョン」、「350S Gsカーボンルーフバージョン」(限定100台)を設定。 「Gs」にCFRP(炭素繊維強化樹脂)のルーフ クリア塗装 および、専用ルーフモール ブラック塗装 を採用し、外観のスポーティ感を高めるとともに、軽量・低重心化を図り、走行性能を一層向上。 これにより、「走る楽しさ」「操る喜び」をさらに追求した仕様となった。 なお、「Gs」は、コイルスプリングやショックアブソーバーに加え、ブッシュなどにも専用チューニングを施したサスペンションを採用。 さらに、専用19インチ鍛造アルミホイール、高性能タイヤのほか、専用デザインのバンパー フロント・リヤ などを採用することで、FRモデルならではのスポーティな走り・デザインを特徴とした。 トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデルとなる「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3. 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、豪華装備の2. 5L搭載「プレミアム(PREMIUM)」と、その4WDモデルとなる「プレミアム Four(PREMIUM FOUR)」、3. 5L搭載「プレミアム(PREMIUM)」を設定。 今回、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したモデル「Gs」を新設定。 コイルスプリングやショックアブソーバーに加えブッシュなどにも専用チューニングを施したサスペンションを採用。 さらに、各種メンバーブレースの採用や溶接のスポット点数の追加でボディ剛性を向上させるとともに、床下気流の整流化を目的とする空力パーツを装備。 これに加え、高剛性で軽量な専用19インチ鍛造アルミホイール、高性能タイヤのほか、レッド塗装や「Gs」ロゴをあしらった専用ブレーキキャリパーなどを採用する。 トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それにスーパーインテリジェント6速オートマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 ラインアップは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデルとなる「250G Four」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 250Gをベースに、スポーツタイプとなる「Sパッケージ」、3. 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、豪華装備の「プレミアム(PREMIUM)」を設定。 今回のマイナーチェンジでは、内装材やフロントピラー内の制振材の採用を拡大し、静粛性を向上。 さらに溶接のスポット点数を追加するなどボディー剛性を高め、操縦性・走行安定性も高めた。 また、3. 5L搭載の「プレミアム(PREMIUM)」に加え2. 5L搭載の2WD「プレミアム(PREMIUM)」と、その4WDモデルとなる「プレミアム Four(PREMIUM Four)」を追加。 エクステリアでは、フロント&リアバンパー、フロントグリル、リアコンビネーションランプのデザインを変更したほか、バイキセノン式ディスチャージヘッドランプ&LEDクリアランスランプを採用。 インテリアでは4眼メーターの採用や、シフトレバーまわりなどに高輝度シルバー塗装が施されている。 ボディカラーには新色のダークレッドマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む、全6色を設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX130 2499cc 4 6AT FR 5名 11. エンジンは、2. 5L V型6気筒エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それに6速オートマチック+マニュアル感覚のシフト操作が可能なシーケンシャルシフトマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 通常グレードには、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデルとなる「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシートを装備する「250G リラックスセレクション」。 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、豪華装備の「プレミアム(PREMIUM)」、安全装備をより充実した最上級「プレミアムLパッケージ」を設定。 特別仕様車には「ブラックリミテッド」を用意する。 今回、特別仕様車として「250G リラックスセレクション ブラックレザーリミテッド(Relax Selection Black Leather Limited)」ならびに「250G Four ブラックレザーリミテッド(Black Leather Limited)」を設定。 「250G」および「250G Four」をベースに、ブラックの本革シート表皮、本革表皮フロントコンソールボックス、本革巻き+木目調4本スポークステアリングホイール&シフトノブなどを採用し、より高級感のある室内空間を演出。 さらに、運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシート、快適温熱シート 運転席・助手席 、プラズマクラスター マイナスイオン発生機能付 、ソフトプライバシーUVカット機能付グリーンガラス リヤドアガラス・バックガラス を特別装備し、利便性・快適性を向上させたほか、フロントフォグランプを採用し、視認性を向上させている。 トヨタの上級セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、3. 5L V型6気筒エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 それに6速オートマチック+マニュアル感覚のシフト操作が可能なシーケンシャルシフトマチックを組み合わせ、数少なくなったFR(後輪駆動)を基本とする。 今回の特別仕様車は、「250G」、「250G Four」をベースに、「Relax Selection(リラックスセレクション)」の装備に加え、シート色ブラックを特別設定したほか、本革巻き&茶木目調のステアリングホイールおよびシフトノブを採用することで、より洗練された上質感ある室内空間を演出している。 また、プラズマクラスター(マイナスイオン発生機能付)や、フロントフォグランプを特別装備することにより、快適性、視認性を向上させた。 通常グレードは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、その4WDモデルとなる「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシートを装備する「250G リラックスセレクション」。 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、豪華装備の「PREMIUM(プレミアム)」、安全装備をより充実した最上級「プレミアムLパッケージ」を設定する。 スポーティさと上質さ併せ持つをトヨタの高級FR(後輪駆動)セダン、マークX(エックス)。 エンジンは、2. 5L V型6気筒エンジン(レギュラーガソリン仕様:203馬力)と、新搭載となる3. 5L V型6気筒エンジン(プレミアムガソリン仕様:318馬力)の2機種。 フロントフェイスは、フォグランプを配した大開口バンパーと、3連のヘッドランプやメッシュグリルを採用し、低重心かつワイド感を強調している。 また、リアコンビネーションランプも3連タイプとし、トランクリッド部分にも拡大させている。 インテリアでは、グリップを太めにし、握り心地を向上させた本革巻きステアリングホイールと、ブーツ式のシフトレバーを採用し、スポーティさを強調している。 グレードは、スタンダードタイプとしてベーシックな「250G」、4WDモデルとなる「250G FOUR」、それらをベースに、アルミホイールなど一部装備が簡略化される「Fパッケージ」。 運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシートを装備する「250G リラックスセレクション」。 5L搭載の「350S」。 プレミアムタイプとして、専用フロントグリル、本革巻き+木目調ステアリングホイール・シフトノブなど豪華装備の「PREMIUM(プレミアム)」、最上級「プレミアムLパッケージ」の全10バリエーションを設定する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX130 2499cc 4 6AT FR 5名 13. V型6気筒エンジン、3L(256馬力)と2. 5L(215馬力)の直噴(D-4)2ユニットを搭載する。 グレードは、「250G」と「300G」、それにインテリジェントAFS(ヘッドランプコントロールシステム)やサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグなど先進装備の「300Gプレミアム」。 4WDモデルは、「250G FOUR」。 トヨタ高級FR(後輪駆動)ドライバーズセダン、マークX(エックス)。 V型6気筒エンジンとしての3L(256馬力)と2. 5L(215馬力)の直噴(D-4)2ユニットを搭載する。 グレードは、「250G」と「300G」、それにインテリジェントAFS(ヘッドランプコントロールシステム)やサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグなど先進装備の「300Gプレミアム」。 4WDモデルは、「250G FOUR」。 外板色には、特別色ミディアムシルバーメタリックを含む全4色を設定している。 高級FRセダントヨタマークX(エックス)は、フロントエンジンとしてV型6気筒 3L(256馬力)と2. 5L(215馬力)の直噴(D-4)2ユニット、リアドライブと電子制御式フルタイム4WD駆動とする。 グレードは、「250G」と「300G」、それにインテリジェントAFS(ヘッドランプコントロールシステム)やサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグなど先進装備の「300Gプレミアム」。 4WDモデルは、「250G FOUR」。 今回のマイナーチェンジでは、フロントのグリル・ヘッドランプ・バンパー開口部、リヤのコンビネーションランプの意匠変更により、新外板色4色を設定している。 また、シート表皮への新素材の採用、木目調パネルの採用部位拡大、センターコンソールパネル・大型天井イルミネーションのカラー変更などを行っている。 さらにスポーツシリーズ「Sパッケージ」については、専用フロントグリル、専用メタル調のセンターコンソールパネル&パワーウインドウスイッチベースや、専用本革巻き3本スポークステアリングホイールを採用する。 装備については、サイドターンランプ付のドアミラーや、プッシュオープン式フロントコンソールボックスを全車に標準装備したほか、スマートエントリー&スタートシステムを新モデルとするなど、一層の充実を図っている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX120 2499cc 4 6AT FR 5名 12. エンジンは伝統の直列からV型へ変更、3L(256馬力)と2. 5L(215馬力)の直噴(D-4)2ユニット。 6速オートマチック(4WD車は5速)とマニュアル感覚のシフト操作が可能なシーケンシャルシフトマチックを搭載し、フロントはダブルウィッシュボーン、リヤにはマルチリンクサスペンションを採用する。 4WDモデルは、「250G FOUR」。 そして、スポーツシリーズは「Sパッケージ」。 特別仕様車250G「プライムセレクション」(ベース車:250G)、250G Four「プライムセレクション」(ベース車:250G Four)は、外板色に新色のクールホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)、グレーメタリックを設定したほか、専用木目調パネル&ステアリングホイール、専用ファブリックシート&トリム表皮(ジャカード織物)を採用し、より質感を高めた仕様としている。 トヨタの新型高級セダンとなるマークX(エックス)。 エンジンは伝統の直列からV型へ変更、3L(256馬力)と2. 5L(215馬力)の直噴(D-4)2ユニット。 新開発の6速オートマチック(4WD車は5速)にマニュアル感覚のシフト操作が可能なシーケンシャルシフトマチックを搭載し、フロントはダブルウィッシュボーン、リヤにはマルチリンクサスペンションを採用する。 4WDモデルは、「250G FOUR」。 そして、スポーツシリーズは「Sパッケージ」。 今回の特別仕様車「Fパッケージ・リミテッド」は、「250G」および「250G Four」をベースに、装備を厳選し価格を抑えた「Fパッケージ」の装備に加え、好評のディスチャージヘッドランプ(ロービーム/オートレベリング機能付)、16インチアルミホイール、本革巻きステアリングホイールを特別装備し、8ウェイマルチアジャスタブルパワーシート&クッション長電動可変機構(運転席)を採用した。 トヨタの新型高級セダンとなるマークX(エックス)。 1968年の誕生以来、国内での累計登録台数が480万台を超えるトヨタのベストセラーカー「マークII」の後継車である。 FRセダンとしての本質を原点から追求し、車両性能から車名にいたるすべてを一新させたモデルである。 英語で目標、名声を意味する「MARK」に、未知数を意味する「X」を組み合わせ、未知なる可能性に挑む思いを込めている。 エンジンは伝統の直列からV型へ変更、3L(256馬力)と2. 5L(215馬力)の直噴(D-4)2ユニット。 新開発の6速オートマチック(4WD車は5速)とマニュアル感覚のシフト操作が可能なシーケンシャルシフトマチックを搭載し、フロントはダブルウィッシュボーン、リヤにはマルチリンクサスペンションを採用する。 4WDモデルは、「250G FOUR」。 そして、スポーツシリーズは「Sパッケージ」。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-GRX120 2499cc 4 6AT FR 5名 12.

次の