ホスミシン。 ホスホマイシン(ホスミシン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

抗生物質の強さ比較 抗菌力はどの種類の抗生物質が一番強いのか?

ホスミシン

医療関係者です。 先日まで放送されていた仁-jin-のラストで ネタバレしてしまいますが 重症の緑膿菌感染にホスミシンを使うシーンがあるのですが、疑問です。 現場でホスミシンが出ることがあまりなく、出ても錠剤が尿路感染か腸炎に使うくらいなので・・・ ドラマでは、銃創から緑膿菌に感染し、敗血症になっているようでした。 私の知識が浅いのかもしれないですが、通常、緑膿菌にホスミシンって使うものなんでしょうか?私ならカルバペネム系のメロペンを使いたくなりますが。 抗生剤1回の投与で治ったのは、まあドラマなのでそれでいいやって思ったんですが・・・なぜ、仁先生がホスミシンを選択したのか疑問なんです。 ご解答よろしくお願いします。 A ベストアンサー すでに回答にあるように、緑膿菌は常在菌で誰もが持っている菌です。 弱毒菌であり、健康な人に感染を起こすことはめったにありません。 ただ、耳疾患で緑膿菌が出たということは、慢性疾患があり局所の抵抗力が落ちているとか、感染が長びいてしまったために菌交代現象を起こしてしまったというような背景があることがあり、抗生物質に抵抗性の菌が多く、治療が長びくことが多いのです。 局所の問題の他に全身性の問題として、糖尿病をお持ちということはないでしょうか。 健康な方の場合は、ほとんどが局所感染にとどまりますし、感染については、近くに免疫能の落ちた(抵抗力のない)人がいれば注意が必要ですが、きちんと手洗いを励行すれば人に対する感染は、普通は大丈夫です。 外耳の皮膚病変に関しては、湿疹様変化とか、アトピーなどはないのでしょうか。 アレルギーが関与していて、痒みから常に刺激していることが治癒を遅らせている可能性も一応は考慮した方がよいのではないでしょうか。 もしそのような背景があれば、抗アレルギー剤の軟膏や内服などの併用という治療になると思います。 具体的な治療については、耳鼻科でよく相談されることだと思います。 すでに回答にあるように、緑膿菌は常在菌で誰もが持っている菌です。 弱毒菌であり、健康な人に感染を起こすことはめったにありません。 ただ、耳疾患で緑膿菌が出たということは、慢性疾患があり局所の抵抗力が落ちているとか、感染が長びいてしまったために菌交代現象を起こしてしまったというような背景があることがあり、抗生物質に抵抗性の菌が多く、治療が長びくことが多いのです。 局所の問題の他に全身性の問題として、糖尿病をお持ちということはないでしょうか。 健康な方の場合は、ほとんどが局所... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。 元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。 抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。 詳しくは医師に聞いてください。 「参考」 B型肝炎ウイルス検査でわかること 血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。 HBs抗原 : HBV感染状態 HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得 HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染 多くの場合HBs抗体陽性 高抗体価-HBV感染状態 ほとんどの場合HBs抗原陽性 HBe抗原 : 血中HBV多い 感染性強い HBe抗体 : 血中HBV少ない 感染性弱い 治療を必要としないケース 一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。 ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。 したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。 HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる ケースが普通です。 こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。 治療を必要とするケース HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。 過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。 元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。 抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。 詳しくは医師に聞いてください。 「参考」 B型肝炎ウイルス検査でわかること 血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。 HBs抗原 : HBV感染状態 HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン... Q 本日、父が倒れ緊急入院しました。 脳関係(おそらく脳梗塞)なのですが、あいにく今日は休日なので詳しい検査を明日から行い、以後の治療をきめていく、とのこと・・・。 (意識はまだあります) とはいえ、私は正社員として働いているので明日から仕事があります。 サービス残業ももちろんあります。 定時になったらすぐに帰れる、という状況ではございません。 そこで質問なのですが 上記の理由で明日から数日、 仕事を休んだり、早退する、ということは、常識的に考えてありなのでしょうか?? もし「あり」なのでしたら上司に相談してみようと思うのですが・・・。 私の周りをみてもこういった理由で休んでいる人はまだいなくて・・・。 (私はまだ20代半ば・・で・・) こういったことで休んだりするのは・・・非常識な行為なのでしょうか?? 是非、一人でも多く意見をきかせてください A ベストアンサー お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要な状態になった場合には、最大で93日の介護休暇を取ることが可能です。 (雇用保険の被保険者であるなどの細かい条件がありますが) 公共職業安定所に問い合わせれば、介護休業のことについて教えてもらえるはずです。 会社は介護休業の間は賃金を支払わなくても構わないのですが、介護休業した場合、雇用保険から給付金が支払われる制度もあります。 家族を介護する人が増えてきている時代ですし、公共職業安定所にもそういう労働者を支援する制度がありますので当てはまるようなら、その制度を活用されたほうがよいと思います。 (まだ介護が必要な状態になるとは決まったことではありませんが、念のため。 ) 倒れたばかりでお父様は何かと不安なことがよいでしょうから身内のかたがそばにいられたほうがよいかと思います。 とにかく早めにお見舞いに行ってあげてくださいね。 お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要... Q こんにちは。 29週 8ヶ月 の妊婦です。 最近、生理痛の様な鈍い下腹部の痛みと、子宮から膣?! にかけて「キュー」となる痛みがあるのですが・・・。 皆さんの体験談等あれば教えて下さい。 突然、背中から腰にかけて激痛が走り、暫くすると治まり・・・。 6~7ヶ月の時に下腹部の痛みを訴え 今回の症状とは違う痛みです 時間外外来を受けた事があります。 結果は、子宮を支えるじん帯?! が引っ張られて痛みがあるものなので心配ないとの事でした。 その際に当直の先生から「妊娠してるんだからおなかの痛みは仕方ないって考える妊婦さんもいるんだよ!」と 少々の痛みで時間外にくるな!と言った対応をされた為、その言葉が脳裏に焼きつき中々、健診以外に病院へ行く気になれません。。。 母が私を29週の早産で出産しています。 「親のお産に似るから気をつけるように」と言われています。 それもあり、この痛みが気になります。 おりものの異常等も含めて、早産へ繋がる「症状」がどんなものか教えて下さい。 A ベストアンサー #2です。 大変でしたね、お疲れ様でした。 早産で出産するということは、決してママのせいじゃありません。 赤ちゃんが早く出たがっていた、ママの体が早く出してあげないともたなかった、そういうことだと思います。 私もたった2週間でしたが早産でした。 子供が低体重児で保育器に入り、質問者様同様私だけ先に退院しました。 質問者様に比べれば大したことじゃないんですけど、その当時は自分を責めましたね。 お気持ちよく分かります。 でもね、後悔してもどうしようもないことだったんです。 診察が早かれ遅かれ、きっと早産は免れなかったでしょう。 違うのは、それにそなえて準備できたかどうか、その程度だと思います。 早産になったのはママが悪いとか、病院が悪いとかそういうことじゃなくて、赤ちゃんが早く出たがったんです。 その方がママが楽だから。 親思いの赤ちゃんじゃないですか。 私は今はそう思ってます。 小さかったから私が楽に出産できたのだ、遅く退院したのは私が夜眠れるようにと思ってのことだ、と。 そう思うまでには時間がかかるかもしれせんが、後悔しても産まれてしまったものはしょうがない。 現実を受け止めて、前向きに頑張りましょうよ。 搾乳して2時間を届けるのは大変でしょうが、一緒に退院すると体が回復していないところに平均睡眠時間1時間半程度の過酷な日々があるわけです。 それを思えば、心配で眠れないでしょうが、今後のためにもしっかり眠ってしっかり食べて、赤ちゃんが帰ってきたら全力で迎えられるようしっかり体力付けて待っててあげてくださいね。 病院を間違えたかも、とのことですが、それは結果論です。 医者だって人間。 かといって誤診は絶対に許されないことですが、結果的に今は赤ちゃんも母体も無事だったのでとりあえるよしとしましょうよ。 ですが経過をこちらで読む限り、ちょっとずさんな診察ですね。 ひとまずは赤ちゃんが退院して、一段落するまで待って考えてもいいと思いますが、今後のためにも何らかのクレームはあげるべきではないでしょうか。 あれこれ考えて不安も募るかもしれませんが、赤ちゃんは病院でちゃんと成長してます。 赤ちゃんがくれた休憩だと思って、落着きましょうね。 大丈夫、赤ちゃんってママが思うよりずっと強くてたくましいです。 1400グラムで産まれてもちゃんと生きてるでしょ!大丈夫!! ちょっと早く産まれてきた分、これからも成長もちょっとゆっくりでしょうね。 標準とか、一般とか、そういう言葉に惑わされないで、ゆっくりゆっくり見守ってあげてくださいね。 本当にお疲れ様でした。 無理しないで、頑張らないで、ゆっくりやりましょうね。 #2です。 大変でしたね、お疲れ様でした。 早産で出産するということは、決してママのせいじゃありません。 赤ちゃんが早く出たがっていた、ママの体が早く出してあげないともたなかった、そういうことだと思います。 私もたった2週間でしたが早産でした。 子供が低体重児で保育器に入り、質問者様同様私だけ先に退院しました。 質問者様に比べれば大したことじゃないんですけど、その当時は自分を責めましたね。 お気持ちよく分かります。 でもね、後悔してもどうしようもないことだったんです。 診察が早... A ベストアンサー 不安をあおるような回答がされてますけど・・・ ST-T変化についてはNo3の方が書いてあるように、 病気の場合もあれば、正常の人でもありえます。 これがあるだけで 恐ろしい病気である可能性は低いです。 狭心症や心筋梗塞は基本的に年をとった人がなるものです。 最近では20-30代で動脈硬化がおこってなる人もごくまれに いるようですが、10代でなるとしたら、小さなころに川崎病 という病気になったことがあるひとくらいと考えていいとおもいます。 毎日自転車にのってるときは胸の痛みはありますか? じっとしてるときに突然わけもなく動悸がしたりすることがありますか? 気を失って倒れたことがありますか? 内科検診とかで心臓に雑音があるといわれたことがありますか? ないならそんなに心配しなくていいとおもいますよ。 ただ病院へ行くように言われたならいっておいてください。 たぶん心電図をつけてベルトの上を歩かされたり、超音波 という検査を受けることになるでしょうけど、別に痛かったり 苦しかったりする検査じゃないので怖がる必要もないと思います。 不安をあおるような回答がされてますけど・・・ ST-T変化についてはNo3の方が書いてあるように、 病気の場合もあれば、正常の人でもありえます。 これがあるだけで 恐ろしい病気である可能性は低いです。 狭心症や心筋梗塞は基本的に年をとった人がなるものです。 最近では20-30代で動脈硬化がおこってなる人もごくまれに いるようですが、10代でなるとしたら、小さなころに川崎病 という病気になったことがあるひとくらいと考えていいとおもいます。 毎日自転車にのってるときは胸の痛みはあります...

次の

抗生物質の強さ比較 抗菌力はどの種類の抗生物質が一番強いのか?

ホスミシン

質問一覧• 今飲むことができました。 病院では特に病名などは言われず、胃関係かなと思っているのですが、会社に 説明する時になんと言おうか困っております。 ホスミシン錠500、ビオスリー配合錠、ドンペリドン錠の3つを頂きました。... ビオスリー配合錠 ダイピン錠1mg ホスミシン錠500を 処方されました。 偏頭痛持ちで、頭痛が酷いので 市販の鎮痛剤 EVE を飲みたいのですが、 飲み合わせは大丈夫でし ょうか?... 処方された薬は、 ホスミシン錠500 レバミピド錠 ビオスリー配合錠 の3種類、加 えてナウゼリンを頓服薬として出されました。 こちらのナウゼリンを除く3種類はいずれも食後に服用するようにと言われたので... 出ており、ロキソニンを飲んでいました。 喉の痛みが治まる頃に突如食後の吐き気が出現。 それ から食べようとしても吐き気と下痢があり食事がほとんどできません。 その後5日間市販の胃薬を内服しましたが改善しない為、総合... 疑いがあるとのことでホスミシン錠500とビオフェルミン錠剤 とブチルスコポラミン臭化物錠10mgと下痢時に飲む頓服のロペミンカプセル 1mgとロキソプロフェントナトリウム錠60mgを処方されました。 自宅に帰ってか... アレノキシノン5、を処方され飲んでいます。 別で膝の怪我でロルカム錠と、テプレノンカプセル処方されているのですがこれら全てを飲んでも大丈夫でしょうか?... 日に飲んだ際は ちょうど高熱が出て気付きませんでしたが 薬を飲むと、 数分後必ず、手の平、手首、が ピリッとジンジン痺 れます。 激痛とまではいきませんが 明らかに何か違和感を感じます。 薬の副作用かな?... 病院にかかりました。 病院で処方された薬を飲むと、すぐに症状は落ち着き平熱に戻りました。 処方され た薬は、抗生剤 ホスミシン錠500 、解熱鎮痛剤 ロキソプロフェン錠60mg 、胃薬 イトプリド塩酸塩錠50mg...

次の

ホスミシン(ホスホマイシン)の副作用や効果について!

ホスミシン

病原性大腸菌とは 病原性大腸菌とは、人や動物の大腸に存在する大腸菌の中で、 特に人の腸管に感染して下痢や発熱、腹痛などの症状を引き起こすものをいいます。 食肉や生ものなど、食品からの感染が主な感染ルートですが、 感染者から周囲の人へ、便や体液を通して二次感染を引き起こすことが多く、 給食現場などでの集団感染もたびたび見られます。 病原性大腸菌で、感染しやすいものや重篤な症状を引き起こすものとして 注意されているのが、 O-157、O-26、O-111などです。 これらは感染しやすく、強い腹痛、血便が起こり大変苦しいものです。 特に、ベロ毒素を産生するということが一番危険視されています。 このベロ毒素は、大腸内だけでなく血中に吸収され、 溶血性尿毒症症候群(HUS)という、赤血球や血小板が破壊されて 内臓や脳が冒され、死に至るという恐ろしい病気を引き起こすことがあるため、 身体の弱い乳幼児や老人は、特に感染に気を付けなければいけません。 そして、一番の予防方法は菌をつけないということ。 そのためには、こまめに手洗いをしましょう。 指の間、爪の間、手首まで たっぷりの泡でしっかりと洗いましょう! 泡ハンドソープの詳細はこちら 病原性大腸菌と抗生物質 このような恐ろしい病原性大腸菌に感染してしまったら、 まずは何よりも先に病院での処置が必要です。 治療法としては、対症療法、つまり輸液で必要な栄養を補ったり、 安静にして、回復を待つ方法と、抗生物質を投与して、 菌がこれ以上増えるのを防ぐ方法があります。 しかし、病原性大腸菌、特にベロ毒素を出すタイプのものは、 抗生物質を投与されたときに、ベロ毒素を大量に放出することがあるために、 投与する抗生物質の種類や時期には、細心の注意を払わねばなりません。 この病原性大腸菌に感染した際の抗生物質の投与は、 医学界でも意見が分かれていて、海外では使わない方が良いと言われています。 日本では、発症から3日以内なら、 ホスミシンはベロ毒素の放出が起こりにくいという考えから、投与を推奨されています。 ホスミシンの効果と副作用 このように、病原性大腸菌感染症は、 限られた抗生物質しか使用するべきではないというのが定説となっていて、 ホスミシンは、その数少ない安全な抗生物質として認められています。 ホスミシンは、病原性大腸菌に限らず、数多くの細菌に対して効果を発揮し、 他の抗生物質が効きにくい緑膿菌などの細菌にも使えることで、 食中毒の際にはよく処方される薬です。 しかし、どんな薬にも副作用はあるもので、 このホスミシンも例外ではありません。 ここで、ホスミシンを内服した時に起こる副作用について、知っておきましょう。 まず、ホスミシンは、薬によるアレルギーが起きにくいので、 アナフィラキシーショックなどの副作用は、あまり報告されていません。 ですが、他の抗生物質と同様、軟便や下痢などの胃腸症状が起こります。 稀にですが、下痢が激しくなったり、血便などが起こる場合もありますので、 このような症状が出た場合は、お医者さんに相談しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 病原性大腸菌による感染症の症状と、その際用いられる薬、 ホスミシンという抗生物質についてご説明しました。 重ねてご説明しますが、病原性大腸菌の中でも、 今回お話ししたような、ベロ毒素を産生するような大腸菌は本当に恐ろしく、 最悪、命を落とすことになる可能性もある細菌です。 このような恐ろしい大腸菌に、 まずは感染しないように予防することが大切ですが、 万が一感染してしまった場合は、いち早い通院と適切な薬の投与をして なるべく重症になる前に治すようにして下さい。 特に、小さなお子さんや高齢者がご家族にいる場合は、 感染後重症化する可能性が高いので、 他の人が感染した場合は伝染さないように気を付けてあげましょう。 家族の命を守るために、事前に知識を身に着けて、予防や感染拡大に努めて下さいね。

次の