ミシン ボビン 付け方。 ミシンボビンの選び方|金属とプラスチックの違いはなに?

よくあるご質問 解答一覧

ミシン ボビン 付け方

こんにちは!最近リンゴ酢のソーダ割にハマっているぬいぺです。 お酢は体にいいし、夜に飲んでも罪悪感が少なくていいですね。 コンピューターミシンってすごい。 正直言って、説明書を読んだらわかるレベルの基本的な内容です。 でも糸巻きや上糸、下糸の準備がうまくいかなくて縫えない!という悩みもよく聞くので、わたしのやり方をまとめました。 モノクロの説明書よりもわかりやすいはず!笑 これから入園入学のアイテム作りでミシン購入を考えたり、ミシンの使い方を知りたい人も増えるかな?と思います。 ミシンって初めて使う方にとって「難しそう。 操作が簡単• 初心者さんに使いやすい機能• お手頃な価格 わたしのブログ読者さんはミシン初心者さんも多いので、初めてミシンを触る人の立場で選んでみました。 コンピューターミシンは設定も簡単で、縫うまで楽々でびっくりです。 基本的なミシンの使い方を迷うことなくマスターしてほしい。 ぬいぺ ということ。 みなさんには余計な時間や苦労をかけてほしくないので、糸の準備から基本の直線縫いまで、最短でできるように説明します。 ちなみに、ミシンを初めて使う人の悩みでよくあるのが、• 糸巻きってどうやるの?• 下糸や上糸のかけ方がよくわからない• そもそも縫えない などなど。 ミシンで縫うまでの準備でつまずく人が多いんですよね。 「縫えない」というのは糸かけが間違っているのがほとんどの理由だったり。 買ったばかりのミシンは押さえと針板の間に紙がはさまっているので、レバー押さえを上げて紙を取りました。 黒いボタンを右にスライドさせて、ボビンを取り出します。 次に巻きたい糸をセットします。 写真のように糸をセットして、上から糸こま押さえで糸を押さえます。 これもミシンにかいてありますが、ボビンの内側から穴に糸を通し、3の方向にスライドさせます。 電源を入れて、画面に糸巻き表示が出るか確認します。 一度とめて長く出ている糸を切り、またスタートします。 糸が巻き終わるとボビンの回転がとまるので、ストップボタンでミシンをとめます。 手前のみぞに引っ掛けます。 さらに左のみぞにかけて、そのままミシンの奥側に糸を出します。 糸を10㎝ほど長く出して、上からカバーをはめたらセット完了です。 結果からいうと、めちゃくちゃ簡単でした。 ミシン本体に書かれている番号の通りに糸をかけるだけで、説明書を見なくてもできました。 最近のミシンは誰でも使いやすいように工夫されていますね、ありがたい。 写真で説明すると、まず2を通り、 そのまま3にかけて、 4の天びんに通します。 4の天びんに糸をかけるとき、ダンボールから出した状態のミシンは天びんが中に入っているので、右横のはずみ車を手前(矢印の方向)に回して上に出しましょう。 はずみ車を逆側に回すと故障の原因になるので、必ず手前に回してくださいね。 最後に5に通し、針穴に糸を入れます。 わたしは自分の手から直接通した方が早いので、5のあと上から順番に2つのフックにかけて、 前から後ろに糸を通しました。 上糸も下糸同様、10㎝ほど糸を長く出しておきます。 押さえをあげ、縫い始めたい位置にはずみ車を手前に回して針を落とします。 押さえを下げ、 ミシン本体のスタートボタンを押して、縫い進めます。 基本の縫い方はこれでOK! 縫い終わりは押さえをあげて糸を引き出し、切って完了です。 ミシン横にある糸切りカッターを使えばはさみがなくても切れます。 返し縫いはミシン本体のボタンを押せばできます。 数字が小さいほど縫い目が細かく、大きいほどあらくなるよ! 使っていて感じたのですが、コンピューターミシンは自動で縫ってくれるメリットがありますが、わりとコツが必要だなぁ。 と思いました。 【おまけ】フットコントローラーがあると両手が使えて便利な話 JP310はオプション購入(別途購入)でフットコントローラーやワイドテーブルが使えます。 フットコントローラーがあれば両手が自由に使えるので、ぬい服とか細かいパーツも縫いやすくなりますね。 ワイドテーブルは作業スペースが広くなるので、バッグとか大きめなものが作りやすくなります。 どちらも職業用ミシンで愛用していたので、わたしは即決で購入しました。 いかがだったでしょうか? 久しぶりに家庭用ミシンをじっくり使った感想を一言で言うと、操作が簡単!でびっくりしましたね。 家庭用ミシンは実家にいた頃母のミシンを借りて使っていましたが、1本縫うまでに半日くらいかかった記憶があります。 糸調子の調整方法など、よく聞く悩みも解説していきたいなぁ。

次の

ボビンの種類について|ミシン初心者のためのミシンの使い方(4)

ミシン ボビン 付け方

ミシンにはメーカー指定のボビンを使いましょう 今年こんなことがありました。 JUKIの10万円程度のミシンをお買い上げ間もないお客様が、「きれいに縫えない」とミシンの修理を依頼されました。 このクラスのミシンがお買い上げそうそう故障するとは考えにくいのですが、とりあえずお客様には「申し訳ありません。 調べてみます。 」とお預かりしました。 修理を始めます。 外見的には問題点なし。 そこで試し縫いをしてみます。 修理の基本ですが、上糸 下糸 ミシン針をはぎ手芸店のものに取り替えます。 縫ってみると異常ありません。 静かな音で、スーと、縫っていきます。 ミシンは故障していません。 ミシンの使い方に問題があると言うことです。 実は私は、上糸 下糸 ミシン針をはぎ手芸店のものに取り替えていた時にうすうす気がついていました。 お客様がお使いになっている上糸 下糸 ミシン針は、日頃私たちが見慣れているものと違っていたのです。 特に下糸を巻いてあるボビンの種類は指定のものとは全く違う物でした。 後日お客様に説明すると、「すべて100均で買ってきた。 」ということでした。 「せっかくいいミシンをお求めになったのですから、ミシンの使い方が大事です。 指定の物を使って気持ちよく縫ってくださいね。 」とお願いし、お客様のお使いのミシンに合うボビンの種類について説明しました。 意外とボビンの種類についてご存じない方が多く、こんなトラブルは時々あります。 今回のケースは、大事にならなくてよかったのですが、間違ったボビンを使い続けたために自動糸調子器が故障して、修理に大金をお支払いになったお客様もありましたから、十分注意してください。 必ずメーカー指定のボビンの種類をご確認いただき、正しいボビンを使いましょう。

次の

ミシンの下糸の巻き方とセットの仕方

ミシン ボビン 付け方

ミシンの下糸はコツさえつかめば、失敗しないで誰でも簡単に巻けますよ。 1発オッケーの下糸の巻き方を順番にご説明しますね。 実際に下糸を巻いてみよう! まずは糸かけから。 下糸を巻くときの糸かけは、だいたいどのミシンも 点線で示されています。 単純な糸かけもあれば ミシンによってはちょっとごちゃっとしてます 「やり方が全然ちがいそう」と思いがちですが、 どんなミシンであれボビンの巻き方は基本一緒です。 今回はせっかくなので動画と同じく、ごちゃっとした方のミシンでやりますね。 糸かけのコツを詳しく解説! まずは点線にしたがって糸をかけます そのまま進んでいくと、たいていのミシンには下の写真みたいに丸い金属の部品があります。 この丸い部品に糸を1周させてください。 糸をぎゅっと左右に引っぱるのがコツです。 説明書には1周させるって書いてないことが多いですが、引っかけるだけだと途中で糸が抜けちゃうことがあるんですね。 なので1周させることをおすすめします。 先に進むと、なにやらごちゃっとしていて4-5回巻くと書いてありますね。 これは無視して大丈夫です!(笑) 無視したところで、ここから私のおすすめ方法でいきますね。 まずボビンを見てください。 ちっちゃい穴があいています。 この穴に、糸を内側から通します 矢印のように、内側から外側へ通します そして糸が通った穴を上にして、下糸巻き軸にボビンをセットします (軸の根元まで、しっかりボビンをさしこんで下さい) ボビンをセットできたら、右側にガチャっと動かします ボビンが右にいきましたね ここで電源を入れます そしたら糸を右手で持って、真上にピンとはります たるませず、ピンとはるのがコツです ここで一度スピードを見てください 早くなってたらゆっくりにしましょう ではスタートボタンを押しますが、ここでポイント! 糸は手でずっと持っていてください! スタートしてもしばらくそのままです。 5秒くらい手で持ってて、5秒経ったかなーと思ったらストップさせてください。 いきなりスタートさせるのは不安、と思うかもしれませんが大丈夫です。 そのためにスピードは遅くしましたもんね。 ではスタート ミシンによってはスピードを遅くにしても早く回ることがありますが、落ち着いてしっかりと、糸を手で持っていれば大丈夫です。 下糸巻き軸が回りましたね 5秒くらいしたらストップボタンを押してください 糸がしっかり巻きつきました これだけ巻けたら糸はほどけないので、最初に持っていた部分の糸は切ってしまいましょう。 チョキン すっきりしましたね。 この状態からまた続きをやります。 もう一度スタートボタンを押してください。 今度はスピードを早めて大丈夫です。 ある程度巻けたらストップしてください。 ちなみに下糸はめいっぱい巻くのではなく、使うぶんだけ巻くのがいいですよ。 大きなものを縫う場合でもまずは半分くらい巻けば大丈夫です。 今回は大物を縫うわけじゃないのでこれくらいでストップ。 これで巻くのは終わり! ここまできたらもうゴールです。 ボビンを左にガチャっと戻して ボビンを引っこぬきます つながっている糸をチョキンと切りれば 完成!.

次の