高校 受験 面接 自己 pr。 高校面接で一分間の自己PRが思いつきません誰か例文を考えてくれ...

面接の解答例!志望動機・自己PRの作り方|栄光ゼミナール高校受験情報

高校 受験 面接 自己 pr

1 高校受験の面接試験でよく聞かれる質問一覧 個人情報 受験番号、姓名、生年月日、自宅の所在地、高校までの交通手段、家族構成など 学校生活 学校名と所在地、クラス担任や校長先生の名前、在学校の特色、学級での係活動と仕事内容、部活動 クラブ活動 、中学校で頑張ったこと、高校に入ってやりたいこと、得意、不得意科目、修学旅行の思い出など 趣味 趣味や特技、余暇の使い方、最近読んだ本とその感想など 性格 長所と短所、父母から注意を受けること、友達関係、尊敬する人物とその理由 進路 志望動機 志望理由 、併願校と合格時の進学校、部活動、将来の夢 目標 その他 最近印象に残ったニュース、通っていた塾について 緊張すると頭が真っ白になり、同じことを何度もくり返し、だらだらと話してしまった!という経験はありませんか?本番当日にこういうことが起きないように、練習をして慣れておく方が良いのです。 一人10分間の面接試験で5問質問されるとしましょう。 最初の質問に5分もかけてしまったら、あとの4問は残りの5分間で全て回答せねばなりません。 せっかく用意してきた自己PRや志望動機が満足に話せなくなる可能性もあるのです。 面接官に自分の主張を全て届けるためにも、 回答時間には要注意です! なお、「3分以内でお答えください」など回答時間が決められている場合には、短すぎても 1分で終わってしまう 長すぎても 5分くらい話しても平気 いけません。 作文は指定文字数の8割~9割程度という目安がありますが、面接の回答時間も同じです。 3分と指定されたら2分半以上は話すように心がけましょう。 1 志望動機・自己PR作成時の注意点 受験する高校の教育理念を調べ、「自分の言葉」として言えるようにしておきましょう。 「志望動機」に対して「貴校の教育方針である自主性が良いと感じました」だけでは、面接官の印象には残りません。 なぜなら、そうした回答は受験生のほぼ全員が行っているからです。 コンクールに出場するだけではなく、地域の皆さまに自分たちの演奏を楽しんでもらいたいという思いから、老人ホームでの演奏を部員に提案し、提案と調整を重ねた結果、年3回の演奏会を定期的に開催するまでにこぎつけました。 そんな折に貴校のホームページを見ると教育方針に『自主性』と書いてあり、まさしく私 僕 が中学校で実施してきたものだと感じました。 貴校であれば、私の得意とすることを発揮できると思い、志望しました」 ここに注意! 志望理由で「自主性が良いと感じた」と話したあとで、他の質問で取り上げるエピソードに自主性が感じられないと筋が通りません。 例 面接官「部長を務める上で大変だったことは何ですか?」 受験生「部員がなかなか言うことを聞かず、統一方針をとることに苦労しました」 面接官「どのような工夫をして解決しましたか?」 受験生「みんなで話し合いもしたのですが、結局、先生に叱ってもらいました~!」 ・・・これだと、面接官に「自分には自主性がある 貴校に相応しい人間ですよ 」と伝えることができません。 エピソードのどの部分にフォーカスするかが問われるのです 嘘をついてはいけません。 「こうした困難は自分たちで解決すべきと思ったので、副部長に自分の考えを伝えて共感してもらい、自分と副部長で部員全員から賛否を聞き、対話を重ねました。 もちろん先生に頼ることもありましたが、自分たちがどうあるべきかを積極的に考えることができたと思います。 」とすると、自分が自主的にどのような行動をとったか・どう解決しようとしたかを伝えることができます。 どうしても言えないのであれば、そのエピソードを話してはいけないのです。 ともすると、中学生は話そのものに合わせて答えを作ってきてしまいがちです。 頑張ったことや思い入れをベースにするのではなく、必要なエピソードをどう抜き出すかが重要なのですね。

次の

大学入試の自己PRの書き方と例文・書き出しや締め方

高校 受験 面接 自己 pr

私はサッカー部に所属しており、毎日欠かさずに朝と放課後の練習に参加していました。 試合に出ることができたのは数回だけでしたが、監督に真面目に練習していることを買っていただき、副部長に推薦されました。 監督や仲間に手伝ってもらいながら、練習方法やみんなが納得できるような練習の方針を考えたりしていました。 そして区の大会で優勝することができました。 自分一人ではとてもやりきれなかったので支えてくれた人たちに感謝すると同時に、自分も少しはチームの勝利に貢献できたのではないかと自信になりました。 部長・副部長・キャプテンなど役割を与えられている人はそのこともアピールしましょう! ただ先ほども言った通り、「部長をやりました!」ではなく、 「それから得たこと」を書くようにしましょうね。 部活で得たことは他にも、 私は吹奏楽部に所属し、主に商店街のお祭りや公民館での演奏などを行っていました。 コンクールで目立った成果は出せなかったことは悔しいですが、音楽を通じて近隣の方との交流することが何より楽しかったです。 もちろん文化部の人も、コンクールの実績があればどんどんアピールしましょう。 でもそれだけじゃなく、 自分自身のことを話すのを忘れずに。 目立った成績がない人でも、このように自分の内面を伝えていくことが可能です。 それとこの例文では、高校入学後のことについても少し触れていますね。 未来のことを言及するということも自己PRのテクニックなので、覚えておいてくださいね。 帰宅部の例文.

次の

【高校推薦入試対策】自己PRの書き方・自己PRの仕方

高校 受験 面接 自己 pr

高校受検の推薦の面接で自己PRを2分間話さなければいけません。 文を考えたのですが、これで良いのか不安になり質問させていただきました。 私は中学校3年間の中で、ボランティア活動に励んできました。 私は、おばあちゃ ん子だった為何かご老人の役に立ちたくて主に老人ホームで活動しました。 私は 人付き合いが得意では無かったのですが自分より年配の方と沢山お話させて頂い た為コミュニケーション能力がつき3年間で様々な人と親しくなり友達が沢山出来 ました。 2年の時は本が好きなのとPOP作りが好きなので図書委員に入っていまし た。 3年生になってからはじゃんけんで負けてしまった為入れなかったのですが先 生からの推薦もあり進路委員を1年務めさせて頂きました。 進路委員は多くのクラ スメイトから「いつもお疲れ。 ありがとう。 」等と言われとてもやりがいがあり ました。 習い事はピアノを9年間習っています。 部活動は3年間美術部を継続して きました。 貴校に入学出来ましたら文芸部に入りたいと思っています。 私の長所 は継続力と課題などをより良くしようと追及する所だと思っています。 なので、 高校でも継続していきたいと思っています。 貴校に入学出来ましたらボランティ アや部活動・英語に力を注いでいきたいと思っています。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 大学4年生です。 結論から書き始め、その具体例も挙げています。 そして、最後にもう一度結論を述べる。 とても中学生とは思えない良い自己PRだと思います。 強いて言えば、 「小学6年の時(中略)バカにされました」の一文が気になったくらいです。 これでは、あなたの体力は人並みで、周りがずば抜けて体力のある人が集まっていただけなのでは?とも思えてしまいます。 過去と現在の違いを明らかにするためにも、体育の成績や、持久走のタイムなど、過去と現在を具体的に比較できる要素を入れるとさらに良くなると思いますよ。 「すごくなくて」という曖昧な言葉を使うのではく、具体的な数字などを挙げると、相手にも内容が伝わりやすくなりますよ。 第一志望の高校に行けるといいですね! 頑張ってください! A ベストアンサー 基本的な流れは、No. 1の方の回答の通りでほぼ外れはないと思います。 名前や出身校を改めてもう一度言う人もいましたが、 最初に挨拶で名乗っていますので、内容に含めなくても大丈夫です。 いきなり「3分以内で自己アピールをしてください」と言われては、 履歴書に書くようなことしか浮かびませんよね。 面接官は一度は履歴書を読んでいますから、興味深い内容については、 もっと話を聞いてみたいと考えています。 ですので、履歴書に書いた内容を話す場合は、 文章の中には含まなかったことを膨らませて話すとよいでしょう。 「実はこんなエピソードがあり、そこからどんなことを感じた」 「具体的にはこんなことをした」 などが例として挙げられます。 履歴書に書いた内容とは全く違うことをアピールするのも手です。 ただ、「じゃあ履歴書に書いてある自己PRは何なんだ?」と 思われてしまうかもしれません。 (履歴書に書いたこと) そして、もう1つ力を入れてきたものがあります。 3分間や1分間での自己アピールは、就職面接ではよくあることですので、 ストップウォッチで計りながら、他社の面接に備えて練習することをお勧めします。 参考までに、私は15社くらい受けましたが、 3分間の自己アピールは1社で2回(一次と二次)、1分間は全部の会社でありました。 基本的な流れは、No. 1の方の回答の通りでほぼ外れはないと思います。 名前や出身校を改めてもう一度言う人もいましたが、 最初に挨拶で名乗っていますので、内容に含めなくても大丈夫です。 いきなり「3分以内で自己アピールをしてください」と言われては、 履歴書に書くようなことしか浮かびませんよね。 面接官は一度は履歴書を読んでいますから、興味深い内容については、 もっと話を聞いてみたいと考えています。 ですので、履歴書に書いた内容を話す場合は、 文章の中には含まなかったことを膨らま... Q 高校志願理由書の自己アピールの書き方がわかりません。 ・部活は毎日参加し(サボることはなかった)、励んできたが、大会はほとんど1回戦負け。 しかし、声出しは部のためにほかの人よりも一生懸命にやった。 ・生徒会活動では、委員長や副委員長にもなっていないし、常時活動も忘れがちであまりいいことはないです。 ・勉強は個人的には一生懸命にやっている方だと思っている。 家では計画を立てて、一日最低3時間はやっている。 一生懸命取り組んでいるが、テストの点数は下がり気味。 ・検定は、漢検、数検各3級を持っています。 こうやって書いてみたものの、自己アピールできる点があまり少ないように感じて、どう書けばいいでのかよくわかりません。 締切も近いので、できるだけ早めに回答してくださると有難いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 元塾講師です。 自己アピールに関しては推薦と一般の願書では大きく違います。 推薦に関してはこのような内容(学校での成績以外での活動)が採点対象なので、試験の合否に直結する重要なものになります。 一般では基本筆記で、合否ライン上にいる人を無理やり分けるのに使う程度の場合があり、余裕で合格点の人・全然合格点に達していない人のものはほとんど見られないことが普通です。 ただ、白紙で出した場合は、条件を満たしていないことからそれだけで不合格になることはあります。 推薦に関しては私は(塾で授業をしているときに)、推薦で合格できる人は大学に「一般の合格者を一人削ってでもとりたいと思わせないといけない」と言ってきました。 入試結果をみると分かりますが、推薦の「募集5名、出願10名、合格1名」ということがあります。 通常であれば合格者は5名出せるはずですが、ろくな人間がいないためで「推薦に大した人間がいなかったから、一般の入学者を予定より増やそう」という結論のもとに合格者が1名なのです。 正直に書くと募集倍率や合否基準の内申がそれほど高くない場合は自分の思うところを書けば大抵平気です。 人気校には優秀な受験生が集まるのでそうした強みは必要ですが、そうでない場合は、そこまで求められていないので、努力した内容などを書けばいいのです。 何を目標とし、その達成にために、どうやり方を工夫しどう達成したかを書いてください。 また加点ポイントとして、クラスの人や部活の人間などの周りの人間をどう説得し動かしたかもあるとさらにいいです。 ご参考までに。 元塾講師です。 自己アピールに関しては推薦と一般の願書では大きく違います。 推薦に関してはこのような内容(学校での成績以外での活動)が採点対象なので、試験の合否に直結する重要なものになります。 一般では基本筆記で、合否ライン上にいる人を無理やり分けるのに使う程度の場合があり、余裕で合格点の人・全然合格点に達していない人のものはほとんど見られないことが普通です。 ただ、白紙で出した場合は、条件を満たしていないことからそれだけで不合格になることはあります。 推薦に関しては私は(... Q 中三女です。 高校受験の際に「自己アピール文」というものを書かなければいけないのですが、書き方がイマイチ良くわかりません。 去年までは英検の資格を持ってる人は(英語科の)受験が有利になっていたみたいなんですが、今年からはその制度がなくなったみたいでショックです・・・ ですが、せっかく持ってる資格ですので自己アピール文に書き加えたいと思っています。 書きたいことの内容がバラバラなので自分でも何を書けば良いのかわからなくなってしまいます。 書きたいことは、 ・英検三級の資格を持っている。 ・漢検四級の資格を持っている。 ・女子ソフトテニス部で三年間活動していた。 どなたか、例文を書いてください。 宜しくお願いします。

次の