ドル円 投資の森。 米ドル/円(USDJPY)|為替レート・チャート|みんかぶFX

東京為替:株安継続もドル・円は106円80銭台でのもみ合いが続く

ドル円 投資の森

過去1ヶ月の時系列データにおける、1日あたりのレート変動幅の平均値や、最大値・最小値を表示します。 今日の変動幅の予想に活用できます。 52 0. 13 1. 14 0. 55 0. 39 106. 63 0. 30 106. 29 0. 42 107. 52 0. 31 106. 64 0. 26 106. 28 0. 39 107. 49 0. 70 107. 53 0. 78 107. 50 0. 77 107. 14 0. 56 107. 38 0. 72 107. 79 0. 16 107. 44 0. 97 107. 82 0. 87 107. 57 0. 35 106. 67 0. 06 106. 13 1. 21 106. 26 0. 00 106. 30 0. 05 106. 44 0. 12 106.

次の

NY円、反落 1ドル=107円20~30銭 対ユーロでの円安が対ドルにも波及 :日本経済新聞

ドル円 投資の森

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより きょう(29日)の東京株式市場は日経平均が朝方に2万3000円ラインを突破、その後はさすがに伸び悩んだものの、売り物に押されることなく大引けは100円あまりプラスを維持して着地。 7日連続の年初来高値更新と、文字通り「新値街道をひた走る」という形容がぴったり当てはまるような強い相場だ。 トランプ発言で米中協議の進展期待が高まったとか、英国のEU離脱期限の延長合意が好感されたとか、確かにポジティブ材料ではあるのだが、いつもの後付け解釈の域を出ず、株高の合理的な理由としては本音の部分で誰も共感していないと思われる。 上昇相場は懐疑の森のなかで育ち続ける。 外国人投資家は10月第3週に現物でも5500億円買い越したが、市場関係者によると国内機関投資家は今週に入った時点でもほとんど動きが止まっている状況にあるようで、俗にいう「持たざるリスク」が前面に押し出される局面はこれからということになる。 個人投資家資金は短期回転がベースとなっているとはいえ、果敢にリスクを取る動きが鮮明となっている。 国内ネット証券大手の店内データでは、直近の信用評価損益率がマイナス7%と「ここ1年では一番良い」状態にあるという。 こういう時こそ気をつけなければいけないのが相場ではあるが、マザーズやジャスダックなどの新興市場は日経平均にだいぶ遅れているだけに、上昇余力はまだかなり残されている。 仮に東証1部の大型株の動きがとまっても、材料株は余熱でしばらくは走る。 今、個人にとっての課題は決算発表という氷山をかわしながらいかに個別株物色のステージを進むかということだ。 相場の流れとしては半導体関連の中低位株を物色する動きが活発だ。 草刈り場と言ったら表現は悪いが、まさに次に何が噴き上げるかに目を光らせているような相場。 ただし、半導体というテーマに持続性があり食い散らかしているような印象はない。 出遅れていたミナトホールディングスも急動意した。 低位株は動き出すと上昇率が違和感なく10%を超えるケースが多く、これが短期資金の食指を動かす背景となっている。 半導体関連の低位株で意外性のある銘柄としては有機合成薬品工業が挙げられる。 特殊合成品を扱い、上位株主のニプロや長瀬産業と提携関係にあることから医薬中間体やアミノ酸関係のイメージが強いが、売上高の約3分の1は工業用薬品で占めている。 半導体ウエハーなど機能性材料の原料メーカーとして、世界的な半導体市況回復の恩恵を受ける位置にあり、会社側も足もと風向きが追い風に変わりつつあることを否定していない。 きょうは商い急増のなか一気に年初来高値を更新してきたが、これは同銘柄が半導体関連株であることにマーケットが気付いた証。 しかし、依然として株価は200円台にあり、PBR0.5倍台、つまり会社解散価値の半値近い水準に放置されていることで、これを機に水準訂正余地が意識されそうだ。 また、風に巻かれるように上値追いを続けているのが野村マイクロ・サイエンス。 超純水装置の大手メーカーで同社も半導体関連の一角。 既に株価を上昇させているとはいえ、PER、PBRともに割安で上値期待は大きい。 週足チャートでここ2年程度の軌跡をみれば、今はまだ初動であることが分かる。 2月26日の年初来高値760円奪回は戻り相場の通過点というよりスタート地点に近い。 このほか、浜井産業やアテクト、和井田製作所なども半導体周辺株として人気素地を開花させている。 日程面では、あすは日銀金融政策決定会合(~31日)のほか、朝方取引開始前に9月の商業動態統計が発表される。 IPOでは東証2部に恵和が新規上場される。 海外では10月のADP全米雇用リポート、米7~9月期GDPが開示される。 また、FOMCの結果発表とパウエルFRB議長の記者会見が予定されている。 このほか、ブラジルの中央銀行が政策金利を発表する。 (中村潤一) 出所: 最終更新日:2019年10月29日 19時32分.

次の

【20日ドル円予想】米個人消費にふらつきも、米議会が追加経済対策を打ち出し期待感<

ドル円 投資の森

チャートを描画するための日数が不足しています。 期間の開始日には、終了日の3日前の日付を指定してください。 なお、信託報酬率は「ファンド概要(運用管理費用 信託報酬 )」をご覧ください。 ファンド概要についての注意 資金動向、市況動向等によっては、上記の運用方針のような運用ができない場合があります。 投資信託への投資に際しての注意 本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。 お申込に際しては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時にお渡し致しますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。 投資信託は、株式や債券等の値動きのある有価証券(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資をしますので、市場環境、組入有価証券の発行者に係る信用状況等の変化により基準価額は変動します。 このため、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。 本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について同社が保証するものではありません。 また、掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。 本ウェブサイトに掲載されている情報(リンクされている外部サイトの情報も含む)に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。 本ウェブサイトの内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。 本ウェブサイトに記載した当社の見通し等は、将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。 基準価額・分配金再投資基準価額・分配金込み基準価額は信託報酬控除後の価額です。 当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。 換金時の費用・税金等は考慮しておりません。 ただし、ETFの表記している口数については別途ご確認ください。 分配金の表示数値は、基準価額の表示口数当たり課税前の金額です。 表示方法については、公社債投信は小数点第二位まで、その他のファンドは整数部のみとしているため、実際の分配金額と表示上の差異が生じることがあります。 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。 投資信託は、預金等や保険契約ではありません。 また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 加えて証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象にもなりません。 購入金額については元本保証および利回り保証のいずれもありません。 投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。

次の