住宅ローン減税 外壁塗装。 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるために必要なコト │ 外壁塗装パートナーズ

外壁工事でも住宅ローン控除で減税出来るの知ってますか?

住宅ローン減税 外壁塗装

会社で年末調整が行われる理由 なぜ会社で年末調整が行わるのかというと、毎月給与を支払うたびに社員一人ひとりの保険加入状況などをその都度調べ、かつ毎月給与計算に反映させていては、計算の手間と時間が膨大な量になってしまうからです。 そこで、毎月徴収する額はあくまで概算に留め、年末に、一度に精査する方法が取られています。 年末調整で最終的な控除額を決定する 会社が年末調整を行う主な目的は「所得税の控除がどのくらい発生するか」という点で、「控除」とは、保険の加入や通院といった個人の生活や事情を考慮して、徴収する税額を差し引くことです。 年末調整で、保険の加入状況や家族の扶養状況などを会社に申請することによって、所得税の正確な控除額が判明します。 これまでの給与から徴収された所得税に対し、年末調整後に確定した所得税が少なければ、会社から差額を還付してもらうことができます。 そして大規模なリフォームを行った場合の費用も、工事内容や金額の大きさに応じて控除を受けることが可能で、その大規模リフォームには、外壁・屋根の塗り替えも含まれています。 この制度の対象となるのは、大規模な修繕や改修工事といったリフォームも含まれており、外壁や屋根の修繕や補修、塗装リフォーム工事なども工事内容によっては対象となることがあります。 自分たちが住む家で行った工事であること• 年収が3000万円以下であること• ローンを10年以上で組んでいること• 工事を行う住宅の床面積が50㎡以上であること• リフォームの場合は100万円以上の工事であること 「住宅ローン」と聞くと新築住宅を購入する人しか利用できないように感じてしまいますが、外壁塗装も含む増改築リフォームでも、上記の条件を満たせば控除を受けることが可能です。 もし10年以上のローンを組むような100万円以上の高額な外壁塗装工事を予定しているのであれば、ぜひ利用しておきたい制度です。 住宅借入等特別控除を外壁塗装で利用する条件 住宅ローン減税を受けるためには、外壁塗装の際、いくつかの条件を満たしておく必要がありますので(条件は後述)、減税制度を勧めてくれる良心的な工事業者もあれば、減税の手続きまで気が回らない、という工事業者もいます。 控除制度を利用して減税を受けるためには、工事内容やスケジュールを施工業者任せにしてしまわず、利用条件をご自身でしっかり把握し、控除を受ける条件を満たすような塗装工事を計画しましょう。 ご自身が経営する賃貸用のアパート・マンションや、本人が住まず、本人以外の家族しか住まない家などは、控除の対象外です。 外壁塗装の費用は通常、30~40坪の2階建ての戸建て住宅であれば70~90万円程度が相場ですので、一回の費用が100万円を超える塗装というのは、ある程度規模が大きな工事と言えるでしょう。 工事費用が100万円を超える塗装工事の例としては、• 建物の外壁・屋根面積が大きく作業範囲が広いとき• 耐用年数が長いフッ素塗料など施工単価が高い塗料で塗装したとき• 外壁と屋根をセットで同時に塗装したとき などが考えられます。 いずれのケースも、やむを得ない事情により100万円を超えていますので、もし、標準的な仕様の外壁・屋根塗装で事足りる場合は、あえて費用を100万円以上に吊り上げるようなことは避けた方がよいでしょう。 無理して塗装費用を吊り上げても、減税額が増えるわけではありませんので、プラスマイナスゼロ、下手をするとマイナスになってしまう恐れがあります。 そのほか家族や知人からお金を借りて行った塗装工事なども、住宅ローン控除の対象外ですのでご注意ください。 もし住宅ローン控除の適用期間中に一時的に年収が3000万円を超えた場合は、その年は住宅ローン控除が利用できず所得税は減税されません。 そのため塗装工事などの増改築リフォームで住宅ローン控除を受ける場合は、工事前または工事後に建物の床面積が、50㎡を超えている必要があります。 会社員も確定申告を行う必要がある 確定申告とはその年の所得額を税務署に申告することで、確定申告を行うことによって所得税や住民税など翌年に納める税額が決まりますので、個人事業主や給与所得以外の所得がある人は、必ず行わなければなりません。 会社員の人は、会社が給与から天引きする形で税の申告を代行してくれますので、通常は確定申告を行う必要はありませんが、住宅ローン減税を受けるためには、会社員の人も工事を行った年の年度末に、管轄の税務署に赴いてご自身で確定申告を行う必要があります。 ただし一度確定申告を済ませていれば、翌年以降は年末調整の際に自動的に控除が適用されるため、住宅ローン控除期間中に毎年確定申告を行う必要はありません。 例えば、2018年の1月に外壁塗装を行った場合は、2019年の3月に確定申告を行います。 確定申告は、毎年2月15日頃から受け付けが始まりますが、3月前半になると税務署が非常に混雑し、1日だけ平日に休みを取っても受付時間に間に合わない恐れがありますので、1月頃から必要書類を早めに準備しておきましょう。 また、確定申告期間中は税務署が土日などに無料相談会を実施しているので、平日に休みが取れない会社員の人は、お住まいの地区を管轄している税務署のホームページで相談会のスケジュールをチェックしておきましょう。 郵送で申告書類を送ることもできますが、書類の不備があって受理されず期日中に申告が間に合わなかったり、誤った金額を申告して本来受けられるはずの減税が適用されなかったりするトラブルも考えられますので、できるだけ税務署に足を運ぶことをおすすめします。 確定申告に必要な住宅ローンの書類 住宅ローン控除を受けるために確定申告する際は、確定申告の申請書以外にも、複数の必用書類を税務署に提出しなければなりません。 控除のために必要な書類は以下の通りです。 住宅借入金等特別控除額の計算明細書• 住宅ローンの年末残高を証明するもの• 増改築等工事証明書• 塗装する建物の登記事項証明書(登記簿謄本)• 書式は税務署でもらって記入することもできますが、窓口で記入すると必要な情報が手元になく書けないことがありますので、税務署のホームページからダウンロードし、印刷して家で記入を済ませておくとよいでしょう。 通常は年末を待たず秋頃に到着しますので、記載されている残高は、あくまでも書類作成時の予測の金額です。 もしその年の12月までに繰り上げ返済などを行って証明書の残高と実際の残高が変わるようなことがあれば、確定申告までに修正した証明書を金融機関から再発行してもらう必要があります。 また、複数の金融機関から借り入れを受けている場合は、すべての金融機関の証明書が必要ですので忘れずに揃えましょう。 また、その中でも特に用意をする際に注意しなければならないのが、施工前の工事写真で、写真に残す前に塗装作業に着手してしまうと、施工前の写真を手に入れることができなくなり、運よく代用できそうな他の写真が見つかっても証明書の条件を満たせないことがありますので、必ず工事を始める前に建物の写真を撮っておかなければなりません。 さらに、増改築証明書の発行にあたっては、施工業者から作成手数料を請求されることがあり、作成費用は約15,000~20,000円かかることもありますので、追加料金のトラブルを防ぐためにも、工事着工前に、証明書の発行手数料も含めた見積書を作成してもらいましょう。 登記事項証明書は家屋と土地それぞれに分かれていますので、間違えないように「家屋」の方を発行してもらいましょう。 なお、発行するためには1部600円の手数料が必要です。 会社が発行する源泉徴収票には、年末調整をした後の正確な納税額や所得額が記載されていますので、この書類が、純粋な所得額を公的に証明する書類となります。 例えば、断熱塗料で外壁や屋根を塗装したり、断熱性の高い樹脂サッシなどに交換するリフォームを行ったりすると、省エネリフォームの補助金を利用できる場合がありまが、補助金を利用して外壁塗装を行った場合は、補助額を工事費用から差し引いて申告しなければなりません。 そのため、リフォームなどで補助金が給付された場合は、補助額がわかる書類も併せて提出する必要があります。 申請に慣れた塗装業者に依頼しよう ここまで解説した通り、住宅ローン減税を受けるためには会社員の人でもご自身で確定申告を行わなければならず、個人で書類を準備したり工事内容を調べたりしていると膨大な時間がかかってしまいます。 慣れない作業で誤った申告をしてしまわないように、外壁塗装の際は、減税制度に詳しい業者選びをおすすめします。 住宅ローン控除制度に慣れて詳しい業者であれば、申請完了までの流れや必要書類の種類なども把握しているため、工事前に行わなければならない手続きも忘れずに済ませてくれますし、工事完了後に「減税が利用できなくなってしまった」といったトラブルに巻き込まれるリスクも少なくなるでしょう。 役所で取得する書類なども必要に応じて代行してくれますので、平日は仕事で外出できないという人でも安心です。 もし災害などが原因で外壁や屋根のリフォーム工事を行った場合は、修繕費に応じて所得税が「雑損控除」されますが、雑損控除も住宅ローン減税と同様に会社の年末調整では処理されませんので、個人で確定申告が必要です。 雑損控除とは 「雑損控除」とは所得税の控除制度の一種です。 災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、一定の金額の所得控除を受けることができます。 引用:国税庁ホームページ『No. 1110 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき 雑損控除 』 自然現象や人によって家などの資産が損なわれ、その補修のためにリフォームを行った場合は、被害額に応じて翌年の所得税が安くなります。 納税者本人が所有する資産であること• 納税者と家計をともにし、かつ総所得金額が38万円以下の配偶者や親族 のいずれかを満たしている人で、上記の条件を満たし、該当する損害(次の項目参照)を受けたときに適用されます。 雑損控除はどのくらい受けられるのか 雑損控除の金額は、被害額とその補修に要した費用などを使って計算し、3年間までなら翌年以降も繰り越して控除が可能です。 例えば、被害額があまりにも大きく、控除額がその年の所得を上回ってしまうような場合は、差額を翌年の所得額から控除できます。 または2. のうち多い方が控除額になります。 雑損控除の手続きは確定申告の時に行う 個人で確定申告の手続きを行わない限り、控除は適用されませんので、税務署に下記の書類を揃えて提出する必要があります。 管轄の税務署や災害の内容によって提出物は異なることがありますので、詳しくはお住まいの地域の管轄税務署に問い合わせておきましょう。 『災害減免法』というものです。 災害で生じた家屋や家財の損害額(保険金や損害賠償金で補填された分は除く)が、時価の2分の1以下• その年の所得金額の合計額が1000万円以下 国税庁ホームページ『災害減免法による所得税の軽減免除』 ただし、災害減免法による控除制度は、雑損控除と違って控除額の3年間繰り越しが認められませんので、被害額が大きく年間の所得を上回るようなケースでは、繰り越しが行える雑損控除を選んだ方がよいでしょう。 また、害虫被害や、盗難などの人的被害は控除の対象外です。 控除を受けるためには、ご自身で慣れない確定申告作業を行わなければなりませんが、せっかく高額なリフォームを行うのであれば、早めに準備して申告に挑みましょう。 また、できるだけご自身で行う申告の手間を省くためにも、外壁塗装業者は、減税の手続きに慣れた、相談しやすい優良業者を選ぶとよいでしょう。

次の

外壁塗装工事でも住宅ローン控除を受けられる

住宅ローン減税 外壁塗装

住宅ローンで外壁塗装をすると控除で税金が安くなる! 10年に1度の大切な住宅メンテナンス、外壁塗装。 施工費用には数十万円が必要になり、家の大きさや選ぶ塗料のグレードによっては百万円を超えてしまうケースもあります。 「正直高いなぁ…」と感じてしまう外壁塗装ですが、住宅ローンを組んで工事を行えば控除により税金が安くなる場合があることをご存知でしょうか? 外壁塗装の見積もりには必要な工程が詰まっていて、なかなか値切るのは難しいものです。 施工費用が安くなりにくいのであれば、国の制度を最大限に活用してお得に外壁塗装を行いましょう。 外壁塗装で税金が安くなる仕組み なぜローンで外壁塗装をすれば税金が安くなるのか。 その秘密は住宅ローン控除(減税)という国の減税制度にあります。 家を新築した際に、住宅ローン控除(減税)を利用した経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか? まさにその住宅ローン控除(減税)こそ、外壁塗装で税金が安くなる仕組みです。 住宅ローン控除(減税)とは? そもそも住宅ローン控除(減税)とは、自分が住むための家を住宅ローンを組んで購入したりリフォームしたりする際に適用される制度。 さらに、住宅ローン控除(減税)のすごいところは、所得税から控除しきれない分は住民税からも控除してもらえる点にあります。 外壁塗装でもこの制度が適用されるのであれば、利用しない手はありません。 控除の限度額は最大400万円 住宅ローン控除(減税)は、1度適用されるとその後10年間は控除を受け続けることが可能です。 限度額は10年間で最大400万円に設定されており、1年間の限度額だと40万円です。 そのため、高額な住宅ローンを組めば組むほど控除される税額は大きくなります。 もちろん、外壁塗装の施工費用は高くても百数十万円程度ですから、新築時のローンが残っていないとすると毎年の控除額は数万円〜十数万円ほど。 住宅購入の時ほど莫大な控除を受けられるわけではないものの、これだけのお金があれば毎年ちょっとした旅行には行けるほどです。 申請期限は2021年12月31日 ただし注意したいのは、現在のところ住宅ローン控除(減税)には申請期限が設定されている点です。 その期限は、2021年12月31日。 期限までに工事を終えている必要がありますので、ギリギリすぎると間に合わない可能性もあるので注意。 過去に制度を利用した人でも大丈夫? 外壁塗装で税金の控除を考えた時に気になるのは、「過去に住宅ローン控除(減税)を利用したことがあっても適用されるのか?」という点です。 結論を言うと、全く問題ありません。 新築時に住宅ローン控除(減税)を利用した方であっても、外壁塗装の施工で新たに申請すればもう一度控除を受けられます。 さらに、まだ住宅購入時のローンが残っている方や、住宅ローン控除(減税)を受けている途中の方でも大丈夫。 外壁塗装で申請した住宅ローン控除(減税)と併用して控除を受けられます。 住宅ローン控除(減税)が適用される条件 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)が適用になれば、毎年小さな旅行へ行けるくらいのお金が戻ってくるとお伝えしました。 しかし、外壁塗装の場合は住宅購入時よりも住宅ローン控除(減税)が適用されにくくなっているのです。 こちらの項目では、外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるための条件について詳しく見ていきましょう。 ローンを組む本人が住む家でなければならない 住宅購入時に「本人が住む家であること」という条件がありましたが、それと同じく外壁塗装をする家が自分の居住用でなければなりません。 適用外の例を挙げると、セカンドハウスなどの別荘や、家族・親族の家の外壁塗装を出資してあげる場合などは住宅ローン控除(減税)の適用外となります。 住宅ローンの借入期間が10年以上 住宅ローン控除(減税)を受けるための条件として、借入期間が10年以上に設定されている必要があります。 もしそれよりも短い期間で返済できる計画なら、住宅ローン控除(減税)を利用するよりも早々にローンを返済するほうがおすすめ。 借入期間が短くなればなるほど、利子の支払額は少なくなるからです。 住宅ローン控除(減税)を受けたいがためにわざわざ借入期間を引き延ばすのは、あまりメリットがありません。 外壁塗装の施工費用が100万円以上 リフォームや増改築で住宅ローン控除(減税)を利用する場合は、施工費用が100万円以上でなければなりません。 さらに、施工費用にカウントされるのは主要構造部のみであり、ガレージや門扉、倉庫などの塗装費用は含まれません。 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるためには、この条件をクリアするのが最も難しいでしょう。 なぜなら、一般的な30〜40坪の2階建住宅なら、外壁塗装の費用相場は70〜90万円ほどだからです。 施工費用が100万円を越えるケースとしては、「平均よりも広くて大きい住宅である」「ハイグレードな塗料を使用する」「外壁と屋根を同時に塗装する」などが考えられます。 住宅ローン控除(減税)のことを考慮せずに施工費用が100万円を超えるようであれば、何も気にせず控除を受けましょう。 しかし、住宅ローン控除(減税)を受けたいがために無理をして施工費用を吊り上げるのはおすすめできません。 吊り上げる方が損なケースの方が多いからです。 フッ素塗料などを使用して外壁塗装をすれば長持ちするので、高額な施工費用を支払っても無駄になることはありません。 とはいえ、無理なローンを組んで家計が苦しくなっては元も子もないので、住宅ローン控除(減税)を狙うためだけに施工費用を高額にするのはやめておいた方が賢明です。 外壁塗装の費用がどれぐらいかかるのかわからない、という方は以下の記事を確認してみてください。 外壁塗装をする建物の床面積が50㎡以上 あなたがお住まいの住宅の床面積は、50㎡を超えていますか? もし超えていなければ、残念ですが住宅ローン控除(減税)の適用外になってしまいます。 先述したように、住宅ローン控除(減税)の条件にカウントされるのは建物の主要構造部のみ。 そのため、倉庫やガレージを塗装したとしてもカウントされる床面積が増えるわけではありません。 これについては満たしていなければなんともなりませんので、諦めるしかないでしょう。 もちろん、住宅の増築をした結果床面積が50㎡以上になっていれば、OKです。 年間の総所得が3,000万円以下 よほど高収入な方でない限り、こちらの条件を満たすのはそう難しくないでしょう。 住宅ローン控除(減税)はあくまで低収入な方を支援するための制度なので、年間所得が3,000万円以上という高収入な方は制度の適用外となってしまいます。 注意したいのは、総所得には給与所得だけではなく山林所得や不動産所得も含まれる点です。 ちなみに、住宅ローン控除(減税)が適用になった10年のうち1年だけ総所得が3,000万円を超えた場合は、その年だけ控除を受けられなくなります。 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるための流れ サラリーマンの方であれば、住宅ローン控除(減税)が適用されるのは年末調整のタイミングです。 しかし、住宅ローン控除(減税)が適用されるためには自分で申請をしなければなりません。 放っておいても自動で控除されるものではないので注意。 条件を満たしていればまず確定申告を 住宅ローン控除(減税)を受けたい場合、控除を受ける最初の年に関しては確定申告の手続きが必要になります。 サラリーマンにとって確定申告は「ちょっとよくわからないもの」かもしれませんが、手続きをしなければ控除にはならないので面倒でも申請するようにしましょう。 「じゃあ住宅ローン控除(減税)を受けるためには毎年面倒な手続きをしなきゃならないのか…」と思った方、安心してください。 サラリーマンの場合、確定申告をするのは最初の1年目だけでOK。 2年目以降は年末調整の際に自動で控除を適用してくれます。 確定申告は毎年2月中旬から3月中旬に実施します。 この期間より早くても遅くてもダメなので、忘れずに手続きをすることが大切です。 なお、確定申告に不慣れな方は書類に不備があり受理されないケースも。 確実に住宅ローン控除(減税)を受けられるよう、余裕を持って申告するようにしましょう。 必要書類の例 外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるために、必要となる書類の例を紹介します。 あくまでここで紹介しているのは一例であり、これ以外の書類が必要になるケースがあります。 詳しくは塗装業者に相談していただくのが一番なので、お気軽にご相談ください。 ・住民票の写し ・給与所得の源泉徴収票(サラリーマンのみ) ・住宅借入金等特別控除の計算明細書 ・住宅取得資金に関わる借入金の年末残高証明書 ・増改築工事証明書 災害の補修なら雑損控除が適用 経年劣化によるメンテナンスとして外壁塗装をする場合、控除として適用されるのは住宅ローン控除(減税)です。 一方、台風などの災害が原因で外壁や屋根が破損し、やむを得ず補修工事をする場合には雑損控除が適用されます。 雑損控除とは 雑損控除とは、自然災害や盗難・横領などにより資産について損害を受けた場合に控除を受けられる制度のことです。 被害額に応じて翌年の所得税が安くなり、損失額が大きすぎてその年の所得税で控除しきれない場合には翌年以後3年まで控除を繰り越すことが可能です。 雑損控除の対象となる資産 雑損控除の対象となるにはいくつかの条件があり、損害を受けた資産が納税者本人の所有物であったり、生計を一にする配偶者など(年間の総所得金額が38万円以下)が所有している資産であったりする必要があります。 さらに、生活に通常必要となる住宅や家具などの資産であることが条件で、事業用資産や別荘などについては雑損控除の対象にはなりません。 雑損控除が適用になる損害の原因 雑損控除が適用になる損害の原因としては、台風や地震、落雷や雪害などの自然災害が挙げられます。 さらに、火災や火薬の爆発による損害のほか、害虫による災害もあります。 また、盗難や横領による損害も雑損控除の範囲となりますが、詐欺や恐喝については適用外です。 盗難や横領は外壁塗装とは関係しにくいので、主に台風や地震、雪害や火災などによる損害が雑損控除の対象となってきます。 損害による外壁塗装は火災保険の対象になることも 雑損控除とは別ですが、自然災害や火災などにより住宅が損傷して外壁塗装をする必要が出てきた場合、住宅にかけた火災保険が適用される場合があります。 外壁塗装にかかる費用の一部または全部を保険でまかなえる可能性もあるので、万が一の際には覚えておきましょう。 ただし、保険金が支払われた場合、その金額は雑損控除の計算から引かれてしまう点は注意です。 まとめ いかがでしたか。 ローンを組んで外壁塗装をする際に受けられる控除について解説しました。 外壁塗装で税金が控除される制度として一般的なのは住宅ローン控除(減税)。 住宅購入の際にこの控除を受けた方であっても、外壁塗装による条件を満たしていれば改めて控除してもらうことが可能です。 ローンを組んだ外壁塗装で住宅ローン控除(減税)を受けるためには、「施工費用100万円以上」「ローンの借入期間が10年以上」などいくつかの条件がありました。 住宅ローン控除(減税)を受けるために無理に条件を満たそうとするのはおすすめできませんが、「気づいたら条件を満たしていた」という場合には必ず利用するようにしましょう。 また、台風や地震、火災などの災害により住宅が損傷した場合、補修のための外壁塗装には雑損控除という制度が適用される可能性があります。 外壁塗装に関連する各種控除制度は複雑なので、専門業者に相談するのが1番簡単です。 控除を受けられるかどうかについてもアドバイスさせていただきますので、外壁塗装をご検討でしたらお気軽に外壁塗装パートナーズへご相談ください。 メリット 2 プロが選び抜いた業者 だから「安心」 外壁塗装パートナーズでは厳しい加盟審査基準で紹介する業者を厳選しています。 加盟後もアンケート調査を徹底し、不適切な提案、工事を行う業者は排除していますので、手抜き工事などの心配がいりません。 料金は一切かかりません。 無料で優良業者を最大3社ご紹介いたします。 はい、もちろんです。 外壁塗装も屋根塗装も対応できます。 はい、もちろんです。 各自治体によって助成金の基準はバラバラで、同じ自治体の塗装店の場合があったり、ただ同じ自治体の塗装店だけではなく事前登録済みでなければならなかったり、塗料が限定されていることがあります。 お住まいの自治体で助成金がもらえる場合、条件にあう企業を選定してご紹介致します。 紹介するのは外壁塗装パートナーズが定めた認定基準を満たした業者に限定しております。 また、その中でも、お客様へのアンケートで評価の高い業者を優先的に紹介しています。 価格を含めた契約内容の全件チェックや、本部スタッフの現場立ち合いによる工事品質のチェックもしておりますので、「安くて安心」の業者の提案を聞くことができます。 会社名をお伝えいただければ認定企業かどうか回答いたします。 今、提案を聞いている業者が優良企業かどうか気になる、という場合はお気軽にご相談ください。 お急ぎの方は遠慮なくお電話ください。 電話番号は(10:00~18:00 土日祝OK)です。 スマートフォンで電話番号を複数回タップすると、「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。 」という表記がでますが、問題ございません。 代表取締役 中嶋 明洋 神戸大学卒業後、大手メーカー、ITベンチャーを経て、2010年に株式会社ソーラーパートナーズを設立。 二級建築士、2級建築施工管理技士、既存住宅状況調査技術者など、建築関連の国家資格およびMBA 経営学修士 を取得。 これまでに培った知識と経験をもとに、専門工事店と消費者が直接出会えるプラットフォーム構築に日夜力を注いでいる。 solar-partners. solar-partners. 2019. 24 どんなビジネスにも「原価」という考え方があります。 いくらの初期投資に対してどれくらいの売り上げが発生するのか…• 2018. 19 外壁塗料の人気ランキング 堂々の1位となったのは、日本ペイントが発売する「パーフェクトトップ」。 いま一番人気…• 2019. 07 賃貸オーナーであっても分譲購入者であっても「マンションが美しく、価値あるものであって欲しい」と願うのは当然です…• 2018. 02 外壁塗装の設計価格ってなに? 大手の塗料メーカー3社 日本ペイント・SK化研・関西ペイント は、各塗料の設計価….

次の

外壁塗装で確定申告が必要になるケースと申請方法を解説!

住宅ローン減税 外壁塗装

ページ内目次• 住宅ローン減税とは 住宅ローン減税とは、平成21(2009)年から施行された制度で、10年以上の住宅ローンを使って住宅を購入(新築、中古住宅、増改築含む)した場合に、本来支払うべき所得税が控除される減税制度を言います。 減税額の大きいバリアフリー・省エネリフォーム対象のものに加えて、様々なリフォームに適用できるローン型減税があります。 ちなみに外壁塗装は省エネリフォームに分類されます。 正確には住宅借入金等特別控除と呼びますが、住宅ローン現在の方が一般的な呼び名として普及しているので、この記事でも住宅ローン減税と呼んでいます。 所得税の額は所得金額に応じて加算されていく累進課税によって課税されることになります。 ただし、 住宅ローン減税で控除される額は毎月給料から天引きされている所得税の額が上限となります。 ちなみに、住宅ローン減税によって控除された額は、還付金として申告してから1~2ヵ月後に指定された口座へ振り込みがあります。 振り込みが完了すると、国税還付金振込通知書というハガキが届くことになります。 外壁塗装費用:100万円 補助金:なし 返済期間:10年 金利:2. 各自治体から外壁塗装による補助金が受けられる場合には補助金分をマイナスした金額が住宅ローン減税に適用される金額となります。 リフォームローンで外壁塗装を行うこと• 自らが居住する住宅であること• 住宅ローンの適用を受ける年の年収が3,000万円以下であること• 床面積が50平方メートル以上あること• 住宅ローンの借入期間が10年以上であること• 外壁塗装工事費が100万円以上であること• 耐震基準に適合していること• 外壁塗装後の居住開始日が平成21年1月1日から平成33年12月31日の間であること• 外壁塗装の日から6ヶ月以内に居住し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること 1年目は確定申告が必要になる 外壁塗装の費用に住宅ローン減税を適用するにはサラリーマンの方であっても確定申告をする必要があります。 確定申告とは、1月1日から12月31日までの期間の収入・支出、医療費や寄付金額などをまとめて翌年2月16日から3月15日までの1か月間の間に税務署にて申告をすることを言います。 申告する税務署の場所は、自分の住所を管轄している税務署になります。 管轄する税務署はから簡単に探すことができます。 確定申告をするのは外壁塗装を行った翌年で、2年目からは会社から受け取る年末調整の書類とともに勤務先に提出するだけで控除が適用されます。 確定申告に必要な書類 外壁塗装の費用で住宅ローン控除を受けるために確定申告をする際に必要になる書類を以下に列記しました。 増改築等工事証明書(業者発行)• 住民票の写し• 住宅借入金等特別控除額の計算明細書• 源泉徴収票• 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書(金融機関発行) 注意すべきは外壁塗装業者からもらう増改築等工事証明書になります。 増改築等工事証明書は建築士が発行するもので業者が建築士に発行を依頼します。 費用は15,000円ほどかかりますので、外壁塗装の費用に上乗せされるかもしれませんから、その点も契約前にしっかりと確認しておきましょう。 新築1年目は住宅ローン減税を活用しましょう 外壁塗装でも住宅ローン減税が活用できるのであれば少々面倒でも1年目の確定申告は行っておくべきでしょう。 住宅ローン減税に関してもきちんと対応してもらえるように、外壁塗装業者はしっかりとしたところを選ぶ必要があります。 なお、住宅ローン減税以外でもお得に外壁塗装する方法として別ページで『』もありますので、参考にどうぞ。 住宅ローン減税についての対応面も含めて業者を選ぶことをおすすめします。 当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。 ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

次の