血液 クレンジング 認知 症。 オゾン療法:血液クレンジング

入院1年以内に2割が死亡「心不全とは」特徴と原因、症状

血液 クレンジング 認知 症

実際、1957年にドイツでオゾン発生装置が開発されて以来、イギリス、イタリア、スイス、オーストリア、ロシアなど欧州全域で広く認知されるようになり、とくにドイツでは保険適用になっているため、さまざまな病気の治療法として利用されています。 専用のオゾン耐性ボトル内に血液を100ml程度採取し、そこにオゾン3%、純酸素97%の混合ガスを注入することにより血液を活性化させ、点滴の要領で体内に戻すというものです。 (所要時間30~40分ほど)。 すると血液中のさまざまな分子(抗酸化物質、たんぱく質、炭水化物、多価不飽和脂肪酸)は即座に反応し、そこで起きる反応がドミノ倒し式に新たな反応を引き起こし、全身に好作用をもたらします。 事実、医療先進国のドイツではオゾン療法がん専門病院(保険診療)があることが知られています。 なお、オゾン療法は従来のがん治療を否定するものではありません。 むしろ放射線治療や抗ガン剤などによる治療の効果を高めたり、副作用を軽減する効果が認められています。 この時に使用する専用容器は殺菌が施されており、毎回新しい清潔な容器を使用します。 そのため感染症の危険性は極めて安全です。 STEP II ボトルの中でオゾンと混ぜ合わせます 酸素から作った医療用オゾン(3%気体)を注入して血液と混ぜ合わせます。 この時、注入するオゾンは高濃度ですが密封された専用容器の中で行いますので安全です。 STEP III 混和した血液をゆっくり体内に戻します 医療用オゾンを混和した血液を体内に戻します。 ご自身の血液なので、問題はありません。 冷え性の方などは、治療の最中から体がポカポカと温まるような効果が期待できます。 また指先や足先まで酸素がいきわたり、視界がクリアになることもあります。 副作用 当院では重篤な副作用は見受けられません。 しかし、以下の副作用が予想されます。 オゾンによる副作用 オゾンの投与量が過多であった場合、施術後にだるさを感じることがあります。 このだるさは、特別な処置をしなくても、約12〜24時間程度で改善されます。 使用する以下の抗凝固剤による副作用 ヘパリンナトリウム(重大な副作用(頻度不明)) ・ショック、アナフィラキシー ・出血 ・血小板減少、HIT等に伴う血小板減少・血栓症 クエン酸ナトリウム ・しびれ 未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示 本治療に用いる未承認医療機器は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。 日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。 未承認医療機器についての情報「」もご覧ください。 国内の承認医薬品等の有無の明示 本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。 諸外国における安全性等に係る情報の明示 本治療に使用するオゾン発生機、その専用器具は、EU内における医療機器として認証されたものです(認証年月日:1993年6月14日)。 本治療の代表的な書籍とされている「オゾン療法 第2版」によりますと、以下の記載がされています。 血液クレンジングは「大量自家血オゾン療法」または「自家血オゾン療法」と表記されています。 第7章(オゾンの潜在的な毒性:オゾン療法の副作用および禁忌)より• ドイツ,オーストリア,スイス,イタリアで数百万回の自家血オゾン療法セッションが行われた後にも,重篤な急性または慢性の副作用や癌の発生率の増加は報告されていない.• これまでのところ,我々の実験データと臨床的エビデンスは何らリスクを示していない.Jacobs(1982)は,オゾン療法に考えられる全ての悪影響について慎重に調査した.オゾンは「毒性」で知られているにも関わらず,その発生率はわずか0. 0007%であり,医薬品の中でも非常に低い値となっていた.• コネリアーノ(ヴェネト州)の病院に長く勤務してきた非常に几帳面なオゾン療法士であるGiuseppe Amato医師は,自家血オゾン療法による治療を数年間受けた患者1,000例で軽度の副作用しかなく,後遺症はなかったことをヴェローナ議会(1999)で報告した.• シエナ大学病院での我々の経験も重要である.我々は1995年以来,大量自家血オゾン療法を加齢黄斑変性患者で約8,000回,線維筋炎患者で約100回(~その他の投与方法は省略 ~)をしてきている.(〜略〜)2000年6月から2004年3月まで我々は,新しい無毒なシステム(ガラス等)と血液に対して正確な量の3. 活性化した血液により下記のような多岐にわたる変化がみられるため、さまざまな体調不良や病気の改善ばかりでなく、アンチエイジング効果が期待できます。 血管が拡張し、サラサラ血になるため、全身の隅々まで血液が行き渡ります。 血液中の酸素量が増えます。 活性酸素に対抗する抗酸化酵素が増えます。 免疫力を調整したり高めたりします。 エネルギーの生産量がおよそ20%アップします。 代謝が良くなります。 炎症を抑える働きが高まります。

次の

心筋梗塞、脳梗塞予防の為のオゾン療法なら、メディカルブランチ表参道へ

血液 クレンジング 認知 症

定期的に行うことで理想的な体質改善をはかり、病気を予防・改善して全身的な若返りを実現します。 英国のエリザベス女王の母クィーンマムは、週に2回オゾン療法を受け、大きな病気をすることも無く、長生きしたのでイギリスでもオゾン療法が注目され、新聞記事にもなりました。 日本ではまだ新しく栃木ではめずらしい治療法ですが、ドイツで1957年にオゾン発生器が開発されて以来、ヨーロッパでは殺菌や免疫力強化のため40年以上の長い歴史をもつ、広く認知されてきた治療法です。 血液クレンジングは治療の効果や安全性が確立されており、とくに盛んなドイツでは現在保険適用になっており、子供の治療にも用いられています。 最近ではアメリカや南アメリカ、東南アジアや日本にもオゾン血液クレンジングが普及しつつあります。 血液クレンジングで期待できる主な効果 1. 血流や新陳代謝を上げ、若さの向上と維持 美白、美肌、ダイエット、慢性疲労、肩こり、冷え性など、うつ病、更年期障害、不眠症、不妊症 2. 抗酸化力アップ(活性酸素を減少させて細胞の老化を防ぐ)病気の予防と治療 頭痛、脳血管性疾患、脳梗塞、アルツハイマー、パーキンソン病、動脈硬化を改善、認知症の予防など 3. 免疫力を上げる、自然治癒力の向上 癌、肝炎、インフルエンザ、リュウマチなどの自己免疫疾患などの予防、治療、病原菌の殺菌、ウイルスへの不活性化作用、免疫細胞活性化作用 4. 抗炎症作用 細菌感染、アトピー性皮膚炎、気管支ぜん息などの代替療法として、筋肉痛、関節リウマチ、線維筋痛症、帯状疱疹後神経痛 血液クレンジングの流れ 約100mlの血液を専用の容器に採血いたします。 血液の粘度、体調などにより、血液の色や採取のスピードは異なります。 採血した血液に医療用オゾンを加え、血液とオゾンを反応させます。 黒いくすんだ血液が朱色に染まる方が多くなります。 平均5回程度定期的に繰り返し受けて頂きますと血液の色がだんだん綺麗になってきた、体調が良くなった、改善した、肌の調子が良くなった等の改善を感じる方が多いです。 オゾン化した血液を点滴の要領で約30分かけて体内に戻します。 この時、頭がスッキリしたり、視界がクリアになったり、手足がぽかぽかしてくるのを実感していただけます。 翌日の寝起きが良かった、化粧ののりが良かった、等の話も頂いています。 治療の目安 理想的な治療ペースは、1ヶ月目は週1回、2ヶ月目は2週間に1回、3ヶ月目以降は月1回です。 血液クレンジングの治療回数を重ねるごとに治療効果の日数の延長と治療効果の増強が現れる特徴があります。 健康を持続させたり老化予防が目的の方は、月に1~2度の治療が目安。 癌(がん)の術後やウイルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は週に1~2度の施術が必要。 1回の治療でも十分に効果はありますが、定期的に行うことによりご自分の体質そのものを改善して行くことができ、病気を予防・改善して全身的な若返りを実現します。 血液クレンジングの安全性について 理想的な治療ペースは、1ヶ月目は週1回、2ヶ月目は2週間に1回、3ヶ月目以降は月1回です。 ヨーロッパでは40年以上前から取り入れられており、治療法・安全性が確立しており副作用の心配はありません。 血液クレンジング治療において、注射針、専用採血キットは毎回新しいものを使用し、使い回しは一切行いません。 毎回新しい専用キットに採血して、それをそのまま体内に戻します。 施術開始に穿刺した後は、一度も針を抜くことなく専用ボトルに血液を採取して、そのまま医療用オゾンを加えた後、体内にオゾン化した血液を戻します。 完全に閉鎖空間での処理になりますので、感染や取り間違えなどの心配は一切ございませんのでご安心ください。 安全性の高い治療法ですので、安心して治療をお受けいただけます。 1回で効果がありますか? A. 1回で実感する方はおられますが個人差があります。 効果は続けることにより体質改善が望めます。 初めて受けられる方の4割くらいの方は効果実感はありません。 ただし、体感はなくても、体の中では血液クレンジングによる様々な作用が起きています。 代表的な作用は、全身の細胞の酸素化です。 血液クレンジングにおけるオゾンの作用で、スーパー赤血球と呼ばれる赤血球に置き換わっていくために生じます。 スーパー赤血球は従来の赤血球と比べて、酸素を全身の細胞に補給する力が生まれながらに圧倒的に優れているため、酸素不足で本来の働きを発揮できていない細胞に十分な酸素を補給するため、全身の細胞が活性化されるのです。 これが、酸素化です。 つまり、代謝の活性化、赤血球流動性の改善、エネルギーや抗酸化酵素の増産などが生じて、身体の予備力を上昇させることで病気になりにくい身体を作っていきます。 さらに、インターロイキンやインターフェロン、マクロファージなど多くのサイトカインが産生されるため、ステロイド剤や免疫 抑制剤、抗ガン剤など特別な薬剤を使用せずに、元々私たちの体に備わっている免疫機能が高ります。 血液クレンジングで感染の心配はありませんか? A. 患者様の血液に関する物品は当院ではすべてディスポーザブル(使い捨て)になりますので、ご安心ください。 採血、オゾンを加える、血液を戻す作業は完全に密閉空間での作業となりますので取り違え、感染の心配は一切ございませんのご安心ください。 患者様の安全の為に当院ではG6PD欠損症の検査を血液クレンジングをお受け頂く全ての患者様にお願いしております。 G6PD欠損症は数万人にひとりと極めて少ない症例です。 クレンジング初回に採血にて実施させて頂き(検査別途)該当する場合は2回目以降治療を中止させて頂きます。 こちらの検査は行わない施設もございますが当院は患者様の安心安全性を何より優先し実施しておりますので、ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

次の

【終活】血液1滴でがん・認知症を早期発見

血液 クレンジング 認知 症

わずか1滴の血液でがんや認知症に罹患しているかどうか分かったら… こんな画期的が技術が現実になりました。 血液に含まれる病気特有の物質を検知する技術が急速に発達し、 病気の初期段階から発見できるようになってきたのです。 この技術が普及すれば、今までは難しかった早期の発見・治療はもちろん、 健康診断のハードルも大きく下がるでしょう。 一見メリットだらけに感じますが、分かりすぎてしまうことの デメリットも知っておかなければなりません。 今回はそんなメリットデメリット合わせて、今注目の最新の分析技術について 深堀していきます。 今までのがん検診は「時間や手間がかかる」「痛そう」などという あまり良くないイメージがありましたが、この診断技術は、わずか1滴の血液があれば 2時間ほどで罹患しているかどうかが分かるのです。 例えば前立腺がん。 16年には患者数が約9万人と男性では胃がんに次いで多いがんですが、 その検査方法は患者にとって大きな負担になっています。 検診で前立腺がんが疑わしいと判定されると、前立腺に針を刺して組織を採取し 詳しく調べていきます。 この検査は入院する必要があるうえ痛みも伴いますが、 実際にがんが見つかる比率は約2割程度。 残りの8割は前立腺肥大症などの別の病気や加齢の影響によるものであったりし、 精度の向上が課題でした。 ところが今回開発された判定技術は、これまで解析が難しいとされてきた成分を 高い精度で分析することが可能になり、これまでの前立腺がんの検査精度の常識を 覆しました。 今年から臨床研究を始め、数年後の実用化を見込んでいます。 がんと並んで 認知症もわずかな血液で発見することができれば、まだ治療法が見つかっていないとはいえ、投薬などで進行を遅らせることは可能です。 18年に発表された技術は、脳内に蓄積したアルツハイマーの原因となるアミロイドベータの断片である「ペプチド」を質量分析で調べるものです。 対して現行の認知症検査で主流である、脳の断層撮影画像や脳脊髄液の分析 といった方法は費用も時間も多くかかってしまいます。 そのため 簡単正確に判定可能な血液検査が確立されれば、 認知症の早期発見方法として大変有効な検査手段になることは間違いありません。 現在2〜3年以内の実用化に向けて研究ブループは製薬会社と検査キットの開発を 進めています。 認知症治療の研究開発も進む中で、早期診断が簡単にできるようになる意味は 非常に大きいと専門家も期待を寄せています。 特にがんの早期発見は命に直接関わってくるので、この検査がいつ実用化されるのか 注目が集まります。 ただ現段階では13種類のがんを網羅的に検出することしかできないので、 どの臓器ががんを患っているのか特定するためには画像診断などで 確認していかなければなりません。 精度が高いためステージ0のがんを検知したとすると、それが見つかるまで 多くの検査を重ねる必要がありますし、発見までの患者本人の精神的負担は 決して小さくはないでしょう。 また、万が一がんではない人にがんであるとの検査結果が出てしまったら、 それは大きな問題になってしまいます。 このように実用化にはまだ課題は多いですが、遠くない未来この技術ががんや認知症治療を大きく変えてくれるきっかけになることは間違いありません。 公式ホームページ】 リガーズサービスのコラムについて リガーズサービスのコラムでは、医療や福利厚生、 より良いシニアライフの考察に役立つ情報を幅広いジャンルからピックアップして配信します。 エンディングノートや遺言をつくることだけが終活ではありません。 終活とは成熟した大人がこれからの人生をどのように楽しみ、次の世代に何を託すのかを決める作業です。 何かを決めるということは大変な作業ですが、 それだけにその決断は大切なヒトへのやさしさや愛情になるのではないでしょうか。 リガーズサービスのコラムが、あなたの充実した終活のお役に立てれば幸いです。

次の