パワーポイント 動画 自動 再生。 パワーポイントで動画を再生する

パワーポイントで動画再生後次ページに行かない

パワーポイント 動画 自動 再生

A ベストアンサー スライドショー中に自動で動画を再生するには、 下記URLのページの「自動でビデオを再生する、またはクリック時にビデオを再生する」の項をご参照ください。 office. 下記のように設定すれば、2つの動画は同時に再生されますが、3つの動画を同時に再生する方法は見当たりません。 mynavi. office. Q パワーポイントの音声が出なくて困っています。 パワーポイントで動画を挿入したのですが、音が聞こえなくなりました。 映像は流れていますが、音だけが聞こえない状態です。 動画自体に問題があるのかと思い、メディアプレイヤーで再生したところ音は普通に聞こえました。 一方、音楽ファイルをパワーポイントに挿入したところやはり再生しませんでした(初めてやってみたのでやり方が間違ってるのかもしれません。 パワーポイント操作中、例えば画面を閉じようとした時なんかは効果音はでるのですが、スライド中だけ音声がミュートになっている感じです。 直前にパソコン本体のスピーカーをミュートに設定しましたが、それは解除しました(実際、他の場面では音がします) vistaでパワーポイントは2007です。 長々とすいません。 よろしくお願いします。 Q power point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。 power pointでは、mpegやaviといった動画を再生することが可能です。 学会発表などで、きれいな動画を見せている人を見て、私も動画再生をしてみたくなりました。 しかしながら、自分のPCで作成したファイルを、会場のPCで再生しようとして うまく動画を再生出来ず、辛い思いをしている人をたまに見かけます。 この原因として、 ・コーデックが入っていない ・リンクがうまくいっていない といったことが考えられると思います。 そのため、もっとも汎用的なコーデックであるmpeg1を使い、 動画をリンクではなく、pptファイルに埋め込んでしまえば、こういったリスクは避けられるのではないかと思っております。 まず、一つ目の質問でこれは正しいでしょうか? それと2つめの質問、mpgファイルをpptファイルに埋め込みたいのですが、 どうやれば良いか分かりません。 検索してみると、それらしい解説ページは多少見つかるのですが、 具体的に書かれているページが見つからず、どうやれば良いか分からずに困っております。 どなたかアドバイス頂けますでしょうか? power point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。 power pointでは、mpegやaviといった動画を再生することが可能です。 学会発表などで、きれいな動画を見せている人を見て、私も動画再生をしてみたくなりました。 しかしながら、自分のPCで作成したファイルを、会場のPCで再生しようとして うまく動画を再生出来ず、辛い思いをしている人をたまに見かけます。 この原因として、 ・コーデックが入っていない ・リンクがうまくいっていない といったことが考えられると思います。 そのため、もっとも汎用... A ベストアンサー 仕事で多くのプレゼン用のパワーポイントを作成し、 また、講演のお世話などで、多くの講師の方の パワーポイントファイルをあずかってきました。 その観点からです。 まず、1つめですが、そうとも言えない・・・ということですね。 mpgなら大丈夫とか、リンクが・・・ということも、言えません。 もっとも一般的なという意味ではAVIファイルですね。 ファイルサイズが小さい場合は、こちらの方が確実です。 スライド内に窓のようにして動画を埋め込むのでしたら MPEG1でも大丈夫なのですが、 結局、何を映しているのかわからないということで、 全画面表示することが多くなっています。 そうなると、MPEG2またはWMVあたりでないと、プロジェクターに 投影した時に、粗さが目立ってしまいます。 また、埋め込みよりもリンクの方が安定します。 パワーポイントファイルは、サイズが大きくなると、ページ替えが遅く なったり、途中で落ちたり・・・問題が多発します。 (これも経験則です) リンクを指定する場合、ファイル名、ディレクトリを指定するわけですが、 ここで普通に行うと、絶対パスで保存されてしまいます。 mpgのような) ここでディレクトリを消去して、ファイル名だけで保存することがポイントです。 結果、同じディレクトリに動画ファイルを入れておくだけでリンクずれは起こりません。 さらに言うと、一層のこと、スライドにはボタンだけおいてクリックすると、 メディアプレイヤーから動画再生したほうが、さらに安定的です スライド開始前にメディアプレイヤーを起動させておくことがポイントですが・・・ やはり、埋め込みはスライド全体で考えた場合、 リスクは大きいですね。 2つめですが、 ANo1の方も書いてあるとおり、簡単に挿入できます。 いずれにしても、会場のPCがどういうものなのか・・・ などというのは、全くわかりません。 ですので、何をやっても上手くいかないときは上手くいかない ということです(経験からの実感です) ですので、一番いいのは、動作確認した自分のノートPCを持ち込むこと。 あとは、前もってCDーRを送り、動作確認を行ってもらう・・・ CD-Rデータはプレゼンテーションパックにした方がいいですね。 といったことが重要だと思います 長文になりました 仕事で多くのプレゼン用のパワーポイントを作成し、 また、講演のお世話などで、多くの講師の方の パワーポイントファイルをあずかってきました。 その観点からです。 まず、1つめですが、そうとも言えない・・・ということですね。 mpgなら大丈夫とか、リンクが・・・ということも、言えません。 もっとも一般的なという意味ではAVIファイルですね。 ファイルサイズが小さい場合は、こちらの方が確実です。 スライド内に窓のようにして動画を埋め込むのでしたら MPEG1でも大丈夫なのですが、 結局、何を映し... Q お世話になります。 仕事でビデオテープからの動画やデジカメからの動画をPCに取り込んで、パワーポイントで見たいと思い、色々試してみたのですが、どうもうまくいきません。 ビデオテープからの動画は、DVDビデオカメラを通してメディアプレーヤーのファイルとして保存したら、パワーポイントに取り込めたのですが、デジカメからの動画は直接PCに取り込んだらビデオクリップというファイルになりました。 それをパワーポイントに挿入しようとすると「これは開けません」と出てしまいます。 ヘルプを頼りにオブジェクトとして入れても今度は解凍ソフトがないから見れないと出てしまいました。 (特に画像を圧縮した覚えはないのですが・・・) こう言う場合、どうしたらいいでしょうか。 明日中に何とかしないと提出できないので焦っています。 ちなみに会社のPCはネットに接続できないのでフリーソフトなどをダウンロードして使う事は無理です。 終了するスライドは同じになると思うのですが、9、10、11だったりと違うのですか? 普通にクリックで次のスライドに移るように作成されているものなのでしょうか。 修正されているのは、この実行とは関係ない内容なのですか。 これは提供者に聞いたほうが確実と思うのですが。 そのファイルのスライドのスライドショーの設定が、どのようになっているかの確認はしたのでしょうか。 作業ウィンドウで、終了するスライドの画面切り替え関係の設定など。

次の

パワーポイントからアニメーションとナレーションを含んだ動画を作成する

パワーポイント 動画 自動 再生

「役員への新規事業企画発表プレゼン」、「事業部メンバーへの四半期売り上げ発表」、「重要顧客への営業プレゼン」など、、マネジメント業務をしていると、重要なシーンでパワーポイントを使ったプレゼンをする機会が多くあると思います。 しかし、パワーポイントの知識や経験がない中で取り組むと見やすい資料が作れなかったり、カンタンな発表作成でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立パワーポイントの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「」についての第2回目の「動画を再生する方法」についてです。 プレゼン資料の中に動画を挿入することは、内容をイメージさせやすい、内容を肯定的に伝えるなどの効果があります。 しかし、プレゼン中に動画再生にてこずると元も子もありません。 今回は動画の自動再生について、ご紹介いたします。 なお今回の解説は、パワーポイントの2016バージョンにて行います。 2016 マネジメント職であれば、動画の自動再生設定を忘れずに! どれだけプレゼン資料のできが良くてもプレゼン自体をスムーズに進行できなくては元も子もありません。 パワーポイントの動画についても同じことが言えます。 プレゼン資料を理解しやすいように入れた動画の再生に手間取ってしまえば、結局スムーズな理解を邪魔してしまうことになります。 例えば機械の動作説明など、言葉だけでなく動画を使用した方がわかりやすい題材もあります。 部下がそのような種類のプレゼン資料を作成する際には、動画の使用方法を教えてあげましょう。 パワーポイントに挿入した動画の自動再生設定方法とは? 早速、パワーポイントの自動再生を設定してみましょう。 自動再生設定したい動画をダブルクリックします。 「ビデオツール」タブの「再生」をクリックします。 「開始」項目のプルダウンから、「自動」を選択します。 すると、ビデオが挿入されているスライドが表示され、動画が自動で再生されます。 パワーポイントの動画再生設定は色々! パワーポイントに挿入した動画は資料の内容によって、さまざまな設定ができます。 例えば、動画をループさせるには、 「ビデオツール」タブの「再生」から、「停止するまで繰り返す」にチェックを入れると、動画をループさせる設定ができます。 また、必要に応じて、動画のフェードインとフェードアウトを設定することも可能です。 「ビデオツール」タブの再生、編集項目のフェードイン・フェードアウトで再生させたい動画の位置を設定することができます。 動画を再生しながら、フェードイン・フェードアウトを設定したい場合は 「ビデオのトリミング」をクリックします。 すると「ビデオのトリミング」ウィンドウが表示されます。 ここで、動画を再生しながら、細かいトリミングが可能となります。 緑色のバーが開始時間、赤いバーが終了時間となっています。 必要に応じて、マウスで動かし、設定しましょう。 このように資料内容や資料全体のボリュームによって、柔軟に動画を編集することができます。 自分自身のプレゼン資料の向上はもちろん、部下が作成してきた資料に挿入された動画を添削する際にも使用できますので、ご参考ください。 時代の流れに取り残されないように、積極的に動画は活用しましょう。

次の

パワーポイントにYoutubeの動画を挿入する方法

パワーポイント 動画 自動 再生

スポンサーリンク スライドにYouTube動画を設定 まずは YouTubeで、PowerPointのスライドで再生させたい動画のページを表示します。 動画の下にある[共有]をクリックすると、 【ChromeやEdgeをお使いの場合】 その動画のURLが表示されるので、[コピー]をクリックします。 【Internet Explorerをお使いの場合】 その動画のURLが表示されるので、 URLのところで一旦クリックすると、URLが選択されます。 更に 選択されたURLのところで右クリック、[コピー]をクリックします。 PowerPointに切り替え、(もしくはPowerPointを起動し、YouTube動画を再生できるようにしたいPowerPoint文書を開きます) YouTube動画をどのスライドで再生できるようにしたいのか、そのスライドを選択。 [挿入]タブ、 [メディア]グループの、[ビデオ]ボタンをクリックし、 [オンラインビデオ]をクリックします。 ここから先は、 表示されたダイアログボックスによって、下記のリンク先をご覧ください。 【パターン 1】 このようなダイアログボックスが表示された方は、をご覧ください。 【パターン 2】 このような、YouTubeのマークのあるダイアログボックスが表示された方は、をご覧ください。 【パターン 1】[オンラインビデオ]ダイアログボックスでの操作 【パターン 1】 このようなダイアログボックスが表示された方は、入力欄で右クリック、[貼り付け]をクリックすると、 先ほどコピーした動画のURLが貼り付けられるので、[挿入]ボタンをクリックします。 スライドに、YouTube動画を挿入することができました! 動画を挿入した直後は、動画が選択されている状態なので、 四隅のいずれかのポッチにマウスポインタを合わせ、大きさを調整します。 この時、四隅ではないポッチを使ってしまうと、縦横比が変わってしまうので、大きさを調整するときには必ず 四隅のいずれかのポッチを使います。 また、スライドと同じ大きさになるよう、スライドいっぱいいっぱいに動画を大きくした方は、スライドショー実行中にハマらないために、「」の章もご覧ください。 スポンサーリンク 【パターン 2】[ビデオの挿入]ダイアログボックスでの操作 【パターン 2】 このような、YouTubeのマークのあるダイアログボックスが表示された方は、YouTubeのマークのある入力欄で右クリック、[貼り付け]をクリックすると、 先ほどコピーした動画のURLが貼り付けられるので、虫めがねのボタンをクリックして、該当URLの動画を検索します。 検索結果として表示された動画をクリックで選択、[挿入]ボタンをクリックします。 もし、検索結果として表示された動画が複数ある場合には、該当のものをクリックで選択し、[挿入]ボタンをクリックします。 動画を挿入することができました! 上下に黒い帯が出てくるのでちょっと不安になりますが、再生すると黒い帯は表示されませんでした。 動画を挿入した直後は、動画が選択されている状態なので、 四隅のいずれかのポッチにマウスポインタを合わせ、大きさを調整します。 この時、四隅ではないポッチを使ってしまうと、縦横比が変わってしまうので、大きさを調整するときには必ず 四隅のいずれかのポッチを使います。 また、スライドと同じ大きさになるよう、スライドいっぱいいっぱいに動画を大きくした方は、スライドショー実行中にハマらないために、次の章もご覧ください。 スライドショーでYouTube動画再生後に、次のスライドに移れない?! 実際のスライドショーでは、特に何らかの設定を加えていなければ、次のスライドに進むといった、再生後の次の動作に進むためには、スライドの何もないところでクリックが既定です。 ところが、挿入したYouTube動画を、スライドの大きさいっぱいいっぱいに大きくしてある場合には、スライドの何もないところでクリックしたくてもできません。 そこで! 動画自体をスライドいっぱいいっぱいではなく、ほんの少しスライドより小さくしておけば、「スライドの何もないところ」が見えている状態にできるので、そこをクリックすれば、再生後の次の動作に進めます。 また、発表者ツールが使える状態でスライドショーを実行できるなら、発表者ツールには次のスライドに移るボタンがあるので、YouTube動画を、スライドの大きさいっぱいいっぱいに大きくしても、次のスライドに移れます。

次の