意味が分かると怖い話 難しい。 ‎「意味が分かると怖い話

【意味怖】ストーカー被害

意味が分かると怖い話 難しい

ドライブ ある日、仲の良い男女4人でドライブに出かけたんだ。 夏だったし、「心霊スポットでも行こうよ!」なんていう話になって、 俺たちは少し地元から離れた場所にある、心霊スポットと言われてる廃トンネルに向かった。 トンネルに向かう道は、かなり真っ暗で予想以上におぞましい雰囲気でいっぱいだった。 俺たちは、気軽に来てしまったことを後悔したし、 4人とも正直かなりビビっていた。 もうすぐトンネルに入る、という時、 「ぎゃぁああ!」 とA子が叫んだ。 びっくりして前を見ると、トンネルの中に ワンピースを着た小さな女の子が見えた。 しかもこっちに走ってきたんだ。 俺たち4人は真っ青な顔を見合わせて、 「もう無理だ!逃げよう!」と言って車をUターンし飛ばした。 やっぱり、心霊スポットなんか行くもんじゃないよ。 初めて霊を見てしまった俺らはショックで、 帰りの車も重い雰囲気に包まれてたんだけど、最後にはいつものたわいない話をして別れた。 良かった。 誰も取り憑かれたりはしていないみたいだ。 ほっと一息ついて、いつもの生活に戻った。 次の日の夜のニュース番組を見るまでは 2. ユキオ 俺が小学生の頃、クラスにユキオって男の子が転校してきた。 小柄で細身な、体が弱そうな奴だった気がする。 ユキオには両親がいなくて、じいちゃんとばあちゃんと暮らしていた。 俺たちは、その事情も最初は知らなかったし、転校生で気が弱そうってだけで なんとなくイジメの対象にしてしまっていた。 けれど、ユキオはイジメられても全然泣いたり怒ったりしないし 先生に告げ口することもなかった。 だから全然面白くなくて俺たちは、だんだんとユキオをイジメるのに飽きてやめていった。 ユキオは学校をよく休んでいた。 見た目通り病弱だったのだろうか? うちの学校では、休んだ奴の家に給食のパンと手紙を届けるっていうのがあって 仲の良い奴か一番家の近い奴がその役割だったんだけど、俺がユキオの家に届ける役目だった。 ユキオの家は木造の一軒家で、いかにも古くてじいちゃんばあちゃんが住んでそうな家だった。 中には入ったことなかったけど、暗い雰囲気がなんとなく怖くて いつも玄関でパンをじいちゃんかばあちゃんに渡してそそくさと帰っていたんだ。 でも、ある日パンを届けにいくと珍しくユキオ本人が出てきた。 風邪ひいてるからなのかいつもよりも顔色が悪かった。 ユキオは俺に、家にあがっていけと促した。 「〇〇があるから一緒に遊ぼう」って。 〇〇は俺が欲しかった玩具だった。 なんとなく嫌だったけど、断れないし玩具が気になって家に入ったんだけど ユキオの部屋に入るなり、俺は嫌な汗をかいた。 部屋の至るところにシールやらステッカーが貼ってあって、 その中に紛れてお札のようなものも貼ってあった。 「なんだ、これ?」 「ああ、おじいちゃんとおばあちゃんがお札を貼るんだけど、 それだけだとなんとなく怖いし、シールも貼ってるんだ。 」 その日は、1時間位ユキオの部屋で玩具で遊んで帰った。 次の日もユキオは学校を休んでいた。 先生がユキオの様子を、俺に訪ねた。 「ユキオから休むっていう連絡もないんだけど、どんな様子だった?」 「…具合悪そうだったよ。 」 「そうか、電話も出ないんだよなぁ。 今日行ったら、連絡はちゃんとしろって伝えてくれ。 」 その日もユキオの家で遊んだ。 ユキオは玩具をたくさん持っていた。 羨ましく思って聞くと「お父さんとお母さんが買ってくれた。 」と言った。 「お父さんとお母さんどこにいるの?」知らないふりをして聞いた。 「死んだ。 」 「…なんで?」 「交通事故。 」 なんだか重い雰囲気になったので話題を変えた。 「明日は学校行く?」 「わかんない。 」 「…お前、大丈夫か?休む時は連絡しろって先生言ってたぞ。 おじいちゃんとおばあちゃんは?」 「奥の部屋にいるよ。 」 「じゃあそう伝えてな。 」 「…眠れないんだ。 」 「ん?」 「お父さんとお母さんが夢に出てきて、僕のことを呼ぶんだよ。 」 「…。 」 「ユキオユキオって何度も何度も、それが怖くて眠れない。 」 「…。 」 沈黙が続いた。 なんだか怖くなってきて、俺は「そろそろ帰るよ」と言って家を出た。 次の日もユキオは学校を休んだ。 先生は一緒にいくと言って、帰りに俺を車に乗せユキオの家へ行った。 玄関から呼んでも返事はなかった。 先生は何か察したように家に入っていった。 ユキオの部屋にも居間にも誰もいない。 ユキオの部屋の奥に部屋があった。 こないだユキオが言っていた「奥の部屋」だろう。 先生がそこの襖を開けた。 その瞬間、先生は青い顔をして襖を閉めた。 一瞬だったけど、俺からも部屋の中が少し見えた。 ユキオの血塗れの顔が見えた。 それから、先生が警察を呼んだと思う。 記憶があまりない。 ただ、その部屋で死んでいたのはユキオだけでなくじいちゃんばあちゃんも一緒だったと聞いた。 何日か経った時、先生にユキオが見ていた夢の話をした。 すると先生が教えてくれたんだ。 ユキオの親の死因は自殺だったこと、一家心中を図っていたこと。 ユキオは運良くか生き延びて、じいちゃんばあちゃんに引き取られたこと。 俺はその話を聞いても、驚かなかった。 警察の取り調べでも、ユキオの夢の話をした。 「本当にその日、君はあの家でユキオ君からその話を聞いたのかい?」 「うん。 」 警察は不可解な顔をした。 その後先生が警察と話して、俺にもその内容を教えてくれた。 俺たちがあの部屋でユキオが死んでいるのを発見した時、 間違いなくユキオ達は死んで3日は経っていたことを。 一家惨殺事件 ある一家惨殺事件が起こった。 その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ 妹は、事件の時間ちょうど出かけていて、被害には遭わなかったらしい。 警察が遺体を調べると、父親がダイイングメッセージを残している。 「3」と「564」。 警察は首をひねった。 そして後日、その家族の親戚も全員殺された。 一気に身寄りのなくなった妹。 警察が事態が落ち着くまで世話をするということになった。 しばらくして近所の無職 34 の男が逮捕された。 その男は最後まで「男は何もしらない、俺は俺の家から一歩も出ていない」と供述していたらしい。 妹は怖がっていた。 警察官は妹を勇気づけようと、そっとささやくように話しかけた。 「心配しないで、奈々ちゃん。 このいやな事件もすぐ終わるから。 お父さんとお母さん、お兄ちゃんのかたきは必ずとるからね。 」 警察官はそう女の子に告げ、部屋を出て行った。 女の子は嬉しいのかずっと笑っていた。

次の

意味がわかると怖い話 解説付き「ホテルの泣き声」

意味が分かると怖い話 難しい

意味がわかると怖い話 インフルエンザになってしまった 「よう!久しぶり!」 「久しぶり…ゴホ!ゴホっ!」 「どうした?風邪か?」 「ああ悪性のインフルらしい。 今、家で寝てるとこ」 「インフルかよ。 物騒だな。 気をつけろよ」 「本当最近物騒だよ。 近所では通り魔事件が多発してるらしいし」 「何だそれ」 「何でも突然部屋に入ってきて後ろからロープで首をギュッ、といくらしい」 「何それ。 気付くだろ。 まあ俺なら即返り討ちにしてやっけどな」 「返り討ち?言うねー、そんなマジキチ相手に?」 「余裕っしょ!」 「マジでか。 でさ………ゴっ!ごほっ!ゴホっ!ゴホおっ!!」 「おいおい大丈夫かよ?」 「………わりい。 大丈夫大丈夫。 風邪ひどくなってきた」 「大丈夫か。 声変わってんぞ」 「ああ…ところで今度お前んち行きたいんだけどさ。 道教えてくんない?」 「おいおい。 何回も来たことあるだろ?」 「忘れちまった。 住所教えてくれたら行くよ」 「しょうがねえな。 XXXX町XXXX番地な。 もう忘れんなよ」 「わかった。 今度必ず行く」 「じゃ安静にな」 「ああ」 解説 通り魔は、友達と一緒にいるようだ。 途中で声が変わったのは、インフルエンザが酷くなったからではなく、通り魔と電話を代わったためだと思われる。 そもそも、最初からインフルエンザになんてかかっていないのではなかろうか。 おそらく、通り魔に何かしらの攻撃されて、体が弱っていると思われる。 住所を教えてしまったため、次に危ないのはインフルにかかっていない方の彼である。

次の

超超超怖い話してください!! 意味がわかると怖い話とか好きです! ト

意味が分かると怖い話 難しい

ある一家惨殺事件が起こった。 その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ 妹は、事件の時間ちょうど出かけていて、被害には遭わなかったらしい。 警察が遺体を調べると、父親がダイイングメッセージを残している。 「3」と「564」。 警察は首をひねった。 そして後日、その家族の親戚も全員殺された。 一気に身寄りのなくなった妹。 警察が事態が落ち着くまで世話をするということになった。 しばらくして近所の無職 34 の男が逮捕された。 その男は最後まで「男は何もしらない、俺は俺の家から一歩も出ていない」と供述していたらしい。 妹は怖がっていた。 警察官は妹を勇気づけようと、そっとささやくように話しかけた。 「心配しないで、奈々ちゃん。 このいやな事件もすぐ終わるから。 お父さんとお母さん、お兄ちゃんのかたきは必ずとるからね。 」 警察官はそう女の子に告げ、部屋を出て行った。 女の子は嬉しいのかずっと笑っていた。 とある田舎でおじいさんが一人暮らしをしていました。 彼は庭でジャガイモを育てるため、土を耕したいと思っていましたが、高齢の彼にはその畑の土が固すぎて掘り返すのはとても困難でした。 昔は一人息子のフレッドがよく手伝ってくれたのですが、フレッドは今刑務所にいるのです。 彼は服役中の息子に一通の手紙を書きました。 「フレッドへ 本当に残念だが、今年はどうやらジャガイモを植えられそうにない。 もう歳で庭を掘り起こせそうにないんだ。 お前がいればわしの代わりに掘ってくれたろうし、お前がいてくれたらどんなにいいかと思うよ。 父さんより」 数日が経ち、息子から返事が届きました。 「父さんへ 庭を掘っちゃいけない、死体を埋めたのは庭なんだ! フレッドより」 翌日の朝4時頃、FBI捜査官が地方警察と一緒にやってきました。 彼らはおじいさんの庭を全て掘り起こしていきましたが、死体は見つかりませんでした。 彼らはおじいさんに謝罪をして去っていきました。 同日、もう一通の手紙が息子から届きました。 「父さんへ ジャガイモを植えるのは今だよ。 俺にできることはそれしかなかったんだ。 フレッドより」 夏休みのこと。 午前中で部活を終えた俺はくたくたになりながら帰ってきた。 昼飯食べて、そのまま疲れてリビングで寝てしまった。 起きた時にはすでに時刻は夕方だった。 家にいるのは、別室にいる母親だけのようだった。 目を覚ますためにシャワーを浴びて、着替えを取りに2階の自分の部屋へ行った。 すると、隣の姉の部屋からなんやら声が聞こえた。 姉ちゃんも家いたのか。 よく聞くと笑い声だった。 声を押さえながらも、笑っちゃってるみたいな声。 さては何か変なテレビでも見てんだな。 まぁ興味ないけど。 そういえばこないだ姉ちゃんに貸した本返してもらわなきゃ。 と隣の部屋をノックしようとした その時、下から母親の声が聞こえてきた。 こないだ俺の住んでいるマンションで奇妙なことがあったんだ。 今も思い出すだけでゾッとする。 その日は、仕事で遅くなって大分夜中に帰ってきたんだけど、 廊下の奥をふと見ると、紫っぽいワンピースを着た髪の長い女性がうずくまっていた。 顔は見えないんだけど、すすり泣いているようだった。 「探し物が…探し物が見つからない…」と聞こえてきた。 けど、見たことのない人だったしちょっと薄気味悪かったから 特に声もかけずに家に入った。 すると、翌日こんな話を聞いた。 前の日の夜、紺色のワンピースを着た女性がマンションのどこかの階から飛び降りたらしい。 ものすごい激突で、バラバラだったらしく顔面がなかったそうだ。 多分あの女だ…。 と俺はすぐに察した。 紫じゃなくて紺だったのか…いや、そんなことより怖すぎる。

次の