ポンポン 作り方 スズラン テープ。 【格安通販】チアのポンポンとテープが激安!オーダーメイドポンポンのチアポン

ぽんぽん(ポンポン)の簡単な作り方|スズランテープのチア用・応援用は?

ポンポン 作り方 スズラン テープ

中学校の頃、チアポンポンを作って以来作ったことがありませんでしたが、今回チアポンポンを作ることになったのでチアポンポンの作り方をまとめてみました。 チアポンポンは、スズランテープともいわれているPE平巻テープを巻き、1点を別なヒモで結び、反対側を切るとチアポンポンのできあがりです。 巻くとき、ティッシュの箱を回しながら巻いたほうが、PE平巻テープがよじれないです。 3:巻き終わったら、1のひもでひと結びしてから、ティッシュの箱からPE平巻テープをはずす 4:3で軽く結んでいたのをきつく結びなおす。 5:結び目と反対のわをはさみやカッターで切る 6:PE平巻テープを手で根もとまで裂いていく。 細かく裂いてふわふわにしたい場合は、クシでとかすといいでしょう。 チアポンポンの完成!! 巻く回数はどれくらいがいいの? ミニチアポンポンは100回くらい巻くとちょうどよいかと思います。 今回、私は150回巻きましたが、かなりのボリュームになりました。 100回でも十分だったかなあと思っています。 チアポンポンの長さによって巻く回数が変わってくると思います。 チアポンポンの大きさが大きい場合は、巻く回数が少ないとボリュームがでません。 大きいチアポンポンなら150回は欲しいところです。 また、PE平巻テープをどこまで細かく裂くかによってもボリューム感は変わってきます。 PE平巻テープを6等分から8等分に裂くことが多いですが、手で裂く場合は、巻く回数を多くしたほうがいいでしょう。 クシなどでふわふわに仕上げるのであれば、PE平巻テープを巻く回数はそれほど多くなくても大丈夫です。 クシでふわふわにする場合は、静電気がおきたり、PE平巻テープのごみがでやすいので注意したほうがいいでしょう。 たくさんチアポンポンを作らなければならないのであれば、ポンポンの長さを短めにして巻く回数は50回くらいにするといいかもしれません。 自分用でチアポンポンを何個も作らないのであれば、150回巻きでボリュームを出して、あまり細かく裂かなくてもいいようにしたほうが簡単です。 PE平巻テープはどこで売っているの? PE平巻テープはホームセンター、ダイソーやセリアで売っています。 たくさんチアポンポンを作るのであれば、ホームセンターで買ったほうがいいでしょう。 一人分のチアポンポンならダイソーやセリアで買ったほうがいいかもしれません。 私は、一人分だったのでセリアでPE平巻テープを買いました。 中学生の頃は、いかに細かく裂くか競争したものです。 クシでとかすといいことがわかり、みんなでクシを使ってとかしてましたね。 でも、ごみが出やすいんですよ。 昔は、ポンポン=ふわふわなイメージが強かったですね。 今は、そんなに細かくなくてもいいかなあと思ってます。 巻く回数が多いと、細かく裂かなくてもふわふわになるんもんですね。 チアポンポンを作る機会があったら作ってみてくださいね。

次の

運動会で使う「ポンポン」の作り方~スズランテープ編~(動画あり)

ポンポン 作り方 スズラン テープ

スズランテープ 本体の素材となる、半透明の平らなビニール製のテープです。 その他の色は楽天市場、Yahooショッピング、Amazonなどのネットショップで購入可能のようです。 複数の色を混ぜたチアポンポンを作りたい場合は、色数分のスズランテープが必要になります! 価格は470m〜500m巻きの物で、1個、300円〜400円だと思います。 100均だと200mで100円と巻き数が少なく値段を抑えた価格になっているようです。 少量のチアポンポン作成なら、100均がお得?? あと幅は5cm幅が主流のようです。 材質はポリエチレン製の物がほとんどです。 スズランテープの メリットは、 材料が手に入れやすいのと、価格が安いという点です。 しかし、見た目は メッキテープのチアポンポンと比べると、見劣りしてしまうのが残念な点です(>< 必要な道具 チアポンポン作りに必要な道具類です。 ご家庭に普通にあるような物ばかりなので、ほぼ新たに購入するような物はないと思います! 段ボール紙 スズランテープを巻き付ける土台になります。 巻き付ける段ボール紙の長さによって作るチアポンポンの大きさを変える事ができます。 30cmくらいのチアポンポンを作りたいのであれば、30cmの段ボールにスズランテープを巻けば、希望のサイズになりますね! 雑誌やティッシュの箱などでも土台として使用できますが、土台に厚みがあるためサイズ計算がややこしくなるので、サイズにこだわる人にはおすすめできません(^^; ハサミ テープをカットするのに使います。 スズランテープの巻き数が多い場合だと、多少カットしにくくなるので、 大き目のハサミのほうが良いと思います! ペン チアポンポンの持ち手を入れる時に使用します。 ペンではなくて、割り箸や、 棒状の物であれば、なんでも良いです。 フォーク、くし チアポンポンを裂く時に使います。 なくても作れますが、あると便利ですよ。

次の

ポンポンの作り方チアや応援に!100均のテープを使って出来る!

ポンポン 作り方 スズラン テープ

中学校の頃、チアポンポンを作って以来作ったことがありませんでしたが、今回チアポンポンを作ることになったのでチアポンポンの作り方をまとめてみました。 チアポンポンは、スズランテープともいわれているPE平巻テープを巻き、1点を別なヒモで結び、反対側を切るとチアポンポンのできあがりです。 巻くとき、ティッシュの箱を回しながら巻いたほうが、PE平巻テープがよじれないです。 3:巻き終わったら、1のひもでひと結びしてから、ティッシュの箱からPE平巻テープをはずす 4:3で軽く結んでいたのをきつく結びなおす。 5:結び目と反対のわをはさみやカッターで切る 6:PE平巻テープを手で根もとまで裂いていく。 細かく裂いてふわふわにしたい場合は、クシでとかすといいでしょう。 チアポンポンの完成!! 巻く回数はどれくらいがいいの? ミニチアポンポンは100回くらい巻くとちょうどよいかと思います。 今回、私は150回巻きましたが、かなりのボリュームになりました。 100回でも十分だったかなあと思っています。 チアポンポンの長さによって巻く回数が変わってくると思います。 チアポンポンの大きさが大きい場合は、巻く回数が少ないとボリュームがでません。 大きいチアポンポンなら150回は欲しいところです。 また、PE平巻テープをどこまで細かく裂くかによってもボリューム感は変わってきます。 PE平巻テープを6等分から8等分に裂くことが多いですが、手で裂く場合は、巻く回数を多くしたほうがいいでしょう。 クシなどでふわふわに仕上げるのであれば、PE平巻テープを巻く回数はそれほど多くなくても大丈夫です。 クシでふわふわにする場合は、静電気がおきたり、PE平巻テープのごみがでやすいので注意したほうがいいでしょう。 たくさんチアポンポンを作らなければならないのであれば、ポンポンの長さを短めにして巻く回数は50回くらいにするといいかもしれません。 自分用でチアポンポンを何個も作らないのであれば、150回巻きでボリュームを出して、あまり細かく裂かなくてもいいようにしたほうが簡単です。 PE平巻テープはどこで売っているの? PE平巻テープはホームセンター、ダイソーやセリアで売っています。 たくさんチアポンポンを作るのであれば、ホームセンターで買ったほうがいいでしょう。 一人分のチアポンポンならダイソーやセリアで買ったほうがいいかもしれません。 私は、一人分だったのでセリアでPE平巻テープを買いました。 中学生の頃は、いかに細かく裂くか競争したものです。 クシでとかすといいことがわかり、みんなでクシを使ってとかしてましたね。 でも、ごみが出やすいんですよ。 昔は、ポンポン=ふわふわなイメージが強かったですね。 今は、そんなに細かくなくてもいいかなあと思ってます。 巻く回数が多いと、細かく裂かなくてもふわふわになるんもんですね。 チアポンポンを作る機会があったら作ってみてくださいね。

次の