新型 コロナ ウイルス 感染 世界 マップ。 新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

新型コロナウイルス感染症(COVID

新型 コロナ ウイルス 感染 世界 マップ

そんな見方が一部の医療関係者の間で浮上している。 世界中で精子から新型コロナウイルスが検出された、との報告が相次いでいるからだ。 新型コロナウイルスは当初、タチの悪い呼吸器疾患と思われてきたが、その後別のさまざまな病気を起こすことがわかってきた。 最近では新たに血管内皮を攻撃して血管に炎症を起こすことで全身に血栓を生じさせる全身病との見方が広がっている。 その一方で新たな性感染症ではないか、との疑いをもかけられているのだ。 弘邦医院の林雅之院長に聞いた。 例えば1~3月に中国で感染した男性38人の精子を調べたところ6人から新型コロナウイルスが検出されたという研究がある。 医療ジャーナル「JAMA Network Open」で公開されたものだ。 同様な研究結果が複数報告されており、新型コロナウイルスは精子を通じてセックスのパートナーにも感染するのではないか、という見方が浮上しているという。 「性感染症を起こす病原体には、細菌や真菌、原虫のほか、ウイルスがあります。 新型コロナウイルスは体内の細胞に侵入するには細胞の表面にあるACE2と呼ばれる受容体への結合が必要です。 そうすることで新型コロナウイルスは細胞内に侵入して、細胞が持っているタンパク質を作る仕組みを乗っ取ることで増殖し、そこをベースにさらに別の細胞に感染していくのです。 ところが、このACE2受容体はのどや鼻や肺の奥以外に、口の中(とくに舌)、心臓、肝臓、腎臓のほかにも精巣にも存在すると言われています。 卵巣にも少数ながら存在しています。 精子の中に新型コロナウイルスが混ざっているということは、精巣や卵巣にも新型コロナが感染する可能性があるのではないか、とみられているのです」 精子からウイルスが見つかる感染症は意外に多い。 例えば、ブラジルのリオオリンピックの時期に世界的に流行した「ジカ熱」もセックスによってうつるウイルス性の感染症だ。 軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などのほか、感染した妊婦からは小頭症の胎児が生まれることが報告されている。 その原因となるのが、ジカウイルスだ。 「蚊を媒介した感染症で、基本的に感染したヒトから他のヒトに直接感染するような病気ではありません。 しかし、輸血や性行為によって感染する場合もあるのです。 厚労省は、性行為感染及び母体から胎児への感染のリスクを考慮し、ジカ熱の流行地域に滞在中は症状の有無にかかわらず、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることを推奨しています。 感染している男性の精子から最長188日間ウイルスが発見されたことから、流行地域から帰国した男女は、症状の有無にかかわらず、少なくとも半年、パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中、性行為の際に、コンドームを使用するか性行為を控えるよう警告しています」 「エボラ出血熱」は致死率が最大90%と言われるウイルス性の感染症だ。 発症すると内臓が溶けて全身から血を噴き出して死んでいく。 感染した動物の生肉に触れたり、感染した人の血液、唾液、便、尿、精子などの体液に直接触れた際、粘膜などから感染する。 もちろんセックスでも感染する。 アフリカのコンゴと南スーダンで同時に見つかりいまもアフリカで流行が続いている。 「そもそも精子はその役割から免疫組織からの攻撃を受けにくいため、ウイルスの絶好の隠れ家なのです」 ほかにも、肝臓がんを引き起こす「B型、C型肝炎ウイルス」、若い女性に急増していて不妊の原因となる「ヒトパピローマウイルス」、エイズとして有名なカポジ肉腫を作るエイズウイルス、感染者数が多い性器ヘルペスなどがある。 では、新型コロナは本当に性感染症なのだろうか? 「現時点では性感染症とは認定されていません。 理由は2つあります。 ひとつは、精子の中からウイルスがみつかったことがイコール感染能力をもっていることとは別だからです。 精子から見つかったウイルスを培養したときに数が増えなければ生きたウイルスではない、つまり感染能力がないということになります。 そのことがまだ明確ではないのです」 もうひとつは間違いなく精子によって感染したとの事例が報告されていないことだ。 新型コロナウイルス感染症の患者のセックスパートナーの5割弱が新型コロナウイルス感染症に感染したとの論文はあるものの、確定したものではない。 仮にセックスで感染したとしてもそれは精子が感染経路でなく、キスや愛撫によってACE2受容体の多い口腔内や舌、肛門周辺から感染した可能性もある。 その場合は単なる接触感染でしかない。 「とはいえ、用心に越したことはありません。 他の性感染症対策にもなりますから、決まったパートナー以外とは性的関係は持たないこと、また、新型コロナウイルスの流行期には必ず性交渉時にはコンドームをつけた方がいいでしょう」.

次の

新型コロナウイルスは、いかに感染し、そして重症化するのか? そのメカニズムが研究で明らかになってきた

新型 コロナ ウイルス 感染 世界 マップ

世界中で大流行している新型コロナウイルス感染症 COVID-19。 歴史を紐解けば、世界的なパンデミックとなった感染症はこれまでもありましたが、世界中の感染者の情報が日々取得・分析されている感染症は、この新型コロナウイルスが初めてと言われています。 国によって感染状況はさまざまですが、米国 Esri 社では、その傾向 トレンド を把握できるを公開しています。 そしてこのたび、ESRIジャパン翻訳による日本語版のストーリー マップ「」を公開しました。 このストーリー マップでは、感染状況の傾向を示す以下の 5 つのトレンドを定義しています。 Emergent 緊急事態 : 集団感染の初期段階 Spreading 拡散 : 初期の拡散段階で、行政の対応力によっては制御可能な場合があります Epidemic 流行 : 制御されていない拡散 Controlled 制御 : 過去 21 日間における人口 10 万人あたりの新規症例が平均 0. 5 件未満 End Stage 収束 : 過去 42 日間における 5 日間ごとの新規症例が平均 1 件未満 そして、各国の感染状況がどのトレンドに属しているのかを世界地図で色分け表示しています。 このマップ上で任意の国をクリックすることで、その国がどのトレンドにあるのかを確認することができます。 たとえば、日本をクリックすると以下のような情報が表示されます 5月11日時点。 このストーリー マップでは、これ以外にも各国の現在の感染者数を表したマップや最初の症例発生日からの経過日数を表したマップも紹介しています。 ここに掲載されているマップの情報は、米国ジョンズ・ホプキンス大学から提供されている感染者数のデータを元に日々更新されています。 ストーリー マップの作成にあたっては、 に付属のストーリー マップ構築ツール「」を使用しています。 また、のデータ活用事例にも掲載されております。 現在大部分が紫色 Epidemic [流行] の色 に染まっている世界地図が、緑色 End Stage [収束] の色 になる日が一日も早く来ることを祈ります。

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(27日11時時点)

新型 コロナ ウイルス 感染 世界 マップ

おさえておきたい世界の新型コロナマップ4選 世界中に感染が拡大する新型コロナウイルスの情報をまとめるため、海外ではさまざまなコロナマップが開発されています。 世界のコロナマップを4つご紹介します。 WHO:感染者数・死亡者数・感染確認国・感染者の累積数まで WHOが公開しているのが「Novel Coronavus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)」です。 リアルタイムではないものの、正確な感染状況を把握するのに役立ちます。 韓国:マップで感染者数や感染者確認場所が可視化 韓国では、大学生が新型コロナウイルスの最新状況が分かる「コロナマップ」を開発し、大きな話題となりました。 リリース当初は疾病管理本部から提供を受けたデータをもとに、感染者の移動ルートを地図上で確認できました。 現在は感染者数や患者が確認された場所などを見ることができます。 外国人旅行者のために、英語版の提供も行っています。 さらに3月9日からマスクマップを正式リリースする予定です。 生年月日によってマスクを購入できる日が指定される取り組みで、このマスクマップでは購入できる店舗や在庫状況を確認できる仕様となるようです。 すでに薬局など25,000か所の販売店が登録されています。 中国:感染・死亡・回復データを可視化だけでなくデマ対策まで 多くの中国人が新型コロナウイルスの最新情報を確認しているのが、杭州・医療系ユニコーン企業「丁香園」の速報サイトです。 「丁香園」のミニプログラムには、新型コロナウイルスに関する「うわさ」について、医学的な観点から回答を紹介する「うわさコーナー」があります。 「お灸でウイルスを防げるか」「電子レンジでマスクを消毒できるか」といった質問に対する回答が紹介されており、デマ対策としても一役買っているようです。 アメリカ:症例数、死者数、回復者数の情報を大学が提供 アメリカでは、ジョンズ・ホプキンス大学が、新型コロナウイルスの感染状況をまとめたWebサイト「」を提供しています。 日本人向け新型コロナウイルスマップ コロナマップは日本でも開発されています。 ここからは日本人向けのコロナマップを2つご紹介します。 日本経済新聞:新型コロナ感染 世界マップ 日本経済新聞が公開している「新型コロナ感染 世界マップ」では、世界中に広がる新型コロナウイルスの感染状況をマップで見ることができます。 WHO、中国国家衛生健康委員会などの発表をもとに、地図上に感染者の数が円の大きさで示されます。 画面右側は世界全体の感染者数や死者数、国別の感染者数などがグラフで確認できます。 日本語のコメントが付いており、海外のコロナマップでは外国語の理解が難しい日本人にも、分かりやすくなっています。 日本国内における新型コロナウイルスの感染状況は、厚生労働省や各地方自治体から逐次発表されています。 これらの情報を一元的に取りまとめてダッシュボードマップとして可視化することで、一般の人にも分かりやすく伝えています。 地図やグラフを活用することで、感染者の数やエリアなどが一目でわかります。 画面右側には、発表された症例の一覧も掲載されています。 誤った情報が拡散され、人に伝播していくことで混乱が生じる現象は、「インフォデミック(Infodemic)」と呼ばれます。 平常時であれば起こらないことが、目に見えない外敵への不安によって判断を鈍らせています。 多くの人がデマに振り回されてしまうのは、「不安を解消したい心理的な衝動」と「正しい情報源を知らない」ことが大きな理由と考えられます。 SNSは個人の意見や根拠のない情報が行き交う場所です。 デマ情報の騒動からもわかる通り、SNSで知った情報をそのまま鵜呑みにするのは日常生活に悪影響をおよぼす可能性があり非常に危険です。 冷静に対応するためには、正しい情報と正しい知識を身に着け、不安になりすぎないことが大切です。 また情報を発信するメディアによって、伝え方や注目するポイントは異なります。 情報源は1つではなく複数持っておき、「何が正しいのか」や「どのような意見や考え方があるのか」を総合的に判断できるとより情報に振り回されることは少なくなるでしょう。 正しい知識を身に着け判断力を養えば、不安から来る過剰反応がなくなり、混乱が起こりづらくなるでしょう。 今回ご紹介したコロナマップなどを活用し、必要な時に正しい情報源にアクセスできるようにしておくことは、デマに惑わされず冷静に対応するために役立つでしょう。 <参考> 日本経済新聞: ジャッグジャパン株式会社: WHO: の地図API: 杭州・医療系ユニコーン:.

次の