陣痛 腰の痛み。 陣痛は耐えられる痛み? 初めての出産の痛みに耐えられるのか心配!

出産の痛みを軽減!陣痛を和らげる方法と、いきみ逃しのやり方

陣痛 腰の痛み

陣痛がこわい…。 本当に痛みに耐えられるの?! 初めての出産なら、陣痛の痛みは恐怖ですよね…。 とにかく陣痛がこわかった。 とっても気持ちがわかります!私もそうでした。 「鼻からスイカが出てくるよう」そんなフレーズを耳にしたことはないでしょうか? これは、陣痛や出産のときのお腹の痛みの例え。 経験したことのない人に、陣痛の痛みを伝えるときによく使われます。 ……いや、わかりにくい!痛そうなのはわかるけど、非現実すぎてわかりづらい! わかりにくすぎて余計にこわい! もっとわかりやすく、陣痛の痛みの例えが知りたい! そう思ってビビっていたものです…。 かなり個人差がかなりある陣痛の痛み。 それでも調べると、陣痛の痛みの例えはおもしろいように2パターンが多かったのです。 ・ひどい生理痛!とにかく鈍痛がつらい… ・お腹を下した痛み…トイレから出られない! 生理痛の痛みなら、これから陣痛を体験するかたもわかりやすいのではないでしょうか? お腹を下した痛みは、男性のかたにも想像しやすくないですか? 生理痛とお腹を下す腹痛。 日々ふたつを経験する女性のかたのなかには、痛みの種類がちょっと違うと感じるかたも多いんです。 ちなみに私の陣痛は、生理痛パターンでした。 もっと想像しやすくなるよう、この2パターンの例えを見ていきましょう。 これから出産を迎えるかた。 パートナーに痛みをわかってほしいかた。 陣痛の痛みが心配、不安で知りたいかた。 少しでも、陣痛の痛みを想像できれば…。 忘れもしない、私の陣痛の痛みの例えもいっしょにお話します! 目次• 壮絶な陣痛の痛み…わかりやすい例えはこれだ! ひどい、つらい生理痛?!お腹以外にも痛いところが… 「陣痛の痛みは、生理痛がひどいときの何百倍」 これはかなりつらそう…。 だって陣痛は生理のときと違い、薬で抑えることはできません。 とくにつらいのは、お腹だけじゃなく腰まで痛くなること! もちろん腰も、ひどい生理痛の数百倍…。 動くこともできなさそう…。 「腰からお尻にかけて全部痛くなる」 「10ヶ月止まっていた生理痛がまとめてくる感じ」 「止まることなく生理痛が強くひどくなっていく」 とにかく重い生理痛よりもさらに数倍以上の痛み…。 それに耐えなければいけません。 これは拷問すぎる!お腹を下したときに… 生理痛とは異なり、陣痛を「お腹を下したときの痛み」と感じるかたもいます。 お腹を下す痛みなら経験したことあるから大丈夫!そう思ったかたはまだまだ甘いです…。 「冷や汗をかくぐらいお腹が痛いのに、トイレに行ってはいけないのが何時間も続く」 これは地獄! 「下剤をたくさん飲んだけど、トイレには行けない感じ」 「下痢のときの数千倍の痛み」 お腹を下しても、お手洗いに行けないつらさ…。 リアルで想像するだけでぞっとします。 男性も想像しやすいのではないでしょうか。 本当にお腹が痛くなってきそうです。 実体験!忘れられない私の壮絶な陣痛の痛み もともと生理痛がひどい私。 「ひどいときの生理痛だなー」と、パクパクと病院の朝食を完食できるほど余裕でした。 数時間後には一変。 もう痛みで動くことはできません。 「いたい」という簡単なことばも口に出せないほどの痛みでした。 痛みの種類は生理痛と同じ鈍痛。 でもってガマンできないほど痛い…。 下腹部と腰をプレス機で押されるような、両側からの痛みに動けず声も出せず。 一言でいえば、まさに「壮絶な痛み」。 痛みで気を失っているため、ところどころ記憶はありません…。 陣痛の痛みが不安…痛みに弱い私がした工夫とは? とにかく呼吸することに集中! 痛くて痛くてどうにもならない…。 大きく息を吸って、吐いて…! とにかく心のなかで、「吸って、吐いて…」を唱えました。 ピーク時には、かなり荒く「スー!ハー!」としていた私。 そんな私を見て、助産師さんからは「上手上手!いい感じ!」と褒められました。 「痛い」と思うと、どうにもこうにもできなくなります。 ただただ呼吸に集中しました。 想像力豊かに…赤ちゃんもがんばっている! 陣痛は子宮が収縮する痛みです。 赤ちゃんを押し出そうと、身体もがんばります。 そして赤ちゃんは、狭い産道を「よいしょ、よいしょ」とがんばって下っていきます。 かなり狭いので、頭蓋骨がぎゅーっと押されてしまっています。 小さい小さい赤ちゃんも、お母さんの陣痛と同じくらい。 いや、それ以上に痛いのです! 陣痛の波が来るたびに、赤ちゃんが「よいしょ」と産道を進むところを想像しました。 すると自然に、「がんばれ、赤ちゃん!」と応援の気持ちがわきました。 お母さんだけじゃなく、赤ちゃんもいっしょ。 なんだか心強くないですか? ぜひ頼りたい夫!サポーターにする! 「夫はあたふたして使えない!」 ネットでもよく見ました。 友人からも聞きました。 でも、やっぱり頼りにしたいのは、夫ですよね。 事前に陣痛がきたときにしてほしいことを、具体的に伝えました。 「汗かいてたら拭いてね」 「写真、ビデオは絶対に撮らないで!」 「うちわであおいでほしい」 「たまに水飲むか聞いてね」 これだけでも、夫はかなり動いてくれました。 とくに、びっくりするくらい汗をかいたので、うちわであおいでもらうと気持ちよかったです。 そうこうしながら数十時間、私は陣痛に耐えることができたのでした。 陣痛の痛みの例えがこわい…でも陣痛は耐え抜ける! リアルな痛みの例えにぞっとしましたか…? ・生理痛の鈍痛の何百倍 ・お腹をこわした!でもトイレに行けない ・下腹部と腰を同時にプレス機で押さえつけられるよう 陣痛に耐える自信がない… 私は妊娠後期に入って、ずっとどんよりしていました。 痛みが苦手な私。 注射はもちろん、ピアスをあけることさえ、ビビっていたからです。 陣痛まっただ中。 「下半身があるかわからない!」とさえ感じた陣痛の痛み。 でも、安心してください! 耐え抜けました! 痛みにめっぽう弱い私がした工夫はこちら! ・とにかく呼吸することに集中! ・赤ちゃんが産道を下りてきていることを想像する ・夫を事前指導!使えるサポーターに! 「下痢しても、絶対にトイレには行けない。 でも、下痢の痛みは強くなっていく。 」 夫には事前に、具体的に陣痛の痛みを伝え、想像してもらいました。 お腹を下した痛み。 そしてトイレに行けないつらさ。 それはそれはよくわかってくれたようです。 今ではふたりであたふたした陣痛中も、笑い話にできるほど。 ふたりのなかで、いい思い出になっていますよ。 陣痛はお母さんひとりぽっちで耐えるわけじゃないので大丈夫! 陣痛は壮絶な痛み。 それは新しい命を生み出そうとしているからです! 陣痛の痛みの例えを聞くと、ドキドキしてしまいますが、きっと乗り越えられますよ!.

次の

陣痛は耐えられる痛み? 初めての出産の痛みに耐えられるのか心配!

陣痛 腰の痛み

陣痛待ちの妊婦さん! 出産予定日が近くなってくると、ちょっとしたお腹の痛みでも「陣痛が来たのかな?」と敏感になってしまいますよね? 陣痛の始まりは下痢の痛みに似ているため、「下痢だと思っていたら陣痛だった」ということがあります。 下痢の場合は、排便すれば治まることが多いですが、陣痛の場合は、痛みがどんどん強くなります。 さらに陣痛が進むと、お腹の痛む場所が変化してきます。 今回は、陣痛の「痛みの場所」「痛みの長さ」「痛みの逃し方」について、調べてみました。 スポンサーリンク 陣痛は痛みの場所が変化する? 陣痛の始まりは、下痢の痛みに似ています。 下腹部が痛くなり、お腹(腸のあたり)が痛いのか、子宮が痛いのか、よくわからない痛みです。 生理痛のひどい痛みと感じる方もいらっしゃいますが、まだまだ我慢できる痛みです。 陣痛が本格的に始まると(本陣痛)、痛みが下腹だけでなく、腰、恥骨、足の付根、まで下がって来ます。 これは、赤ちゃんが下がってくることによって、骨盤周りが押されるためです。 更に、陣痛が進んでいくと、肛門や膣が、内側から押されるような痛みを感じるようになります。 例えば、 ・お産が進むごとに、痛みが下に移っていった ・割れるかと思うくらい腰が痛かった ・お腹が痛くなると思っていたら、骨盤から足の付根が痛くなった ・お尻と太ももが痛くなった ・排便を我慢しているみたいに、肛門が痛かった このように、陣痛の痛みは、下腹部(子宮)だけでなはなく、腰やお尻など、子宮とは関係ないところの痛みを感じることがあります。 また、下腹部の痛みは、子宮全体が押し潰されるような痛みに変化してきますので、まさに子宮が収縮していることを感じることができるでしょう。 私の陣痛は、お腹の痛みと同時に、肛門がものすごく痛くなり、赤ちゃんの頭で押されているのがわかりました。 このような痛みは、「陣痛でしか味わえない痛み」だと思います。 陣痛の痛みの長さは? 「こんな激痛がどれくらい続くのだろうか?」「自分は陣痛に耐えられるのだろうか?」と不安になっていると思います。 初産の場合、陣痛から出産までにかかる時間は「約15~16時間程度」と言われています。 しかし、その間、陣痛の痛みは、ずっと続くわけではありません。 陣痛の痛みが、襲ってきては引いて…を繰り返します。 一般的な目安ですが、陣痛が最も辛いのは、1~2時間だと言われています。 陣痛の波が襲ってきている時間は、最初は15秒、20秒、30秒程度ですが、子宮口が最大になり、陣痛がピークのときは、痛みが1分~1分半くらい続きます。 「激痛が1分も!?」と感じるかもしれませんが、そのころには赤ちゃんの頭が出始めていたり、それまで我慢していた「いきみ感」に対して、思いっきり力を入れることができるので、痛みだけに向き合うことはなくなります。 スポンサーリンク 陣痛の痛みの逃し方は? 陣痛が進んでくると、「我慢できない痛み」になってきます。 そして、子宮口が開いてくると、「いきみ感」が出てきます。 「いきみ感」とは、自然にお腹に力が入りそうになる感覚です。 しかし、子宮口が全開(10センチ)になるまで、いきむことはできません。 「いきみを逃す」のが、また一苦労なのです。 陣痛の痛みや、いきみを上手に逃すために、次のことを試してみて下さい。 もしくは、息を止めてしまいます。 また、苦しいと、息を吐くことを忘れがちになるので、過呼吸になる可能性があります。 陣痛の波がやってきそうになったら、大きく息を吸い込み、痛みがピークになったときに、ゆっくり息を吐くようにしましょう。 痛くなったら、「しっかり長く息を吐く」ことに、意識を集中させて下さいね。 緊張していたり、痛みの恐怖のためにストレスを感じていると、産道が固くなってしまい、お産が進まない原因となります。 靴下やカイロを使って、体を温めるようにしましょう。 腰回りを暖めると、陣痛の腰の痛みが和らぐそうなので、ぜひ試してみて下さい。 を温めて飲むのもお勧めです。 私は、ずっと横向きに寝て、体を丸めていました。 何かを握っていると、痛みに耐えることが出来ます。 タオルやベッドの手すりでもいいですし、付き添いのご主人の手を握ってもいいでしょう。 私は、主人の手を強く握りしめ過ぎて、主人が悲鳴を上げたほどです。 「素手でりんごが潰せる」くらい、陣痛の痛みに耐えるには、体にものすごい力が入ってしまいます。 肛門や膣の指圧には、テニスボールがお勧めです。 ご主人にテニスボールで押してもらってもいいですし、テニスボールの上に直接座っても構いません。 テニスボールがない場合は、ご主人にグーって押してもらったり、正座をし、自分のかかとで肛門周辺を指圧する方法もあります。 体が脱水気味なると、お産が進みにくくなるそうです。 また、痛みを乗り越えるたびに、呼吸が荒くなりますので、喉も渇きます。 こまめに水分補給するように心がけましょう。 まとめ 陣痛の時、痛みのあまり「大声で叫んでしまった」という方は多くいらっしゃると思いますが、声を出すことは、「ストレス発散=痛みを逃がす」ことにつながるので、悪いことではないそうです! 私は、とにかく痛みがやってきたら、「吸って、長く吐く」ことに気をつけましたが、痛みがピークのときは、声を出さずにいられなくなりました。 私は、「ふーふー」と文字とおり「ふ」の文字を、大声で発していました。 「あー」とか「うー」よりも、意識して呼吸ができたと思います。 お産のクライマックスになると、痛みのあまり、どこが痛いかなど、わからなくなります。 その頃には、いきむことができると思いますので、力いっぱいいきんで下さい! 陣痛の波にあわせていきむと、とてもすっきりしますよ! スポンサーリンク.

次の

【専門家監修】陣痛と痛みは種類がある!見分け方や進み方をチェック

陣痛 腰の痛み

痛みの感じ方は人それぞれです。 痛みに弱い・強い、緊張しやすい・大らか、そばに家族がいる・ひとりだけ、といった体質、性格、環境などによっても感じ方は違います。 徳岡さん、実際のところはいかがですか? 「鼻からスイカを出すよりは、陣痛の方が楽だと思います(笑)。 赤ちゃんは硬いスイカと違って実はすごく柔らかいし、スムーズに出てくるんですよ。 『腰の骨が砕けそう』という人は体や骨盤がゆがんでいるのかも。 赤ちゃんが通るときに骨盤に当たって、痛みが増しているのかもしれません。 ところで、皆さんの表現を聞くと、陣痛をネガティブにとらえていますね。 『痛い』『苦しい』というネガティブな気持ちが先に立つと、体が緊張して通常よりも痛く感じてしまうことがあります。 でも陣痛は、自分の内側から放たれたエネルギー。 『エネルギーの力で赤ちゃんが押し出されている』とポジティブにとらえると、痛みも少しは和らぐのではないでしょうか」 前駆陣痛やおしるしのような兆しがあったら、「そろそろ陣痛が始まるかな」と考えておきましょう。 実際の陣痛が来たら、時計で「陣痛の間隔」を測って簡単にメモしてもOK。 「子宮が収縮して痛みがあるときを陣痛の『発作』、収縮が終わり、次の陣痛が来るまでの間を『間欠』といいます。 陣痛の間隔=発作+間欠の時間です。 陣痛の間隔が約10分で規則的に繰り返される(1時間に発作+間欠が6回ある)ことが、陣痛の始まりです。 陣痛が始まったら、病院に電話で連絡してください。 ただし、経産婦さんの場合は、一気にお産が進むことがあるため、陣痛が15分間隔でも、強くなってきているようなら早めに連絡を。 病院に連絡するときは、次のことをしっかり伝えるようにします。

次の