レクサスnx 口コミ。 【レクサスNX を買う前に】口コミ・評価はどう?実燃費や内装まで最終チェック

レクサス NX の口コミ・評価

レクサスnx 口コミ

またまた、レクサスネタです〜〜。 今回は、レクサスNXのフロアマットです。 レクサス車を検討したことがある人や購入した人はご存知だと思いますが、レクサスのフロアマットが高い!! なんと、フロアマット(前席、後席のマット)が91,800円で、ラゲージマットは19,440円でフロアとラゲージ合わせてなんと10万越えです!!超高っけ〜〜〜😵 プレミアムな車は、フロアマットまでプレミアムな価格なんです。 そもそも、レクサスを買う人はそれなりにお金持ち?の人のはず!なので、そんなに気にしないと思います。 ですが、私は一般庶民でちょ〜背伸びしてレクサスを購入した人なので、フロアマットに10万円も払えません。。。 トホホ。。。 今回は、私が選んだフロアマットをご紹介します。 スポンサーリンク レクサス純正ラゲージマット レクサスNX純正のフロアマットとラゲージマットは、毛足の長いパイルが高密度に織り込まれたなんとも上品で上質な仕上げになっています。 いかにもレクサスにふさわしいプレミアム、ラグジュアリーを目指したフロアマットなんです。 踏み心地もさることながら、マットの端部も丁寧に編み込まれています。 フロアマット一つでプレミアム感が損なわれてしまう可能性があるので、フロアマット選びは非常に重要です。 フロアマットとラゲージマットには、レクサスロゴのメタルプレートがあしらっているので、踏み心地もそうですが足元からラグジュアリー感を醸し出してくれます。 レクサスNX純正フロアマット価格 社外品のフロアマットを見る前にレクサス純正フロアマットの価格からおさらいしておきましょう。 フロアマットAタイプ 91,800円(税込) ラゲージマット 19,440円 (税込) 合計 111,240円 (税込) どうでしょうか? 超プレミアムなお値段ですよね?少なくとも私には。。。 恐らくほとんどのレクサスオーナーさんは、純正のフロアマットを選んでいると思いますが、私には無理でした。。。 買える人が羨ましいです。 私が選んだフロアマット+ラゲージマット 早速、結論ですが、私が選んだのは評判がいいYMTの「fino」と言うフロアマットにしました。 プレミアムなモデルのASTERISMと言うのもあり非常に良かったんですが、ラゲージマットを合わせると45,360円は、純正品と比べて半額ではありますが、まだ高いと感じてしまいまして、、、 毛足の長さも10mmあるので、finoにしました。 ESTATEのエクセレントシリーズと迷ったんですが、やはり最後は評判、口コミですね。 毛足の長いマットだと、細かい砂などが間に入りやすいかな〜とも思ったので、ちょうど良いYMTのfinoにした感じです。 実際に使ってみて、スッキリとした毛並みで手触りが良い! 実際に使ってみての感想は、かなり印象はいいですね。 毛足も長過ぎず、短過ぎず、いい感じです。 何と言っても手触りがいいですね。 同乗者にも受けが良く、レクサスの純正品だと思っているようでした。 検討した社外品選択肢 私もできれば純正品が欲しいな〜とは思いました。 「Lexus」のロゴも入ってるしさ。。。 でも、やっぱり高過ぎます。。。 フロアマット、ラゲージマットで11万円は流石に払えません。 11万円あったら、ドライブレコーダーやレーダー探知機、あるいはパノラミックルーフも付けることができます(私はそれでパノラミックルーフを代わりに付けました。 ) パノラミックルーフも10万は高いな〜と思いますけど、あれは良かった。 おすすめです(確かに夏は開けてるだけでものすごく暑いですが。。。 後席からの車窓がなんとも素晴らしい!) さて、話は、元に戻しまして、社外品のフロアマット選択肢はどのようなものがあるのか、私が実際購入に迷った商品などご紹介します。 基本的にラバーマットは検討していませんでした。 やはりプレミアム感を大事にしたかったので。。。 13,920円(23,004円) fino 10mm 21,492円(31. 320円) ASTERISM 14mm 32,400円(45,360円) ESTATE NATURALシリーズ 10mm 11,880円(16,880円) EXCELLENTシリーズ 20mm 23,760円(32,400円) FJ CRAFT スタンダードシリーズ 10〜13mm 10,980円(17,900円) プレミアムシリーズ 15mm 15,980円(28,480円) YMT 一番人気は、なんと言っても「YMT」ですね。 ディーラーさんから紹介されることもあるようです。 特に、YMTの「ASTERISM」は、レクサス純正品マットに勝るとも劣らないラグジュアリー感で、毛足の長さも14mmとふかふかです。 レクサス純正品の価格と比較しても半額で購入できちゃいます。 アマゾンさんではレクサスNXを取り扱ってない見たい(?)なので、楽天のリンクを紹介します。

次の

新型レクサス NX口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

レクサスnx 口コミ

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! 僕も好きなデザインだよ。 でも運転したことはないから、実際のところ購入者の評判はどうなのかなって気になるね。 英凪さんは素敵だというレクサスNXのルックスですが、実際に購入した人はどう思っているのか? 評判は高いのか? レクサスNXのエクステリアの評価について調査していきたいと思います。 背が高くてザ・SUVって形をしている。 フロントはレクサス特有のスピンドルグリル、シームレスでL字に光るリアランプ。 全体的に肉感的で立体的なボディが若々しい感じで格好良い。 カッコいいです。 特にスピンドルグリル がお気に入りです。 どの角度から見てもうっとりします。 見た目は好みがありますが、カッコ良いのでは。 個人的にはスポーツ専用の金網みたいなグリルはあまり好みではありません。 好みは分かれる個性的なデザインかと思いますが、個人的にはフロントとサイドのデザインはシャープでとても気に入っています。 スピンドルグリルもよく似合っているかと。 引用: 【レクサスNX】インテリアの口コミ 引用: 実際に購入したいと思うなら、外から見たデザインだけではなく、車内のデザインに対する評価も気になりますよね。 そこで続いて、インテリアに対する評価を調べてみました。 レクサスのインテリアには、ドライバーが車内で心地よく過ごせるように、シンプルでありながらも機能美を直感できる構造がちりばめられています。 特に、 車との一体感が高まるタイトなコックピットや、 上質な空間を表現する質感表現が特徴的です。 価格なりに高級感はありますが、ナビのデザインや操作スイッチの配置とかがなんとなく、ごちゃごちゃしてる感じがします。 優しく伸びやかな気持ちにさせてくれます。 決して設えが高い訳ではありませんが、パッケージとして上手く纏めていると思います。 比較的高いレベルのインテリアデザインだと思います。 欧州車と比べて雰囲気に温かみを感じます。 スイッチ類が多くてちょっととまどいますが、飛行機みたいでかっこいいかもです。 引用: この安定性ならどこに行っても家族を安心して乗せてあげられそうだね。 後席が広いのも良い! レクサスNXのシートには立体的な縫製が施されていと、そのシートが身体をほどよく包み、 適切な姿勢の維持をサポートしてくれます。 後席においてもゆとりあるラゲージスペースを確保しながらも、頭上やひざ周辺、足元に十分な余裕を感じられる広々とした空間設計となっています。 引用: 写真を見るだけで広さがイメージできますね。 口コミには複数の 乗り心地がいいという評価があり、安定感に長けていることはわかりましたが、これだけのゆとりがあるなら車中泊だってできてしまいそうです。 レクサスNXでの車中泊がきになる……そんな方にはこちらの記事もおすすめです。 スポンサードリンク まとめ• エクステリアは好みが分かれるが、おおむね評判は良い。 インテリアに高級感が感じられ満足度は高いが、スイッチの多さにとまどう人も。 走行性能については安定性が評価できるが、曲がるときには若干の不安定さもある。 乗り心地は揺れが少なく抜群との声も。 後席も広い。 いかがでしたでしょうか。 今回はレクサスNXのさまざまな側面からの口コミを調査してみました。 エクステリア、インテリア、走行性能、乗り心地……それぞれの面からの口コミを読んで、レクサスNXが総合的には評価が高い車ということが感じられたのではないでしょうか? 購入を検討しているあなたにとって少しでも参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

次の

レクサス NXの評価・口コミが21件。1ページ目 1〜10件を表示

レクサスnx 口コミ

良かった点 初レクサス、どれにしようかと悩みましたがデザイン外観でNXを選ぶ。 前から見ると迫力があり、いまどきのレクサス顔です。 ただ、Fスポに乗っている友達からIやLの顔は、ジジ臭いと言われます。 後から見たとき、なんか窄まっていて、ちょっと寂しい感じです。 とても満足しています。 欧州車と比べて雰囲気に温かみを感じます。 スイッチ類が多くてちょっととまどいますが、飛行機みたいでかっこいいかもです。 とても静かでスムーズです。 パワーもありますね、普段はECOモードで、時々、パワーモードにしてますが、少し踏めば軽量スポーツカーのように走ります。 腰高な印象はありますが、不快なほどではありません。 ラインの追随も素直な印象です。 燃費はリッター10キロくらい、まあこんもんでしょうね。 良かった点 外装: 見た目は好みがありますが、カッコ良いのでは。 個人的にはスポーツ専用の金網みたいなグリルはあまり好みではありません。 内装:メモリー機能付きパワーシート仕様の本革シートや、ナビ、ETCなどおよそ必要なものはフル装備となっており、安全装備など20万円分が何故かオプションではありますが、この仕様で510万円なら海外のライバルとも互角以上に戦えるプライスです。 エンジン性: 2Lのターボは低回転からトルクがあり、1. 7トンを超えるボディを軽々と加速させます。 高回転時のエンジンノイズは快音ではない感じですが、アウディQ3あたりと異なり、騒音は充分抑えられているので不快ではありません。 走行性: スポーツモードでは、しっかりとする足回りは、多少のハードな走行では安定していてとても快適でした。 この足回りはなかなか良い感じです。 スポーツバージョンでも通常仕様が225となるところをワンサイズ大きい235サイズと常識的なサイズ変更で、ボディ重量からすれば適切な範囲のタイヤサイズ変更です。 良かった点 外装: 三眼フルLEDのヘッドランプやL字型のターンシグナルランプで、斬新なイメージの強いフロントマスクであるが、スピンドルグリルの下部がちょっと寂しいのでメーカー純正のエアロパーツセットを装着している。 リアスタイルは地味でインパクトに欠ける。 エンジン: 200tに試乗したときの太いトルクと加速感には魅了されたが、2493cc4気筒エンジン 152PS プラスモーター 143PS のハイブリットも充分な動力性能を有している。 通常はNORMALモードで走っているが、たまにSPORTモードにしたらタイヤを鳴らして加速することもできる。 プリウス2型、3型、CT200とハイブリッド車を乗り継いできて不満点が少なかった。 NX300hのハイブリッドもよく調整されたパワーユニットになっている。 走行: 市街地や郊外の走行が中心なのでフルにパワーを出す場面はそんなにない。 選択の基準が乗り心地優先なので、300hの走行性能に不満はない。 乗り心地: 標準では17インチのタイヤを、メーカーオプションで18インチに変更しているので、舗装の小さな段差などを乗り越えるときなどにやや固さを感じる点はある。 しかし、ふわふわした感じよりもボディの剛性感が高いほうが運転していて安心感がある。 時々はSPORTモードでアクセルを踏みこむ走りを交えながらこの程度なので、この燃費には満足している。 ガソリンが安くなった現在、燃費はあまり気にしないという時代かも知れないが、車両重量1. 8トンを超える車が、満タンで800km近く走れるのは素晴らしい。 良かった点 外観:三眼フルLEDのヘッドランプやL字型のターンシグナルランプで、斬新なイメージの強いフロントマスクであるが、スピンドルグリルの下部がちょっと寂しいのでメーカー純正のエアロパーツセットを装着している。 リアスタイルは地味でインパクトに欠ける。 内装: 高級感のあるデザインで、特にシートがよく出来ていてロングドライブでも疲れにくい。 メータ周りやハンドルスイッチなどのデザインもよく考えてある。 しかし、操作性の面では不満点がある。 タッチパッド式のリモートタッチの操作が不便で、よく間違うことがある。 ハンドル右側の操作スイッチも表示が小さくて見にくい。 高齢化が進むこれからはもっと視認性や操作性を重視すべきである。 エンジン: 200tに試乗したときの太いトルクと加速感には魅了されたが、2493cc4気筒エンジン 152PS プラスモーター 143PS のハイブリットも充分な動力性能を有している。 通常はNORMALモードで走っているが、たまにSPORTモードにしたらタイヤを鳴らして加速することもできる。 プリウス2型、3型、CT200とハイブリッド車を乗り継いできて不満点が少なかった。 NX300hのハイブリッドもよく調整されたパワーユニットになっている。 走行: 市街地や郊外の走行が中心なのでフルにパワーを出す場面はそんなにない。 選択の基準が乗り心地優先なので、300hの走行性能に不満はない。 乗り心地: 標準では17インチのタイヤを、メーカーオプションで18インチに変更しているので、舗装の小さな段差などを乗り越えるときなどにやや固さを感じる点はある。 しかし、ふわふわした感じよりもボディの剛性感が高いほうが運転していて安心感がある。 ハリアーハイブリッドにも試乗したが、乗り味は全く比べものにならないくらい300hの方が優っていた。 時々はSPORTモードでアクセルを踏みこむ走りを交えながらこの程度なので、この燃費には満足している。 ガソリンが安くなった現在、燃費はあまり気にしないという時代かも知れないが、車両重量1. 8トンを超える車が、満タンで800km近く走れるのは素晴らしい。 良かった点 レクサス初のプレミアムコンパクトSUVとして2014年に発売されたNX。 2015年に購入以来、2年ほど乗った感想です。 ハイブリッドはガソリン車と違い、走り出しの加速感があります。 一部の方はハイブリッド特有の回生ブレーキに違和感を覚える方もいらっしゃるようですが、私は特に感じませんでした。 同じような車でハリアーもあり、こちらを検討されている方も多いと思いますが、乗り心地や操縦安定性はNXの方が勝っています。 また、ハリアーは最近よく見かけるようになったため、他人と被るのが嫌な人にとってNXはおすすめの1台だと思います。 気になった点 後席にシートヒーターやベンチレーションのOP設定が無い事や、小物入れのスペースが無い、空調やオーディオの操作スイッチも無く殺風景に感じます。 ドライバーズカーとしては満足ですが、後席はレクサスの言う<おもてなし>から置いてゆかれた感じがします。 軽自動車のタントカスタムに付いて居る後席ガラス部の手動式のサンシェードも設定が有りません。 又、レクサス全車に共通して感じる事は、価格が高すぎです。 高級ブランドのイメージ作りの為、値引きしない販売方法や高級を感じさせる店舗での独占販売など向かって行きたい方向は理解出来ますが、オプションの選択肢の限定など顧客の要望に答えられないシステムは、一方通行な<おもてなし>と感じ、お客を無視した自分の売りたい物だけを高く売る商法と感じています。 2014年8月注文で2015年6月納車にも関わらず、値引きゼロ、頭金100万円は先払いと、売ってやる状態の販売店の対応も、こてからレクサスを購入しようとする方々にはお勧めできません。

次の