エラメイ ライブ。 【Boo'd Up】の和訳:Ella Mai(エラ・メイ)

【2020】文化祭・学園祭バンドにおすすめな曲15選(バンドスコア付き) │ サッキーのさっきの出来事

エラメイ ライブ

東京国際フォーラムホールA公演にご来場される皆さんへの大切なご案内(手荷物検査・持込物等に関して)[10. ご来場前に必ず詳細をご確認頂き、ご了承の上ご来場ください。 また警備強化のためご入場の案内に通常よりお時間がかかる場合があります。 できるだけ余裕をもってのご来場をお願い致します。 必ずをご確認ください。 ELLA MAI来日公演の先行物販販売時間が決定[10. 30] ELLA MAI来日公演の先行物販販売時間が決定しました。 INFO クリエイティブマン:03-3499-6669 エラ・フィッツジェラルドから名付けられたというエラ・メイは1994年イギリス・ロンドン出身。 12歳で米ニューヨークに移り、高校を卒業した後に帰国。 翌2015年にソロ活動をスタート。 SoundCloudにアップした音源が注目されDJマスタードによって彼のレーベル<10 Summers Records>と契約。 2016年『Time』、『Change』2作のEP盤を、2017年EP『Ready』をリリース。 2018年に入りインタースコープからメジャー展開されたこの曲は瞬く間に全米シングル・チャート(Billboard Hot 100 Singles)を上昇、7月には最高5位を記録する大ヒットに。 For Customers outside Japan: ticket is now available via eplus! ADV GOLD Reserved seat 14,000JPY tax incl. DOOR S Reserved seat 8,000JPY tax incl. DOOR GOLD Reserved seat 14,500JPY tax incl. For Customers outside Japan: ticket is now available via eplus! eplus:.

次の

バーチャルYoutuber専用アプリ『メイアライブ』〜カメラ・VR不要でキャラが動く〜Windows・Mac両対応(無料ダウンロード版あり)

エラメイ ライブ

q []. createElement 'script' ;r. hjsv; a. hotjar. 松尾:2017年3月に初めてオンエアしました。 単純にEPで一番キャッチーだなと思う曲をかけたんですよ。 でもそれが1年以上かけて全米チャート Billboard のトップ10に入るなんて思いもしなかったな。 林:アメリカで流行り出したのはずっと後のことで、2017年12月にベイ・エリアのDJビッグ・ヴォンが地元のクラブでかけて反響があったので、自分がホストを務めるラジオ局KMELの番組で流したところ全米に広まって、今年に入ってからシングル・ヒットした…というのがザックリとした経緯です。 無印の新人。 林:全米ポップ・チャートでの現時点での最高位は2018年7月に記録した5位。 松尾:いかに老若男女に愛されたかってことですよね。 で、大合唱。 松尾:それは途中から追えなくなったはずだ(笑)。 林:一番有名なのがニッキー・ミナージュとミーゴスのクエイヴォのやつ。 松尾:これはオフィシャルですよね。 林:はい。 曲の最後にiPhoneのデフォルト着信音が鳴るあたりが今っぽいですね。 〈Essence Festival〉開催時、彼女のトークショーに足を運んだのですが、その時はT・ペインのリミックスが好きだと言ってましたね。 今なら今年8月に発表したシングル「Trip」を挙げるのかもしれませんが。 8億回)。 松尾:恋人と遊んだりしてる、なんてことのない低予算ビデオですけどね(笑)。 カリードやカマイヤといった若手アーティストのカメオ出演も話題になりました。 今年で24歳。 ケリーが超人的な活躍を見せた年ですよ。 エラはブランディをアイドルのひとりに挙げてもいます。  松尾:個人的なお話をすると、ちょうど久保田利伸さんが全米デビュー・アルバムを制作していた時期で。 当時の彼のNY生活を思い出しながら僕が作詞したのが「Winds」 2011年 という曲で、歌詞には「もう一度 I wanna be down with you」ってブランディの曲名を引用してます。 それだけのオマージュを捧げるに価する時代なんですよ。 林:そんな時代にUKのサウス・ロンドンで産声を上げたのがエラだったと。 両親は、お父さんがアイリッシュ、お母さんがジャマイカ系だそうですね。 松尾:イギリスによくあるパターンですね。 林:それで、12歳の頃、アメリカのNYに渡って…。 松尾:ロンドン生まれでNYに行くってスリック・リックと同じパターン。 林:まさに。 ただ、エラの場合は高校卒業後、イギリスに帰国してまして。 その後参加したのがアライズ Arize というガールズ・トリオです。 松尾:それで人気オーディション番組『Xファクター』のUK版に出たと。 林:2014年だから20歳頃でしょうか、当時の映像をYouTubeで見ることができますが、エラはセンターではなく、一番地味な3番手くらいの印象。 松尾:そうなんですよ。 歌はともかく、お喋りの量は乏しかったですよね。 エラも大前提としてまずは演者として華のある人。 グループではさほどいいところにはいかなかったけど。 林:そう言えば、番組ではリトル・ミックスの「Little Me」 2013年 をアカペラで歌っていました。 松尾:僕は今のところリトル・ミックスをプロデュースした唯一の日本人ですから、そこにも縁を感じてしまうなあ。 『Xファクター』のようなオーディション番組で、番組出身者の曲を歌うのは王道的行為。 でもその時点ではリトル・ミックスにも手が届かなかったエラが、その後アメリカで認められた。 彼女自身も予期していなかったであろう、夢のあるストーリー。 林:結局アライズは解散して、ソロ活動を始めたのが2015年。 そこで『Troubled』っていう自主制作のEPをSoundCloudにアップして、他のSNSでもカヴァーとかを披露していたところ、彼女のInstagramを見たDJマスタードがコンタクトを取ってきて、彼のレーベル〈10 サマーズ〉と契約したと。 松尾:どこで誰が才能を見てるかわからないもんですね。 テレビでチャンスを掴めなかった人が、その後、新興メディアであるSNSをキッカケにチャンスを掴むっていう、この順序がまさに今ですよね。 マスタードとの邂逅 林:DJ マスタードについても簡単に触れておきましょうか。 1990年生まれで、LA 出身ながらトラップに代表されるサウス・ヒップホップ系の音作りも得意とするプロデューサー。 YGやビッグ・ショーン、タイガ、タイ・ダラー・サイン、リアーナなどに関わってヒット曲を量産してきました。 で、ブレイク・イヤーにあたる2014年に出したのが『』というミックステープ・アルバムで。 松尾:彼のレーベル名になった作品ですよね。 林:その〈10 サマーズ〉のインタースコープによるメジャー展開となるのが今回のエラ・メイのファースト・フル・アルバムなのですが、彼は2014 年にトレイ・ソングスの「Na Na」やティナーシェ feat. あくまで個人的な推測ですが。 そうやって、2016年2月に『Time』、2016年11月に『Change』、2017年2月に『Ready』といったエラのEPを出していくと。 松尾:歴史は繰り返すと言いますが、マスタードの成功は90年代のジャーメイン・デュプリの出世譚を想起させます。 そのエクスケイプで認められて、マライア・キャリーの「Always Be My Baby」ではついに頂点を極めた。 僕は当時デュプリのところに行き来していたのでマニアックな話をしちゃいますが、「Always Be My Baby」が全米ナンバー・ワンになったのは1996 年でしたけど、実際にレコーディングしたのはまさに1994年の暮れだったんですよ。 松尾:ハイハットが連打されるTR- 808を中心とした音作りの感じね。 曲の展開とか進行を聴くと、なるほどな、とも思います。 で、ジョエルが2014年頃に録ったとされるデモは、ワーレイがラップを入れてジャ・ルールとアシャンティの「Always On Time」 2001年 みたいな雰囲気になったようですが、結局リリースされず、エラとマスタードのもとに渡ったと。 松尾:へえ、そういう裏事情があるんですね。 松尾:さすが林さん。 僕はコ・プロデューサーの功績までは目が届かなかったなあ。 おそらくマスタードは尖った人だろうから新しい方向に行くかもしれないけど、安定してメロウな作品を供給してくれるのはランスだったりするのかも。 林:ランスがテラス・マーティンと一緒に手掛けたケンドリック・ラマーの「These Walls」なんかもメロウですし。 松尾:なるほど。 メロウさに加えて、懐かしいところをくすぐるっていう意味でエラ・メイの曲は特別なのかもしれませんね。 いい意味で新譜に聴こえないっていうね。 林:それでいてトラップ的なビートが脈打ってる感じが実に2010年代的。 松尾:そうそう。 ブルーノ・マーズの大ヒット「24K Magic」 2016年 にも通じます。 あの曲も懐かしい曲調であると同時に、例えばブリッジでトラップ調になるあたりは新しいわけで、その匂いづけが奏功してるんですよね。 松尾:マスタードはスペースの作り方に長けています。 アルバムでのUKコネクション 松尾:ただね、今回アルバムを最初に聴いた時に思ったのが、全曲マスタードが手掛けているわけじゃないんだなと。  松尾:旬な人を持ってきましたよね。 林:ソングライターも含めてUKコネクションで仕上げた曲もいくつかあって、ハーモニー・サミュエルズが制作したミッド・スロウの「Cheapshot」にしても、ほぼUKの人と一緒に作ってますね。 あと、本編最後のバラード「Easy」はホールジーなんかで知られるノルウェー出身のリドーがメインで制作していて、歌い出しからモダン・イングリッシュの「I Melt With You」 1982 年 のメロディを引用してエラがUK 出身者であることを匂わせているというか。 林:ポエトリー・リーディング的なスキット。 冒頭の「Emotion」(E)以外は曲の終わりで語られて、「L」がLust(4曲目)、同じく「L」でLove(7曲目)、「A」がAssertive(9曲目)、「M」がMystery(10曲目)、「A」がAware( 12曲目)、「I」がInner(14曲目)と続きます。 この喋り方がもう…。 松尾:あの発音にアフリカン・アメリカンの男たちはやられてしまうんでしょうね。 シャーデー登場の時代からそうですけど(笑)。 林:髪型もアップにまとめてるのとスパイラルパーマっぽいロングの2パターンあって、そのギャップもたまらない。 松尾:ジャネットの『janet. 林:確かに。 ジェイミー・フォックスの「T Shirt And Panties」を引用したスロウ・ジャムで。 プロデュースを手掛けたうちのひとり、マルコス・パラシオスはセヴン・ストリーターの2017 年『Girl Disrupted』でフェイス・エヴァンス「Soon As I Get Home」 1995年 のカヴァーを手掛けていたダ・インターンズの片割れです。  松尾:言われてみればそうだなって感じですね。 でも、エラの声で歌うと全部新しく聴こえるくらい、時代を味方につけている。 とにかくこの声。 林:アンニュイというかぶっきらぼうにも聴こえるけど可憐で人懐っこいという、不思議な魅力を持つ声。 そういえば彼女がツイートしていたんですが、「Trip」や「Sauce」と同じチームで「Close」を作る前にずっとトニ・ブラクストンを聴いていたみたいで。 松尾:低い音域の気だるい歌い方とか、確かにトニ・ブラクストンっぽいな。 あとね、ルックスでいうと昔エムトゥーメイにいた頃のタワサ・エイジーにビックリするほど似てる時があって、歌もタワサと同じでゴスペル・シンギングじゃなく、わりと澄んだ高音で歌うというか。 可愛らしいように見えて腕にがっつりタトゥーが入ってる感じとか、そういうストリートっぽさもいいな。 デュエットで真価を発揮? 林:アルバムにはデュエットもあって、それがゲストのカラーに寄せた感じでありながら、自分の個性もしっかり出している。 松尾:そうなんですよ。 僕もデュエットの曲でいいところを見せる人だなぁと思って。 それがいいことなのかどうかわからないけど、クリス・ブラウンとの「Whatchamacallit」はクリスに寄せてますよね。  林:ワチャマコリ(what you may call it)ですね。 お互い恋人がいる男女が浮気っぽいことになりそうなんだけど、「これ浮気じゃないよね、なんて言うんだっけ?」って自己正当化のためにトボケる曲(笑)。 松尾:そういう軽い曲をアルバムの推し曲にするあたり若いスタンスですよね。 リル・ディッキーとの「Freaky Friday」 2018年 にも通じているけど、今やクリスってそういう意味での記号的な存在なんだな。 林:クリスとは以前にも共演していたエラですけど、この曲はクレイグ・デイヴィッドの「Talk To Me Part II」 2018年 に客演した時の感じも思い起こさせますね。 マスタード人脈で作っていて、クリスは以前マスタードが手掛けたキッド・インクとかオマリオンの曲でも歌っていたので、よく馴染んでます。  松尾:ジョン・レジェンドとの「Everything」もジョンに寄せた音作りになっていて。 林:2000年代初頭のネオ・ソウルっぽい雰囲気ですよね。 松尾:ジェイムス・ポイザーとかが関わってるのかな?っていう。 林:エラはローリン・ヒルもアイドルだそうなので、そういうムードを出したのかも。 この曲をメインで手掛けているのはデイヨン・アレクサンダーとジェフ・シャンで、彼らはマスタードも関与していたデミ・ロヴァートの近作『Tell Me You Love Me』 2017年 に関わっていたLAのチーム。 松尾:デミ・ロヴァートは1回会ったことがあります。 人気女優でもある。 つまりデイヨンとジェフのふたりは、以前から巨大なマーケットで仕事をしてきたと言えるわけです。 林さん、このジョンの曲もそうですが、H. との「Gut Feeling」はその次に登場する「Trip」とクレジット的にも連続性のある曲で、フロエトリーとかを思わせるネオ・ソウル風のジャジーなスロウ。 松尾:フェイス・エヴァンスとメアリー・J. メロウでユルい感じとか、いい塩梅なんだな。 タイ・ダラー・サインの声は無骨な感じがあるから、可憐な印象を与えるエラの声は相性がいい。  林:ドネル・ジョーンズの「Where I Wanna Be」 1999年 っぽいですよね。 実際にエラはドネルの曲を歌った動画をSNSで公開していたこともあります。 で、ブライアンは今回このアルバで「Dangerous」を手掛けている。 林:できすぎた話ですね。 松尾:僕もてっきりメロディアスな曲がもっとたくさん入ってるのかと思ってました。 メアリー・J. チャカ・カーンの「Sweet Thing」にあたるようなわかりやすいカヴァーがあるのかも…なんてことも思ったのですが。 でも、いたずらに起承転結を激しくしないのが今のアルバムの作り方なんだと教えられた気もしましたね。 カーステで聴きながらチルするために作られた作品というか。 松尾:ジェネイ・アイコとかが蒔いた種が、機が熟して大きく花開き始めた感じ。 林:エラ・メイとともにH. ロックとかパンク、ファンクといったジャンル名は、当時から「〜な人」、「〜な人生」って言い切ることが可能でしたけど。 そこに入るのがエラ・メイ。 その人が1994年生まれっていうのは、よくできた話ですよね。

次の

バーチャルYoutuber専用アプリ『メイアライブ』〜カメラ・VR不要でキャラが動く〜Windows・Mac両対応(無料ダウンロード版あり)

エラメイ ライブ

2018年2月2日よりマテリアライザー様が開発したメイアライブを使用させていただき、生配信をしてみましたが、とても自然で生きているように動かせることに感激しました。 他のキャラクターが動かせるツールやソフトを使ってみたりもしたのですが、表情の切り替えがうまくいかなかったりするのが不満で使っていませんでした。 メイアライブを使ってみて、クオリティ高く、可愛らしく表現できることでパフォーマンスの幅はとても広がりました。 生配信でより生LIVE感が出て、多くの初見の方にも興味を持ってもらっています。 何よりも、メイアライブを使って 『一人で自由に動かせたときの喜び』はとても大きかったです。 ただ、キー操作の暗記や表情の切り替え、モーションのタイミングなどは慣れないと難しいです。 特に私は同時にいろんな作業をすることが苦手ですので、うまくできないこともあります。 モーションの種類も限られているので、こういう風に動きたいなという理想が脳内にあって、その理想とより近いモーションはどれか?というのを考え、スイッチングをしているので、思い通りに動かせなくてモヤッとすることはあります。 そのことを差し引いても、メイアライブを使って、バーチャルYouTuberとして動画制作にも活動の場を広げていけたのはとても嬉しいです。 クロマキー合成も使えるので、手軽に負担もなく、いろんな背景と組み合わせて配信できたり、動画を作れたりするので素晴らしいアプリだなと思います! ことも他のアプリではできないことなので、魅力だと思います。 マテリアライザー様と相談し、モーションや素材を必要に応じて追加し、自分のオリジナルを作れる喜びがあります。 個人でバーチャルキャラクターとして活動したいと思っている方はマテリアライザー様が開発したメイアライブを使えば、いろんな可能性を生み出せると思います。 雛乃木まや Twitterでのご感想 これはものすごく興味があります。 雛乃木まやさんの動画の解説見て衝撃うけてました。 みんなが欲しかったツールだ!と。 今後ぜひとも情報発表されるの楽しみにしています。

次の