ツイッター センシティブ 投稿。 Twitter 「センシティブな内容」ってなに!?

ツイッターの著名人アカウント乗っ取り 仮想通貨取引所は3200万円相当の送金を阻止

ツイッター センシティブ 投稿

センシティブを解除する方法 まず、センシティブな内容のツイートはこのように表示されます。 このツイートをタップすると、「 設定を変更」が出てきますのでここをタップします。 TwitterのアプリからTwitterのWebサイトにとびます。 「プライバシーとセキュリティ」の設定画面になりますが、これがすべて英語表記になっています。 これではわからないので日本語表記に変えてみます。 Settingsの画面で「 Account」をタップします。 Account画面の中にある「 Language」をタップします。 画面下に出てくる言語の中から「 日本語」を選択します。 選択が完了したら「 Save」をタップして変更を保存します。 設定画面で「 プライバシーとセキュリティ」をタップします。 画面のようにチェックマークが入ったら設定は完了です。 Twitterのアプリに戻り、先程センシティブな内容が含まれている可能性があるというツイートを確認してみました。 何がセンシティブだったのか、このツイートではアプリの紹介がされているだけでした。 広告のようなツイートはダメなんでしょうね。 本当に不適切なツイートが表示されるのは嫌ですが、この程度なら問題ないと思います。 不適切なツイートを報告する センシティブを解除すると、センシティブ・不適切なツイートが流れてくる可能性があります。 この場合はTwitter社に問題を報告する手があります。 「問題を報告する」画面から「 センシティブな画像を表示している」または「 不適切または攻撃的な内容を含んでいる」をタップすればTwitter社に報告され、対応してもらえます。 まとめ 「センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と出てくるツイートを表示できるように設定を変えてみました。 設定画面が英語だったので戸惑いましたが、言語を日本語に変えて、センシティブの解除設定ができました。 この解除設定で不適切な内容のツイートが多く表示されるようなら、Twitter社に問題を報告するかセンシティブの設定を戻せばよいと思います。 解除できない状況がよくわかりませんが、アカウントを複数お持ちですか? 複数のアカウントを持っている場合は、TwitterのWebサイトにそれぞれのアカウントでログイン・ログアウトして設定を変更してやればセンシティブの解除ができます。 センシティブの解除は基本的には次の手順になります。 スマホから次のURLをタップします。 メールなど・パスワードを入力してTwitterにログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 設定にある「ログアウト」をタップします。 この手順でもう一度試してみてください。 宜しくお願いします。 は訳すと「アカウントは使用停止されており、この操作を実行することはできません。 」となります。 サスペンド(アカウント凍結)解除はツイッターヘルプセンターで確認して行ってください。 アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができるようです。 ヘルプセンターのURLはこちらになります。 ヘルプセンターでご確認お願い致します。 神住 2件のコメントを拝見いたしました。 ご質問が同じような内容ですので、こちらのコメントに回答いたします。 複数のアカウントを持っている場合は、TwitterのWebサイトにそれぞれのアカウントでログインして設定を変更してやればサブ垢でもセンシティブの解除ができると思います。 基本的な手順は以下のとおりです。 スマホから次のURLをタップします。 メールなど・パスワードを入力してTwitterにログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 設定にある「ログアウト」をタップします。 ログイン画面に戻って別のアカウントでログインします。 以下同様にアカウント別に設定を変更します。 この手順を繰り返して行えばすべてのアカウントでセンシティブを解除できると思います。 注意点として、一度ログインするとそのアカウントが残っていますので必ず「ログアウト」してから次のアカウントでログインしてください。 宜しくお願い致します。 神住 コメントを拝見しました。 基本的には、アプリからではなくTwitterのウェブサイトの設定で変更すればできるはずです。 TwitterのWebサイトは次のURLです。 スマホからこのサイトにアクセスしてお使いのアカウントでログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 それでも解除できない場合は、ウェブにアクセスしても自動的にアプリが開いてしまっていることが考えられます。 その場合は、ブラウザの検索画面からTwitterと入力して「Twitterにログイン」を選択してアクセスしてください。 宜しくお願い致します。 神住 こんにちは。 私のプログをご覧いただきありがとうございます。 センシティブだったツイートが見れないとのことですが、今一度セキュリティーの設定がオンになっているか確認してみてください。 アプリからでは設定がわかりませんのでブラウザからTwitterのウェブサイトにアクセスしてログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 チェックマークが入っていればOKですが、入っていなければ原因は設定が行われていなかったことになります。 次にチェックマークが入っているのにセンシティブだったツイートが見れないケースはアプリの不具合が原因かもしれません。 この場合はTwitterのアプリをリセットしてみてください。 リセットの仕方はiPhoneの場合で説明します。 Twitterアプリを立ち上げます。 電源ボタンを長押しします。 電源オフの画面になります。 ホームボタンを長押しします。 Twitterの画面に戻ればリセットは完了です。 Androidスマホの場合は、リセットの仕方を検索してみてください。 リセットでも解決しない場合は、再度ご連絡ください。 宜しくお願い致します。 神住 こんにちは。 私のプログをご覧いただきありがとうございます。 は訳すと「アカウントは使用停止されており、この操作を実行することはできません。 」となります。 サスペンド(アカウント凍結)解除はツイッターヘルプセンターで確認して行ってください。 アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができるようです。 ヘルプセンターのURLはこちらになります。 無事に凍結が解除できるといいですね。 解決できなければまたご連絡ください。 神住 カテゴリー•

次の

ツイッターのセンシティブ設定を解除する方法

ツイッター センシティブ 投稿

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の

【Twitter】センシティブな内容の投稿とは?表示/非表示の切り替え方を解説!

ツイッター センシティブ 投稿

友達や知り合い、好きな芸能人などをフォローして、その人のツイートを見ようと思ったら 【このツイートには不適切な内容が含まれている…】という表示が出てきてツイートの内容がわからない!という経験がある人って少なくないですよね。 人のツイートだけでなく、自分がツイートしたものでも【不適切な内容が…】と表示されてしまうこともあります。 』 『このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません』 と出てきたら、薄いグレーになっている文章の部分をタップしてください。 画像でいうと赤枠で囲んである部分です。 タップすると、次の画像のような表示が出てきます。 同じような表示が出てきたら、赤枠で囲んである【設定を変更】をタップします! タップするとTwitterのログイン画面に移行しますので、 「不適切な…」「センシティブな内容…」と表示されるアカウントでログインしてください。 すると、何やら設定の画面にいくんですが、その中の【セキュリティ】の項目までスクロールしてください。 センシティブな内容を解除できない時の対処法 『センシティブな内容が…』を解除する方法について解説してきましたが、 「手順通りにやったのにまだ見れないツイートがある!」なんてことがあるかもしれません。 私も、解除したはずなのに見れないツイートがあって「あれ?」となった経験があります。 こういった時の対処法は 『タスクを切る』ことです。 タスクを切ってから、再度Twitterを開いて確認してみてください。 Twitterの「不適切な内容が…」をPCで解除する方法 それでは続いて、「不適切な…」をPCで解除する方法を解説していきます! PCでツイッターを開いてログインをすると、画面の右上にご自身のTwitterアイコンが出てきます。 アイコンをクリックすると、下記の画像のように表示されます。 ずらっと並んでいる項目の中から【設定とプライバシー】を選択してクリックしてください。 この様な画面になったら、一番左側に並んでいる項目の【プライバシーとセキュリティ】をクリックします。 下までスクロールすると【安全性】という項目があるので、その中の【不適切な内容を表示しない】にチェックが入っていると思います。 ただ、万が一きちんと解除できていない時のことを考えて、設定変更が完了した後に確認することを忘れないでください。

次の