バレエ動画。 バレエ動画・Variation・バリエーション動画集3

【PICKUP】世界のバレエ団が公開中! オンラインで鑑賞できる舞台映像集

バレエ動画

プロ目指す19歳の日系人の若者に密着。 競い合う仲間は10年に1人と言われる天才ダンサーや、モデルもこなす美少年など、世界中から集まった個性豊かな若者たち。 スパルタ指導の校長はロシアが誇る伝説のダンサー。 本編終了後、彼らの「その後」を追ったミニ番組を放送! 4人から日本へのメッセージも BS1スペシャル バレエの王子になる! 例えば、競艇選手養成学校の裏側とか、マグロ漁船の裏側とか。 バレエ自体は興味もないのですが、男のバレエダンサーなんて、周りにいるわけもないので、 単純にその世界を知りたい、見てみたいと思います。 世界屈指の名門バレエ学校ということは、世界中から若くて才能もあり、熱い夢を持って、 家族や祖国から応援されてきてると思います。 そんなエリート達の中で、同じ日系人として、どこまでできるか? 言葉や文化もバラバラな中での共同生活。 ライバルであり、一緒に学ぶ事により連帯感が生まれ、熱い友情も見せてくれるのかなぁと思います。 そんな前途有望な若者達を指導するのは、バレエ王国ロシアが誇る伝説のダンサー。 その方の指導がスパルタだときては、とても楽しみです! 昨今、スパルタ教育をなくし、暴言や体罰もなくす方向に来ていると思いますが、 そんなご時世に世界最高峰は、どういう教育、どういう指導をされるのか。 水泳の井村雅代さんとか、自衛隊レンジャーの厳しい訓練とか、見るのは好きです。 若いうちに厳しい体験、世界最高峰を体感した者は、どういう人間になるか。 どういう人生を歩んでいるのか、とても興味惹かれます。 地上波でもやってほしい内容だと思います。 バレエの王子になる! みどころ この番組は世界の名門のバレエ学校で活躍する日系人の若者にスポットを当てたドキュメンタリー番組を放送してくださるそうです。 バレエのイメージというと女の子が白いレオタードを着て優雅に踊っている様子です。 しかし、それを舞台で披露できるようになるまでにはとてつもない努力が必要になるはずです。 一緒に学んでいる同級生も仲よくできているかもしれませんが、ライバル関係として自らを高め合っていると思いますので気が抜けず大変そうだなと思うのが本音です。 しかも世界中から集まっているとなると言語も違いますし、生活のギャップも多くありそうで刺激的といえば聞こえがいいですが気づかれして休めない毎日にを過ごすことになりそうです。 先生も厳しそうな様子ですし、そんな厳しいところで努力してがんばっている若者たちをみて応援をすることで自分の気持ちも明るくなりそうです。 しかも、この番組の最後に彼らのその後のミニ番組を放送するそうなので彼らのがんばった努力の結果をみることができます。 昨今の事情で、努力を継続できなくてくじけそうになっている人たち、特に若者たちにがんばろうと勇気を分け与えてくれることで世の中が明るくなってくれるといいなと思いました。 バレエの王子になる! 視聴者感想 この番組は世界の名門のバレエ学校で活躍する日系人の若者にスポットを当てたドキュメンタリー番組を放送してくださるそうです。 バレエのイメージというと女の子が白いレオタードを着て優雅に踊っている様子です。 しかし、それを舞台で披露できるようになるまでにはとてつもない努力が必要になるはずです。 一緒に学んでいる同級生も仲よくできているかもしれませんが、ライバル関係として自らを高め合っていると思いますので気が抜けず大変そうだなと思うのが本音です。 しかも世界中から集まっているとなると言語も違いますし、生活のギャップも多くありそうで刺激的といえば聞こえがいいですが気づかれして休めない毎日にを過ごすことになりそうです。 先生も厳しそうな様子ですし、そんな厳しいところで努力してがんばっている若者たちをみて応援をすることで自分の気持ちも明るくなりそうです。 しかも、この番組の最後に彼らのその後のミニ番組を放送するそうなので彼らのがんばった努力の結果をみることができます。 昨今の事情で、努力を継続できなくてくじけそうになっている人たち、特に若者たちにがんばろうと勇気を分け与えてくれることで世の中が明るくなってくれるといいなと思いました。 視聴者によるネタバレのまとめ バレエの番組ってありそうでなかったりするので、面白そうだなと思いました。 しかも、世界最高峰の学校だというので、そんなところで繰り広げられる青春を見れるのは、大変興味深いなと思いました。 自分は、バレエやスケートといった体全体で表現するものが大好きなので、とても楽しみです。 19歳と言うとまだまだこれからですよね。 スタート地点にもなっていないというところでしょうか。 そんな子達の闘いが見れるというのはあまりないので、いろいろと期待しています。 世界最高峰というだけあって、競い合う仲間も、十人に一人と言われているバレエダンサーや、モデルもこなす美少年など、さまざまなダンサーが見れそうなところも期待しちゃいます。 校長先生も、伝説のダンサーといわれているようで、そんな先生のスパルタ指導もどんな風に行われるのかも気になります。 本編終了後のミニ番組として、彼らのその後を追い、4人からのメッセージが聞けるのも楽しみですね。 同じバレエダンサーといっても進む道はたくさんあると思います。 それぞれがどんな道をたどっていってるのかが、とても気になります。 プロを目指す彼らは、それぞれの道が切り開けたんでしょうか。 すごく楽しみですね。 この番組は世界最高峰のバレエ学校とされている『ワガノワ・バレエ・アカデミー』を舞台としていて、そこで学んでいる4人の成績上位者の男子生徒を注目した内容で彼らを主人公として三ヶ月間卒業まで追ったもので放送は大反響を呼ぶものとなりました。 ロシアではプロのバレエダンサーが国家公務員で、さらに5段階評価の国家試験で3以上でなければバレエ団で働いてはいけない世界で、学校の方もビシビシと厳しい指導が展開されるそうです。 この放送がされた後、視聴者からの再放送の要望が多くあってNHKのレビューでそのほとんどが再放送をし欲しいとコメントをしています。 よって待ちに待った再放送となるわけです。 主人公は10年に1人の逸材とされるミーシャ、日系で大相撲第46代横綱の朝潮太郎の親戚で身長が低めがきになるアロン、その美貌と容姿でモデルも行なっているが学校の熱心だがイマイチのキリル、成績はミーシャに次ぐ二番手だけど苦戦していたりするマルコで、彼らを指導しているのが校長のニコライ・ツィスカリーゼとなっています。 今回では、彼らの近況も放送されると言うので放送が待ち遠しいです。

次の

モダンバレエ 若者と死 動画

バレエ動画

php on line 601• 概要 ローラン・プティが、ジャン・コクトーの台本により、バッハの『パッサカリアとフーガ』[1]に振付けた1幕のバレエ作品。 若者が無情な女に翻弄され、死へと誘われる筋書きである。 1951年には、アメリカン・バレエ・シアターでも上演され、1975年にはミハイル・バリシニコフによりリバイバルされた。 この作品はマルセイユ・バレエ団(1984年)、パリ・オペラ座バレエ団(1990年)、ボリショイ・バレエ団(1998年)などで上演されている。 日本でも牧阿佐美バレヱ団、Kバレエカンパニーのレパートリーに入っている。 あらすじ 舞台はパリ。 いかにも貧しげな屋根裏部屋で、若者は女を待っている。 なかなか姿を現さない女に、彼は苛立ちを募らせていく。 やがてドアが開き、黄色のドレスに黒手袋の女が部屋に入ってくる。 若者は女を抱きしめようとするが、女は冷然とそれを拒絶する。 若者と女は争いになり、若者は逃げる女を追う。 女はあくまでも若者を拒絶し、咥えたタバコの煙を彼に吹きつける。 なおも若者は女に迫るが、彼女は彼を蹴り飛ばす。 床に倒れた若者は、女と揉み合いになり、二人は床を転げ回る。 激しい争いの末に疲れ果ててしまった若者を、女は優しく抱き起こして椅子に座らせる。 彼の視線は天井の梁からぶら下がった絞首縄に注がれる。 若者は自ら縄に近づき、首を吊ってしまう。 その後、一度は部屋の外へ消えた女が、長衣を纏い髑髏のような仮面をつけた姿で戻ってくる。 女は若者の首を縄から外すと、彼の顔にその仮面を着ける。 若者は仮面を着けたまま、ふらふらと歩み始め、女は彼の後に従って退場してゆく。 モダンバレエ 若者と死 動画 モダンバレエ 動画.

次の

【レッスン動画特集】世界のバレエ団・バレエスクールから

バレエ動画

ドイツの名門 ハンブルク・バレエ団が 4 月 9 日(木)より公式ホームページにて、同団芸術監督で振付家の ジョン・ノイマイヤーによる5つのバレエ作品映像の無料配信をスタートしている。 配信されるのは 『 Saint Matthew Passion (マタイ受難曲)』、 『 Lady of the Camellias (椿姫)』、 『 Death in Venice (ヴェニスに死す)』、『 Beethoven Project (ベートーヴェン・プロジェクト)』、 『 Illusions — like Swan Lake (幻想~「 白鳥の湖」 のように)』(配信順)。 同団公式ホームページ上のビデオ・オン・デマンドページ()にて見ることができる。 各作品2回の配信があり、1回の配信につき 48 時間限定で公開。 1 回目の配信後、 9 日後に2回目の配信が行われる(『マタイ受難曲』1回目の配信はすでに終了)。 配信にあたりノイマイヤーは公式ホームページ上で「私たちのバレエ映像の配信で、この世界的危機が終わることへの希望や期待感が生まれますように」とメッセージを寄せている。 ノイマイヤーは 1973 年以降 47 年にわたりカンパニーを率い、傘下のハンブルク・バレエスクール( 1978 年~)、ジュニア・カンパニーであるナショナル・ユース・バレエ( 2011 年~)も含め強大なバレエ王国を築いた。 ノイマイヤーは 1939 年、アメリカのウィスコンシン州ミルウォーキーに生まれた。 同地のマーケット大学で学び、イギリスのロイヤル・バレエスクール他でバレエに打ち込む。 シュツットガルト・バレエ団で踊ったのち、フランクフルト・バレエ芸術監督を経て、ハンブルク・バレエ団芸術監督になる。 シュツットガルト時代に『オネーギン』で知られるジョン・クランコのもとで振付を勉強し、フランクフルトで『ロミオとジュリエット』( 1971 年)などを創作して注目された。 その後はハンブルク・バレエ団を中心にバレエ史に残る名作を生んでいる。 作風は多彩で、『ロミオとジュリエット』や『人魚姫』(2005年)といったドラマティック・バレエ、『眠れる森の美女』(1978年)、『シルヴィア』(1997年)などの古典名作に独自の解釈を加えたもの、『マーラー交響曲第3番』(1975年)にはじまる大曲に挑んだ作品群、稀代の名ダンサーに焦点を当てた『ニジンスキー』(2000年)など幅広い。 日本では東京バレエ団が『月に寄せる七つの俳句』(1989年)、『時節の色』(2000年)を委嘱している。 ノイマイヤー作品は知性的かつ情熱を湛え、常に 新たな発見があるので見 飽きることがない。 巨匠一流の舞踊哲学により構築された世界を 観れば観るほど深みに引きずり込まれる。 ノイマイヤーは2015年、 長年の業績に対し 第31 回京都賞 思想・芸術部門を授与された。 近年も 創作意欲は衰えず、名花アリーナ・コジョカルを招いた『リリオムー回転木馬』( 2011年)、歴史的な女優バレリーナであるアレッサンドラ・フェリ主演の『ドゥーゼ』(2015年)などを連打。 手兵 と共に現代バレエの豊かな可能性を開拓し続ける稀有な存在だ。 Nijinsky - Ballet by John Neumeier ハンブルク・バレエ団の初来日は 1986 年。 以後 1989 年、 1994 年、 1997 年、 2005 年、 2009 年、 2016 年、 2018 年に日本公演を行った。 日本人では大植真太郎、服部有吉、大石裕香、有井舞耀らが活躍したが、昨年( 2019 年)、菅井円加が初めて最高位プリンシパルに昇格した。 菅井は 2012 年のローザンヌ国際バレエコンクールで第 1 位となり、ナショナル・ユース・バレエを経て 2014 年にハンブルク・バレエ団に入団。 強靭さとしなやかさを併せ持つ踊りが鮮烈で、2017年にノイマイヤーの『シンデレラ・ストーリー』(2002年)で全幕初主演を果たし、同年 に新制作されたヌレエフ版『ドン・キホーテ』でも主役のキトリ役を踊り初日を飾るなど飛躍している。 1)『マタイ受難曲』(1981年初演) 『マタイ受難曲』( 1981 年初演)は J. バッハの同題曲に振付された大作で、新約聖書に基づき祈りと高い精神性に満たされている。 配信映像( 2005 年収録)ではキリスト役をノイマイヤー自身が演じている。 ちなみに 1986 年の初来日時、被爆地である広島の公演で『マタイ受難曲』が上演され、ノイマイヤーがキリスト役を務めたことは語り草だ。 19 世紀のパリを舞台にマルグリットとアルマンの悲恋を描いた本作は世界各地の有力バレエ団のレパートリーに入っている。 デュマ・フィスの原作に基づくが、音楽はヴェルディのオペラではなくショパンの音楽を用いた。 全3幕それぞれに見せ場となるパ・ド・ドゥが配され、登場人物の心情が切実に胸に響く。 Die Kameliendame - Pas de deux - Ballett von John Neumeier 3)『ヴェニスに死す』(2003年初演) 『ヴェニスに死す』( 2003 年初演)はトーマス・マンの小説を基にしている。 マンの小説の「絶対的な愛の描写」に惹かれたノイマイヤーは、音楽に J. バッハとワーグナーを用い、主人公を原作の小説家から振付家へと変えた。 ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画(1971年)ではマーラーの音楽を用い、主人公はマーラーを思わせる作曲家である。 文学好きも、映画ファンもノイマイヤーのバレエが描く新たな『ヴェニスに死す』にご注目を( 2004 年収録)。 Death in Venice - A Dance of Death by John Neumeier 4)『ベートーヴェン・プロジェクト』(2018年初演) 『ベートーヴェン・プロジェクト』( 2018 年初演)は近作。 今年 2020 年に生誕 250 年を迎えた楽聖ベートーヴェンの「エロイカ変奏曲」などにのせて、ノイマイヤーはストーリーにとらわれず自由にステップを生み出していく。 前述した同団日本人ダンサー有井、菅井も初演キャストとしてクリエーションに参加している。 巨匠の現在を確認できるという意味でチェックしておきたい( 2019 年収録)。 なお2 021 年春に予定されているハンブルク・バレエ団日本公演において、本作が 3 月 28 日(日)、ロームシアター京都で上演される。

次の