トーマス ウェイン。 【ネタバレ】『ジョーカー』トーマス・ウェインの過去、ある事実が判明 ─ 俳優ブレット・カレン、語られざる裏設定を明かす

会計制度の実証的検証

トーマス ウェイン

この項目では、コミックのキャラクターについて説明しています。 その他の名称については「」をご覧ください。 バットマン 出版の情報 出版者 初登場 Detective Comics 27 5月 クリエイター (デベロッパー) ()(コンセプト) 作中の情報 本名 ブルース・ウェイン 所属チーム ウェイン・エンタープライズ バットマン・オブ・オール・ネイション パートナー ジェームズ・ゴードン 著名な別名 Matches Malone(マチス・マローン) Lefty Knox(レフティ・ノックス) Minuteman(ミニットマン) 能力• 天才レベルの知性• 限界まで鍛えた肉体および精神• 優れた• のエキスパート• ハイテク機器や武器を利用 バットマン( Batman)は、の出版する『』に登場する架空の。 と ()によって創造され、1939年に登場した。 「Dark Knight(闇の騎士)」「World's Greatest Detective(世界最高の探偵)」「Caped Crusader(ケープを纏った十字軍騎士)」などの異名を持つ。 やには「Pointy Ears(とんがり耳)」と呼ばれる。 1939年に『』で初登場してからすぐにバットマンは人気となり、1940年にはコミックブック『』が発刊された。 人気は1986年のの『』で最高潮に達する。 によるバットマンの実写映画は、キャラクターに対する国民の関心を維持することに役立っている。 アメリカのアイコンとして、バットマンはライセンスを取得し、世界中でさまざまな商品が販売されている。 テレビアニメやテレビゲームでは、、、がバットマンの声を担当した。 実写作品ではルイス・ウィルソン、ロバート・ロウリー、、、、、、によって演じられている。 創造 [ ] 影響 [ ] 1939年にナショナル・アライド(のちの)が発行した『』が人気となり、編集者は多くのスーパーヒーローを要求した。 ボブ・ケインがバットマンを設計した。 ビル・フィンガーは「ケインがバットマンと呼ばれるキャラクターのアイデアを持っていた」と語った。 フィンガーはブルース・ウェインの名前を考案し、とから取って名付けた。 ケインとフィンガーはバットマンの外見、性格、方法、および兵器の多くについてのインスピレーションを得るために、コミックストリップ、新聞に掲載された漫画など1930年代の大衆文化を参考にした。 バットマンは『(1903年、)』や『(1919年、)』のような二重のを持つ貴族の主人公のように、人前で馬鹿を演じることにより疑いを回避して英雄的行為を行う。 フィンガーはパルプのヒーローからインスピレーションを受け、、シャドウ、ディック・トレイシー、およびのような探偵のキャラクターにした。 権利 [ ] ボブ・ケインは報酬と引き換えにバットマンの所有権を得る契約をした。 ケインはすべてのバットマンのコミックで署名欄を作成し、ケインの名前は各話のタイトルページに必ず書かれていた。 1960年代にコミックブックから姿を消したあとは、各話の作家やアーティストに置き換えられた。 1970年代には他の作家もケインと同じ手法を取った。 しかし、ビル・フィンガーは同じ扱いを受けなかった。 1974年にフィンガーが死亡した時点では、DCはバットマンの共同製作者として報酬を受け取っていなかった。 2015年9月にDCエンターテイメントは、フィンガーがバットマンを創造した報酬を受け取ることを明らかにした。 フィンガーの遺族とDCは交渉し、『』と『』の第2シーズンの報酬を初めてバットマンの作成者として受け取った。 コミックブックには「ビルフィンガーとボブ・ケインによって作成されたバットマン」と表記された。 フィンガーは「バットマンはもともとパルプのスタイルで描いていた」と述べた。 同社の主要なスーパーヒーロー、バットマンとスーパーマンは同社の成功の礎であり 、業界で最も影響力のある出版社となった。 最初のバットマンの要素にいくつかを加え、バットマンの描写はより進化した。 ケインは、バットマンの下顎の輪郭をより顕著に描き、頭部の耳を長くした。 ケインは「約一年後、彼は完全な姿の、私の成熟したバットマンだった」と述べた。 フィンガーによって描かれたそれは、強盗に殺された両親の殺人を目撃した若いブルース・ウェインであることが示唆されている。 数日後、両親の墓石の前で子供が「私の両親の霊に掛けて、すべての犯罪者と戦争し、私の人生の残りをかけて彼らに復讐する」と誓う。 ケインは「フィンガーの提案によって導入された」と述べた。 1942年にはバットマンの背後にいるライターやアーティストがバットマンの神話の基本的な要素のほとんどを確立していた。 第二次世界大戦の次の年には、DCコミックスは「社会的な論評の陽気な少年ファンタジー」に賛成した。 このアプローチの影響で、1940年代の「荒涼と威嚇するような世界観」は消え去り、バットマンは明るくカラフルな「社会のために行動する立派な市民」として描かれるようになった。 人物 [ ] 本名は ブルース・ウェイン Bruce Wayne。 ゴッサム・シティの億万長者、慈善家、プレイボーイ、および「ウェイン・エンタープライズ」のオーナー。 幼いころに眼前で両親のトーマスとマーサを強盗に殺害され、以来のに育てられる。 表舞台では著名な慈善家として福祉や雇用拡大のために活動する一方で、裏では両親の命を奪った犯罪への復讐と恐怖からバットマンとして戦う。 自虐的・自嘲的かつストイックで、やや悲観的な現実主義者。 トラウマの原因は幼少期の事件による。 幼少期に洞窟で大量のコウモリに襲われた彼は、その後両親と観覧した演劇に登場したコウモリを怖がり、両親にせがんで劇場を途中退場した。 その直後に強盗に両親を目の前で射殺され、「自分があと少し恐怖に耐えてさえいれば両親は死ななかった」という悔恨の念を今も抱える。 ほとんどのスーパーヒーローと違って、バットマンはスーパーパワーを持っていない。 彼は知恵と努力、武術、科学技術、莫大な富、脅迫、そして不屈の意志を駆使する。 14歳から複数の大学で犯罪学・化学・法医学の知識を得るも、より実用的な技術を欲し世界各地を巡る。 ヘンリー・ドゥカードからは犯人捕捉法、キリギ率いる忍びたちから、アフリカの部族から狩猟技術、世界有数の暗殺者デビッド・カイン、ボクシング世界チャンピオンのテッド・グラントらから格闘技 、オリバー・クイーンことから 、の僧侶から地域伝来の治癒法、開業医から を教わる。 20歳でに入ろうとするも法律に沿った活動に限界を感じ、ゴッサム・シティに帰還する。 犯罪者に恐怖を与える「恐怖の象徴」が必要であると考え、彼自身の恐怖心の象徴でもあるを元にする バットマンというを作り、活動を始める。 大邸「ウェインマナー」の地下には洞窟があり、そこを秘密基地の バットケイブにしている。 事件が起こるとゴッサムの警察署に設置されたの バットシグナルが照射される。 バットマンは執事のアルフレッド、警察本部長の、相棒のというような様々な人間の支援を受けてゴッサム・シティで活躍している。 バットマンはさまざまな女性と恋愛関係を持つが、そのどれもが任務の一環や一時的なもので終わる。 しかし、とは長年にわたり仕事のパートナーとして、また男女の関係としての付き合いが続く。 "Batman 24"(2017年8月)でバットマンはキャットウーマンにプロポーズをする。 "Batman 32"(2017年12月)でふたたびバットマンが尋ねるとキャットウーマンは「イエス」と答える。 能力と技術 [ ] バットマンは固有の超人的な力を持っていない。 彼は自身の科学的知識、探偵のスキル、および競技的な腕前に依存している。 バットマンは世界で最も偉大な探偵の1人、もしくは世界最大の犯罪解決者とみなされている。 DCユニバースにおける最大の武術家の1人であり、天才レベルの知性を持ち人間の限界まで鍛えたフィジカルコンディショニングを有する者として記載されている。 博学であり、バットマンの知識は数え切れないほどの分野にわたり、DCユニバースの他のキャラクターでは並ぶ者はいないとされる。 バットマンは犯罪との闘いに必要なスキルを取得するため、世界を旅してきた。 バットマンは無尽蔵の富を使い高度な技術を探求でき、そして熟練した科学者としてそれらを修正して使用することができる。 バットマンはDCユニバースのなかで最高の白兵戦を行える者として、127種類以上のさまざまな武道の訓練を受けている。 テレパシーとマインドコントロールを物理的な苦痛で耐えることができる。 変装、多言語、スパイ活動、悪名高いギャングであるマチス・マローンののもとで情報収集する。 エクスポロジーを駆使することで、現れたり消えたり不可避の脱却をすることもできる。 バットマンの尋問は、建物の端で人を切るなど容疑者から情報を聞き出すために極端な方法を使用する。 彼の威圧的で恐ろしい外見は、多くの場合に容疑者から情報を取得する際に必要なものである。 バットマンの最も決定的な特徴にかかわらず、みずからの敵が彼を害する可能性を持つ者でも、自身の強い正義感から命を奪わない。 犯罪と戦うための修行のなかで、バットマンはさまざまなスキルを身に付けた。 これにより多くの機械を操作することができる。 いくつかの出版物では、魔術師の訓練を受ける。 テクノロジー [ ] 「 バットモービル」はこの項目へされています。 バンドについては「」をご覧ください。 バットスーツ バットマンのコスチュームは犯罪者を恐怖させるためにコウモリのイメージを内包している。 数十年間、様々なストーリー、メディア、アーティストの解釈を通してバットマンのコスチュームは変更されても、最も特徴的な要素は一貫性を維持している。 顔のほとんどを覆うカバーカウル、コウモリのような耳のペア、胸に様式化されたバットエンブレム、そして常に存在するユーティリティベルトである。 ケインとフィンガーは、もともと黒いマントとカウルとグレーのスーツを持つものとしてバットマンを創造したが、黒は着色される時の規則で青色で強調される。 したがって、コスチュームの色は濃いブルーとグレーで登場する。 の監督した『』および『』では、真ん中に黄色のバットエンブレムがあり、完全に黒として描かれている。 の監督した「」では、真ん中に黒いバットエンブレムがある完全に黒のハイテクギアとして描かれている。 が演じる「」では、灰色のスーツに黒いカウル、黒いケープ、黒いバットシンボルとコミックブックにより忠実なスーツを着ている。 バットスーツはとの特性を持ち、敵との戦闘を助け、重大な危機から身を守る。 初期のコスチュームでは手袋は無地の物を身に着けていたが、現在 [ ]の手袋は両腕の手甲部分に三枚の刃を備えている。 キャラクターの外観、とくにコウモリの耳とケープの長さはアーティストによって大きく異なる。 編集者のデニス・オニールは「我々には彼を同じにする必要性はありません。 バットマンのバットケイブには200ぐらいのスーツがぶら下がっていることでしょう」と述べた。 バットモービル 『』のバットモービル バットモービルは黒い車として描かれており、車体後部にはコウモリを示唆する特徴がある。 航空機のバットプレーン(のちのバットウイング)を使って呼び出すなど、さまざまな手段で輸送される。 バットマンの兵器には、バットを接頭辞にした名前が付けられている(バットラング、バットモービルなど)。 バットマン自身はバットを接頭辞にした名前を採用した可能性が低いことを示唆している。 『』でバットマンはキャリー・ケリーに、子供がバットマンの車をそう呼んだため、若い頃にバットモービルを思い付いたと語る。 テレビドラマの『 』では、使用された車はが1955年に発表したのをベースに製作されている。 テレビではキャットウーマンに乗られて持ち去られ、映画では変装したペンギンに盗ませジョーカー・リドラー・キャットウーマンの本拠地を探すために利用する。 2018年の映画『』にもこの車種が登場する。 の監督した『』および『』では、機関銃や爆弾を搭載している。 緊急時に側面部の外装を外すことでより変形して機動性を高めることができる。 駐車時は盗難防止のために装甲を展開する機能がある。 『』にもバートン版のバットマンとともに登場する。 の監督した『』および『』では、スケルトンデザインを使い、生物的なボディになっている。 車体後部にはコウモリのウィングデザインが用いられている。 『』では『』のものよりフロントと後部のウイングが長くなり大型になっている。 の監督した『』では、との組み合わせで作られた。 別称「タンブラー()」。 の監督した『』では、やを意識してデザインされ、によるの効率化も特徴となっている。 ユーティリティベルト ユーティリティベルトには犯罪と戦うツール、武器、調査機器などを携帯している。 ベルトの異なるバージョンでは、ポーチやハードシリンダーとしてこれらのアイテムを携帯している。 バットマンは携帯された グラップネル・ガンを発射して空を飛ぶように描かれている。 これはアンカーの付いたワイヤーを射出して、遠くの物体に取り付け、ワイヤーを巻き取る事での屋上をスイングする。 はバットマンの両親の殺人事件で使用されたため、使うことを拒んでいる。 1960年代のテレビドラマではバットマンがめったに使わない武器が描かれている。 例を挙げれば、バットコンピューター、バットスキャナー、バットレーダー 、バットカフス、バットポンツーン、バットドリンキングウォーターディスペンサー、バットカメラとバット偏光フィルター、 バットサメ除けバットスプレー、バットロープなど。 バットシグナル バットマンが必要になると、ゴッサムの警察署に設置されたサーチライトが照射され、夜空に輝くバットシンボルが作られる。 バットケイブ 地下洞窟に作られたバットマンの秘密基地。 これはローカルとグローバルの両方の監視のために彼のコマンドセンターとして機能するだけでなく、犯罪との戦いのためにバットマンの車や機器を収容する。 また、バットマンの記念品のための倉庫として使われる。 『 Batman: Shadow of the Bat issue 45 』や『』、『』では洞窟は地下鉄道の一部だったと言われている。 ほかにもの地下やにもバットケイブを作っている。 出典 [ ]• Batman 242 June 1972• Detective Comics 846 Sept. 2008• 1 July 2000• Hollywood Reporter. 2015年9月21日閲覧。 2015年10月21日閲覧。 Fleisher, Michael L. The Encyclopedia of Comic Book Heroes Volume 1 Batman Collier Books 1976 p. London. 2008年7月22日. の2008年7月29日時点におけるアーカイブ。 IGN Entertainment. 2014年2月20日時点のよりアーカイブ。 2011年5月27日閲覧。 Batman: The Complete History. Chronicle Books, 1999. , p. Daniels, Les. DC Comics: A Celebration of the World's Favorite Comic Book Heroes. Wright, Bradford W. Comic Book Nation. Baltimore: Johns Hopkins, 2001. , p. w , p , i. "The Batman and How He Came to Be" Detective Comics 33 1—2 1939年11月 ,• Nov. 1939 , 2010年1月18日 -• John Jefferson Darowski, " 2008年4月21日 - " December 2007. Retrieved March 20, 2008. on March 20, 2008. , p. 36 [ ]• Boichel, p. , p. Robin Vol. 4 31、Detective Comics 734• Robin Vol 4 70• Batman: The Ultimate Guide to the Dark Knight, 2nd edition, 2005, DK Publishing• Mike Conray, 500 Great Comicbook Action Heroes. Mike Conray, 500 Great Comicbook Action Heroes. Greenberger, Robert 2008. The Essential Batman Encyclopedia. Del Rey Books. Greenberger, Robert 2008. The Essential Batman Encyclopedia. Del Rey Books. w , p. "War of the Worlds" JLA 3 1997年3月 ,• w , and Jack Herbert p. "Superman: Doomed" Superman 31 2014年7月 ,• Daniels 1999 , p. Daniels 1999 , pp. 159—60. 2015年11月18日. Superman vol. 4 5.

次の

バットマン (架空の人物)

トーマス ウェイン

トッド・フィリップス監督の『ジョーカー』に関する大きな謎の1つは、母親のペニー・フレックが言っているように、アーサー・フレックが本当にトーマス・ウェインの息子なのかどうかということだ。 ウェイン本人もアルフレッド・ペニーワースもこれを否定し、ペニーが妄想に取りつかれていると話している。 実際、ペニーは精神病院のアーカム・アサイラムに収容された。 しかし、ウェインを演じるブレット・カレンは彼らの主張に異議を唱える。 「私の考えでは、トーマス・ウェインが意図的に彼女をそこ(アーカム・アサイラム)に送り込んだのだと思います」とカレンは語っている。 ペニー・フレックは映画のスタート時点まで、ウェイン家に30年も前から仕えていた。 アーサーはペニーがウェイン家で働いていた時期に自分を養子にしたと聞いている。 ペニーはアーサーに対して、彼女とトーマスが不倫関係にあり、アーサーがトーマスの息子で、そのため彼女がひたすらトーマス宛ての手紙を書いて、自分とアーサーを経済的困窮から救い出すよう求めていると話している。 ペニーはまた、真相を口外しないよう、いくつかの書類にサインさせられたと語っている。 映画の終盤にアーサーが見た若い頃の母親の写真の裏側には「Love your smile -- TW(君の笑顔が大好きだ -- TW)」という文字が書かれている。 このメッセージはトーマスとペニーの関係を証明しているようにも思えるが、ジョーカー本人の信頼性のなさ、そして彼がよく空想の世界に浸ることを考えると、それが単なる彼の幻想だという可能性もある。 英語の聞き取りに自信のある読者は、『ジョーカー』のエンディングに関する仮説を解説する下の動画を観てみよう。 とのインタビューの中で、ブレット・カレンは自分のトーマス・ウェインに対する理解を語った。 「ほかの映画では、彼は常にとても優しく、非常に成功した人物として描かれますが、必ず死んでしまいます」とカレンは笑いながら話す。 「この映画はトーマス・ウェインというキャラクターをより深く掘り下げています。 それらは美しいことばかりとは限らず、時には残酷な所業もあります。 この考えは彼に鋭い印象を与えていると思います。 彼に対する描写は、かなり現実に基づいているのです」 カレンは脚本で予期せぬ展開を読んだときに驚いたと話し、トッド・フィリップス監督がトーマス・ウェインの秘密を、ジョーカーがバットマンの最大の敵になった重要なきっかけだと考えていることも明らかにした。 ビックリしたカレンは、監督のところに行って、その真意について確認したという。 「トッドはこう返事しました。 『ジョーカーがバットマンをこれほどまでに憎むことに対する説得力のある理由は何なのか? ジョーカーが実はウェイン家から何も得られていない非嫡出の子だというアイデアは、彼の憎悪を説明する非常に有力な動機づけだ』と」 カレンはまた、「この映画は母親を相手に苦労するアーサーへの共感を呼び起こします。 その母親は『トーマス・ウェインに会いに行きなさい。 彼は私たちを助けてくれるわ』とばかり言います。 これは心が張り裂けそうなつらいストーリーです」と付け加える。 本作でブルース・ウェインを演じる子役のダンテ・ペレイラ=オルソンが、別の映画『ビューティフル・デイ』でホアキン・フェニックスのキャラクター(ジョー)の少年時代を演じていることも特筆に値する。 トッド・フィリップスはこの事実を知った上で、アーサーとブルースの類似点を考えて、意図的に彼をブルース役にキャスティングしたのだろうか? いつか判明するかもしれないが、もし本当にそうだとしたら、アーサーとブルースが腹違いの兄弟だという仮説の信憑性はさらに高まるに違いないだろう。 『ジョーカー』については、や、、、などもチェックしよう。 IGN JAPANはこの注目作に関する多くのコンテンツを掲載しているので、ぜひチェックしてほしい。

次の

トーマス・ウェイン版バットマンの登場はやっぱりなし? - マイケル・キートンに変更か

トーマス ウェイン

殺人博物館〜ヘンリー・ウェインライト ヘンリー・ウェインライト Henry Wainwright (イギリス) ヘンリー・ウェインライト 男はいつの時代でも羽振りがよくなると二号を囲いたがるものだ。 「女優を二号にしたのではない。 二号を女優にしたのだ」 これは新東宝社長、大蔵貢の名言だが、 ヘンリー・ウェインライトには彼ほどの器量はなかった。 経営するホワイトチャペルのブラシ工場が倒産寸前だったからだ。 まあ、新東宝もほどなく倒産するんだけどね。 ブラシ工場を経営していたウェインライトが帽子屋の店員 ハリエット・レーンを二号にしたのは1871年のことである。 彼女はやがてポンポコリンと2人の子供をひり出すも、その頃には旦那の事業は左前になっていた。 「月々の手当てを減額させてはくれないか」 「あらイヤだ。 この物価高のご時世に、これっぱかりのお手当てでどうやって暮らせとおっしゃるの?」 どうにか家賃の安いアパートに引っ越すことを納得させたが、ウェインライトはもうハリエットが邪魔でしょうがなかった。 男とは誠に身勝手な生き物である。 或る日を境にハリエットの姿がパッタリと見えなくなった。 2人の子供を預かっている友人がウェインライトに問いただすと、ブライトンに保養に出掛けたという。 ああ? 子供たちをあたいに預けて、てめえは保養とな? やがて友人のもとにエドワード・フリークなる人物から手紙が届いた。 ハリエットと結婚し、パリで暮らすつもりだという。 ああ? 子供たちをあたいに預けて、てめえはボンジュールとな? 一方、いよいよ事業を畳まなければならなくなったウェインライトは、使用人のじいさん、アルフレッド・ストークスに倉庫から2つの手荷物を運び出させた。 重い上にひどく臭い。 「いったい何ですか、これ」 「つべこべ云わずに黙って運べ」 「へいへい。 まったく人使いの荒いことで」 「何か云ったか?」 「いいえ、なんにも」 「じゃあ、俺は馬車を呼んで来るから、お前はここで待ってろ」 臭い荷物と一緒に立ちん坊。 バカらしくなってきたなあ。 給金だって滞ってるてえのに。 しかし、臭いなあ。 いったい何なんだい、これ。 じいさんは好奇心から荷物の中身を覗いてみた。 その場でへなへなと腰を抜かした。 腐乱した女の首と眼が合ってしまったのだ。 そこにウェインライトが戻って来た。 じいさんは必死で平静を装い、荷物を馬車に詰め込んだ。 「お前はもう仕事に戻っていいぞ。 ほら、これはお駄賃だ」 「へい、ありがとうございます」 じいさんは仕事に戻ると見せかけて、こっそり馬車を尾行した。 そして、社長の弟 トーマスの家の前で停まるのを確認、その足で警察に駆け込んだ。 じいさん、グッジョブ。 駆けつけた警官にウェインライトは、 「このまま立ち去って、すべて忘れてくれるなら100ポンド提供しよう」 などと買収を持ちかけたというから、さすが社長。 この申し出はあっさりと断られてお縄になったウェインライトは、ハリエットを殺害し、倉庫の床下に埋めたことを認めた。 それをわざわざ掘り起こし、処分しやすいようにバラバラにしたのは、事業を畳まなければならなくなったからだ。 そのために発覚したわけだが、倉庫付近では以前から住人たちが悪臭の苦情を訴えていた。 発覚は時間の問題だったのだ。 1875年11月、有罪を評決されたウェインライトは死刑を宣告された。 絞首台に上がる際、見物に来た群集に向って、 「人が死ぬのをわざわざ見に来たってか? この野良犬どもが!」 などと毒づいたと伝えられている。 なお、弟のトーマスは事後従犯として7年の刑に処された。 参考文献 『殺人紳士録』J・H・H・ゴート&ロビン・オーデル著(中央アート出版社) 『世界犯罪クロニクル』マーティン・ファイドー著(ワールドフォトプレス).

次の