豚かたまり肉 レシピ。 豚の角煮 by石原洋子さんの料理レシピ

豚の角煮 by石原洋子さんの料理レシピ

豚かたまり肉 レシピ

豚ばら肉(かたまり) 600g• 水(下ゆで用) 2カップ(400cc)• 調味料• みりん 大さじ 1• 醤油 大さじ 2• きぬさや(ゆでたもの) 適量• からし 適量• 活力なべに、豚バラブロック肉・酒・水を入れて、蓋をして火にかけます。 肉がかぶるくらいの水分のなかでゆでると、豚肉がしっとりとします。 ゼロオモリをセットし、強火で加熱する。 沸とうしてオモリが振れはじめたら、弱火にして20分加熱。 火を止めて余熱調理。 ゆで水につけたまま、30分以上置く。 (長く置くほど、肉の間に水分を含み、しっとりとしてきます。 )一晩置く場合は、夏場は冷蔵庫に入れてください。 時間に余裕がある場合は、一晩置くことをおすすめします!普通のなべなら、2~3時間かかる豚肉の下ゆでが、ゼロ活力なべなら驚くほど短時間ですみます。 (3)の肉をもどし、調味料を入れて蓋を開けたまま弱火で煮つめる。 器に盛り付け、きぬさやとからしを添える。 肉の下ゆでのゆで汁は冷蔵庫で冷やすと、表面に脂分(ラード)が固まります。 ラードは水分を切って、炒め物などに利用できます。 また、ゆで汁は味をととのえて、中華スープやラーメンのだしに利用できます。 お客様の声.

次の

低温調理器『豚の角煮』肉汁逃がさずとろける柔らかさの簡単レシピ

豚かたまり肉 レシピ

豚バラ肉の色が変わってほぼ火が通れば 塩ひとつまみとこしょう少々(各分量外)を加えて下味をつけます。 続けて大根を加え、中火のまま1分ほど大根と豚バラ肉を炒め合わせます。 だし汁400mlをそそぎ入れ、沸いてきたら軽くアクをすくい取ります。 レシピ下の補足に各種だし汁に関してのリンクを貼っています。 ここからは 落し蓋をして中で煮汁を対流させながら15分煮ます。 弱火ではなく弱めの中火くらいの火加減で煮ます。 砂糖を入れたら5分煮るのですが、竹串を大きめの大根に刺してみてすっと刺されば落とし蓋を外して5分煮ていきます。 続けて 醤油大さじ2を加え、同じく煮汁をまわしかけるなどして溶かし混ぜます。 この段階で煮汁が半分以下になっているのですが、ここから煮汁がさらに少なくなるまで 5~7分ほど煮詰めます。 煮汁が少ないので 途中3~4度くらいフライパンをふるか箸で大根の上下を返すなどして、煮汁のしみ込みを均一にするとよいです。 煮汁がフライパンの底に少し残って、大根や豚肉にしっかり煮汁がからむくらいになれば完成です。 器に盛って好みで粗びき黒胡椒などを散らしていただきましょう!• 豚バラ肉は脂と赤身のバランスの良いものがおすすめで、薄切りでも薄すぎるものよりかは、少しだけ厚みのあるものが(個人的には)作りやすく美味しいと思います。 だし汁は、、、など、調理時間や材料に合わせて参考に(煮干しも水出しならクセが出にくいので豚バラ大根に使えます)。 より時短したい場合は、大根の厚みを1.

次の

ポトフ|レシピ|ゆとりの空間

豚かたまり肉 レシピ

新しい商品がどんどん登場するので、知識が追い付かないって感じですが…。 も流行の調理家電をゲットしたので、早速使ってみました! 話題の 低温調理器 『デリシェフ(delichef)』 最新のものは、「使い方むずかしいのかなぁ~?」とか思ってしまいますが…。 意外と簡単でした。 1回で食べきる場合は、2(しょうゆ・酒・みりん):1(砂糖)の割合で味付けして下さい。 【デリシェフ】豚かたまり肉のチャーシューの作り方 デリシェフを準備する STEP 鍋や、耐熱用のポリ容器などに デリシェフをしっかりと固定します。 容器の中に水道から出るぬるめのお湯を入れ、デリシェフのスイッチオン! 温度と加熱時間を設定しスタートさせます。 設定温度になったら「ピッピッ」とお知らせ合図がなるので、その間に食材を準備します。 水から沸かすと設定温度になるまでに時間がかかってしまうので、人肌程度のお湯からスタートすることをオススメします! チャーシューダレを作る STEP しょうがは皮をむき薄切りにします。 しょう油・酒・みりん・砂糖を計量し、小鍋に入れます。 チャーシュー用の豚かたまり肉 写真左側が豚肩ロース肉のかたまり。 右側が豚もも肉のかたまりです。 豚かたまり肉の大きさ程度の長ネギ(青い部分)を2本用意します。 チャーシューダレを煮立たせる STEP• 小鍋に入れた調味料にしょうがの薄切りを入れて沸騰させてアルコールを飛ばします• 煮立ったら、火を止めてチャーシューダレを冷まします• 密封できるポリ袋に、豚かたまり肉と長ネギを1個づつ入れます• チャーシューダレを2等分にしてそれぞれの袋の中に入れます• 袋の中に出来るだけ空気が残らないように、空気を抜きながら袋の口を閉めます 「デリシェフ」チャーシューを低温調理 STEP 密封したチャーシューを デリシェフをセットしたポリ容器の中に入れて低温調理開始! タイマーをセットしてあるので、この状態で低温調理完了のタイマーがなるまで放置します。 密封袋の空気をしっかり抜いておかないと具材が浮いてきてしまいます! ちゃんと食材が沈んでいる事の確認を忘れずに!!! チャーシューに焼き色を付ける STEP デリシェフのタイマーが鳴って低温調理が完了したら、チャーシューを取り出し、少量のサラダ油をひいたフライパンでチャーシューを転がしながら全面に焼き色を付けます。 チャーシューを切り分ける STEP 焼き色がついたら、食べやすい大きさにチャーシューを切り分けます。 左側が豚肩ロース肉、右側が豚もも肉のチャーシューです。 しっかり低温調理されているので、かたまり肉はしっとりとしていて弾力がありました。 チャーシューダレを煮詰める STEP 密封袋に入っていた煮汁を裏ごししてフライパンに出します。 中火で煮たたせて、半量程度になるまで煮詰めてチャーシューダレの完成。 チャーシューを盛り付ける お皿にキャベツの千切りなどの野菜を盛り付け、切り分けた2種類のチャーシューを盛り付けます。 上から煮詰めたチャーシューダレをたっぷりとかけたら完成 豚かたまり肉のチャーシューにかかったお値段は? 『豚かたまり肉のやわらかチャーシュー』 1本にかかったお値段は・・・ 800円くらいかなぁ~ 最新調理家電『デリシェフ(delichef)』低温調理器 大きくて厚みのあるかたまり肉の調理は難しいですよね! フライパンで調理すると、お肉が縮んでしまい加熱にムラが出て、色・固さ・食感が場所によって違ってしまいますし・・・。 でも、そんな時にオススメの 低温調理器 「デリシェフ(delichef)」で調理をすると全体ムラなく加熱され、大きな塊肉もふっくらジューシーな食感に仕上がるんです! 「デリシェフ(delichef)」はお肉が固くなりにくい低温で加熱をする低温調理で、肉汁・旨みあふれるレアな食感をお家でも楽しめちゃうの。 低温調理は、たんぱく質が凝固する温度以下でじっくり加熱するので、肉が縮みにくく、肉汁などの風味や旨みをたっぷり残すことができるんです。 想像以上に柔らかく仕上がったチャーシューにホント感激しました。 脂身のほとんど無い豚もも肉も、驚きのやわらかさ! これなら、鶏ムネ肉を使ったダイエット料理も美味しく作れちゃうなぁ~って期待大! 料理を作った感想&まとめ 調理時間は7時間と、かなりの時間がかかってしまいました。 でも!お昼ご飯の片付けが終わってからタイマーをセットすれば、夕食の時間に合わせて出来上がってくれるんですよね! 初めは、使い方面倒かなぁ~って思ってしまったケド・・・ 低温調理でじっくりとお肉の中に火を通してくれる。 火を使ってるわけではないので、見張ってる必要が無いのも安心でした。 今回は、初めての調理なのに欲張って2種類の豚かたまり肉を使っての チャーシュー作り。 部位によってどのくらい食感に違いが出るのか比べてみたかったんです。 豚もも肉は脂身がほとんど無かったので、固くなってしまうだろうなぁ~と覚悟してたんですけど… 驚きの低温調理効果で しっとりとジューシーな食感に仕上がりました!!! 豚肩ロース肉の方も負けじと しっとりとジューシーな食感。 低温でじっくりと全体がムラなく加熱されているので、かたまり肉が縮むことなくふっくらしてるんです。 冷やし中華やラーメンのトッピングとしても使えるし、このチャーシューを使って、チャーハンを作ったら美味しくなりそうな予感だわ。 調理時間を考えると、2本まとめて作ったほうが省エネな感じがしてしまう貧乏性な私。

次の