エクセル シートコピー ショートカット。 エクセルシートをショートカットで別ファイルにコピーする!

Excelでデータの一番下まで一気にコピーしたい! 列・行・表のコピー方法

エクセル シートコピー ショートカット

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。 別々のブックにあるワークシートを1つのブックにまとめる場合、シートコピーを使えば簡単です。 シートがほかのシートを参照しているときは、参照先シートもいっしょにコピーするとほかの場所に移してもエラーが出ません。 シートコピーで新しいブックにシートをコピーする シートを新しいブックにコピーするには、シートコピーを使います。 複数のシートを選択してコピーすることも可能です。 新しいブックは、名前を付けて保存しましょう。 このあとは、この新たに作成したブックを「移動先ブック名」で指定して必要なシートをコピーしていけば、簡単に資料をまとめることができます。 また、コピーするシートがほかのシートを参照しているときは、参照先シートもいっしょにコピーすれば参照関係もコピーされます。 参照先シートがないためエラーが出る場合 参照先シートを新しいブックにコピーしない場合、このブックをほかの場所やパソコンに移すと参照先がないためエラーが出てしまいます。 シートコピーしたあと、値コピーで計算結果のみのシートに変えるとエラーを解除できます。 「既にデータがありますが、置き換えますか?」画面が表示されたら、「はい」]ボタンをクリックします 計算結果がコピーされます。 シートのまとめワザ、いかがですか。 シート間で参照している場合は、値コピーを使うのがポイントです。 お試しください。

次の

Excelショートカットキー53選【仕事が早い人は使っている】

エクセル シートコピー ショートカット

シートのコピー シートを別のブックに、または同じブックにショートカットキーを使って、一瞬でコピーする方法があります。 ブック間のシートのコピー ブックのシートを、ショートカットを使って 別ファイルに一瞬でコピーしましょう。 1.2つのブックは、ショートカットでコピーできるように「整列」で上下に並べて表示させておきましょう。 「上下に並べて表示」にチェックマークを入れ、「OK」ボタンをクリックすると、2つのファイルが上下に並びます。 3.「Ctrl」キーを押しながら、別のブックにコピーするシートのタブをクリックすると、マークが出ます。 そのマークを確認して、そのままコピーするファイルにドラッグします。 4.シートがコピーされました! 同じブック内のシートのコピー 同じブックに、ショートカットを使って、シートを一瞬でコピーしましょう。 1.「Ctrl」キーを押しながら、コピーするシートのタブをクリックすると、マークが出ます。 そのマークを確認して、そのままコピーさせたい位置までドラッグします。 ここでは「シートのコピー」を「Sheet1」の次にコピーしましょう。 2.シートがコピーできました!シート名は「シートのコピー 2 」となります。 シートのコピーと移動 エクセルシートを、ショートカットで別ファイルにコピーする方法を紹介しましたが、別ファイルにコピーする方法は他にもあります。 「シートの移動またはコピー」ダイアログボックスから、シートのコピーする方法です。 もちろん移動もできますが、コピーと同様にファイルを移動させるには、ショートカットキーでを使うと一瞬でできます。 別ファイルにコピーする時と同じように操作は簡単です。 こちらの記事もご覧ください。

次の

Excelショートカットキー53選【仕事が早い人は使っている】

エクセル シートコピー ショートカット

エクセルシートコピーの基本手順 まずはエクセルでシートをコピーするための基本手順を見てみましょう。 エクセル画面下部で現在選択中のsheet名が表示されたタブにポインタを当て、右クリックします。 表示されたメニューの中から、「移動またはコピー」を選択します。 ダイアログボックスで、コピーしたシートを挿入したい場所を選択します。 今回はsheet2の後、一番後ろに挿入したいので「末尾へ移動」を選択します。 次に「コピーを作成する」にチェックを入れます(このチェックがないとシートはコピーされず、sheet1が末尾へ移動しただけになってしまいます)。 あとはOKをクリックすれば、コピーされたシートがsheet1 2 として作成・挿入されます。 シートコピーのショートカットキー シートを簡単にコピーしたいときはショートカットキーを使うと便利です。 方法は簡単です。 まずコピーしたいシートをクリックします。 次にCtrlキーを押しながら、コピーしたい位置までドラッグします。 別ファイル(別ブック)にコピーする 次に同じエクセルファイルの中ではなく、別のエクセルファイルにシートをコピーする方法についてみてみましょう。 「コピー元」というタイトルのファイルと、「コピー先」というタイトルのファイルがあるとします。 「コピー元」のシートsheet1を「コピー先」にコピーしてみましょう。 まずは基本操作で見たように、sheet1タブを右クリックし「移動またはコピー」を選択します。 表示されるダイアログボックスの「移動先ブック名」のボックスをクリックし、「コピー先. xlsx」を選びます。 そのため、ダイアログボックスには「移動先のブック」というタイトルがついているのです。 これは「移動先のファイル」と読み替えて構いません。 「コピーを作成する」にチェックを入れてOKを選択すると、「コピー先」ファイルにsheet1のコピーが作成されます。 このような手順をとれば複数ファイル間でシートをコピーすることができます。 複数シートのコピーを作成するには 複数シートをコピーするのも基本的には同じ手順です。 まず、コピーしたいシートを複数枚ShiftもしくはCtrlキーを押しながら選択します。 その後、右クリックし、「移動またはコピー」を選択します。 コピーしたシートを挿入したい場所を選択し、「コピーを作成する」にチェックを入れてOKをクリックします。 例ではsheet1とsheet2がsheet1 2 、sheet2 2 という名前で同時にコピーできています。 エラーが出てシートのコピーができないときは 便利なシートのコピーですが、エラーが出てうまくコピーできない場合があります。 その対処方法を見てみましょう。 この原因はセル範囲につけた名前が無効になっていることです。 通常セル範囲の名前はA1:B3など決まっているのですが、数式バーの左のボックスを使えばセル範囲に自分の好きな名前を付けることができます。 例えば、A2のセルを選択して、ボックスに「氏名」という名前を入力します。 別のセルに「=名前」と入れることで、A2の内容をそのまま反映させることができるのです。 しかし、この状態でA2の「氏名」セルを削除してしまうと、F2ではセルの参照先を失った状態になってしまいます。 つまりこのシートにはエラーが存在することになります。 解決方法は、使わなくなってしまったセルの名前を消すことです。 「数式」タブの「名前の管理」を選択し、定義されている名前の一覧を表示します。 一覧が表示されたら、使わなくなっている不要な名前を削除しましょう。 「排他モードで開いてください」と表示される シートをコピーしようとしたら、「このコマンドは、共有ファイルで実行することはできません。 排他モードで開いてください。 」と表示されることがあります。 これはエクセルファイルを共有モードで編集している場合に出るエラーです。 共有モードでは他の人と一緒に1つのファイルを編集できますが、一方でシートのコピー等の機能は制限されているのです。 設定を共有モードから排他モード(1人だけが編集可能な状態)に切り替えれば解決します。 「校閲」タブの中から、「ブックの共有を解除」をクリックすれば、「排他モード」に切り替わり、コピーができるようになります。 「シートを移動先またはコピー先のブックに挿入できません」と表示される シートを別のファイルにコピーしようとしたとき、 「移動先またはコピー先のブックの行列数が元のブックの行列数よりも少ないため、シートを移動先またはコピー先のブックに挿入できません」 と表示されることがあります。 このメッセージは最新のExcelブック形式である. xlsxファイルから旧式のエクセルブック形式xlsファイルにコピーを行おうとするときに表示されます。 実は最新のxlsxファイルに比べ、旧式のxlsファイルでは行数、列数ともに非常に少ないのです。 コピー元のxlsxファイルのシートに入力されているデータの量がxlsファイルのシートに収まらないため、エラーが出てしまうというわけです。 またExcel2019ではコピー自体は可能ですが、保存を使用としたときに以下のようなメッセージが現れてそのまま保存ができないことを教えてくれます。 解決方法は簡単です。 コピー先であるxlsファイルを「名前を付けて保存」し、保存画面で最新のxlsx形式を指定します。 これでコピー先も最新のファイル形式になり、シートのコピーが可能になります。 エクセルのシートコピー機能を使えば、最初に作ったひな型をどんどん増やすことができるので非常に便利です。 ショートカットキーを使えば、コピーは一瞬で終わります。 使いこなして事務作業を効率化しましょう。 動画の解説 シートのコピー具体的操作方法 その1 【1】シートのコピーの仕方 「シート名」部分を右クリックします。 【2】「シートの移動またはコピー」の設定の仕方 「シートの移動またはコピー」の設定画面の「挿入先」下の「11月」を選択します。 設定画面下に表示されています。 エクセルのシート名を見ると「11月」のシートの同じ内容のシートがコピーされて表示されていますので確認してみてください。 エクセルのシート名を見ると「11月」のシートの同じ内容のシートが移動した場所にコピーされて表示されていますので確認してみてください。 エクセルのシート名を見るとシートの移動した場所に表示されていますので確認してみてください。 分かりやすい動画解説 その2.

次の