天然 痘。 天然痘について

天然痘で滅亡した国家は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

天然 痘

感染症の歴史・日本の場合・・・「天然痘」• ( — )(開祖)• ( — 737年)(開祖)• ( — 737年)(開祖)• ( — 737年)(開祖) この4人とも737年に死亡しています。 死因は 天然痘 といわれています。 奈良時代天平の頃に天然痘が大流行しました。 この時代といえば、聖武天皇と光明皇后で有名ですね。 日本史に欠かせない『藤原氏』はこの後しばらく歴史の舞台から消えることになります。 四兄弟の死後政権を握ったのは 橘諸兄で光明皇后の異父兄です。 藤原四兄弟は光明皇后にとっては異母兄弟でした。 つまりの四兄弟も光明子も藤原不比等の子供だったのですね。 橘諸兄の父は『美努王』で皇族(敏達天皇の後衛です)だったのですが、臣籍降下して橘姓となりました。 橘諸兄は、天然痘によって上位の貴族が亡くなって政権を握り、聖武天皇を補佐しました。 聖武天皇の娘、孝謙天皇が即位すると、寵臣藤原仲麻呂が勢力を強め、諸兄の息子の「謀反説」などが出ましたが、諸兄は争わずに辞職しました。 そもそも「天然痘」とは? 日本では「疫病」についての記録を残すことになっていて、その記録は『続日本紀』にあって、流行した疫病が「天然痘」である、とされています。 当時は「痘瘡(もがさ)」と呼ばれていました。 それは、735年(天平7年)、大宰府・九州北部で発生したと記録されている。 流行の感染源となったのは「野蛮人の船」から疫病を移された1人の漁師という説もありますが、「遣唐使」「遣新羅使」という説もあります。 「遣新羅使」が派遣された時、その一行が九州を経由し、平城京に帰還したので、天然痘は日本全国に、身分を問わずに広まって多くの犠牲者を出したのです。 天然痘の流行は735年から737年に及び、犠牲者は100万人から150万人に及んだとされています。 天然痘は10日程度の潜伏期間ののちに発症し、悪寒、発熱、頭痛といった症状から始まります。 やがて顔や手足を中心に発疹ができ、化膿してかさぶたとなります。 かさぶたが落ちた後も「あばた」が残りました。 発疹は体の表面だけでなく内臓にもできるので、最悪の場合呼吸困難に至りました。 日本では「天然痘」は伝染病として恐れられながらも定着し、この時ほどのパニックにはならなくなりました。 (1977年ソマリアでの発生を最後に人から人への感染例は無く、1980 年5月WHO は天然痘の世界根絶宣言を行いました。 当時、災害や疫病などの異変は為政者の資質によって引き起こされると見なす風潮があり、天然痘の流行に個人的な責任を感じた 聖武天皇は仏教に帰依して東大寺や奈良の大仏の建造を命じたほか、日本各地に国分寺を建立しました。 大仏を鋳造する費用だけでも、国の財政を破綻させかねないほど巨額であったと言われています。 この天然痘はその後も何度も流行し、多くの死者や失明者を出し、顔にあばたを残す人も多かったのです。 (伊達政宗の右目失明、豊臣秀吉や吉田松陰は顔にあばた、など) 「種痘」という予防法が確立し、天然痘は根絶しましたが、 天然痘は、人間に感染する感染症で人類が根絶できた唯一の例である ことを忘れてはなりません。 現在でもワクチンは各国で備蓄されています。 (テロ対策のため、とか・・・) 非常に危険なウィルスとして、天然痘ウイルスの他、エボラウイルスなどの出血熱ウイルス、ペスト菌、炭疽菌、ポツリヌス菌、などが今も指定されています。 人類はまだまだ多くの未知のウィルスとの闘いを続けなければならないでしょう。

次の

天然痘について

天然 痘

概要 [ ] 天然痘ウイルスは煉瓦形のを持ち、大きさは長径302nmから350nm、短径244nmから270nmである。 典型的なウイルスの大きさは50nmから100nmであり、ウイルスとしては巨大な部類である。 カプシドの中には線形2本鎖のを持ち、サイズは18万5578であり、187個のをコードしている。 天然痘ウイルスと Cowpox virus 、 Vaccinia virus は非常に遺伝子が似ており、実際、初期の天然痘ワクチンは牛痘ウイルス(ワクチニアウイルス説あり )から開発されている。 この三者はから分岐進化した可能性がある。 天然痘ウイルスは乾燥や低温に強く、エーテルに対して耐性を持つ。 対して、、には弱く、容易に不活化する。 感染と症状 [ ] 「」も参照 天然痘ウイルスはオルソポックウイルス属の他の種である牛痘ウイルス、ワクチニアウイルス、 Monkeypox virus とは異なりではなく、天然痘ウイルスは唯一にのみ感染する。 昆虫や動物による媒介や無症候性キャリアは知られていない。 他のポックスウイルス科ウイルスと同様に、DNAウイルスとしては珍しく、ではなくで増殖し 、他のには見られないを合成する。 最も重要なのはDNA依存性RNAポリメラーゼである。 臨床的には、天然痘ウイルスは Variola major と Variola minor の2つのタイプに分けられる。 2つのタイプは増殖温度を除きウイルス学的性状は区別できない。 major は18万6103塩基対のゲノムと187個の遺伝子を持ち、minor は18万6986塩基対のゲノムと206個の遺伝子を持っている。 20世紀の間に天然痘によって3億人から5億人が死亡したといわれている。 天然痘ウイルスは感染力が非常に強いことで知られている。 感染は主に飛沫感染によるものである。 感染者からの飛沫や体液が口、鼻、咽頭粘膜に入ることで感染する。 通常は約1. 8m以内の範囲で感染する。 また、感染者によって汚染されたもの、例えば布団や衣類などに触れても感染する。 まれに建物やバスのような密閉空間で空気感染する場合もある。 胎盤を通しての先天性天然痘はありうるが比較的まれである。 小児には吐気・嘔吐、意識障害が見られる場合がある。 また、病名の由来である発疹は(pox はの spotted(斑点)に由来する )顔や頭部に多く発生するが、全身に発生する。 初期には口の中に発生し、この時に伝染力が最も高い。 とは異なりヘソのような凹みがある。 死亡する場合は症状の発生から1週間目後半から2週間目の時期が多く、原因はウイルス血症が多い。 死亡しない場合は2週間から3週間で全身の発疹がかさぶたとなって落ち治癒するが、色素沈着や瘢痕(あばた)を残すことで知られる。 最後のかさぶたが落ちるまで感染者は伝染性を持つ。 治癒後は強力なが付き、それは major と minor 両方に効果がある。 存在 [ ] 天然痘ウイルスの起源は定かではないが、ヒトが集団生活を始めた10000年頃には既に存在していたと見られている。 紀元前1000年前後ののには天然痘の痕跡が見られる。 有史以来一時は世界中に存在しており、20世紀になってもインド亜大陸、インドネシア、ブラジル、アフリカ中南部、エチオピアなど33ヶ国は常在地として知られていた。 にはを可決し、天然痘の撲滅に乗り出した。 その結果天然痘は激減し、に診断された人男性のが、記録に残る自然発生で天然痘ウイルスに感染した最後のヒトとなった。 その後の監視期間を経て、に専門家による撲滅宣言、に世界保健機構による撲滅宣言が行われた。 それ以降は自然界に天然痘ウイルスは存在しないとされている。 これは人類が根絶に成功した初めてので、2例目はの Rinderpest virus による偶蹄目の感染症であるまでない。 撲滅宣言が出された後のに、に保管されていた天然痘ウイルス株が漏れ出して、イギリス人女性に感染、同年に死亡した。 彼女は天然痘で死亡した最後のヒトとなった。 この事件をきっかけに、保管されているウイルス株の廃棄、もしくは世界保健機関が指定するとの4の施設に移動された。 2013年時点で、地球上に現存している天然痘ウイルスはこれだけである。 この2施設のウイルス株も、にまでの廃棄が設定されたが、保有するとの反発によりに延期された。 には特定の研究目的に一時的な保管に合意した。 も当面のウイルス株の保存に合意がなされているが、米露は今後5年以内に廃棄の日程に関する話し合いを行うとしている。 また、保存に関する科学的根拠を疑問視する声もある。 保存を強く主張する米露は、に天然痘ウイルスを用いるため、秘密裏に保持しているがあることを懸念している。 また、ワクチン、抗ウイルス薬、診断テストなどの開発のため、保存を主張する科学者もいる。 ワクチン [ ] 「」も参照 天然痘は世界で初めてが開発された感染症である。 今日でと呼ばれるその方法は、にが開発したもので、近い種のウイルスである牛痘ウイルスを含む牛痘の膿を用いた方法である。 の獲得そのものはそれ以前から知られており、天然痘の膿やかさぶたの粉末を用いて免疫を獲得するがあった。 その歴史は古く、最も古い物では10世紀頃の中国の記録がある。 しかし人痘法は、実際に天然痘ウイルスで感染させる方法であるため時には死亡する危険な方法であった。 対して牛痘ウイルスを用いたは例え発症しても軽度で済み瘢痕も残らない事からより安全な方法として確立した。 なお、病原体そのものの活性を弱めて使用する不活化ワクチンは、ウイルスではのとによって Rabies virus を用いて開発された、病原体全般ではにルイ・パスツールによって開発されたの一種であるのワクチンが最初である。 出典 [ ] [].

次の

感染症の歴史・日本の場合・・・「天然痘」

天然 痘

概要 [ ] 天然痘ウイルスは煉瓦形のを持ち、大きさは長径302nmから350nm、短径244nmから270nmである。 典型的なウイルスの大きさは50nmから100nmであり、ウイルスとしては巨大な部類である。 カプシドの中には線形2本鎖のを持ち、サイズは18万5578であり、187個のをコードしている。 天然痘ウイルスと Cowpox virus 、 Vaccinia virus は非常に遺伝子が似ており、実際、初期の天然痘ワクチンは牛痘ウイルス(ワクチニアウイルス説あり )から開発されている。 この三者はから分岐進化した可能性がある。 天然痘ウイルスは乾燥や低温に強く、エーテルに対して耐性を持つ。 対して、、には弱く、容易に不活化する。 感染と症状 [ ] 「」も参照 天然痘ウイルスはオルソポックウイルス属の他の種である牛痘ウイルス、ワクチニアウイルス、 Monkeypox virus とは異なりではなく、天然痘ウイルスは唯一にのみ感染する。 昆虫や動物による媒介や無症候性キャリアは知られていない。 他のポックスウイルス科ウイルスと同様に、DNAウイルスとしては珍しく、ではなくで増殖し 、他のには見られないを合成する。 最も重要なのはDNA依存性RNAポリメラーゼである。 臨床的には、天然痘ウイルスは Variola major と Variola minor の2つのタイプに分けられる。 2つのタイプは増殖温度を除きウイルス学的性状は区別できない。 major は18万6103塩基対のゲノムと187個の遺伝子を持ち、minor は18万6986塩基対のゲノムと206個の遺伝子を持っている。 20世紀の間に天然痘によって3億人から5億人が死亡したといわれている。 天然痘ウイルスは感染力が非常に強いことで知られている。 感染は主に飛沫感染によるものである。 感染者からの飛沫や体液が口、鼻、咽頭粘膜に入ることで感染する。 通常は約1. 8m以内の範囲で感染する。 また、感染者によって汚染されたもの、例えば布団や衣類などに触れても感染する。 まれに建物やバスのような密閉空間で空気感染する場合もある。 胎盤を通しての先天性天然痘はありうるが比較的まれである。 小児には吐気・嘔吐、意識障害が見られる場合がある。 また、病名の由来である発疹は(pox はの spotted(斑点)に由来する )顔や頭部に多く発生するが、全身に発生する。 初期には口の中に発生し、この時に伝染力が最も高い。 とは異なりヘソのような凹みがある。 死亡する場合は症状の発生から1週間目後半から2週間目の時期が多く、原因はウイルス血症が多い。 死亡しない場合は2週間から3週間で全身の発疹がかさぶたとなって落ち治癒するが、色素沈着や瘢痕(あばた)を残すことで知られる。 最後のかさぶたが落ちるまで感染者は伝染性を持つ。 治癒後は強力なが付き、それは major と minor 両方に効果がある。 存在 [ ] 天然痘ウイルスの起源は定かではないが、ヒトが集団生活を始めた10000年頃には既に存在していたと見られている。 紀元前1000年前後ののには天然痘の痕跡が見られる。 有史以来一時は世界中に存在しており、20世紀になってもインド亜大陸、インドネシア、ブラジル、アフリカ中南部、エチオピアなど33ヶ国は常在地として知られていた。 にはを可決し、天然痘の撲滅に乗り出した。 その結果天然痘は激減し、に診断された人男性のが、記録に残る自然発生で天然痘ウイルスに感染した最後のヒトとなった。 その後の監視期間を経て、に専門家による撲滅宣言、に世界保健機構による撲滅宣言が行われた。 それ以降は自然界に天然痘ウイルスは存在しないとされている。 これは人類が根絶に成功した初めてので、2例目はの Rinderpest virus による偶蹄目の感染症であるまでない。 撲滅宣言が出された後のに、に保管されていた天然痘ウイルス株が漏れ出して、イギリス人女性に感染、同年に死亡した。 彼女は天然痘で死亡した最後のヒトとなった。 この事件をきっかけに、保管されているウイルス株の廃棄、もしくは世界保健機関が指定するとの4の施設に移動された。 2013年時点で、地球上に現存している天然痘ウイルスはこれだけである。 この2施設のウイルス株も、にまでの廃棄が設定されたが、保有するとの反発によりに延期された。 には特定の研究目的に一時的な保管に合意した。 も当面のウイルス株の保存に合意がなされているが、米露は今後5年以内に廃棄の日程に関する話し合いを行うとしている。 また、保存に関する科学的根拠を疑問視する声もある。 保存を強く主張する米露は、に天然痘ウイルスを用いるため、秘密裏に保持しているがあることを懸念している。 また、ワクチン、抗ウイルス薬、診断テストなどの開発のため、保存を主張する科学者もいる。 ワクチン [ ] 「」も参照 天然痘は世界で初めてが開発された感染症である。 今日でと呼ばれるその方法は、にが開発したもので、近い種のウイルスである牛痘ウイルスを含む牛痘の膿を用いた方法である。 の獲得そのものはそれ以前から知られており、天然痘の膿やかさぶたの粉末を用いて免疫を獲得するがあった。 その歴史は古く、最も古い物では10世紀頃の中国の記録がある。 しかし人痘法は、実際に天然痘ウイルスで感染させる方法であるため時には死亡する危険な方法であった。 対して牛痘ウイルスを用いたは例え発症しても軽度で済み瘢痕も残らない事からより安全な方法として確立した。 なお、病原体そのものの活性を弱めて使用する不活化ワクチンは、ウイルスではのとによって Rabies virus を用いて開発された、病原体全般ではにルイ・パスツールによって開発されたの一種であるのワクチンが最初である。 出典 [ ] [].

次の