マッチ 棒 パズル。 ‎「MATCHSTICK マッチ棒 パズル ゲーム」をApp Storeで

【数学クイズ・パズル】面白い数学クイズ・パズル

マッチ 棒 パズル

【日ごろから訓練していかないと、どんどんどんどん頭が固くなりそう……そんなふうに思ったときオススメなのがこのパズルゲーム。 『マッチ棒パズル』は、マッチ棒を動かしたり、消したりするだけの単純なパズルだが、かなり難しい問題が目白押し。 】(【】内は記事から一部引用、Google ニュース/ファミ通. com:2012年7月12日) ちなみに、記事の「マッチ棒パズル」は、スマートフォン用のアプリなのだが、「マッチ棒パズル」は、「本物の」マッチ棒で楽しむのが一番だと思うのが私だ。 無論、煙草をたしなんでいた若かりし頃は当然として、もっと若い?こどもの頃にも、「マッチ棒パズル」をよく楽しんでいたのは言うまでもない。 「マッチ棒パズル」を本物のマッチ棒で楽しむと言っても、使い切りライターの普及で、昔のように身近にマッチがころがっているような時代ではないので、それは難しくはなっている。 マッチ棒と似たもので思いつくのは、爪楊枝(つまようじ)だが、これは断面の形状が丸いので、転がりやすく、パズルとして使うには少々難がある。 また、鉛筆・割り箸なども、大きすぎるのと、本数が揃えられないので、これもいまいちだ。 となると、記事のようなアプリやソフトが注目される。 しかし、マッチ棒を指先でつまんで並べることにより、指先のしなやかな動きを培うには適している。 もちろん、タッチパネルの指さばきやコントローラーのキーさばきでも、それは可能だが、指先の動きの多彩さでは、本物のマッチ棒には劣る。 そして、本物のマッチ棒のパズルは、平面パズルだけでなく、立体的なパズルも多くある。 また、マッチ棒を使った工作や細工も可能だ。 こどもたちには、マッチは危険でもあるので、先に点火薬のついていない、ただの軸を遊び専用に販売しても良い。 もっとも、細工用の同様の物はすでにある(あった)らしいのだが、軸の本数が多すぎるので、いわゆる小さいマッチ箱程度に入ったものを、パズル用に販売するのもいいかも知れない。 「こどものあそび(遊び方)」は、次のページでいろいろ紹介しています。 FC2ブログランキングにも登録しています。

次の

【数学クイズ・パズル】マッチ棒パズル(難易度:簡単)

マッチ 棒 パズル

脳を刺激するパズルゲーム「 MATCHSTICK 」! マッチ棒を動かして、正解を導きましょう!! MATCHSTICKは、誰もが1度はやったことがあるマッチ棒を使った脳トレ古典パズルゲームです。 子供から大人まで年齢性別問わず、無料でお楽しみいただけます。 マッチ棒を動かして、ゲーム感覚で楽しみながら頭を鍛えてみませんか? 【遊び方について】 ルールは単純です。 「 マッチ棒を移動、追加、削除することで、正解を導くだけ 」です。 このパズルゲームには、制限時間がありませんので、自分のペースで存分に脳を刺激してください。 【問題について】 正方形や正三角形を作る問題から数式を成立させる問題まで、10段階500問のパズルゲームをご用意致しました。 初めは、簡単な問題を揃えてあります。 簡単な問題に正解することで、凝り固まった脳が、ゆっくりと柔らかくなっていくことを実感してください。 着実にパズル脳へと進化していくはずです。 当然、正解を重ねるうちに、難易度は上がっていきますので、ご安心ください。 また、全ての問題にヒントを用意していますので、ご活用ください。 すでに柔軟なパズル脳をお持ちの方は、問題を飛ばすこともできますので、複雑な問題に挑戦してみてください。 【マッチ棒パズルについて】 マッチ棒パズルは、マッチ棒を代表とする爪楊枝や鉛筆などの均等な長さの棒状の物を使用した水平思考を必要とするパズルゲームです。 手軽で古典的なパズルゲームのため、子供の頃に1度は見たことがある方も多いかもしれません。 しかし、子供のパズルゲームと侮ってはいけません。 正解を導き出すためには、固定概念や既成の理論にとらわれずにアイデアを生み出す力が要求されます。 是非、この機会に、ゲーム感覚で脳を活性化させる無料の脳トレパズルゲームに挑戦してみてください。 きっとやみつきになるはずです。

次の

『マッチ棒パズル』

マッチ 棒 パズル

いきなり余談から… ところで、マッチ棒を現代ではあまり使わなくなりましたね。 学校でも今では、理科や家庭科などで火を使うかもしれませんが、ライターかコンロですからね。 というよりライターももう時代遅れのようです。 昔は、マッチ棒はどの家庭にもある身近にあるもので、それを使ってパズル遊びが日本だけでなく外国でも行われていました。 今はまた、昔ながらのマッチ棒パズルが注目されています。 単純さゆえの、「考える力」をつける最も導入しやすい最良な方法の一つだからでしょう。 パズルは楽しむものです。 ここでは、比較的簡単なマッチ棒パズルを紹介します。 楽しんでいってください。 発見したら是非教えてください。 パズルに使うマッチ棒の配置 では、問題にはいりましょう。 先にマッチ棒の数字の表し方を決めておきます。 以下の数字を使ってください。 電卓や電光掲示板などで使われている表示方法です。 (スマホ電卓は違いますね) 「8」という形がもととなって0~9の数字を表示します。 ここで、注意してほしいのが、7という数字です。 実は、表示方法は2通りあります。 先ほどの写真の表示では、 となっていますので、 の方があっていますが、ここでは、 を使うことにします。 他に注意してほしいのが、9です。 であって、 ではありません。 もう一度、マッチ棒の配置を示しておきます。 上の数字の表し方をよーくにらめっこして解くと、簡単にとけますよ。 マッチ棒パズルに挑戦しよう(難易度:簡単) マッチ棒パズルのルール マッチ棒を 1本だけ移動 させて、等式(=)が成り立つようにしてください。 ただし、負の数も(-)を使ってもかまいません。 答えは、複数あるものもありますよ。 もう一つ、ありますよ。 一気に解いてみてください。 問題 答えは1パターンのみです。 少しレベルアップしました。 ここまでやってこられた人なら楽しめると思います。 ぜひ挑戦してくださいね。 問題 答えは1パターンのみです。 以上で終わりです。 比較的簡単なマッチ棒パズルの中でも、「マッチ棒を1本だけ移動する計算パズル」を紹介しました。 マッチ棒パズルのコツ(みないたもの) 簡単でしたか?それとも難しかったですか? 答えを見ると「なーんだ。 そうっか。 」と思えると思います。 たったマッチ棒1本を移動させるだけなのですが、ひらめきが必要ですね。 マッチ棒でできた数字をじっくりと見ているとわかるのは、 「ある数字から作ることのできる数字は限られている」 ということです。 「できる数を考えながら、ひらめく」と、どんどん解けてくるようになりますね。 勉強もそうですが、コツを押さえたら、繰り返し繰り返しやってみることでしょうか。 これで問題は終わりです。

次の