涼森れむ 左利き。 長谷川晴奈

一章 2

涼森れむ 左利き

ギデオンの男色家としての趣味は有名だ。 長年、ギデオンの右腕をつとめるメイヒルの女性的な容貌を見れば、誰しも、かんぐりたくなる。 年はワレスより、三、四つ上だろうか。 ストレートのブロンド。 忘れな草色の瞳。 小作りで女っぽい顔立ち。 正規兵によくいるような、きまじめなタイプだと、表情から見てとれる。 だが、その目がワレスを見るときだけ変わる。 切るような冷たい目だ。 メイヒルのギデオンを見る目つきから言っても、兵士たちのウワサは真実なのだろう。 (おれも、あんな目をして、ハシェドを見てるんだろうか?) そんな思いが胸に浮かぶ。 その胸のざわめきが消えないうちに、ギデオンが言った。 「第一小隊長、メイヒル。 第二小隊長、ワレス。 両者の対戦をもって、本日の勝敗を決する。 勝負は、これまでどおり、一本勝負——始め!」 集中できてなかったワレスは出遅れた。 試合では、対戦相手を傷つけてはならないというルールがある。 真剣だが、寸止めだ。 だが、メイヒルの剣には殺気が、こもっている。 わざと、ワレスを傷つけようとしていた。 勝負をつけるために、ふつうに狙うところを狙ってくるのではない。 顔や足など、致命傷にならず傷つけることのできるかしょを、しつこく狙ってくる。 「なんか、変だな。 今日のメイヒル隊長」 「ああ。 技が小さいってか」 「でも、気迫はあるぜ」 「ワレス隊長が、けんせいしてるせいだろ?」 「あッ。 ワレス隊長が足をとられた!」 兵士たちも、どこか、いつもと違うものを感じて不安げに見ている。 注目のなか、ワレスはメイヒルの突きをよけそこね、足をすべらせた。 するどい突きが、そのまま、鼻先に迫る。 殺される—— ワレスが思った瞬間、ギデオンの声がひびいた。 「そこまで!」 メイヒルの剣が、ワレスの頰をかすめて止まる。 「勝負あり! 本日の勝利は第一小隊」 失望の声が、部下たちのあいだで起こる。 ワレスは、それを、ぶざまに石だたみに倒れたまま聞いた。 (こいつ。 おれを切り刻むつもりだった) ワレスはメイヒルと、静かに、にらみあう。 ギデオンが声をかけてきた。 「メイヒル。 これは試合だぞ。 やりすぎるな」 メイヒルはワレスを無視して剣をおさめた。 「申しわけありません。 ワレス小隊長が、なかなか使うので、つい本気になってしまいました」 違う。 つい我を忘れたとか、そんな感じではなかった。 だが、腹は煮えるが、いつまでも石だたみに、はいつくばっているわけにもいかない。 ワレスは立ちあがり、剣をひろう。 すでに、兵士たちは散りはじめていた。 その波にさからって、ハシェドが、かけよってくる。 「ワレス隊長。 大丈夫ですか? 頰から血が出ていますよ?」 「ああ……たいしたことはない」 「ひどいなあ。 メイヒル小隊長。 わざと、傷つけようとしてましたよね」 「しッ。 聞こえるぞ」 そばに、まだギデオンとメイヒルがいる。 ワレスは、たしなめた。 が、ふだん人のいいハシェドが、めずらしく 憤慨 ( ふんがい )している。 「だって、あんなんでいいなら、おれだって——」 「まあいい。 すんだことだ」 「そうですか? いくら試合に勝ちたいからって、あれはないですよ」 ハシェドが言うので、ワレスは笑った。 べつに、アイツは試合に勝ちたかったわけじゃないさ。 そのとき、ワレスは背後から呼びとめられた。 「ワレス小隊長」 ギデオンだ。 「なんですか? 中隊長殿」 ギデオンはふりかえったワレスを吸いよせられるように見つめる。 ワレスに、かすかな痛みをあたえる頰の傷を。 「今日の試合は、まずまずだった」 「ありがとうございます」 「しかし、おまえは見たところ、左利きだな? なぜ、左を使わない? 右もよく訓練されてはいるが、受け身になると、かならず型どおりになる。 学校で教わる試合向きの剣さばきだ。 実戦では、一瞬の遅れが生死をわかつ。 左を使え」 言いながら、なおも、ワレスの頰ばかり凝視する。 ワレスは薄気味悪くなった。 だまって、頭をさげる。 ギデオンは、無意識のように、ワレスの頰に手を伸ばしかけた。 そこで我に返り、去っていった。 メイヒルが、ついていく。 二人の後ろ姿が小さくなるまで、ワレスは見送った。 「あいつ、血を見ると興奮するタチか。 つくづく、いやな性分だ」 ハシェドがギデオンをどう思ってるのかは知らない。 ワレスと上官のあつれきを回避させるのも、下士官の役目とでも思ったのだろうか。 とりなすように言った。 「でも、さすがですね。 おれは、ぜんぜん、気がつきもしませんでした。 ワレス隊長、左利きなんですか?」 ワレスは返答につまる。 「まあな……」 「太刀筋でわかるなんて、やっぱり、凄腕なんだな」 「おれの粗探しばっかりしてるからじゃないか?」 まったく、イヤなヤツだ。 人が隠してることを、さらりと見抜く。 だが、ワレスは文句をつけたくなるのを、ぐっと、こらえる。 それについては、あまり言及されたくない。 しかし、ハシェドはたずねてきた。 「なんで、左を使われないんですか?」 あの日も、今日のように寒い日だった……。 ぼんやり考えながら、ワレスの口は、しぜんに言いわけをする。 「学校では、右持ちが普通だった」 「へえ。 ほんとに学校に行っておられたんですね。 どおりで、我々とは頭のできが違う。 剣のかまえも、きちんと基礎があるとは感じていましたが」 「おれのは試合用だ。 中隊長も言ってたろう。 実力は、おまえのほうが上だよ」 「おれのはケンカ殺法ですから。 ああいう試合は苦手です。 よければ今度、正攻法というやつをご指南ください」 ハシェドの疑いのない、まなざしが痛い。 騎士学校で右を使うことが主流だったのは、ほんとだ。 ワレスはそれに乗じて、左手を封印してきた。 使えば、あのことを知られるような気がした。 あのとき、すでに、ワレスの手が人の血で汚れていたことを……。 (後悔はしてない。 だが、人に知られるのは怖い。 ハシェドにだけは知られたくない) ワレスが砦に来て、まもないころ。 周囲から孤立して苦しかったときに、つねに、かたわらで励ましてくれた、ハシェド。 自分でも知らぬまに、そんなハシェドに片恋していた。 そっと、よこめで、ながめる。 ハシェドの甘く、男らしい、よこ顔。 ブラゴールの血をひく、ハシェドの褐色の肌を。 視線を感じたのか、ハシェドも、ワレスをながめてきた。 あわてて、目をそらす。

次の

七章 1

涼森れむ 左利き

略歴 2011年• 9月24日、AKB48第13期研究生最終審査に仮合格。 12月8日、6周年記念公演でお披露目。 2012年• 8月5日、不合格となり、AKB48としての活動を終了。 人物 キャラクター• キャッチフレーズは、「晴れ晴れ元気に女神降臨。 あと、いつかステージで輝く女神になりたいから」とのこと。 ニックネームは、「はせはる」。 ちなみに、他に「はせるな」「はるはる」などの候補もあった。 自ら作詞作曲の経験もあり、引き出しの多さは13期随一と言われる。 他のメンバーに負けないことは、「眉毛が整っていること、目力」• 自分の持ち味は、「分かんないけど、ドヤ顔」。 よく「ドヤ顔している」と言われるが、「いや、ドヤってないです。 顔立ちがそうなんで」• 誉められて嬉しいことは、ダンスと歌のこと。 特に歌。 「歌に注目してほしい!」• アピールポイントは、「13期生はおとなしい子が多いんですが、私は逆にちょっとうるさいくらいの元気さをアピールしたいです」 「う~ん分かんないけど、公演のmcで引っ張っていったり面白いこといってアピールしたい」• カッコイイ系の美形。 なぜそんなに可愛いの、美人なの? と聞かれ、「生まれつき、親の顔立ちがいいから笑」。 家族はみんな美形か? との質問に対しては「YES」。 のに似ていると言われることもあるが、「似てないですよ~! あんな偉大な方に似ているとかアリエッティーです」• 148. 3センチの身長と、ハキハキとした受け答えは、どこかAKB48のリーダー役・に重なる。 「たかみなさんは憧れです!」という彼女の背景には、独特な家庭環境があった。 「私、8人兄弟の一番上なんです。 下の子たちの性格や状況によって、どう接すればいいのかを常に考えてます」。 家族をまとめる小柄なリーダーは、まさに次代の「たかみな候補」だ。 による紹介。 やっぱ面白いですよ。 ものまねするし、朝ごはんは少食です。 ものまね言ったらやってくれると思います! 歌上手でイイ子ですよ!」• 劇場支配人評。 「歌声がとてもきれいで、表現力も豊かです。 先輩からのアドバイスに真剣に耳を傾ける姿がいいよね」(2012年・)• 将来の夢は、歌手 、宇多田ヒカルやレディーガガのようなシンガーソングライター。 「歌手になること。 出来ればシンガーソングライターになりたいな」 AKB48加入前• 1997年7月1日、8人兄弟の長女として生まれる。 出身地は茨城県となっているが、元々は千葉にいた。 10人家族で、兄弟は8人(弟が6人、妹が1人)いる。 「だからおむつの交換が得意です」と語る。 年齢は、上から(2012年7月現在)15歳、13歳、12歳、11歳、9歳、8歳、2歳、0歳。 AKB48として 2011年• 9月24日、AKB48第13期研究生オーディション最終審査に仮合格。 AKB48のオーディションを受けたきっかけは、「ざっくり言うと歌手になりたかったのと、ダンスを勉強したかったから」• オーディションの時に印象に残ったのは、「で、モデルさんが遊びに来たのかと思った」。 ちなみに歌唱審査の時に歌った曲は、いきものがかりの『ありがとう』• 12月8日、6周年記念公演でお披露目。 2012年• 8月4日、が行われる。 今日は曇りぎみですが蒸し暑くていつもとわらない天気ですね。 8月5日、セレクション審査に不合格となったことが発表され、AKB48としての活動を終了。 コメントを見るたびに涙が出てきていっぱいでてきて頭が痛くなりました。 泣きすぎたわ俺としたことがっ T-T ! もうAKBでは会えなくても、絶対にまた違うところで大物になって芸能界に帰ってきますね。 それまではもう特訓だ。 だから歌手になって戻って来たときはよろしくお願いいたします!!でわでわ」• 「今回は悔しい結果になってしまいましたが、私自身、AKB の研究生でいられたことは本当に良い経験になったと思います。 メンバーの皆さんと共に、ライバルとして仲間として活動した日々は、とても楽しかったです。 また、ファンの皆さんと握手会や劇場などで触れ合えたのはとても素敵な時間でしたし、一生忘れません!! なので、私のことも忘れないでいて欲しいです。 やっぱり私には諦めたくない、叶えたい夢があるので、そこを目指して、今後も頑張っていきたいと思います。 そうしたら、いつか他の場所で会えるかもしれません。 そのときは、どうぞよろしくお願いいたします! こんな私ですが、今まで、応援、支え続けてくれたファンの皆さん、本当に本当にありがとうございました!!! 」 AKB48卒業後 劇団4ドル50セントの公式プロフィール画像 2017年• 8月23日、秋元康がプロデュースする劇団4ドル50セントの旗挙げ記者会にて、同劇団の旗挙げメンバーとしてお披露目される。 交友関係• 仲が良いメンバーは、。 目標とする先輩は、、。 憧れている先輩は、。 越えるべきメンバーは、。 他のグループで好きなメンバーは、の。 長谷川家に招待したいメンバーは、。 性格・趣味• 人見知りで、誠実な性格。 目立ちたがり屋。 長所は、いつも元気。 常に笑っている。 誰とでも話せる。 短所は、人の話を聞いているのに、顔や行動がそう見えない。 同期の、と並び、足が臭いと自認する。 趣味は、入浴剤。 特技は、歌。 おむつの早替え。 料理が得意。 「基本ほとんど出来る」。 得意料理は、親子丼。 好きな食べ物は、パスタ系。 好きなことは、寝ること。 漢字は苦手。 「はい、そ~ですよ~。 左利き。 得意なスポーツは、走ること。 「ボール系ができない!」。 好きなアーティストは、レディーガガ 、ジャスティンビーバー、宇多田ヒカル、いきものがかり。 好きな曲は、「ありすぎて困る。 まとめると洋楽」。 AKBで好きな曲は、『』 、『夜風の仕業』• 好きな公演と曲は、RESET公演の『夢の鐘』。 公演で一番大事にしていることは、ファンとのアイコンタクト、絶えないパフォーマンス。 好きなテレビは、バラエティー番組。 好きなアニメは、『スポンジボブ』『トムとジェリー』• 好きな花は、薔薇、スイートピー、ヒラヒラしたお花。 好きな色は、ピンクと白。 好きなサイリウムの色は、ピンクとオレンジ。 好きな動物は、ハムスター、ふわふわ系の動物。 好きな数字は、3「安定しているような数字だから」。 好きな歴史上人物は、「社会とかよくわかんないけど、坂本竜馬で良いか笑」• 視力は両眼ともA(1. 0以上)で、結構目は良いほう。 好きな男性のタイプは、どんなことでも助けてくれる人、ちゃんと仕事ができる人 、運動ができて、思いやりがあって、仕事ができる人。 好きな髪の毛の色は、黒。 少し赤の入った茶色。 思わずドキッとしてしまう男性の仕草は、スポーツとかで走っている横顔。 落としてしまったものを拾ってくれる。 嫌いな男のファッションは、ノースリーブや全身一色。 結婚したら子供の人数は、「家族は少なめ。 通常で子供は3人くらいかな」• 一番幸せを感じる瞬間は、本当に眠いときに寝ること。 ギャラリー AKB48• - AKB48 Official Blog 2012年8月5日• - ORICON NEWS 2017年8月23日 外部リンク• (2012年8月5日プロフィール削除)• (2012年8月7日アカウント削除)• (SHOWROOMアカウント) 1期• 元3期• 10期• 11期• 元7期• 12期• 13期• 14期• 15期• ドラフト1期• チーム8• 大人AKB• 期間限定加入 ドラフト2期• 16期• ドラフト3期• 他グループ へ移籍.

次の

七章 1

涼森れむ 左利き

略歴 [ ] 出身。 、専属女優として。 同年8月1日、主催の セミファイナリスト進出。 9月27日、ファイナリスト進出。 11月23日、都内で開かれた授賞式でミスiD2020フォトジェニック賞受賞。 2020年6月、が選ぶヌード美女10人の一人に選出され、に撮りおろしグラビアが掲載。 人物 [ ] 趣味・特技は音楽鑑賞、けん玉(初段)。 初体験は高校生の時で、アルバイト先の先輩である大学生。 きっかけは友人に教えられたの作品で、自ら応募してAV女優となった。 デビュー後の2019年12月、取材で前職が看護師であることを明かした。 出演作品 [ ] アダルトDVD [ ] 2019年• 新人 プレステージ専属デビュー 時代を翔ける天使(4月19日、プレステージ)• 涼森れむがご奉仕しちゃう超最新やみつきエステ 44 お客様の欲望で凝り固まったアソコを極上リフレッシュ!!(6月21日、プレステージ)• 新・絶対的美少女、お貸しします。 90 涼森れむ(AV女優)21歳。 (7月19日、プレステージ)• スポコス汗だくSEX4本番! 体育会系・涼森れむ act. 彼女のお姉さんは、誘惑ヤリたがり娘。 22 彼女の家に遊びに行ったらお姉さんに迫られイケナイ関係に…(9月20日、プレステージ)共演:• 女子マネージャーは、僕達の性処理ペット。 035(10月18日、プレステージ)• 涼森れむの極上筆おろし 31 人生初となる童貞とセックスで思いがけず大絶頂!(11月8日、プレステージ)• 天然成分由来 涼森れむ汁 120% 63 頭の先から爪先まで淫汁まみれ(12月20日、プレステージ) 2020年• 風俗タワー 性感フルコース3時間SPECIAL ACT. 31 授乳プレイ、なじり隠語、手錠姦…etcマニアックな需要にも全力でお応えします!(1月10日、プレステージ)• 絶対的鉄板シチュエーション 18 完全主観!涼森れむが贈るとてもHな4シチュエーション(2月21日、プレステージ)• 涼森れむ 8時間 BEST PRESTIGE PREMIUM TREASURE vol. 01 全6作品で「涼森れむ」の軌跡をたどる永久保存盤!!(3月13日、プレステージ)• 美少女と、貸し切り温泉と、濃密性交と。 09 最旬Fカップ美少女を一泊貸し切り、山奥の温泉宿へ(3月20日、プレステージ)• 涼森れむ なまなかだし 35 透明感No. 1の最強美少女を孕ませる!! 4月17日、プレステージ• スプラッシュれむ 女の体液、全部抜く!驚異の3SEX(5月8日、プレステージ)• 中出し射精執行官 Case. 05 涼森れむ(6月12日、プレステージ) アダルトVR [ ]• 最旬女優・涼森れむの初VR!神BODYで全力ご奉仕セックス!(2019年8月9日、プレステージ)• 僕を好き過ぎる後輩・涼森れむの放課後全力誘惑セックス!(2019年9月5日、プレステージ) イメージビデオ [ ]• Remu Refreshing Resort(2019年10月3日、)• Remu2 OKINAWA infinity(2020年4月16日、REbecca) 出演 [ ] テレビ [ ]• 105(2019年8月10日、) 書籍 [ ] 写真集 [ ]• Remlist(2020年1月21日、、撮影:浜田一喜) 雑誌 [ ]• 2019年8月15日号() - グラビア「彼女がヒモをほどく瞬間」 脚注 [ ]• FANZA. DMM. 2019年8月25日閲覧。 ミスiD 公式サイト. 2019年9月5日閲覧。 ティーパワーズ. 2019年8月25日閲覧。 ザテレビジョン. ザテレビジョン. 2019年9月5日閲覧。 ザテレビジョン. ザテレビジョン. 2019年11月23日閲覧。 集英社「週刊プレイボーイ」2020年6月22日No. remu19971203 -• remu19971203 -• - プレステージ公式サイト.

次の