納豆 チャーハン 人気 レシピ。 納豆チャーハン レシピ 宗像 伸子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

そろそろ納豆チャーハン食べたくない?「ふーみん」のレシピ完全再現!【青山】 | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

納豆 チャーハン 人気 レシピ

納豆は時々健康番組で取り上げられて スーパーで品薄になる商品の1つですよね。 血液をさらさらにしてくれるので毎朝かかさず食べるようにしているのですが「納豆パスタ」とか「納豆サラダ」とかアレンジを知って食べるのが楽しくなりました。 畑のお肉とも称されている高タンパク質の大豆から作られる納豆は、血液中の血栓溶解作用を高めると言われています。 狭心症や脳梗塞、老人性痴呆症など多くの血栓性疾患の治療・予防になり、高血圧やガンを防ぐ作用もあるそう。 冷凍保存で常備しているので、使う前日に冷蔵庫に戻して解凍しておけばいつでも食べられる一品です。 冷凍保存する際は密閉状態にしておけば、1ヶ月くらいは大丈夫そうですよ。 美味しいです。 クセになりそうです。 海苔のインパクトもいい!もはやサラダではないですね。 前日の残りご飯と朝の定番納豆がこんなに美味しい料理になるなんて家族でびっくりでした。 超小粒納豆でGOOD!色味にカニカマをネギと一緒に散らしていれたら甘みが増して色もナイスでした。 チーズ好きファミリーなのでチーズも常備。 作らない手はない!と作ってハマりました。 韓国のりをたっぷり乗せて美味しさ倍増!ちょっとお肉も入れたいかな。 最初カリッカリにならなくて一人で食べて再挑戦!油を多めにして片面じっと我慢したらカリカリに。 良かった~。 さすがマヨネーズ!子供が食べてビックリのサプライズでした。 これは子供は好きでしょ~。 大人だってハマりますから。 ネギと海苔ってシンプルなんですけどゴマ油たっぷりにして香りがいいおやきが出来ましたっ。 納豆さまさまっ。 おいしいですよ。 ゴマ油好きなんですよね。 納豆とお豆腐でサラダとは思いつきませんでした。 梅干をちょこっと乗せたりほうれん草を和えたりしっかりベースにしてアレンジしてます。 油揚げのカリッカリは美味!納豆とチーズの相性も抜群でこんな簡単に出来ちゃう組み合わせを知らなかったなんてずっと損をしてました。 お味噌汁に浮かばせて食べても美味しかったです。 まぜまぜもいいですが、先に納豆まぜまぜ紅しょうが上乗せもありだと思います。 このままたこ焼きの具にしてみたいです。 まとめ 納豆は毎日食べたいものなので、色々とアレンジを楽しんだらノーマルに戻ってその美味しさを再確認してまたアレンジに挑戦、とループが延々と続きそうです。 体に良いものなので摂り続けることに意味アリ!ですよね。 冷凍保存も効くので特売で買いだめして即冷凍。 どうしてもすぐに使いたいときは、フタとタレを取って20~30秒チンしちゃってますが、製造元には品質を下げるので出来れば避けて欲しい、と書かれていました。 納豆というと卵と一緒にぐるぐるしてあわあわにして食べるのがまた美味なんですよね。 生卵との組み合わせはカルシウムの吸収が良くなるので 骨粗鬆症予防に良いそうです。 また卵には納豆に不足しているビタミンAが含まれているので、一緒に食べることで納豆のビタミンKと栄養的にもバランスがとれておすすめです。

次の

そろそろ納豆チャーハン食べたくない?「ふーみん」のレシピ完全再現!【青山】 | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

納豆 チャーハン 人気 レシピ

納豆チャーハンって美味しいの? 納豆チャーハン、何となく怖くて挑戦していない方も多いと思いますが、 実際に作ってみるととても美味しいです。 味付けや具材次第では納豆の風味が無くなるので納豆が好きな人は逆に要注意ですが、納豆嫌いの方には嬉しいのではないでしょうか。 もちろん味付け次第では納豆の風味を残すことも可能です。 しかも、納豆に入っている 腸内環境を整えてくれる納豆菌は多少加熱したくらいでは死滅しないので、安心して加熱することができます。 ただし、ナットウキナーゼと言う血液をサラサラにすると言われている成分は熱に弱いので、たまにはそのまま食べることも視野に入れて納豆チャーパンを楽しんでくださいね。 干し納豆(あれば)• 本だし• バター• ニンニク• コショウ• 干しエビ• 細ネギ• 紅ショウガ 旨味たっぷりの本格的な納豆チャーハンです。 納豆臭さも感じず、食べやすいチャーハンです。 レシピ: 豚キムチ納豆チャーハン 出典: 材料• キムチ• コショウ• 醤油 豚キムチ納豆のチャーハンです。 食欲もそそるし、 豚肉も入っているのでスタミナ回復になります。 玉ねぎ• レタス• 冷ご飯• 香味ペースト• 鮭フレーク レタスのシャキシャキと隠し味の鮭がアクセントになって美味しく食べやすいチャーハンです。 刻み高菜• 白いりごま• 味塩コショウ• ゴマ油 刻み高菜が入った納豆チャーハンです。 高菜と納豆も相性が良いので、チャーハンになることでボリュームアップした一品です。 レシピ: 梅納豆チャーハン 出典: 材料• 極小粒納豆• 付属のタレ• 梅干し• 青ネギ• 温かいご飯• ゴマ油 梅干し入りの納豆チャーハンです。 梅干しの酸味が爽やかで、食欲が出ない時にもおすすめです。 レシピ: オクラ納豆ねばねばチャーハン 出典: 材料• 長ネギ• 創味シャンタン• オクラ• 納豆 創味シャンタンを使って 中華の旨味をたくさん詰め込んだ、オクラ入りの納豆チャーハンです。 ネバネバするチャーハンも意外と美味しいですよ。 レシピ: 大根葉と納豆のチャーハン 出典: 材料• ごはん• 大根葉• 創味シャンタン• コショウ• ゴマ油 栄養価の高い大根の葉を入れた納豆チャーハンです。 創味シャンタンを使っているので中華の旨味たっぷりです。 レシピ: 南高梅干しと納豆の和風チャーハン 出典: 材料• 温かいご飯• ゴマ油• ちりめんじゃこ• 南高梅干し• 刻み海苔 南高梅干しとちりめんじゃこのサッパリ和風納豆チャーハンです。 こってりは嫌だけどボリュームのある納豆ご飯を食べたいときにおすすめです。 バター• ニンニク• 和風だしの素• ネギ ニンニクとバターの香りが食欲をそそるガッツリ系の納豆チャーハンです。 栄養もたっぷりでひたすら夢中で食べてしまう美味しさです。 豚バラ• 玉ねぎ• 青ネギ• めんつゆ• コショウ• 半熟卵• 納豆 豚バラが入った納豆チャーハンです。 和風の味付けなので豚バラでもしつこすぎないのが良いです。 レシピ: 納豆とゴボウの炒飯 出典: 材料• 合い挽き肉• ゴボウ• 小ネギ• ゴマ油• コショウ• 醤油 納豆とひき肉がまんべんなく混ざって何とも言えない美味しさが口の中に広がります。 ゴボウのコリコリ感も良いですね。 レシピ: 焼ねぎ味噌のチャーハン 出典:• 豚バラ• お好みの野菜など• 焼ねぎ味噌• 温かいご飯• 小ネギ• 納豆 焼ねぎ味噌と言う調味料がカギを握るチャーハンです。 納豆を入れても美味しいのでぜひお試しください。 キムチ• 小松菜• しめじ• ニンニク• 冷ご飯• ゴマ油 これでもかと言うほど食欲をそそる納豆チャーハンです。 いろいろな具材が入っていて栄養が摂れるのも嬉しいです。 冷ご飯• おろしにんにく• ひき肉• サクラエビ• 長ネギみじん切り• 青のり• グレープシードオイル• コショウ 様々な旨味が詰まった、少し手の込んだ納豆チャーハンです。 隠し味のグレープシードオイルがお洒落で良いですね。 サクラエビの香りも食欲をそそります。 レシピ: 簡単!シャキシャキ蓮根と納豆のチャーハン 出典: 材料• レンコン• 鶏ガラ顆粒• 青ネギ オーソドックスな納豆チャーハンに近いですが、 レンコンが入っているだけでシャキシャキ感が増して美味しくなります。 レシピ: ミョウガでさっぱり納豆チャーハン 出典: 材料• ミョウガ• 麺つゆ• 白ゴマ• ゴマ油 ミョウガがさっぱりさせてくれる 大人の納豆チャーハンです。 ゴマ油の香りも食欲をそそります。 パプリカ• 温かいご飯• 小松菜• オリーブオイル• コショウ パプリカと納豆、小松菜と言う 健康に良い栄養素がたっぷり摂れるチャーハンです。 子どもにも食べやすい一品です。 レシピ: 生姜香る納豆とたくあんのチャーハン 出典: 材料• 長ネギ• 細ネギ• 玉ねぎ• チャーシュー• たくあん• マヨネーズ• コショウ チャーシューの旨味やたくあんの食感がアクセントになった納豆チャーハンです。 シンプルながら美味しくいただくことができるのでおすすめです。 レシピ: 納豆とタラコの炒飯 出典: 材料• 白ご飯• 溶き卵• たらこ• 刻みネギ• サラダ油• ゴマ油• 鶏ガラスープの素• コショウ• 青のり たらこの風味が加わって一風変わったチャーハンになっています。 でも たらこと納豆は相性が良いので美味しいですよ。 辛子明太子でピリ辛にしても美味しいです。 レシピ: 本当に美味しいスタミナ納豆チャーハン 出典: 材料• ゴマ油• ニンニク• 玉ねぎ• 本だし• 味塩コショウ 夏バテ気味の時や、体が冷えて体力が無くなっているときにおすすめしたい、 スタミナがつく納豆チャーハンです。 食欲もそそる味、匂いなので食べ盛りの子どもにも最適です。 レシピ:.

次の

納豆のレシピ人気1位は?つくれぽ1000や殿堂入りも

納豆 チャーハン 人気 レシピ

パラパラやし、口の周りが汚れんでええわ」 まず初めに、嫁さんは納豆が苦手、娘と私は納豆が好き、という説明をひと言。 それで、こんな評価になってるんです……。 さて、チャーハンといえば前に紹介したこちら。 今回の「納豆チャーハン」もやっぱりパラパラがうまい! ちょっとくらい具材が変わっても基本は同じ作り方、というわけで今回も、• ご飯にしっかりと卵を絡めて、コーティングしてから炒める。 最初は「炒める」ではなく「焼く」って感じで、焦って混ぜすぎたらあかん!• 水分がでやすい食材は控えめに。 の 黄金ルール をお忘れなく! かめきちパパの「パラパラ納豆チャーハン」 【材料】(1人分)• 温かいご飯 茶碗1杯分• 納豆 1パック• 卵 1個(Lサイズ)• 塩昆布 ふたつまみ• 刻みねぎ 適量• サラダ油 大さじ2• 梅肉 お好みで 作り方 1. ボウルに納豆と付属の納豆のたれを入れて、スプーンでよく混ぜ合わせる。 (スプーンで混ぜ合わせると、納豆のネバネバがよりふんわりする気がするんやわ) 2. 卵とご飯を加えてさらに混ぜ合わせたら、塩昆布も加える。 熱したフライパンにサラダ油を入れ、2を流し入れたらフライパン全体に広げ、まずはご飯を焼く。 (ここですぐに混ぜ合わせたらあかん! 30秒ほど我慢やで) 4. お玉でご飯をすくう感じで炒めていく。 (最初はベチャっとした納豆パワーが出てる感じやけど大丈夫!) 5. ご飯にパラパラ感が出てきたら刻みねぎを加え、味をみて必要なら塩、胡椒(分量外)をして完成。 これくらいのパラパラ感になるはず! 梅は納豆の味変に最適やで! 納豆の味が楽しめるパラパラチャーハン。 ただ、うまいんはうまいんやけどちょっと刺激が足りん、なんて人は 「梅肉」のトッピングがおすすめ。 (私は必須やけど)チューブ入りの梅肉で十分。 梅肉をチャーハンと軽く混ぜあわせながら食べると、ほどよい酸味が加わってまたひと口、またひと口とスプーンが止まらなくなる! 市販の納豆にも、梅干しエキスが入ったたれが付いているものがあるくらいやから、間違いない組み合わせなんですわー。 にしても、塩昆布と梅、それに納豆なんてつまみにぴったりの組み合わせ。 休みの日の昼飯にビールをグイってやりながら食べるのも、オツなもんですわ!.

次の