クリス サイボーグ。 相手いるのか? クリス・サイボーグ姐さんがUFCデビュー戦で圧勝!! 期待以上の結果に衝撃走る。ロンダ・ラウジー戦あるか? │ Frentopia

【Lion Fight14】バースに男前な完敗、クリス・サイボーグ

クリス サイボーグ

来歴 [ ] 4歳から、12歳からを始めた。 、に入学するために移住し、ジャングルMMAに入門。 のトレーニングを積み、、でプロデビューした。 11月16日、Invicta FC 32の世界フェザー級王座決定戦でパム・ソレンソンと対戦し、4Rにで一本勝ち。 王座獲得に成功した。 UFC [ ] 5月18日、初参戦となったで元Invicta FC世界フェザー級王者のミーガン・アンダーソンと対戦し、1Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。 2019年7月27日、で元UFC世界フェザー級王者のと対戦し、0-3の判定負け。 キャリア初黒星を喫した。 6月6日、のUFC世界女子フェザー級タイトルマッチで王者に挑戦し、0-3の5R判定負け。 王座獲得に失敗した。 Kianzad 2015年9月12日 獲得タイトル [ ]• 第3代王座(2018年) 表彰 [ ]• パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(2回) 脚注 [ ].

次の

いろいろあったけどアマンダ・ヌネスvsクリス・サイボーグが2018年末ベストバウトで異論ないよな? 山本美憂vs長野美香もよかったぞ │ Frentopia

クリス サイボーグ

スポンサーリンク そして火曜日 日本時間水曜日 に、ベラトールMMAの代表であるスコット・コーカーがTwitterでクリス・サイボーグとの契約を発表しました。 Welcome to the family. — Scott Coker ScottCoker 契約の詳細については明らかにされていませんが、「女性のMMA歴史上最大規模」と謳っていることから複数試合による契約となった可能性があります。 コーカーのTwitterにはサイボーグの映像も一緒に公開されました。 サイボーグは今回の契約について次のように語っています。 「スコット・コーカーやバイアコムとパートナーとなり、ベラトールで戦うことを発表できて非常に嬉しく思う。 彼らには145ポンドの選手がたくさんいる。 つまり毎年たくさんの試合ができるということだ。 それについてはとても満足しているよ。 私の目標は同じ階級で4つの異なるタイトルを保持する唯一の女性ファイターになることだ。 みなさんと一緒にそれができると思っている」 クリス・サイボーグはこれまでInvicta FC、ストライクフォース、UFCでそれぞれフェザー級タイトルを獲得してきたため、ベラトールでもタイトルを獲得すれば4つのプロモーションでタイトルを獲得した選手となります。 なおサイボーグがベラトールでいつデビューするのかについてはまだ発表されていません。

次の

クリス・サイボーグがベラトールと契約

クリス サイボーグ

計量で対峙したBellator世界女子フェザー級王者ジュリア・バッドと挑戦者クリス・サイボーグ Photos(C) Bellator 2020年1月25日(土・現地時間)アメリカ・カルフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催される『 Bellator 238』の前日計量が、24日(金・同)に行われた。 今大会のメインイベントはBellator世界女子フェザー級タイトルマッチ。 王者 ジュリア・バッド(36=カナダ)が クリス・サイボーグ(34=ブラジル)の挑戦を受け、4度目の防衛戦を闘う。 計量はバッドが144. 5ポンド(65. 54kg)、サイボーグが143. 8ポンド(65. 23kg)で、共に女子フェザー級リミットの145ポンド(65. 77kg)をパスした。 既にStrikeforce、Invicta FC、UFCで頂点に立ち、ここへBellatorのベルトも加えようとしているサイボーグは、「自分が今どこで闘っているかは関係ない。 止めずに続けることにこそ意味がある」と強調。 挑戦者という立場ではあるが、その立ち振る舞いから場数と経験に裏打ちされた自信と貫禄を存分に感じさせた。 一方、近年のキャリアにおいて最強と言うべき相手を迎え撃つバッドは、「(サイボーグと)闘うべき時は今しかない。 だから皆も試合を観るようにして欲しい。 人生で最高のパフォーマンスを披露する」と勇ましい表情でコメント。 頷きながら言葉に熱を込めるその姿は、自らを鼓舞しているようにも見えた。 王者バッドもこの仕上がり バッドは2010年10月にStrikeforceでプロデビューし、Invicta FC参戦を挟んでBellatorと契約。 2017年3月の『Bellator 174』で元Strikeforce世界女子バンタム級王者マルース・クーネン(オランダ)を4RTKOに下し、Bellator世界女子フェザー級王座に就いた。 同王座は現在までに3度の防衛に成功。 通算戦績を13勝2敗(6KO・TKO/1SUB)としている。 特筆すべきは、キャリアの早期に後のUFC王者達と拳を交えていることだ。 2011年のプロ2戦目で現UFC世界女子バンタム級&フェザー級王者アマンダ・ヌネス(ブラジル)に1RKO負け、3戦目で元UFC世界女子フェザー級王者ジャーメイン・デ・ランダミー(オランダ)に判定勝ち、4戦目で元UFC世界女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(アメリカ)に1R一本負け。 その通算戦績からも分かる通り、ヌネスとラウジー以外には敗れていない。 会見で晴れやかな表情を見せたサイボーグ 対するサイボーグは2005年5月に母国ブラジルで迎えたプロデビューこそ1R一本負けを喫しているが、その後は2018年12月の『UFC 232』でヌネスに1RKO負けするまで、20勝1ノーコンテストで13年間負けなし。 今大会ではBellator初参戦ながらいきなりの王座挑戦。 通算戦績は21勝(17KO・TKO/0SUB)2敗1ノーコンテスト。 もしバッドからベルトを奪うことになれば、北米の主要4団体で戴冠を果たすという、前人未到の快挙を果たすことになる。 【関連記事】 ・ ・.

次の