ビヨンドミート ライバル。 トレードステーション利用術(60)「人工肉」関連銘柄|トレードステーション / マネックス証券

未来の肉!ビヨンド・ミート日本上陸。ビヨンド・バーガーが食べられる店は?メタンガス、コレステロールゼロの秘密は?菜食主義者のイーサンだから実現できた。

ビヨンドミート ライバル

米国の (デニーズ)は植物由来食品メーカーの (ビヨンド・ミート)と提携を結んだ。 と同社の最大のライバル は、米国の大手食品会社に肉代替品を提供するために熾烈な争いを展開しているが、Beyond Meatが次第にImpossible Foodsを引き離しつつある。 デニーズとの初期パイロット事業には、米国サウスカロライナ拠点のレストランチェーンであるロサンゼルスにあるデニーズ全店が含まれる。 デニーズでは、Beyond Burgerがトマト、タマネギ、レタス、ピクルス、アメリカンチーズ、そしてスペシャルソースとともにマルチグレインのパンにサンドされて提供される。 このサンドの販促の一環として、ロサンゼルスのデニーズではハロウィーンの夜にサンドを購入した客にバーガーを1つ無料で提供する。 デニーズは(私の前の雇用主だ)2020年にBeyond Burgerを全国展開する。 「今までの流れを変えるようなBeyond Meatとの提携を発表することができるのは素晴らしい」とデニーズのブランド責任者John Dillon(ジョン・ディロン)氏は声明文で述べた。 「企業として、テイストと顧客の要望を満足させるべく努力している。 我々の高品質基準とテイストの期待値にかなう植物ベースの選択肢を見つけることは、今後の競争を勝ち抜く上で必須であることはわかっていた。 デニーズの新たな Beyond Burgerは素晴らしい味だ。 ロサンゼルスで展開できることを嬉しく思う。 今後は2020年の全国展開に向けて準備する」。 [] (翻訳:Mizoguchi).

次の

ビヨンド・ミートのライバル現る!「インポッシブルバーガー」が勢力拡大中

ビヨンドミート ライバル

ビヨンド・ミートの株式公開や多くのレストランとの提携が、投資家や消費者の注目を集めるようになって、植物ベースの代替肉における競争は激化している。 植物ベースの代替肉は、大きな盛り上がりを見せており、ウォール街のアナリストによると1400億ドル(約15兆円)規模の産業に成長する可能性があるという。 そして今、多くの歴史ある企業もビヨンド・ミートのライバルとして、この競争に参入している。 今年は植物ベースの代替肉が。 特にビヨンド・ミート(Beyond Meat)がIPO(新規株式公開)により株価を800%以上も上昇させるという大成功を納めてからはなおさらだ。 この盛り上がりの中、多くの有名レストランとの提携によって、さらなる注目を集めている。 歴史ある多くの食品加工企業も植物ベースの代替肉の製造に取り組むようになったことを考えると、このトレンドは当分衰えそうにもない。 植物を原料としたたんぱく質を製造する産業は競争が激化している。 今ではアメリカで140億ドル(約1兆5000億円)の産業に成長し、ウォール街のアナリストはと考えている。 多くのファストフード店で取り入れられているこの新たな食材を味わおうと、多くの客が店に押し寄せている。 データによると、彼らは値段が高くても喜んで購入している。 代替肉メニューを提供しているのは、ダンキン(Dunkin)、ティム・ホートンズ(Tim Hortons)、サブウェイ(Subway)、デルタコ(Del Taco)などだ。 F1チャンピオンのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)氏までもが、している。 そこには9月にロンドンでオープンするも含まれているとが伝えた。 ビヨンド・ミートは目標値を、ウォール街のアナリストが予想した1400億ドル(約15兆円)よりも高く設定している。 同社はで、2700億ドル(約29兆円)規模のアメリカの食肉産業を引き継ぐことがゴールだと述べた。 だが、植物を原料としたミルクが酪農業から獲得したシェアに基づき試算すると、植物由来の代替肉は、従来の食肉産業の13%のシェア、つまり350億ドル(約3兆7500億円)を獲得するとビヨンド・ミートは考えている。 また、動物性たんぱく質の消費は好調で、2019年と2020年は記録的な年となり、そのような状況でビヨンド・ミートが目標を達成するのは難しいだろうと、動物性たんぱく質について分析を行うラボバンクのシニア・アナリスト、ドン・クローズ(Don Close)氏はMarkets Insiderに語った。 とはいえ、植物由来のたんぱく質の人気ぶりと、は無視できない。 そして多くの歴史ある食品加工企業は、植物由来製品のブランド立ち上げや、植物由来食品を製造する中小企業への投資を行っている。 ビヨンド・ミートに対抗すべく、植物由来製品の製造を始めた6社を見てみよう。

次の

images.djdownload.com : 代替肉の米ビヨンド・ミート、中国でバーガーを試験販売

ビヨンドミート ライバル

創業者のイーサン・ブラウンは環境問題に関心をもっており、再生可能エネルギーに携わっていました。 しかし食料問題を解決することこそが環境問題に対して大きなインパクトにつながるという精神から、ビル・ゲイツらの出資を受け、ビヨンドミートを設立したという背景があります。 菜食主義・ビーガンの思想をもつ人達、牛肉のホルモン剤のリスクを問題視している人達にとって、代替肉は新しい形の食文化となる可能性があり、代替肉市場の成長ストーリーに乗ろうと多くの投資家がビヨンドミートの動向を見守っています。 2020年5月現在、ビヨンドミートは買いなのか、売りなのかで市場関係者の意見も割れています。 ビヨンドミート投資のポジティブな材料・ネガティブな材料を比較し投資するべきかどうかを検討してみてください。 ビヨンドミートのポジティブな材料 ビヨンドミートは最高値から大きく価格を下げていたものの、再び株価は回復し価格を戻しています。 まずはポジティブな材料を挙げてみます。 ビヨンドミートの5月の決算はOK 決算はEPSではマイナス。 しかし売上のコンセンサスを上回りました。 積極的に事業拡大のための投資に力を入れているため短期の利益はとれていません。 しかし事業そのものの力強さを測る売上高自体は好調でした。 アメリカはロックダウンや外出規制の影響で多くの外食チェーンが通常営業できない状況です。 そのため外食チェーンへの卸しができず、売上は厳しいのではないかという予測もありました。 しかし蓋を開けてみるとスーパーをはじめとする小売店への売上が、外食チェーンへの卸しができない分をカバーした形。 ちなみにビヨンドミートはスターバックスを取引先にしており、マクドナルドとの提携も進んでいます。 ビヨンドミートの決算はポジティブな材料のひとつとなりました。 【米国株動向】ビヨンド・ミート、スーパーマーケットにおける売上高が上昇 コロナで食肉供給不足に コロナウイルス感染拡大の影響で食肉供給の不足が話題になっています。 食肉工場は狭い空間に従業員が密集して仕事をしています。 そのため従業員同士がコロナウイルスに感染しやすい状況で食肉工場の閉鎖が相次いでいます。 アメリカだけではなく鶏肉、牛肉輸出国のブラジルでも食肉加工工場はアメリカと同じ理由で閉鎖が続いています。 つまり世界的に食肉供給の不足が懸念される事態になっているのです。 食肉の価格が高騰している 食肉の供給量が減ると当然、食肉価格は高騰します。 食肉加工の現場も通常営業ができず、食肉供給の現場が混乱しているためです。 しかしビヨンドミートにとって、この材料は追い風です。 ビヨンドミートの代替肉は基本的に一般的な肉よりも高価です。 価格差が縮まれば、ビヨンドミートにとって追い風になるでしょう。 代替肉がシェアをとれるチャンス 食肉生産の現場の混乱や肉価格の高騰は代替肉のシェア拡大のチャンスです。 代替肉のシェアが広まり食文化として定着すれば、ビヨンドミートの売上にもポジティブに働きます。 食肉生産の現場は世界的に混乱が続いており、代替肉市場がこれを機に拡大していく展開も十分に考えられます。 つまり今はビヨンドミートをはじめとする代替肉が市場を拡大できるかどうかの分け目のタイミングになるかもしれません。 ビヨンドミートのネガティブな材料 ビヨンドミートはポジティブな材料ばかりではありません。 むしろ絶対に避けたい銘柄だと考える市場関係者もいます。 値動きも激しく株価も高値から大きく下落した経緯もあり、順調な右肩上がりの業績とチャートの銘柄ではありません。 ネガティブな材料も見てみましょう。 競合他社も代替肉を開発している ビヨンドミートだけが代替肉をつくっている訳ではありません。 他にもケロッグ、シスコ、クローガー、ネスレなど代替肉に参入する企業は少なくありません。 ディズニーが代替肉でビヨンドミートではなく、インポッシブル・フーズを選んだことも話題になりました。 【米国株動向】ディズニーが植物由来代替肉ハンバーガーにビヨンド・ミートではなく、インポッシブル・フーズを選んだ理由 代替肉はビヨンドミートの専売特許ではないため、代替肉メーカー同士の競争が激しくなることも予想されます。 ビヨンドミートは割高と評価されることも多い ビヨンドミートの予想PERは900倍をこえています。 当然、PER900倍というのは非常に高い数値です。 一般的にPERは15倍以下なら割安と考えられています。 ITハイテク関連のPERの高い銘柄でも100倍程度であることを考えると、ビヨンドミートの株価は明らかに高すぎると感じる投資家が出てくるのも当然です。 ボラティリティの高い銘柄を取引するコツ ビヨンドミートは成長株で高値と安値の差も激しく、大きく値が上下に動いているボラティリティの高い銘柄です。 ビヨンドミートのポジティブな側面に注目して投資をする場合、心がけておくとよいことが2つあります。 1つ目はポジションを小さめにすること。 ボラティリティの高い銘柄はポジションを小さくすることで資産全体の影響が当然、小さくなります。 堅実な投資をするなら小さめのポジションを心がけましょう。 2つ目は損切りのラインに比較的、余裕をもつことです。 ビヨンドミートのようなボラティリティの高い成長株は、ロスカットの値幅を深く設定しないと損切りの繰り返しになりがちです。 また撤退するラインを予め決めておくことで慌てずに投資ができます。 More reading• 免責事項と開示事項 記事の作者、田守正彦は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の