ブッダ ブランド アルバム。 BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)、『これがブッダブランド!』発売記念特集

ブッダブランド ニューアルバム 2019年10月30日発売!

ブッダ ブランド アルバム

渡辺志保さんとDJ YANATAKEさんがの中でBUDDHA BRANDの新アルバム『これがブッダブランド!』リリースについてトーク。 アルバムのリスニングパーティーやDEV LARGEさんとのエピソードなどを話していました。 (渡辺志保)いま、バックでちょっと懐かしいというか、ド定番、ドクラシックの(BUDDHA BRAND『人間発電所』)のインストをヤナタケさんがかけてくださっているんだけども。 なぜこの曲をかけているかと言いますと、今週の日曜日、10月27日の午後4時から『これがブッダブランド!』リスニングパーティー&CQ 54thバースデーバッシュというイベントがございます。 CQさん、54回目の誕生日。 BUDDHA BRANDって当たり前だけども日本でヒップホップを聞いていれば通るじゃん? で、私が日本語のラップを聞き始めた時には……96、7年とかそれぐらい。 ちゃんと聞き始めた頃にはもうこの『人間発電所』がクラシック認定されてから聞き始めたので。 私にとっては、もちろんキングギドラの面々とかRHYMESTERのみなさんとかもそうですけども。 やっぱり、それこそリビングレジェンドというか。 私にとっては最初からレジェンドなみなさまという感じがしますし。 NIPPSさんもCQさんも会ったことはあるんだけど、ちゃんとお話をしたことはないんですよ。 (DJ YANATAKE)ああ、そうなんだ? おお、意外! (渡辺志保)そして絶対にCQさんもNIPPSさんも私に会ったことがあることは覚えてないくらいだと思う。 それぐらいのレベル。 もうBXカフェとかでベロベロになって……。 (DJ YANATAKE)でも知っているんじゃないの? 向こうもさすがに。 (渡辺志保)いやいや、わかんないっすよ。 だからこの日、10月22日(日)は北千住にあるJUICE BAR ROCKETにて、この偉大なイベントが夕方の4時から夜9時まで行われるということで。 ぜひぜひ。 で、なぜこのイベントが催されるのかというと、CQさんの54回目のバースデー。 そして『これがブッダブランド!』というBUDDHA BRANDのニューアルバムが出るっていう。 びっくりでしょう? 2019年のこのタイミングで……っていう。 (DJ YANATAKE)びっくりしました。 新作アルバム『これがブッダブランド!』 (渡辺志保)なので、そのあたりのお話ももちろん伺いたいですし。 いまのNIPPSさん、いまのCQさんがね、どういう風に制作活動とかしてらっしゃいのかなって個人的にもすごく興味がございますので。 そういったことを聞くイベントにしたいなと思っております。 というわけで、10月27日、今週の日曜日、北千住でお待ちしておりますので。 どうぞよろしくお願いします。 (DJ YANATAKE)せっかくなので、ちょっと話していいですか? これ、10月30日にね、「CDのみ」でリリースということで。 配信されないよ!っていうね。 (DJ YANATAKE)それにはいろんな理由があるんですけどね。 とりあえずCDでみんな買いに行っていただきたいというのと。 あとはこの間、アメトーーク、見ました? (渡辺志保)私、見たの。 リアルタイムで。 びっくりしちゃった。 あのさんぴんの……(笑)。 (DJ YANATAKE)あの時も……あのシュッシュッて(笑)。 韻を踏んでいる時にシューッてやるっていうのはあれはおもしろで言っていて。 でもあのカミナリの人たちが……「カミナリ(雷)」っていうとまた日本語ラップ界ではややこしいですね(笑)。 お笑いのカミナリの方々がすごい好きみたいで話をしていたけども。 BUDDHA BRANDの功績をさ、「なにを言っているのか意味がわからなくても、そのフロウとかを聞いていてかっこいい」みたいな説明をされいたんですが。 これ、リアルタイム経験者の私からしても、これは本当にその通りでございます(笑)。 俺なんか、すげえ酔っ払って。 めちゃくちゃ酔っ払っていて。 当時、渋谷のCAVEっていうクラブがあったんですよ。 (渡辺志保)はいはい。 (DJ YANATAKE)それでDEV LARGEに直接「この『人間発電所』って何を歌っているのかマジで意味がわかんないっす」って言ったことがあって。 そしたら「タケ、わかった。 こっち来い!」って言われて。 で、2人でイスに座っていきなりDEV LARGEが『人間発電所』の歌詞を全部書きだして。 「これはこうで、これはこうで……」って説明されたことがあるの。 (渡辺志保)ええーっ! 生Rap Geniusじゃないですか! DEV LARGEによる『人間発電所』歌詞解説 (DJ YANATAKE)だけど、酔っ払いすぎていて1個も覚えていないっていうね(笑)。 まあその時、聞きながらも正直、「なんだかよくわかんねえな?」って。 だけどめちゃくちゃ熱く説明をしてくれて。 そんな思いでがあったりもするんですけどもね。 まあまあでもね、『人間発電所』。 いまだに語り継がれているんでね。 まあ、BUDDHA BRANDの面白い話はいっぱいあると思うんで。 このトークショーで聞けるんじゃないですか? (渡辺志保)そうね。 ぜひぜひ聞いてみたいなって思っています。 (DJ YANATAKE)俺もね、今日の昼間にこのプロモーション部隊、来てもらって。 CDをいま手元に持っているんですけど、まだ聞けてないんで。 ちょっと帰ったらね、一足先に楽しみたいと思います。 (渡辺志保)どんな風になっているのか。 Lさんはどんな風にフィーチャーされてらっしゃるのかとかね、そういうのが気になるところです。 <書き起こしおわり>.

次の

ブッダブランド ニューアルバム 2019年10月30日発売!

ブッダ ブランド アルバム

ニューヨークで運命的に出会ったMC3人とDJ。 ラッパー/プロデューサー/レーベル・オーナーなど八面六臂の活躍をみせる、デヴ・ラージ。 多彩なボキャブラリーを駆使してヒネリのある詞を渋い声で繰り出すCQ。 難解なリリックでリスナーを翻弄するNIPPS。 そして、ニューヨーク仕込みのDJプレイで、クラウドを自由自在にロックするマスターキー。 彼らは95年に自主制作による12インチ・シングル「FUNKY METHODIST」を引っ提げ帰国、翌年、シングル「人間発電所」でメジャー・デビューを果たした。 彼らがすかさず大反響を呼び、「無敵の3本マイク、ブッダMC'S」と言わしめた理由には、かなりブッ飛んだコトバの言い回しが挙げられる。 それは例えば、「全身超ILL HIPHOP フロー者、いかれてる、いっちゃってる、異ノーマル、病んでるBUDDHA COMIN AT YA天下一ILLER」といった一節に顕著だ。 まるで日本語と英語をパズルのように巧みに組み合わせ、独自のコトバで強烈なパンチ・ラインを創造するのである。 また、デヴ・ラージが手掛けるトラックは、膨大なレコード・コレクションから厳しく選び抜かれた、70'sファンクやソウルの珠玉のネタを中心に構成され、原曲のドス黒いテイストを色濃く反映させている。 そしてこれまでの活動を凝縮し、最大限に注ぎ込んだ大作が00年リリースの『病める無限のブッタの世界〜 BEST OF BEST(金字塔)〜』だ。 音楽業界やヒップホップシーンに対する闘いの姿勢を中心としたリリックは、アルバム全体に張り詰めた緊張感をもたせ、男臭さを充満させたといえる。 ——彼らは作品をリリースするごとにセールス面でも成果をあげながら、自らの硬派スタンスを常に崩すことなく、マスとコアの両軸で絶妙にバランスをとっている稀有なアーティストだ。

次の

BUDDHA BRAND新AL『これがブッダブランド!』10月発売 ジャケはD.L画

ブッダ ブランド アルバム

Biography メンバー MC• DEV LARGE(デヴラージ)• CQ(シーキュー)• NIPPS(ニップス) DJ• DJ MASTERKEY(ディージェイ・マスターキー) 来歴 1988年にCQ、DJ MASTERKEYがニューヨークに渡り、1989年にDEV LARGE、NIPPSと出会い、前身グループ「うわさのチャンネル」を結成。 1990年にグループ名をBUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)に改名し、本格的に活動を開始。 1995年に日本に帰国し、翌1996年5月22日、シングル「人間発電所」でcutting edgeよりデビュー。 同年7月7日に開催されたヒップホップイベント「さんピンCAMP」に出演。 SHAKKAZOMBIEとのユニット大神としての出演や、DEV LARGEはLAMP EYEの「証言」のMCとしても出演。 1996年12月4日、シングル「黒船」を発売。 翌1997年4月23日にシングル「ブッダの休日」を発売し、同年11月12日にもシングル「天運我に有り(撃つ用意)」を発売。 また、当楽曲はトヨタ自動車「ハイラックス ピックアップ」のCMソングに起用、BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)自身もCMに出演。 1998年にDEV LARGEがレコードレーベル「EL DORADO RECORDS」を設立。 2000年1月26日、ミニアルバム『DON'T TEST DA MASTER』を発売し、同年3月15日にはベストアルバム『病める無限のブッダの世界 〜BEST OF THE BEST(金字塔)〜』を発売。 2003年、ベストアルバムの再編集盤『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のラップの世界』、『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のインストの世界』を同時発売。 2005年、MC3名によってILLMATIC BUDDHA MC'Sを結成。 2011年1月19日、DEV LARGEがBUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)関連音源を使用したミックスCD『D. L presents : Official Bootleg Mix-CD "ILLDWELLERS" g. a ILLMATIC BUDDHA MC'S Mixed by MUTA』をcutting edgeより発売。 メンバーそれぞれのソロ作品や客演作品からも選曲されており、ミックスはDJ MUTA(JUSWANNA)が担当。 このミックスCDを制作することになったきっかけについてDEV LARGEは、「出来の悪いBUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)のミックスCDが半ばオフィシャルな状態で勝手に出されてる」との報告を受け、「変なもんをブッダのファンが掴まされないためにオフィシャルを作らなければならないと思わされた。 」とコメント。 2015年5月4日早朝にDEV LARGEが急逝。 5月5日にK DUB SHINE、ZeebraらがTwitter等のSNSで報じ、6日にはDEV LARGEの所属レーベルであるPヴァインによって公式に発表された。 Discography シングル• 「人間発電所 プロローグ」(1996年5月22日) - 2003年12月3日再発売。 「黒船」(1996年12月4日)• 「ブッダの休日」(1997年4月23日)• 「天運我に有り(撃つ用意)」(1997年11月12日) - 2003年12月3日再発売。 ミニアルバム• 『DON'T TEST DA MASTER』(2000年1月26日) ベストアルバム• 『病める無限のブッダの世界 〜BEST OF THE BEST(金字塔)〜』(2000年3月15日) - 2枚組ベストアルバム• 『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のラップの世界』(2003年12月3日) - ベストアルバムの再編集盤。 『DEV LARGE プレゼンツ:病める無限のインストの世界』(2003年12月3日) - ベストアルバムの再編集盤。 アナログ• 「人間発電所 ORIGINAL '95 VINYL VERSION 」(1995年)• 「Funky Methodist」 (1997年)• 「ブッダの休日」(1998年)• 「REMIX KRUSH GROOVE4 」(1998年)• 「DON'T TEST DA MASTER」(1999年)• 「HI-JACK」(1999年)• 「RETURN OF THE BUDDHA BROS. 」(1999年)• 加藤ミリヤ「夜空」(2004年9月8日)• 「人間発電所」をサンプリング.

次の