性 同一 性 障害 診断 書。 性同一性障害でメンタルクリニックに通っています。改名のための診断書を...

性同一性障害の診断の流れ

性 同一 性 障害 診断 書

性同一性障害 GID の認知度が上がり、家庭裁判所から許可されやすい理由の1つです。 とはいえ、確実に許可される理由はないので、性同一性障害が理由でも改名の申立てが却下されることもあります。 性同一性障害を理由にした改名は診断書の有無が一つのポイントとなりますが、中には診断書がなかったり通院していないという方もいると思います。 中にはホルモン治療や手術によって名前と見た目が一致せず、生活で名前による支障が出ていて早く改名したいという方もいるでしょう。 ここでは性同一性障害を理由に改名したい方に向けて、家庭裁判所から改名の申立てが許可されるコツをまとめました。 診断書がない場合や治療をしていない 治療の予定がない 方も参考になるはずです。 性同一性障害の診断書が取得できる病院についてもまとめていますので、カウンセリングを受けたり治療をしたい方は問い合わせてみてくださいね。 改名は未治療でも家庭裁判所は許可する 性同一性障害を理由に改名が許可されるための条件は何があるのでしょう。 改名が許可される条件とは? 結論として治療の有無は関係なく、改名が許可される条件は「正当な事由」のみです。 正当な事由とは 「戸籍の名前によって生活する上で甚だしい支障が出ていること」です。 これは性同一性障害以外の理由も共通した改名が許可される条件です。 性同一性障害でホルモン治療や手術をされる方もいますが、性別に違和感を感じていて治療は望まないけど改名はしたいという方もいますよね。 名前の改名は「正当な事由」以外に規定がないので、性同一性障害の当事者は治療をしていないと改名できないということはありません。 そもそも性同一性障害の診断は治療が必須ではないですし、治療を望まない当事者もいますよね。 治療をしていない当事者でも、改名が許可される条件「正当な事由」を満たしていれば、家庭裁判所から改名の申立てが許可されます。 性別と名前の不一致による支障の内容 ・男性名 MTF ・女性名 FTM であることで精神的苦痛や本人確認に支障をきたす ・治療や手術により身体的に女性化・男性化することで戸籍の名前が通用しない ・名前と見た目が違うことで周囲に混乱を招く• 性同一性障害を理由に通院していること ・いつから通院しているのか ・診断が下りているのか カウンセリングの進行具合• 性同一性障害に関するホルモン治療や手術の有無 ・どこまでの治療や手術を行っているのか ・未治療で将来的に治療の予定がある場合はそれを書く• 名前を変更することによる社会的混乱がないこと ・改名する名前を通称名として使用していること ・通称名がどれだけの範囲で使用し社会的に認知されているのか ・望みの名前と性別で過ごしていること 性同一性障害の改名は、どのような支障があるのか、通院していることや治療により改名の必要性が高まること、改名後の新しい名前をすでに使用しており周囲の理解があること、名前を改名しても混乱が生じないことがわかるように書きます。 他にも進学や就職を控えている場合は、それらの影響も書きましょう。 私は自分の性別を女性 男性 と認識しているため、男性 女性 を表す戸籍の名前を使用することは耐えがたく、見た目と名前の不一致により本人確認などでも大きな支障が出ている状態です。 今後、性同一性障害の治療を予定しているため、今よりも名前による支障が出てしまい改名の必要性も高くなります。 改名への周囲の理解もあり望みの性別で過ごすこともできており、改名による社会的混乱は生じないと考えられるため、戸籍の改名を強く希望しています。 改名の申立書の書き方は箇条書きでもいいですし、伝わりやすい文章で改名が必要な理由やその経緯まとめましょう。 また、性同一性障害の改名で申立書にある申立ての理由の欄は「その他」を選択します。 「異性と紛らわしい」も選んでもいいかもしれませんね。 もし、通称名の使用期間が5年程度あるなら改名の理由は「通称を永年にわたり使用した」でも問題ありません。 性同一性障害を理由に改名する場合は、その他の欄に「性同一性障害 GID 」と記載する方が多いようですね。 性同一性障害の診断書を用意する 改名が許可されるためには、その理由を裏付ける証拠が必要です。 性同一性障害を理由にした改名だと、 診断書が効果的な証拠となります。 診断書がないと家庭裁判所は改名を許可しないということはないですが、あったほうがいいです。 使用実績などの改名の証拠の作り方 改名する名前を通称名として使っておく 性同一性障害の診断書に加えて、 通称名の使用実績も証拠として用意しましょう。 改名による社会的影響の度合いも許可の基準になるので、性同一性障害を理由にした改名でも通称名を使用して証拠を残しておくことは重要です。 いろんな使用実績がいいので、手紙、領収書、ネット通販の伝票など幅広く改名の証拠を作ります。 通称名の使用期間は性同一性障害の場合だと1年程度で許可されるようです。 改名の許可の判断は各家庭裁判所によって判断が異なりますが、 1年から3年の使用期間が目安です。 家庭裁判所によって通称名の使用期間が半年程度でも許可されることがあります。 性同一性障害の改名が許可されるためには診断書に注意 性同一性障害の改名の証拠になる診断書ですが、内容によって家庭裁判所から許可されないこともあります。 診断書の書き方 性同一性障害の改名で証拠として家庭裁判所へ提出する診断書は、 単なる性同一性障害の診断書では改名の証拠として不十分と判断されることがあります。 診断書は症状・治療・診断内容などを記載して医師が発行するものです。 性同一性障害の改名で使う診断書は、 性同一性障害であることだけでなく、改名に関する記述がある診断書だと安心ですね。 一般的には通常の診断書を家庭裁判所へ提出しても問題ないはずです。 診断書はガイドラインに準拠したもの 性同一性障害の診断書は日本精神神経学会のガイドラインに準拠したものと、そうでない診断書があります。 ガイドラインに準拠するかどうかは当事者が自由に選択できるので、ガイドラインを無視しても診断書を発行したり、治療を進めることは可能です。 ですが、 家庭裁判所がガイドラインを重視することがあるため、性同一性障害の改名がスムーズに許可されるためには、ガイドラインにそった診断書の方が好ましいと言えます。 ガイドラインに準拠せず一日で取得できるような診断書だと、改名の申立てが家庭裁判所から許可されるのが難しくなるケースもあります。 即日発行の診断書でも改名が許可されることもありますが、手堅くいくならガイドラインに準拠した診断書を発行してもらうのがいいでしょう。 ガイドラインに準拠してる場合は、その旨も申立書に明記しましょう。 病院で性同一性障害の診断書を取得する流れ• 病院の予約日に通院して即日発行 ガイドラインに準拠しない場合は、 最短で即日発行が可能です。 早く改名したい方や、ホルモン治療をするために即日発行の診断書を活用される方がいます。 即日発行の診断書は手間が省けて楽ですが、費用が高額になる傾向です。 診断書の目安費用5000円〜3万円程度 診断書は発行元の病院で治療を継続する場合のみ発行できる、といった条件を設けている病院もあります。 ちなみにホルモン治療や手術を行う場合、病院やクリニックによってガイドラインを無視しした即日発行の診断書が使えない場合があるのでご注意ください。 性同一性障害のカウンセリングや診断書が発行できる病院一覧 性同一性障害の専門知識を持つ医師はまだまだ少なく、診断書を発行できる病院は限られています。 一昔前は大学病院くらいにしかなく、大学病院だと初診予約だけで1年待ちもザラだったようですね。 ガイドラインにそうにしても、即日発行の診断書をもらうにしても、遠方まで通院する必要がある方もいるでしょう。 性同一性障害の病院探しは大変ですが、NPOなどの自助グループや支援団体などに問い合わせてみるのも一つの方法です。 病院のホームページに性同一性障害の記載がない場合もあるので、直接問い合わせましょう。 かかりつけ医に相談して性同一性障害の診断書を書いてもらう例もあるようです。 また、病院の何科に通えばいいのか、という疑問もあると思いますが、性同一性障害のカウンセリングは心療内科や精神科です。 ホルモン注射や手術となると、泌尿器科・婦人科・美容外科などがあります。 病院によって性同一性障害の専門外来を設けており、ジェンダークリニック・ジェンダー外来・GID外来などの名称で受診できる病院があります。 即時抗告• 治療を始めてから再申立て• 通称名の使用実績を用意する 即時抗告 即時抗告とは 不服申し立てのことで、却下の審判を受けてから2週間以内であれば可能です。 家庭裁判所にて即時抗告を行い、その後、審判に変更がなければ高等裁判所で審査されます。 必ず即時抗告が認められるわけではないですし、即時抗告できたからといって許可されるわけでもありません。 治療を開始してから再申立て 治療の予定がある方は性同一性障害の治療を始めることで、外見と名前の不一致などによる支障が立証しやすくなります。 これは 性別変更と同時に改名を申立てる場合も同じです。 性同一性障害という理由だけでなく、性別変更も理由に改名を申立てましょう。 改名の許可条件は「正当な事由」であって、生活上、甚だしい支障があると判断された場合に許可されます。 何らかの治療を開始していたり、手術を終えていて性別変更を行う場合は、「正当な事由」として許可されやすいです。 改名したいけど診断書がない・治療もしていない場合は? 性同一性障害を理由に改名するなら診断書は必要です。 医学的な病名となっているので、診断書がないと性同一性障害であることの証明が難しくなります。 性同一性障害の診断書がなかったり、ホルモン治療や手術を望まない方、治療の段階ではない方は、 通院歴や通称名で生活して既成事実を積み上げて改名の必要性をアピールしましょう。 病院に通院していないという場合は、長期的に通称名を使用することで改名できる可能性があります。 この場合は「永年使用」での改名の申立てを検討しましょう。 改名まで約1年かかって念願の「理想の名前」を手に入れました! 通称名自体は申し立てる数年前から使用していましたが、途中で通称名が変わった経緯があります 自分と同じように名前で苦しんだり改名で悩んでいる人に向けて、役立つ情報提供になるサイトを目指しています! 弁護士に相談するのは気が引ける・・・誰に相談していいのかわからない・・そんな方も多いのではないでしょうか。 当サイトを通したメールでのお問い合わせは、完全無料で時間制限も回数制限もありません。 気軽にご相談いただければと思います。 「改名しようか悩んでいる」「改名できるのか知りたい」など、どんなに些細なお悩みも親身に対応いたします。 あなたの改名のお役に立てれば嬉しいです!.

次の

莉犬くん素顔や性同一性障害を告白!家族や炎上騒動も調査!|ぶひチューバ―TV

性 同一 性 障害 診断 書

診断の正しい流れと気をつけるべき点や診断基準、 費用、診断を受けるメリットと意味についてまとめてあります。 目次 ・診断を受けるメリット ・診断のステップ1 〜まずは精神科へ〜 ・診断基準 〜医師はどこを見て診断する?〜 ・気をつけるべき点 〜重要なのはあなたの意思〜 ・診断のステップ2 〜治療はあなたの自由〜 ・ホルモン治療について ・性別適合手術について ・治療は保険がきかない? ・費用はどのくらいかかる? 診断を受けるメリット 医師が悩み相談にのってくれるので、 日常生活での問題を解決するために協力してくれます。 診断を受け正式に性同一性障害と認められることで、 病院での治療がうけれるようになります。 ホルモン療法と性別適合手術 治療をうけることで性の不一致の苦痛を取り除き 本来のあなたとして生きていけるようになります。 性別適合手術を受ければ戸籍変更 名前と性別 が可能になります。 診断のステップ 〜まずは精神科へ〜 正式に性同一性障害と診断されるためには まず精神科かジェンダークリニックの病院へ行く必要があります。 できればジェンダークリニックが望ましいです。 そこで性同一性障害かもしれないと言い、診察を受けてみましょう。 そして 二人以上の精神科医が性同一性障害であると診断した場合に 正式に性同一性障害と認められます。 精神科医があなたにしてくれることは次の3つです。 ・性同一性障害かどうかの診断 ・精神的サポート〔日常生活における悩みなどの相談〕 ・本人の意思の確認〔これからどうしたいか、どう生きたいか〕をした上での解決の手助け 診断基準 〜医師はどこを見て診断する?〜 診察を受けたい方が最も不安に思うのは、自分は本当に性同一性障害 以下GID なのかどうかということです。 この点についてわかりやすく説明しましょう。 診断を下すのは医者です。 つまりあなたがGIDかどうかを決めるのは医者です。 では医者はなにを基準に決めるでしょうか。 「治療の必要があるかどうか」です。 わかりやすく言いますと、医師が判断するのはあなたがGIDかどうかではなく治療の必要があるかどうかなのです。 つまり仮にあなたが本質的にGIDであったとしても治療の必要性がなければ「GIDではありません」となるのです。 なので否定されたからといって落ち込むことはありません。 結局GIDかどうかを決めるのはあなた自身なのです。 GIDと診断されたければ治療の必要性を説明することが重要です。 具体的に言いますとどれだけ苦痛を感じているか、どれだけ日常生活に支障をきたしているかを医師にしっかり伝えることです。 これについては国際的な診断基準が定められています。 以下の4つの観点から治療の必要性を考慮します。 ・自分の性別に対して持続的な違和感を感じているか ・体の性別とは逆の性別になりたいという意思がある、もしくは実践しているか ・日常生活でどれだけ苦痛を感じているか ・日常生活を送る上で大きな障害になっているか 医師はこの4つの観点からあなたに質問をしてくるので、悩みの大きさをしっかり伝えましょう。 この4つを満たしていてなおかつ悩みが深刻な場合、性同一性障害と診断されます。 気をつけるべき点 〜重要なのはあなたの意思〜 性同一性障害の診断は専門家でも難しく、 正しい診断結果がでるとは限りません。 また、本質的に性同一性障害であっても 悩みが深刻でなければ診断されません。 診断基準はあくまで治療の必要があるかどうかです。 納得のいかない診断結果の場合、 別の精神科医に再度診断してもらうことができます。 認められなくても落ち込む必要はありません。 最も大切なのはあなたの意思だということを忘れないようにしましょう。 診断のステップ2 〜治療はあなたの自由〜 二人以上の精神科医に認められたら次のステップ、つまり治療を受けれるようになります。 ただし性同一性障害は病気ではありませんので 治療するかどうかは本人が決めれます。 治療の内容は大まかに3つに分けられています。 (1)カウンセリングによる悩みの解決と克服 (2)ホルモン治療 (3)性別適合手術 医師と共に これからあなたがどうしたいか、どうなりたいかについて話し合いながら決めていきます。 あなたが望むのであればホルモン治療と性別適合手術に進みます。 それぞれに適した病院を医師が紹介してくれます。 ホルモン治療について 性ホルモンを投与して理想の性別に体を近づける治療法。 日常的に行わなければならない治療であり、 どのような効果があって、どのような副作用が生じるのかをしっかり理解した上で開始します。 生じる変化としては、 男性から女性へ(MTF)では乳房が大きくなる、精巣の収縮あるいは勃起力の消失などがあります。 女性から男性へ(FTM)では生理の消失や声変りなどがあります。 性別適合手術について 性別適合手術とは俗に言う性転換手術のことです。 性別適合手術はそれぞれ精巣切除、 子宮卵巣摘出を行うので永久的に生殖能力を失う、後戻りのできない手術です。 治療は保険が効かない? 性同一性障害は病気ではありませんので、 保険適応はうけれません。 治療費は3割負担でなく全額負担になるということです。 個人でホルモン治療をしている方が多いのはこのためです。 精神科での診察は保険が効きます。 費用はどのくらいかかる? 精神科での診察は初診料が 1000〜3000円程度、 その後は毎月2000円程度です。 〔基本的に月に一度の通院です〕 診断は慎重に行われるため結果が出るのに 半年〜1年かかるのが一般的です。 場合によっては2年かかることもあります。 専門的な知識のない医師の場合、 紹介状をかいてもらい、別の病院を受診することになります。 この場合、紹介状の費用が 1000〜1500円ほどかかります。 診断する上で場合によっては身体検査が行われます。 費用は 1000〜3000円ほどです。 ホルモン療法の費用・・・一年当たり20万前後 性別適合手術の費用・・・およそ200〜300万 ホルモン療法と性別適合手術の費用は病院によって大きく異なります。 治療方法も病院ごとに違います。 病院のホームページなどを見て、 自分自身で情報を集めたうえで 医師の方と相談して決めましょう。 その方が納得して治療を受けれると思います。 総括 ・性同一性障害の診断はまずは精神科へ ・二人以上の精神科医に認められることで正式に性同一性障害となり治療が受けれる ・治療には精神的サポートとホルモン療法と性別適合手術の三種類がある ・ホルモン療法、性別適合手術は保険が効かない 望む自分になるために 性同一性障害の悩みは周囲や親に思い切って打ち明けても 理解されないことがほとんどです。 相談できる相手がいないのがつらい所です。 精神科でカウンセリングを受けることは治療を抜きにしても きっとあなたにとって大きな支えとなるはずです。 自分がどうなりたいのか、なにを望んでいるのかを伝え 軽い気持ちで受けてみてはいかがでしょうか。 <スポンサーリンク> 関連ページ ・性同一性障害の診断の流れ.

次の

2017.8.31~性同一性障害の方の被保険者証の通称使用

性 同一 性 障害 診断 書

診断の正しい流れと気をつけるべき点や診断基準、 費用、診断を受けるメリットと意味についてまとめてあります。 目次 ・診断を受けるメリット ・診断のステップ1 〜まずは精神科へ〜 ・診断基準 〜医師はどこを見て診断する?〜 ・気をつけるべき点 〜重要なのはあなたの意思〜 ・診断のステップ2 〜治療はあなたの自由〜 ・ホルモン治療について ・性別適合手術について ・治療は保険がきかない? ・費用はどのくらいかかる? 診断を受けるメリット 医師が悩み相談にのってくれるので、 日常生活での問題を解決するために協力してくれます。 診断を受け正式に性同一性障害と認められることで、 病院での治療がうけれるようになります。 ホルモン療法と性別適合手術 治療をうけることで性の不一致の苦痛を取り除き 本来のあなたとして生きていけるようになります。 性別適合手術を受ければ戸籍変更 名前と性別 が可能になります。 診断のステップ 〜まずは精神科へ〜 正式に性同一性障害と診断されるためには まず精神科かジェンダークリニックの病院へ行く必要があります。 できればジェンダークリニックが望ましいです。 そこで性同一性障害かもしれないと言い、診察を受けてみましょう。 そして 二人以上の精神科医が性同一性障害であると診断した場合に 正式に性同一性障害と認められます。 精神科医があなたにしてくれることは次の3つです。 ・性同一性障害かどうかの診断 ・精神的サポート〔日常生活における悩みなどの相談〕 ・本人の意思の確認〔これからどうしたいか、どう生きたいか〕をした上での解決の手助け 診断基準 〜医師はどこを見て診断する?〜 診察を受けたい方が最も不安に思うのは、自分は本当に性同一性障害 以下GID なのかどうかということです。 この点についてわかりやすく説明しましょう。 診断を下すのは医者です。 つまりあなたがGIDかどうかを決めるのは医者です。 では医者はなにを基準に決めるでしょうか。 「治療の必要があるかどうか」です。 わかりやすく言いますと、医師が判断するのはあなたがGIDかどうかではなく治療の必要があるかどうかなのです。 つまり仮にあなたが本質的にGIDであったとしても治療の必要性がなければ「GIDではありません」となるのです。 なので否定されたからといって落ち込むことはありません。 結局GIDかどうかを決めるのはあなた自身なのです。 GIDと診断されたければ治療の必要性を説明することが重要です。 具体的に言いますとどれだけ苦痛を感じているか、どれだけ日常生活に支障をきたしているかを医師にしっかり伝えることです。 これについては国際的な診断基準が定められています。 以下の4つの観点から治療の必要性を考慮します。 ・自分の性別に対して持続的な違和感を感じているか ・体の性別とは逆の性別になりたいという意思がある、もしくは実践しているか ・日常生活でどれだけ苦痛を感じているか ・日常生活を送る上で大きな障害になっているか 医師はこの4つの観点からあなたに質問をしてくるので、悩みの大きさをしっかり伝えましょう。 この4つを満たしていてなおかつ悩みが深刻な場合、性同一性障害と診断されます。 気をつけるべき点 〜重要なのはあなたの意思〜 性同一性障害の診断は専門家でも難しく、 正しい診断結果がでるとは限りません。 また、本質的に性同一性障害であっても 悩みが深刻でなければ診断されません。 診断基準はあくまで治療の必要があるかどうかです。 納得のいかない診断結果の場合、 別の精神科医に再度診断してもらうことができます。 認められなくても落ち込む必要はありません。 最も大切なのはあなたの意思だということを忘れないようにしましょう。 診断のステップ2 〜治療はあなたの自由〜 二人以上の精神科医に認められたら次のステップ、つまり治療を受けれるようになります。 ただし性同一性障害は病気ではありませんので 治療するかどうかは本人が決めれます。 治療の内容は大まかに3つに分けられています。 (1)カウンセリングによる悩みの解決と克服 (2)ホルモン治療 (3)性別適合手術 医師と共に これからあなたがどうしたいか、どうなりたいかについて話し合いながら決めていきます。 あなたが望むのであればホルモン治療と性別適合手術に進みます。 それぞれに適した病院を医師が紹介してくれます。 ホルモン治療について 性ホルモンを投与して理想の性別に体を近づける治療法。 日常的に行わなければならない治療であり、 どのような効果があって、どのような副作用が生じるのかをしっかり理解した上で開始します。 生じる変化としては、 男性から女性へ(MTF)では乳房が大きくなる、精巣の収縮あるいは勃起力の消失などがあります。 女性から男性へ(FTM)では生理の消失や声変りなどがあります。 性別適合手術について 性別適合手術とは俗に言う性転換手術のことです。 性別適合手術はそれぞれ精巣切除、 子宮卵巣摘出を行うので永久的に生殖能力を失う、後戻りのできない手術です。 治療は保険が効かない? 性同一性障害は病気ではありませんので、 保険適応はうけれません。 治療費は3割負担でなく全額負担になるということです。 個人でホルモン治療をしている方が多いのはこのためです。 精神科での診察は保険が効きます。 費用はどのくらいかかる? 精神科での診察は初診料が 1000〜3000円程度、 その後は毎月2000円程度です。 〔基本的に月に一度の通院です〕 診断は慎重に行われるため結果が出るのに 半年〜1年かかるのが一般的です。 場合によっては2年かかることもあります。 専門的な知識のない医師の場合、 紹介状をかいてもらい、別の病院を受診することになります。 この場合、紹介状の費用が 1000〜1500円ほどかかります。 診断する上で場合によっては身体検査が行われます。 費用は 1000〜3000円ほどです。 ホルモン療法の費用・・・一年当たり20万前後 性別適合手術の費用・・・およそ200〜300万 ホルモン療法と性別適合手術の費用は病院によって大きく異なります。 治療方法も病院ごとに違います。 病院のホームページなどを見て、 自分自身で情報を集めたうえで 医師の方と相談して決めましょう。 その方が納得して治療を受けれると思います。 総括 ・性同一性障害の診断はまずは精神科へ ・二人以上の精神科医に認められることで正式に性同一性障害となり治療が受けれる ・治療には精神的サポートとホルモン療法と性別適合手術の三種類がある ・ホルモン療法、性別適合手術は保険が効かない 望む自分になるために 性同一性障害の悩みは周囲や親に思い切って打ち明けても 理解されないことがほとんどです。 相談できる相手がいないのがつらい所です。 精神科でカウンセリングを受けることは治療を抜きにしても きっとあなたにとって大きな支えとなるはずです。 自分がどうなりたいのか、なにを望んでいるのかを伝え 軽い気持ちで受けてみてはいかがでしょうか。 <スポンサーリンク> 関連ページ ・性同一性障害の診断の流れ.

次の