ファントム バイブレーション シンドローム。 幻想振動症候群(ファントムバイブレーションシンドローム)にご用心

自律神経失調症にも繋がるファントム・バイブレーション・シンドロームとは?

ファントム バイブレーション シンドローム

先日のモーニングクロス内のオピニオンクロスのコーナーで、スマホ依存について放送していました。 ここで使われていた「 ファントム・バイブレーション・シンドローム」という言葉。 聞き慣れない言葉ですが、おそらくあなたも経験したことがあるはずです。 ファントム・バイブレーション・シンドロームとは? あなたにはこんな経験がありませんか? 携帯電話のバイブレーション機能による着信通知を日頃から気にかけている人が、 着信がないにもかかわらず、携帯電話が振動したかのように錯覚してしまう。 え?私ですか。 もちろんあります! ズボンに入れていたスマホが、「あ、きた!」と思って見てみると、全く何もなかったこと。 結構ありますよ。 この現象、 仕事などで着信を必要以上に気にかけすぎていたり、着信が来てほしいと求めている人が陥りやすい錯覚のことで、日本語では「 幻想振動症候群」と言います。 自分自身を振り返ってみると、バイブレーションの着信だとなかなか気づかないことが多くて、ふとスマホを見てみると「あ、着信があった!」と思うことが多々あるんですよね。 そのせいで、必要以上に着信に気を持っていかれていたのかもしれません。 自律神経失調症の原因にも この症状、着信を常に意識してしまうことで、 自律神経のバランスが崩れてしまい、自律神経失調症やうつ状態を招きやすくなってしまうんです。 スマホ依存がこういった症状を生み出してしまうのは困ったものです。 それなのにも関わらず、多くの人がそれの気づいておらず、どこでもスマホ・スマホ・スマホ・・・なんですよね。 意識的にスマホを「使わない」 正直、スマホを使って便利な世の中になったのに、自律神経のバランスが崩れて病気になってしまうとか 矛盾甚だしい出来事です。 スマホの使用でこうなってしまうのであれば、答えは1つ。 スマホを意識的に「使わない」ことです。 オピニオンクロス内では、以下の対策が語られていました。 ポケットに入れている人は、カバンに入れておいて一定時間は見ない。 一定時間は電源を切っておく。 スマホ依存対策アプリを使用する。 電波の届かない場所に行く。 私、これを見た後に早速やってみました! 近くのコメダ珈琲に行く際、あえてスマホを家に置いていきました。 いつもコメダに行って、「ブログを書こう!本を読もう!」とか思って出かけているのに、スマホを持っていくと、そっちに使う時間が多くなってしまい遅々として作業が進まないケースがあったんです。 さて、スマホを家に置いていったらどうなったか。 めちゃめちゃ作業がはかどりました!!これ、ほんと。 効果抜群です。 スタンフォードでも語られていた この話を聞いた時、思い出した本がありました。 もう何度も繰り返し読み、聞きしている本に『スタンフォードの自分を変える教室』という本(オーディオブック)があります。 再生時間:9時間18分 オーディオブックに関してはこちらをどうぞ この本の中に、仕事中にキャンディーを食べてしまうのを我慢する方法が書かれていました。 我々が欲望に勝てなくなってしまうのは、そのモノが自分の目に入った時、脳内にドーパミンが分泌されることで欲求が高まってきてしまうからなんです。 だとすれば、 自分の目に入れなければいいだけなんですよね。 キャンディーを我慢させる実験では、キャンディーの瓶を机の上に置かず、引き出しにしまうだけで、その人のキャンディーを食べてしまう量が3分の1に減ったそうです。 スマホを家に置いて出かけるというのは、まさにこの働きだったんでしょうね。 これは、カフェの後用事があるのでスマホを家に置いていくことはできないという方にも朗報ですよね。 スマホを持っていっても、自分の目が届かない場所にしまってしまえば、スマホ依存から脱却できるということですからね。 スマホが震えていないのに震えている間隔を持ったことのある方、遅くないです。 その症状に気づいた時が変え時ですよ! これからは、カフェに行く際はカバンの中から取り出さないとか、電車に乗ったら電源を切ってしまうとか、意識的にスマホから離れてみるのはいかがですか? yonyon2017.

次の

ファントムバイブレーションシンドローム(幻想振動症候群)とは │ 日本人が知らない心理学ブログ

ファントム バイブレーション シンドローム

日常生活でほとんどの人が経験している現象たち。 そんな身近な現象でも、名前を知らないものが意外とあることに気がついた。 今回はそんな身近だけど名前が知られていないものを紹介しよう。 ペトリコール 雨が降った時に懐かしく感じるあの匂いのこと。 実はあんなものにも名前が付いていたのだ。 ジェオスミンは雨が降ったあとの地面の匂いを持つ有機化合物の一種で、デカリン誘導体のアルコール。 ゲオスミンは雨によって土中から大気中に拡散し、独特の雨上がりのにおいのもとになる。 (引用元:) このにおいが好きな人もかなりの数いるという調査結果もある。 何を隠そう私もあの匂いが好きだ。 ファントムバイブレーションシンドローム たまに携帯のバイブが鳴ったと思ってポケットから出したのに、メールも着信も来ていないことがある。 携帯を持っている人なら誰でも経験したことがあるはずだ。 この現象にはファントムバイブレーションシンドローム(幻想振動症候群)という名前がついている。 ほとんどの人は学校や職場、電車などの公共交通機関を使用しているのでマナーモードにしている。 そのうえ、常に友達や同僚などから連絡が来ていないか気にかけているので振動に対する感覚が過敏になっている。 このような背景があり、洋服のこすれなどを振動と錯覚してしまうことが原因とされている。 さらに心的ストレスとの関連性も指摘されている。 ケイ効果 お風呂で頭を洗う時に使うシャンプー。 これをお風呂場の床に垂らすとこの現象を確認することができる。 シャンプーをできるだけ細く垂らすとまるで生き物のような動きで跳ねる現象のこと。 言葉では説明しづらいので参考動画をどうぞ。 ちなみにこの現象はとても細くシャンプーを垂らさないと起こらないので、実際にはお風呂場での再現は難しいかもしれない。 ジャーキング 授業中や会議中など、寝てはいけない時ほど眠くなる。 机に突っ伏して寝ていると、たまにとてつもない騒音を立ててビクついてしまうことは無いだろうか? この現象にはジャーキングという名前がついている。 眠りに落ちる際に筋肉が不随意運動(無意識で起こる運動)を起こすのが原因であるとされている。 無理な体制で寝た場合に起こりやすい。 これがひどい場合は周期性四肢運動障害と診断され、普通に寝ている時にもずっとジャーキングしているようだ。 舌先現象 年をとってくるとこの現象が頻繁に起こる。 これを直訳すると、舌先現象となる。 英語の頭文字を取ってTOT現象とも呼ばれる。 イヤーワーム 日常生活で聞いた音楽が妙に頭に残ることは無いだろうか?これはイヤーワーム現象と呼ばれ、外国人にも共通して起こっている。 シバリング おしっこをした後に体がブルッと震える現象のこと。 これはおしっこによって体外に排出された熱を取り戻そうとする生理現象だ。 ジャネーの法則 小学校の頃は15分の休み時間でもボールを持って外に遊びに行っていた。 だが、今15分休憩があったとしたらトイレに行って、お茶を飲んで終わり位の感覚だ。 この年をとると時間の経過が早く感じてしまう現象のことを『ジャネーの法則』という。 これは心拍数と密接な関係があるという説がある。 ネズミの一生は3年、とゾウの一生は60年と20倍の開きがあるが、どちらも死ぬまでの時間感覚は同じになる。 これはねずみの心拍数はゾウの20倍早いためである。 子供の頃は体が小さく心拍数が高い。 また、初めての経験でドキドキすることも多いので更に心拍数は高い。 そのため、こども時代の1年は非常に長く感じるという。 ダイラタンシー ダイラタンシー現象は強い圧力をかけると固体のように、弱い圧力だと液体のようにふるまう現象。 実は家にあるものでこの現象を確認することができる。 片栗粉と水を体積で1:2(重さで1:1.3)でよく混ぜ合わせる。 これを強く握ると硬くなるが、離すと液体のように流れ出す。 実はこの現象はあるものに応用されている。 それは防弾チョッキだ。 人が着て動くくらいでは液体のように柔らかいが、銃弾が当たって高い圧力が加わると硬くなり貫通を防ぐ。 」と思うことがある。 ただ、雑誌などでメンバーの一人に焦点を当てた写真を見ると、「やっぱりモデルさんや女優さんの方が可愛いな。 」と思う。 これはチアリーダー効果と呼ばれる現象だ。 集団で見ると可愛いけど、個人個人を見るとそうでもない。 だから、アイドルは大人数になるんだろうなあ。 私は大人数の飲み会でこの現象を体験することが多い。 これは海外では「Cocktail party effect」と呼ばれている。 日本ではこれを直訳してそのまま用いられている。 いくらうるさくて聞こえないだろうと思っていてもこの効果で意外と聞こえているのだ。 蔭口言う時は気を付けよう。 合わせて読みたい記事•

次の

作業の前に手っ取り早く集中モードに切り替える3つのテクニック

ファントム バイブレーション シンドローム

ファントムバイブレーションシンドロームをご存知ですか? IT社会ならではの現代病とも言え、ビジネスマンや携帯電話を多く使用する人が掛かりやすいようです。 携帯をポケットとかにいれてバイブレーターにしていると、鳴って(?)もいないのに振動しているかのような気がしたのでポケットに手を入れて確認してみたものの、実際には振動していなかった…というような経験はないでしょうか。 私も日常携帯を手放せないのでこんな経験を何回もしています。 得意先から電話がかかってくることが多いので、電話に出損ねてはいけないと、思っている自分だけかね、と思っていたら結構こんな体験をしている人が多いことを知りました。 しかも、この現象は日本だけでなく、携帯をもっているあらゆる国の人が体験しているようなのです。 クリーブランドの大学病院の行動医学プログラムの責任者であるJeffrey Janata氏によると、携帯電話利用者が振動に用心深くなっているときに、この体験に襲われる可能性が高いそうです。 これを ファントムバイブレーションシンドローム=phantom vibration syndromeと呼ぶそうです。 なるほど、私の場合も前述のとおり電話を待っているときに特に振動していると感じることが多いのです。 この振動してもいないのに振動していると感じてしまうメカニズムは、携帯電話利用者が振動する感覚を規則正しく経験することで、脳がその感覚を学習してしまうからだとのことです。 また、イリノイ大学の感覚・知覚教授であるAlejandro Lleras氏によると、振動を検出することを学ぶことは、知覚の学習プロセスの一部であるそうです。 つまり携帯電話が振動することに反応することを、脳が習慣として学習することによって、振動する感覚に過敏になった結果、実際に振動していないにもかかわらず、携帯電話が振動しているかのように感じることが起きるというわけです。 予防法ということには触れられていませんが、自分の場合を省みてみると電話に意識がないときは反対に振動していても気づかないことがあります。 人間の行動や知覚のプロセスに従ったものなので、私一人の症状ではないようですしちょっと安心しました。 そういえば、電車の中でおもむろに携帯電話を取り出して確認したあとに何事もなかったように携帯電話をしまう人を見ることがあります。 こういう人たちもきっと私と同じなんでしょうね。 「インターネットマーケティングって何?」の答えは、で•

次の