あま お と の 庭園。 あまママほりっく@公式サイト

日本庭園の基礎知識 まずは形式・分類を覚えよう 〜 「○○式庭園」って何?

あま お と の 庭園

概要 [ ] 集会、交流、留置、作業などを目的とした庭ではなく、観賞、道道、思索などを目的とするとされる。 また一部には、特定のやを投影したものもある。 庭園は自然にできることはなく、形、石の配置、樹木の選択と組合せ、通路の作り方、建物の見せかたなどすべて計画し、デザインされている。 つくる目的や方法は、時代や民族、宗教などによって異なり、さまざまな様式を生み出した。 しかし、いずれも人々が理想とする環境を映し出そうとする点では共通している。 、、パラダイスなどの現世的空間が庭園なのである。 庭園は、作られたときには私的なものがほとんどだが、近代になって多くが、市民が楽しめる公的・公園的なあつかいをされるようにもなっていく。 なお、皇室が所有するものは、 御苑(ぎょえん)と称される。 欧米の garden は人工美を追求し、花壇や池などの幾何学的デザインを誇り、自然は征服すべきという考え方を象徴し、日本の庭園は自然美を生かし、岩や木や池なども自然を模し、自然の縮図を目指し、人間が自然と一体であるという考え方を象徴する。 形式 [ ]• サラセン式庭園 - サラセン式庭園とは、外側に厚い壁を持った「パティオ」と呼ばれるを発達させた庭園。 パティオは中庭であるため、周囲を建物で取り囲まれた小空間であるが、その中央に池や噴水、カナール(流れ、水溝)を配し、さらに色彩の豊かな色タイルの床、美しい花壇などが特徴である。 中央に噴水や池が設けられることで、鉢植えなどにして置かれた樹々とともに、場所に清涼感を与えている。 中世初期にイスラム教徒であるアラビア人系のサラセン人が征服した地域は、西は北アフリカ沿岸からイベリア半島まで、東は中央アジアからインドまでに至るが、サラセン人はそれぞれの地でその地の文化を取り入れ、次の特徴ある庭園様式を形成している。 サラセン式の特徴は,すべてパティオと呼ばれる中庭式の庭園であり、雨量が少なく乾燥し熱い日ざしの気候と外敵を防ぐことが理由となって発達した。 以下の形式がある。 ペルシャ・サラセン式庭園 - 長方形の中庭を、二本の直交する園路で四分し、園路に沿ってカナール設け、その交点に浅いプールや園亭などが置かれる形。 が代表作で、これが初期のスタイルで、後で生まれるスペイン・サラセン式庭園やインド・サラセン式庭園はこれが源泉となっている。 スペイン・サラセン式庭園 - その代表的なものはスペイン・グラナダに現存するアルハンブラ宮殿のアルベルカ、アラヤネスの中庭、フェネラリフェ庭園、セビリアのアルカサル庭園、など優れた庭園がある。 これは7世紀末スペインを征服した時につくられた形式で、スペインに侵入したサラセン人は、パティオの周囲は壁や柱廊で囲む。 壁や柱、床には色タイルで独特の模様が描かれている。 現在もスペイン文化圏ではこの庭園様式での庭園が作られている。 インド・サラセン式庭園 - 10世紀インドに侵入したサラセン人が従来のインド文化と融合してつくった様式の庭園。 庭園を直交するカナールで四分し、その交点に四角形の檀を作り、その上に大理石の噴水池を設けている。 ムガル王朝の庭園でのタージ・マハールがこの種の代表的庭園である。 これも他のサラセン式のものをそのままの形で再現しているのではなく、スペインで確立したパティオとペルシャの水盤・水工・植栽技巧などをインドの風土に合わせ改変して拡大し、許容して継承している。 ガーデン・オーナメント:パーム・ハウスの古典的な骨董花瓶、の 庭の飾り・ガーデンオーナメントは、庭、風景、そして公園の景の強化と装飾のために使用される要素である。 これには以下のとおり• 鳥のえさ箱• コラム - キャストストーン(での石)• のある岩と縞石• 水傘・ウォーターゲーム ()• - モチーフタイプ• 凝視球 ヤードグローブ ()• - のや• () - 装飾備品• 品など、などでのの品、の、の 等• 運動彫刻• 再生可能エネルギー彫刻 ()• バスタブマドンナ(人工洞窟) ()• コンクリートのガチョウ ()• 芝生の騎手• プラスチックピンクフラミンゴ ()• ()- 小規模の装飾品• - 小さなバージョン• - 例えば、• ギャラリー [ ]• ブッチャート・ガーデンズ• ムガル庭園• ニシャットバグ• ヤダヴィンドラ庭園(Pinjore)• Charbagh• バグ(庭)• バグエバブール• シャリマーバグ(スリナガル)• 水浴地(カンボジア)• ポー中庭• プラケーオ中庭(タイ)• バンパイン離宮(タイ・アユタヤ)• 中国庭園• (マカオ)• 夏の宮殿• ホッカイパーク• ・プリンスゴングマンション• 八芳園 など• アジアイスラーム系• - ムーア建築と庭園• (スペイン)• 離宮(スペイン)• (ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたグラナダの世界遺産としての名称)• の・オレンジのパティオ(スペイン)• 大モスク(・)• マディーナ・アッ=ザフラー(スペイン・コルドバ)• 城の庭園(スペイン・)• クトゥビーヤ(モロッコ・マラケシュ)• シェーラ墓所(モロッコ・)• バニー・ハンマードの要塞都市庭園・タールアル=パフル()• アグラプ朝の貯水槽(・カイラワーン)• アズハル公園(2005年に開園(・)• アズパキーヤ庭園(イズベキーヤ庭園)(エジプト・カイロ)• フスタート市街地園(エジプト)• シャングリラ館(アメリカ合衆国・ハワイ・ホノルル)• 地中海風の庭園• 古代ギリシャとヘレニズムの庭園• 古代ローマの庭園• - 庭園に進化• ヴェッティの家 - ポンペイ• オルティサルスティーニ• ビザンチン庭園• スペイン庭園・アンダルシア風パティオ• スペイン・公共庭園• ・デ・ヘラクレス、セビリア(1574)• パセオ・デ・サン・パブロ・デ・ (セビリア)(1578)(破壊された)• レアル・ジャルダン・ボタニコ・デ・マドリッド(、1781)• 中央庭園(スペイン)• カンポ・デル・モーロ(スペイン)• (スペイン・コルドバ)• - 宮殿を取り巻く庭園は18世紀ヨーロッパの庭園設計の良い見本例の一つとされる• - 1780年代にカルロ・ヴァンヴィテッリとジョン・グレアファーが設計した英国式庭園がある• スペイン・プライベートガーデン• モンフォルテ• ラベリント・デ・オルタ• エル・カプリコ・デ・ラ・アラメダ・デ・オスナ• ラ・コンセプシオン• エル・レティーロ。 一般に閉鎖されていた王立園。 パゾ・デ・オカ• 中国庭園「流芳園」• 中国庭園 Chinese Gardens• (ノルウェー) 庭園• フランスにある庭園• エルムノンヴィル(フランス)• Le rucher-ecole (養蜂所-学校)• ピカシエットの家(Maison Picassiette)• の睡蓮• サン ベルナールの庭園• ノアイユ荘(La Villa Noailles)- 監督の映画「Les Mysteres du chateau de De」の舞台としても使われている• ラ・ファビュロズリー• 我らふたりの庭• ロベール・タタン美術館• ラ・カテドラル• シミエ円形競技場公園・シミエ修道院小庭園• コロンビエール庭園• ラ・マドーヌ庭園• 郵便配達夫• の家の庭園• のバラ園• シャリー大修道院の庭• シベールの池• フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ• サン・タンドレ大修道院• マルキ・ド・サドの城• サン・ポール・ド・モゾール修道院(サン・レミ・ド・プロヴァンス総合文化センター)の庭園• サン・トロフィーム教会• サン・ソヴール大聖堂の庭• ヴァンドーム小館• 屋上庭園• マーグ財団美術館庭園• アンドレ・シトロエン公園(青の庭や温室庭園など)• ジャルダン・アトランティック• プロムナード・プランテ• 本部庭園• ベルシー公園• ニース近現代美術館庭園• ブールデル美術館庭園• ザッキン美術館• アジェ通りブラッサイ庭園• ルネ・ル・ガル• R・ヴィヴィアニ• シェーズ・レガミエ• 自然庭園• カトリーヌ・ラブーレ庭園• 庭師の袋小路• ジョルジュカーン小園• グラン=ブロトゥロー園• ブロセ園• ラ・スルス花園• フィッシュ広場• ニーム・フォンテーヌ庭園• ナンシー派美術館の庭• ラ・ペピニエール• 市庁舎庭園• アルクビューズ庭園• ブールジュ大司教館• ブレ・フィショー庭園• ベルヴェ庭園• ペトラルカ記念館の庭• ロジェ・ラ・ドン庭園• Rガブリエル・ド・ラ・サル庭園• ジュミエージュ大修道院の庭• サン=マクルーのアトリウム• 大修道院の庭• ロテヌフ岩面彫刻群• プレイヴェン小教区教会境内• トレヴァレスの館• ラニロン館• ドメニコ会修道院庭園• サン・ピエール教会の庭• ロゼーヌ聖堂の庭• エリニャック庭園• リモージュ司教館庭園• ヴィシー源泉園• ノートル・ダム・デュ・ビュイ大聖堂• ラ・テット・ドール• ダルシー庭園• フォントネーズ大修道院の庭• ウンテルリンデン美術館の庭• ゴシック庭園• ボムリー社シャンパーニュ風景庭園• エルムノンヴィル砂の海• のぶどう園・葡萄畑• テュルリュール園• ロン・ポアン・デ・シャン・デ・リゼ• ヴェールギャランの小庭園• L・ブラシュ小園• ティノ・ロッシ庭園• ジョルジュ・ブラッサンス園• ヴァル=ド=マルヌ薔薇園(フランス、)• ムーティエ庭園• カノン館の庭• ガレンヌ遊歩道• ショーモン城の庭• ブロワ司教館庭園• ルーサン館の庭• ロンシャン宮殿ロンシャン庭園• ヴァル・ラメー庭園• ケルレヴナンの館• タボール庭園• ペリーヌ庭園• シネマ・• パルク・オリエンタル• アルベール・カーン博物館• プラフランスの竹園• クーランス城• 禅の庭• シャントルーのパゴダ• カッサンの中国パビリオン• ファルバラ園とファルバラ荘• ル・シクロップ• ダンケルク現代美術館彫刻の庭• サン・コーム小修道院• クロ・リュセ• 空想庭園• セール・ド・ラ・マドヌ• エフリュシ・ド・ロートシルト邸• アルベルタ庭園• デゼール・ド・レッツ• フランス・公共庭園• 、パリ(1640)• 、パリ(1664)• 、パリ(1852)• 、パリ(1682) トリトン湖• (アイルランド)• (アイルランド)• ウィズリー・ガーデン• シシングハースト・カースル• グレイト・ディクスター• スコットニー・キャッスル• ナイマンズ• ウェイクハースト・プレイス• ウェスト・ディーン・ガーデンズ• ウェスト・グリーン・ハウス• デンマンズ・ガーデン• ハドスペン・ガーデン• ヒントン・アンプナー• モティスフォント・アビー• ヘスタクーム• バーリントン・コート• ベス・チャトー・ガーデン• ヘルミンガム・ホール• ブレッシンガム・ホール• ウォーターペリー・ガーデンズ• キフツゲート・コート・ガーデン• スードリー・カースル・ガーデン• ボートン・ハウス・ガーデン• バーンズリー・ハウス• バスコット・パーク• カムデン・ハウス• ザ・マスターズ・ガーデン• コトン・マナー・ガーデン• キュー・ガーデン• リージェンツ・パーク• セント・ジェームズ・パーク• ニュービー・ホール• レーヴェンス・ホール• ボドナント・ガーデン• ロイヤル・ボタニック・ガーデン• ドラモンド・キャッスル• ピットメデン・ガーデン• ヘスターコムの庭(イングランド)• 庭園(イギリス)• (チェコ)• ・(オーストラリア)• リッポン・リー庭園(オーストラリア)• の庭園(オーストラリア連邦・シドニー)... オーストラリア建国200年を記念して中国・広東省から贈られた広東式の庭園• - 1930年代にスペイン人移民であった実業家ホセ・パロネラが建設、家族が住む家としてスペイン風の城をイメージした建物と庭園を自らの設計で建設し、一般にも公開• セントルシア・キャンパスの庭園パロネラ・パーク(オーストラリア、クイーンズランド州)- 遺跡風の建物と庭園• リンピンウッド庭園 Limpinwood Gardens• モナベール庭園• 庭園(ニュージーランド)• 場内庭園(ニュージーランド)• 場内庭園(ニュージーランド)• アメリカ合衆国・公共の庭園• 、ニューヨーク市• 、ボストン、(1830)• 、サンフランシスコ(1860) 、上からの眺め• アメリカ合衆国・プライベートガーデン• ジェネラル生命保険中庭(アメリカ合衆国)• ノースカロライナナショナル銀行テラスガーデン(アメリカ合衆国)• アーンテラス(アメリカ合衆国)• ノームギーク(アメリカ合衆国)• カイザーセンター屋上庭園(アメリカ合衆国)• オークランド美術館屋上庭園(アメリカ合衆国)• 本社庭園(アメリカ合衆国)• の庭園(フランス)• チェースマンハッタン銀行中庭(アメリカ合衆国)• ベインネック図書館中庭(アメリカ合衆国)• ウィンターガーデン(アメリカ合衆国)• ナショナリピースガーデン(アメリカ合衆国)• バーゲルガーデン(アメリカ合衆国)• 中庭(アメリカ合衆国)• アップジョン社本社庭園(アメリカ合衆国)• 、ワシントンDC• 、 サンマリノ• ロータスランド 、 モンテシト• カーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト• フィロリ 、 ウッドサイド• ルースカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト・バンクロフト・ガーデン 、• アラートンカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト・ガーデン 、• ロングウッドカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト・ガーデンズ 、 ケネットスクエア、ペンシルベニア州• Nemours Mansion and Gardens 、• ヴィンタートゥーカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシトル・ミュージアム・アンド・カントリー・エステート 、 ヴィンタートゥール、デラウェア州• Meadowburn Farm ( Helena Rutherfurd Ely )、 ニュージャージー州ヴァーノン郡• マーフィー銅像庭園• 、メキシコシティ(1592)• 、クエルナバカ(1783).

次の

庭園カフェ 桔梗の間

あま お と の 庭園

2020. 01 の販売が開始されました! 2020. 17 の販売が開始されました! 2020. 16 を更新しました! 2020. 03 を公開しました! 2020. 27 本日発売!! を公開しました! を公開しました! を更新しました! 2020. 26 を公開しました! 2020. 25 を公開しました! 2020. 24 を公開しました! 2020. 23 を公開しました! を公開しました! を公開しました! 2020. 22 を公開しました! 2020. 21 を公開しました! 2020. 20 を公開しました! 2020. 19 イベントCGを追加しました! 景品画像を更新しました! 2020. 18 を公開しました! 2020. 13 を公開しました! を公開しました! Hシーン数、CG枚数、甘えられるシーン、サンプルボイスを追加しました! 2020. 06 を公開しました! 開始しました! 2020. 05 を公開しました! 2020. 28 を公開しました! 2020. 27 マスターアップしました! を公開いたしました! を公開しました! 2020. 24 ミラーサイト様を追加しました! 更新!本日より開始!コラボ紹介ムービー公開です! にエンディング情報を追加しました! 2020. 21 &を公開しました! 更新!2月24日 月)からコラボイベント開始です! 特製ポストカードを無料配布いたします! 2020. 14 サンプルボイスを追加しました! に出演者を追加しました! 2020. 07 開始しました! 2020. 06 を公開しました! を公開しました! 2020. 31 を公開しました! を公開しました! 2020. 24 CV情報、自己紹介ボイスを公開しました! カラー画像を追加しました! 2020. 17 カラー画像を追加しました! 2020. 10 カラー画像を追加しました! 2019. 20 本日より予約開始! を公開しました! 2019. 16 イベントページ更新! のイラストペーパー絵柄&キャララ!! POP掲載! 2019. 13 3月27日発売&12月20日予約開始決定! 、 、 、 のページを公開しました! 2019. 06 にてイベントCGにテキストを追加しました! 2019. 29 、 、 を公開しました! 2019. 22 公式ホームページ公開!.

次の

日本庭園の基礎知識 まずは形式・分類を覚えよう 〜 「○○式庭園」って何?

あま お と の 庭園

概要 [ ] 集会、交流、留置、作業などを目的とした庭ではなく、観賞、道道、思索などを目的とするとされる。 また一部には、特定のやを投影したものもある。 庭園は自然にできることはなく、形、石の配置、樹木の選択と組合せ、通路の作り方、建物の見せかたなどすべて計画し、デザインされている。 つくる目的や方法は、時代や民族、宗教などによって異なり、さまざまな様式を生み出した。 しかし、いずれも人々が理想とする環境を映し出そうとする点では共通している。 、、パラダイスなどの現世的空間が庭園なのである。 庭園は、作られたときには私的なものがほとんどだが、近代になって多くが、市民が楽しめる公的・公園的なあつかいをされるようにもなっていく。 なお、皇室が所有するものは、 御苑(ぎょえん)と称される。 欧米の garden は人工美を追求し、花壇や池などの幾何学的デザインを誇り、自然は征服すべきという考え方を象徴し、日本の庭園は自然美を生かし、岩や木や池なども自然を模し、自然の縮図を目指し、人間が自然と一体であるという考え方を象徴する。 形式 [ ]• サラセン式庭園 - サラセン式庭園とは、外側に厚い壁を持った「パティオ」と呼ばれるを発達させた庭園。 パティオは中庭であるため、周囲を建物で取り囲まれた小空間であるが、その中央に池や噴水、カナール(流れ、水溝)を配し、さらに色彩の豊かな色タイルの床、美しい花壇などが特徴である。 中央に噴水や池が設けられることで、鉢植えなどにして置かれた樹々とともに、場所に清涼感を与えている。 中世初期にイスラム教徒であるアラビア人系のサラセン人が征服した地域は、西は北アフリカ沿岸からイベリア半島まで、東は中央アジアからインドまでに至るが、サラセン人はそれぞれの地でその地の文化を取り入れ、次の特徴ある庭園様式を形成している。 サラセン式の特徴は,すべてパティオと呼ばれる中庭式の庭園であり、雨量が少なく乾燥し熱い日ざしの気候と外敵を防ぐことが理由となって発達した。 以下の形式がある。 ペルシャ・サラセン式庭園 - 長方形の中庭を、二本の直交する園路で四分し、園路に沿ってカナール設け、その交点に浅いプールや園亭などが置かれる形。 が代表作で、これが初期のスタイルで、後で生まれるスペイン・サラセン式庭園やインド・サラセン式庭園はこれが源泉となっている。 スペイン・サラセン式庭園 - その代表的なものはスペイン・グラナダに現存するアルハンブラ宮殿のアルベルカ、アラヤネスの中庭、フェネラリフェ庭園、セビリアのアルカサル庭園、など優れた庭園がある。 これは7世紀末スペインを征服した時につくられた形式で、スペインに侵入したサラセン人は、パティオの周囲は壁や柱廊で囲む。 壁や柱、床には色タイルで独特の模様が描かれている。 現在もスペイン文化圏ではこの庭園様式での庭園が作られている。 インド・サラセン式庭園 - 10世紀インドに侵入したサラセン人が従来のインド文化と融合してつくった様式の庭園。 庭園を直交するカナールで四分し、その交点に四角形の檀を作り、その上に大理石の噴水池を設けている。 ムガル王朝の庭園でのタージ・マハールがこの種の代表的庭園である。 これも他のサラセン式のものをそのままの形で再現しているのではなく、スペインで確立したパティオとペルシャの水盤・水工・植栽技巧などをインドの風土に合わせ改変して拡大し、許容して継承している。 ガーデン・オーナメント:パーム・ハウスの古典的な骨董花瓶、の 庭の飾り・ガーデンオーナメントは、庭、風景、そして公園の景の強化と装飾のために使用される要素である。 これには以下のとおり• 鳥のえさ箱• コラム - キャストストーン(での石)• のある岩と縞石• 水傘・ウォーターゲーム ()• - モチーフタイプ• 凝視球 ヤードグローブ ()• - のや• () - 装飾備品• 品など、などでのの品、の、の 等• 運動彫刻• 再生可能エネルギー彫刻 ()• バスタブマドンナ(人工洞窟) ()• コンクリートのガチョウ ()• 芝生の騎手• プラスチックピンクフラミンゴ ()• ()- 小規模の装飾品• - 小さなバージョン• - 例えば、• ギャラリー [ ]• ブッチャート・ガーデンズ• ムガル庭園• ニシャットバグ• ヤダヴィンドラ庭園(Pinjore)• Charbagh• バグ(庭)• バグエバブール• シャリマーバグ(スリナガル)• 水浴地(カンボジア)• ポー中庭• プラケーオ中庭(タイ)• バンパイン離宮(タイ・アユタヤ)• 中国庭園• (マカオ)• 夏の宮殿• ホッカイパーク• ・プリンスゴングマンション• 八芳園 など• アジアイスラーム系• - ムーア建築と庭園• (スペイン)• 離宮(スペイン)• (ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたグラナダの世界遺産としての名称)• の・オレンジのパティオ(スペイン)• 大モスク(・)• マディーナ・アッ=ザフラー(スペイン・コルドバ)• 城の庭園(スペイン・)• クトゥビーヤ(モロッコ・マラケシュ)• シェーラ墓所(モロッコ・)• バニー・ハンマードの要塞都市庭園・タールアル=パフル()• アグラプ朝の貯水槽(・カイラワーン)• アズハル公園(2005年に開園(・)• アズパキーヤ庭園(イズベキーヤ庭園)(エジプト・カイロ)• フスタート市街地園(エジプト)• シャングリラ館(アメリカ合衆国・ハワイ・ホノルル)• 地中海風の庭園• 古代ギリシャとヘレニズムの庭園• 古代ローマの庭園• - 庭園に進化• ヴェッティの家 - ポンペイ• オルティサルスティーニ• ビザンチン庭園• スペイン庭園・アンダルシア風パティオ• スペイン・公共庭園• ・デ・ヘラクレス、セビリア(1574)• パセオ・デ・サン・パブロ・デ・ (セビリア)(1578)(破壊された)• レアル・ジャルダン・ボタニコ・デ・マドリッド(、1781)• 中央庭園(スペイン)• カンポ・デル・モーロ(スペイン)• (スペイン・コルドバ)• - 宮殿を取り巻く庭園は18世紀ヨーロッパの庭園設計の良い見本例の一つとされる• - 1780年代にカルロ・ヴァンヴィテッリとジョン・グレアファーが設計した英国式庭園がある• スペイン・プライベートガーデン• モンフォルテ• ラベリント・デ・オルタ• エル・カプリコ・デ・ラ・アラメダ・デ・オスナ• ラ・コンセプシオン• エル・レティーロ。 一般に閉鎖されていた王立園。 パゾ・デ・オカ• 中国庭園「流芳園」• 中国庭園 Chinese Gardens• (ノルウェー) 庭園• フランスにある庭園• エルムノンヴィル(フランス)• Le rucher-ecole (養蜂所-学校)• ピカシエットの家(Maison Picassiette)• の睡蓮• サン ベルナールの庭園• ノアイユ荘(La Villa Noailles)- 監督の映画「Les Mysteres du chateau de De」の舞台としても使われている• ラ・ファビュロズリー• 我らふたりの庭• ロベール・タタン美術館• ラ・カテドラル• シミエ円形競技場公園・シミエ修道院小庭園• コロンビエール庭園• ラ・マドーヌ庭園• 郵便配達夫• の家の庭園• のバラ園• シャリー大修道院の庭• シベールの池• フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ• サン・タンドレ大修道院• マルキ・ド・サドの城• サン・ポール・ド・モゾール修道院(サン・レミ・ド・プロヴァンス総合文化センター)の庭園• サン・トロフィーム教会• サン・ソヴール大聖堂の庭• ヴァンドーム小館• 屋上庭園• マーグ財団美術館庭園• アンドレ・シトロエン公園(青の庭や温室庭園など)• ジャルダン・アトランティック• プロムナード・プランテ• 本部庭園• ベルシー公園• ニース近現代美術館庭園• ブールデル美術館庭園• ザッキン美術館• アジェ通りブラッサイ庭園• ルネ・ル・ガル• R・ヴィヴィアニ• シェーズ・レガミエ• 自然庭園• カトリーヌ・ラブーレ庭園• 庭師の袋小路• ジョルジュカーン小園• グラン=ブロトゥロー園• ブロセ園• ラ・スルス花園• フィッシュ広場• ニーム・フォンテーヌ庭園• ナンシー派美術館の庭• ラ・ペピニエール• 市庁舎庭園• アルクビューズ庭園• ブールジュ大司教館• ブレ・フィショー庭園• ベルヴェ庭園• ペトラルカ記念館の庭• ロジェ・ラ・ドン庭園• Rガブリエル・ド・ラ・サル庭園• ジュミエージュ大修道院の庭• サン=マクルーのアトリウム• 大修道院の庭• ロテヌフ岩面彫刻群• プレイヴェン小教区教会境内• トレヴァレスの館• ラニロン館• ドメニコ会修道院庭園• サン・ピエール教会の庭• ロゼーヌ聖堂の庭• エリニャック庭園• リモージュ司教館庭園• ヴィシー源泉園• ノートル・ダム・デュ・ビュイ大聖堂• ラ・テット・ドール• ダルシー庭園• フォントネーズ大修道院の庭• ウンテルリンデン美術館の庭• ゴシック庭園• ボムリー社シャンパーニュ風景庭園• エルムノンヴィル砂の海• のぶどう園・葡萄畑• テュルリュール園• ロン・ポアン・デ・シャン・デ・リゼ• ヴェールギャランの小庭園• L・ブラシュ小園• ティノ・ロッシ庭園• ジョルジュ・ブラッサンス園• ヴァル=ド=マルヌ薔薇園(フランス、)• ムーティエ庭園• カノン館の庭• ガレンヌ遊歩道• ショーモン城の庭• ブロワ司教館庭園• ルーサン館の庭• ロンシャン宮殿ロンシャン庭園• ヴァル・ラメー庭園• ケルレヴナンの館• タボール庭園• ペリーヌ庭園• シネマ・• パルク・オリエンタル• アルベール・カーン博物館• プラフランスの竹園• クーランス城• 禅の庭• シャントルーのパゴダ• カッサンの中国パビリオン• ファルバラ園とファルバラ荘• ル・シクロップ• ダンケルク現代美術館彫刻の庭• サン・コーム小修道院• クロ・リュセ• 空想庭園• セール・ド・ラ・マドヌ• エフリュシ・ド・ロートシルト邸• アルベルタ庭園• デゼール・ド・レッツ• フランス・公共庭園• 、パリ(1640)• 、パリ(1664)• 、パリ(1852)• 、パリ(1682) トリトン湖• (アイルランド)• (アイルランド)• ウィズリー・ガーデン• シシングハースト・カースル• グレイト・ディクスター• スコットニー・キャッスル• ナイマンズ• ウェイクハースト・プレイス• ウェスト・ディーン・ガーデンズ• ウェスト・グリーン・ハウス• デンマンズ・ガーデン• ハドスペン・ガーデン• ヒントン・アンプナー• モティスフォント・アビー• ヘスタクーム• バーリントン・コート• ベス・チャトー・ガーデン• ヘルミンガム・ホール• ブレッシンガム・ホール• ウォーターペリー・ガーデンズ• キフツゲート・コート・ガーデン• スードリー・カースル・ガーデン• ボートン・ハウス・ガーデン• バーンズリー・ハウス• バスコット・パーク• カムデン・ハウス• ザ・マスターズ・ガーデン• コトン・マナー・ガーデン• キュー・ガーデン• リージェンツ・パーク• セント・ジェームズ・パーク• ニュービー・ホール• レーヴェンス・ホール• ボドナント・ガーデン• ロイヤル・ボタニック・ガーデン• ドラモンド・キャッスル• ピットメデン・ガーデン• ヘスターコムの庭(イングランド)• 庭園(イギリス)• (チェコ)• ・(オーストラリア)• リッポン・リー庭園(オーストラリア)• の庭園(オーストラリア連邦・シドニー)... オーストラリア建国200年を記念して中国・広東省から贈られた広東式の庭園• - 1930年代にスペイン人移民であった実業家ホセ・パロネラが建設、家族が住む家としてスペイン風の城をイメージした建物と庭園を自らの設計で建設し、一般にも公開• セントルシア・キャンパスの庭園パロネラ・パーク(オーストラリア、クイーンズランド州)- 遺跡風の建物と庭園• リンピンウッド庭園 Limpinwood Gardens• モナベール庭園• 庭園(ニュージーランド)• 場内庭園(ニュージーランド)• 場内庭園(ニュージーランド)• アメリカ合衆国・公共の庭園• 、ニューヨーク市• 、ボストン、(1830)• 、サンフランシスコ(1860) 、上からの眺め• アメリカ合衆国・プライベートガーデン• ジェネラル生命保険中庭(アメリカ合衆国)• ノースカロライナナショナル銀行テラスガーデン(アメリカ合衆国)• アーンテラス(アメリカ合衆国)• ノームギーク(アメリカ合衆国)• カイザーセンター屋上庭園(アメリカ合衆国)• オークランド美術館屋上庭園(アメリカ合衆国)• 本社庭園(アメリカ合衆国)• の庭園(フランス)• チェースマンハッタン銀行中庭(アメリカ合衆国)• ベインネック図書館中庭(アメリカ合衆国)• ウィンターガーデン(アメリカ合衆国)• ナショナリピースガーデン(アメリカ合衆国)• バーゲルガーデン(アメリカ合衆国)• 中庭(アメリカ合衆国)• アップジョン社本社庭園(アメリカ合衆国)• 、ワシントンDC• 、 サンマリノ• ロータスランド 、 モンテシト• カーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト• フィロリ 、 ウッドサイド• ルースカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト・バンクロフト・ガーデン 、• アラートンカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト・ガーデン 、• ロングウッドカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシト・ガーデンズ 、 ケネットスクエア、ペンシルベニア州• Nemours Mansion and Gardens 、• ヴィンタートゥーカーサ・デル・エレーロ 、 モンテシトル・ミュージアム・アンド・カントリー・エステート 、 ヴィンタートゥール、デラウェア州• Meadowburn Farm ( Helena Rutherfurd Ely )、 ニュージャージー州ヴァーノン郡• マーフィー銅像庭園• 、メキシコシティ(1592)• 、クエルナバカ(1783).

次の