ポケカ モスノー。 たいあたりジム » ロロたんぬ式モスノウラプラス!と!超バレット!

★★★【遊戯王買取】 ノーマル・レア★★★

ポケカ モスノー

その後、このポケモンをベンチポケモンと入れ替える。 『ウェーブバック』によって、自らベンチに戻ることが出来るため場持ちの良いポケモンです。 いざという時には、デメリットがあるものの210ダメージも出すことが出来ます。 今回のデッキのメインアタッカーです。 水エネルギー3つで180ダメージです。 HPが非常に高く、弱点を突かれない限り早々ワンパンされることはありません。 《ラプラスV》より高い火力を出すためには5つ以上の水エネルギーが必要である為、このポケモンが持つ火力をバックアップできるようにデッキを構築する必要があります。 自分の手札から水エネルギーを1枚選び、ベンチの水ポケモンにつける。 特性『ひょうせつのまい』によってベンチの水ポケモンにエネルギーを付けまくることが出来ます。 バトル場のポケモンには付けることが出来ないので、そこだけ注意しましょう。 その後、ベンチに入れ替えたポケモンのHPを「30」回復する。 水ポケモン専用の《ポケモンいれかえ》上位種。 今回は水ポケモンを主体としたデッキなので、《ポケモンいれかえ》と同時にこのカードも入れています。 回復量は微々たるものですが、対戦相手のデッキ次第では各定数をずらすことも出来る優秀なカードです。 サンプルレシピ ここでは、 「プレミアムトレーナーボックス」のカードを使いつつ、 ポケモンとその他何種類かのカードを追加したレシピを紹介します。 こちらが今回の【ラプラスVMAX】デッキです。 「プレミアムトレーナーボックス」以外のカードは以下の通りです。 ・ポケモン全種 ・《ふつうのつりざお》…2枚 ・《ふうせん》…2枚 ・《トキワの森》…2枚 水エネルギーがたくさんついた《ラプラスVMAX》の『キョダイポンプ』で攻めあげていきましょう。 200を超えるダメージが毎ターン飛んでくるのは圧巻です。 サブアタッカーには《カメックス&ポッチャマGX》を採用しております。 ワザ『スプラッシュメーカー』はエネルギー加速と回復を同時に行えるワザです。 傷ついた《ラプラスVMAX》をベンチに戻し、回復させてあげましょう。 また今回は《ヌオー》を採用しており、ベンチにエネルギーがあればバトルポケモンにつけ替えることが出来るので、継続した攻めを行うことが出来ます。 サンプルデッキをより強くする 今回は【コータスV】の時とは違うカードを何枚か紹介していきます。 《デデンネGX》を入れる 特性『デデチェンジ』によって、デッキを更に素早く回すことが出来るようになります。 数多くのデッキにおいて採用されているカードなので、持っておいて損はないです。 「TAGTEAM サポート」を入れてみる 追加で手札をトラッシュすることで、より強力な効果を発揮する「TAGTEAM サポート」を入れてみましょう。 《シロナ&カトレア》は、サポートを回収する能力に加え、使用時に追加で手札を1枚トラッシュすれば3ドローが付いていきます。 《マリィ》や《博士の研究 マグノリア博士》といった強力サポートを回収しつつ、さらに手札を充実させていきましょう。 《マオ&スイレン》はいれかえ効果に加えて、手札を2枚トラッシュすることで、ベンチに戻したポケモンのHPを120回復する効果を持っています。 HPの高い《ラプラスVMAX》とは相性がよく、生半可なダメージをあっという間に回復することが出来るので、長期戦を行うことが可能になります。 1進化ポケモンにしかなれないので、「V進化」をする《ラプラスVMAX》の進化元としては使えません。 注意しましょう。 このカードを採用することで、たねポケモンの数を減らすことが出来るので、空いたところに他のカードを採用することが可能です。

次の

強力なVMAXポケモンですら一撃で倒せる!ヤミラミVの効果的な使い方

ポケカ モスノー

特性「こおりのりんぷん」の効果で特殊技のダメージが減るため、特殊アタッカーを起点にして自分の能力を上げることができます。 持ち物は「オッカのみ」を持たせると、サブウェポンとして覚えさせられている特殊炎技は耐えることが出来るため、4倍弱点だからと炎技を放ってきたドラゴンタイプがいた場合、返り討ちにすることが可能です。 「ステルスロック」のダメージが非常に大きいため、交代で出しやすくなる「あつぞこブーツ」も持ち物としては候補になります。 攻撃範囲を広げつつ、HP回復の効果で長く居座って戦えるようになる。 特殊技で受けたダメージを2倍で跳ね返せる。 ちょうのまいとの相性は良くない。 氷タイプ技の選択肢。 命中は不安定なものの威力が高く、倒せる相手が増える。 ダイマックス時のダイアイスと組み合わせると命中不安を補える。 素早さに少し努力値を振り、素早さに努力値を12振った「アーマーガア」まで抜けるように調整してあるため、「アイアンヘッド」や「ボディプレス」を耐えつつ氷技2回で倒し切る事ができます。 特殊アタッカーには非常に強いため、交代などで有利な対面を確保しつつ戦うサイクル戦にも向いたポケモンとなっています。 命中は不安定なものの、ダイアイスで補うことが可能。 ダイマックスで天候が変化しやすいのを利用する場合。 霰以外の天候の時に使う。 飛行技の選択肢、ダイストリームによる雨を利用できる。 通常時や雨以外は命中が不安定のため注意。 フェアリー技、弱点を突けるタイプは氷と虫の組み合わせに被り気味。 ダイフェアリーによるミストフィールドで状態異常を防ぐのがメインになる。 モスノウの役割と立ち回り 特性によって特殊アタッカーに強気に戦る 「モスノウ」が持つ特性「こおりのりんぷん」は、特殊技のダメージを2分の1にする効果を持っています。 そのため特防の種族値がそれほど高くないモスノウですが、特殊アタッカーを起点にすることができます。 「ちょうのまい」によって特攻・特防・素早さを一度に高められるため、能力をあげてしまえば、1匹で相手を圧倒することができるポケモンです。 モスノウと相性の良いポケモン 物理攻撃に強い耐久ポケモン 「モスノウ」は、夢特性「こおりのりんぷん」により特殊攻撃の被ダメージを半減させることができます。 そのため、特殊アタッカーには対応できるものの、 物理攻撃に関しては全く耐性が有りません。 弱点を補助する意味でも、高い物理耐久性能を発揮できるポケモンを一緒に入れてあげると良いです。 反面物理技には弱くHPや防御も高くないため、物理技で攻めることで大ダメージを与えていくことができます。 また、4倍弱点のタイプが炎と岩の2つと多いため、それらの技で弱点を突いて攻めていくのも有効です。 ただし、サブウェポンとして覚えさせている特殊炎技は、耐えられてしまうことが多いです。

次の

★★★【遊戯王買取】 ノーマル・レア★★★

ポケカ モスノー

特性「こおりのりんぷん」の効果で特殊技のダメージが減るため、特殊アタッカーを起点にして自分の能力を上げることができます。 持ち物は「オッカのみ」を持たせると、サブウェポンとして覚えさせられている特殊炎技は耐えることが出来るため、4倍弱点だからと炎技を放ってきたドラゴンタイプがいた場合、返り討ちにすることが可能です。 「ステルスロック」のダメージが非常に大きいため、交代で出しやすくなる「あつぞこブーツ」も持ち物としては候補になります。 攻撃範囲を広げつつ、HP回復の効果で長く居座って戦えるようになる。 特殊技で受けたダメージを2倍で跳ね返せる。 ちょうのまいとの相性は良くない。 氷タイプ技の選択肢。 命中は不安定なものの威力が高く、倒せる相手が増える。 ダイマックス時のダイアイスと組み合わせると命中不安を補える。 素早さに少し努力値を振り、素早さに努力値を12振った「アーマーガア」まで抜けるように調整してあるため、「アイアンヘッド」や「ボディプレス」を耐えつつ氷技2回で倒し切る事ができます。 特殊アタッカーには非常に強いため、交代などで有利な対面を確保しつつ戦うサイクル戦にも向いたポケモンとなっています。 命中は不安定なものの、ダイアイスで補うことが可能。 ダイマックスで天候が変化しやすいのを利用する場合。 霰以外の天候の時に使う。 飛行技の選択肢、ダイストリームによる雨を利用できる。 通常時や雨以外は命中が不安定のため注意。 フェアリー技、弱点を突けるタイプは氷と虫の組み合わせに被り気味。 ダイフェアリーによるミストフィールドで状態異常を防ぐのがメインになる。 モスノウの役割と立ち回り 特性によって特殊アタッカーに強気に戦る 「モスノウ」が持つ特性「こおりのりんぷん」は、特殊技のダメージを2分の1にする効果を持っています。 そのため特防の種族値がそれほど高くないモスノウですが、特殊アタッカーを起点にすることができます。 「ちょうのまい」によって特攻・特防・素早さを一度に高められるため、能力をあげてしまえば、1匹で相手を圧倒することができるポケモンです。 モスノウと相性の良いポケモン 物理攻撃に強い耐久ポケモン 「モスノウ」は、夢特性「こおりのりんぷん」により特殊攻撃の被ダメージを半減させることができます。 そのため、特殊アタッカーには対応できるものの、 物理攻撃に関しては全く耐性が有りません。 弱点を補助する意味でも、高い物理耐久性能を発揮できるポケモンを一緒に入れてあげると良いです。 反面物理技には弱くHPや防御も高くないため、物理技で攻めることで大ダメージを与えていくことができます。 また、4倍弱点のタイプが炎と岩の2つと多いため、それらの技で弱点を突いて攻めていくのも有効です。 ただし、サブウェポンとして覚えさせている特殊炎技は、耐えられてしまうことが多いです。

次の