ラブライブ 面白い。 「ラブライブ!」新シリーズのメンバー解禁 アニメは京極尚彦が監督

なぜ「ラブライブ!サンシャイン!!」があそこまで面白いのか真剣に考察します【知らない人向け】|くりたび

ラブライブ 面白い

皆さん、こんにちは。 でぶライフ!木賃ふくよし 芸名 です。 本日は ラブライブ! って作品の話をする訳ですが、割とその悪口になってしまうので、 ラブライブ! が好きな人はゲラウヒア。 ブラウザの戻るボタンを押してください。 押して? お願いだから。 何故かワタクシ、アニメ好きだと思われがちなのですが、実は アニメはほとんど観ません。 別にアニメが嫌いな訳ではなく、 面白い作品なら別に、漫画でもドラマでも映画でもアニメでもゲームでも気にしない感じなので、良くも悪くも、 アニメだから観るとか、アニメだから観ないってのがない感じです。 ただ、ドラマやアニメは 視聴時間が長くなりがちなので、ぶっちゃけ観てる時間がない。 なので、集団芸術で基本的に2時間で終わる映画を好む傾向はあります。 ただ、これは歌でも映画でも小説でも、 基本的に恋愛ものは自発的に選びません。 2人がくっつくかくっつかないかって話をダラダラやられても、あんまり面白いと思わないからです。 無論、それでも面白ければ観ますけどね。 基本は物語が面白いのが好き。 同じ恋愛ものでも、老年の恋を描くとか、変愛を描くとか、そーゆーのはテーマ次第で好んだりもします。 あと、 キャラクタ売りの作品も、あまり好きではありません。 要は、 美少女とか美少年がわんさか出てきて、特に内容がない作品に、興味をそそられません。 更に言うと、 テンプレートみたいなキャラクタが、 黒髪ロング クールで無口 ツンデレお嬢様 ロリ 活発なスポーツ少女 みたいに並べられて、 「どーせお前ら、どれかは性癖に刺さるんだろ?」的なのは好きじゃないんです。 なので、一番最初の見た目で、 女の子が5人ぐらい揃ってると、 最初のフィルタで刎ねられます。 したがって、 魔法少女とか、アイドルもの、ハーレムものは基本的に観ません。 特にハーレムもの。 ワタクシのスタンスはこんな感じです。 やけに前振りが長いのは「ラブライブ! が嫌いな人は読まないで!」って書いたら、 かえって読んでしまうファンがいるので、その人に怒られないようにする予備策に過ぎません。 なお、ワタクシは 観てもいない作品を批評するのは下劣だと考えていますので、 ラブライブ! そのものを貶すつもりがない事ははっきり宣言しておきます。 ぶっちゃけ、1話たりとも観てないし。 さて、そろそろ本題です。 とあるお客様と話してたら、 「アイドルマスター」のアニメが良い出来だった、という話になったんですよ。 ラブライブ! じゃなくて、アイマス。 まぁ、ワタクシは こっちも観てないんですが。 もう、数年前になりますので、どのアニメかは知りません。 いっぱいあるらしいので、いつのどのアニメなのかは全くわかりません。 わかっているのは、XENOGLOSSIAではないらしい事ぐらい。 アイマスの何の作品かは知りませんが、 キャラクタの心理描写や成長譚がきめ細やかで非常に良い出来だった、と褒めてらしたんですよね。 なるほど。 ぶっちゃけ、おっさんなので、 アニメ美少女がたくさん出てきても、 あんまり区別がついてないんですよね。 なので、 ストーリーがしっかりしていて、キャラクタが絵ではなく、物語や動き、演技などで描き分けられている、というのは重要。 アニメ絵の区別がだんだん付かなくなってきてるおっさんとしては、かなり重要なポイント。 そこで、ワタクシはその旨を伝えようと、こう言ったんです。 「なるほど。 ワタクシ、女の子がいっぱい出てくるアニメをさっぱり観ないんで、アイマスとかラブライブ! とかアイカツ! とか全然区別が付いてないんですよね。 特に、 ラブライブ! とか キャラクタが 全部一緒に見える んですよ。 髪型と色が 違うだけ で、、、」 そこに演技とか動きや物語が加わると、違ってくるんでしょうね。 ちゃんと観てみないと、見た目で判断しちゃいけませんなぁ。 って 続けようとしたんですが、その言葉を遮るように、お客様が言ったんです。 「ちょっと待て。 俺はラブライブ! は観てないけど、 それは乱暴で、 とても失礼な話だ。 あんたもワインを商材にしてるだろ。 我々はワインを並べられて、 この赤ワインと この赤ワインが こんなに個性に 違いがある。 って言われても、同じ赤ワインだ。 興味がない人間には同じでも、好きな人間なら、一緒にされたくはない」 って 割と本気で叱られました。 後に、 「こう続けるつもりだったんです」と弁明をし、事を荒立てる事なく済んだのですが、 ワタクシも言葉が過ぎた事を反省。 ジャンルが違うだけで、思い入れがあるものを貶されるのは、誰しも心地が良いものではありませんからね。 貶す意図がなかったとは言え、言葉選びには気を付けないと、と色々勉強になりました。 そして数日後。 そのお客様がご来店され、開口一番に言いました。 「この間は、ごめんな。 あれからラブライブ! を貶すつもりはありません。 これはあくまでお客様の意見です。 ワタクシはラブライブ! を観た事ないです。 ちなみに、 この話をラブライブ! が好きな女の子 20代 にしたんですけどね。 「そんな事ないですよ。 面白いし、ちゃんと区別つきますよ! ラブライブ! サンシャインは 髪の毛と色を シャッフルしただけ ですけど」 って言われました。 ワタクシはラブライブ! を観てませんし、ラブライブ! を貶すつもりは毛頭ありません。 アイマスやアイカツ! についても同様です。 なお、ワタクシは どんなに好きな作品であろうと、悪い部分は悪いと認めた上で、駄目な部分も包括して好きでいたい派です。

次の

ラブライブをアニメで全部見たですが、どこが面白いのか解りません。

ラブライブ 面白い

特にファーストライブあんなに集まるのは可笑しすぎる。 そして9話やっと挫折 と思いきや慰められてすぐ立ち直るってポジティブすぎるだろってツッコミたくなります。 こう書くと誤解されると思いますがもっと挫折してほしかったですね。 アニメが始まる前にリリースしたAqoursの1枚目のシングルがトップ10入りしてる時点でかなり生意気に感じました。 ラブライブというブランドだけで人気になっているので全く努力していないように思えます。 あくまでも思えるだけです。 内容は正直1話1話内容が薄く感じます。 薄く感じるというよりかはそんなに展開していないように感じます。 前作のテンプレートをなぞっているだけに思えます。 それなのにメンバーのキャラクターやパーソナルな部分があまり描かれていません。 そこでメンバーの面白さを垣間見えるのにそれも無い。 正直このアニメに真新しさが全く感じない。 そして何を表現したいのか全く分かりません。 音楽に関しては作曲は誰か知りませんが作詞は多分畑亜貴さんなのでそこは安心です。 逆に言えばそこだけ安心です。 まっいいか。 ラブライバーです。 アニメだけで語るなら、サンシャインは結構面白いかな、程度ですね。 ただまぁ、無印も大差ないですけどね。 どちらも、花田脚本の良いところも悪いところも出てますし、客観的にみると、あなたのサンシャインへの批判はまんま無印にも当てはまると思いますけどね。 感想に違和感を覚えたので突っ込むと、 3話の、時間間違えた、はそれなら少数ながら観客がいたことを説明できません。 マリーの理事長もふざけた設定に思いますが、現実的になろうと思えばなれます。 とんでも設定ですが中二病ではありません。 8話の千歌は自分一人で答えだしてますし、あのシーンを励ましととるのはどうかと… 未熟dreamerは、個人的に劇中歌の中では一番好きですね。 ネットでは評価は真っ二つに割れてますけどね。 それにしても、この曲エロゲーぽいですか? 一般的なそれの要素全くないと思うのですが。 それから見たのなら、らしい、という表現はおかしいですよ? 日本語がわからない子なのか、ただの煽りか….

次の

ラブライブ!スクフェスの評価レビュー!面白い点を現プレイユーザーが解説

ラブライブ 面白い

『ラブライブ!』をまた見て感じたこと・思ったことを記します。 もう何度目でしょう…… 例によって『ラブライブ!』をまた全話見てしまいました。 笑 「おまえw ラブライブ好きだなw 何回見るんだ?w」ってレベルで無限ループしてます。 古いものに固執するのは老化現象の始まりなんじゃないかと自嘲ぎみだったりもしますがwww ラブライブ!サンシャイン!! の関連記事 9人の女神のささやき 神(女神)か何かの「ご意思」だと思うんですが 突然聞こえてきたんですよね、歌と音楽が。 ???「さぁーひゅめを~」 ???「か~なえるのはみんなの勇気~」 自然と映像も脳裏に浮かびました。 (ヤスクロールしながら) au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ >> <<• 学校を救った、メンバーを救った、 そういう個別の議論ももちろんあります。 一生アイドル宣言の「聖子ちゃん」もいいですが、「百恵ちゃん」は人気絶頂で姿を消して、その後一切メディアへの露出は控えることで「伝説」になりましたからね。 何だかんだ好きですねえ。 そしてアニメ全体がそうですし、劇場版で最高潮に達したと思いますが 「一歩踏み出してみよう」というメッセージは、 脈々と「ラ!サ!!」で受け継がれていたと思います。 サンシャイン!! 』の略。 単に「ラサ」とも。 「ラ!サ!!」のAqoursを生み出したのは、僕は穂乃果ちゃんだと思っています。 Aqoursの創造主、高坂穂乃果に圧倒的感謝を。 このときとあんまり感想は変わってなかったです。 進歩が無いというか、なんというか……。 変わらぬ愛と言うことにしておきましょう。 微笑 その他Aqoursとの絡みで補足したいことを以下、書いておきます。 そう言えばエセ外人は無印にもいた 「ニネンブゥリデスカ」とオゥオゥBGMでお馴染み、小原鞠莉。 ありがちな「外人キャラ」の喋り方でありながら、 「これはサンシャインオリジナル!」って思ってました。 でも違いました。 アキバの伝説のカリスマメイド『ミナリンスキー』さんがエセ外人風の喋りだったことを9話で思い出したんです。 笑 なるほどね、これも無印が残したものだったのか、と妙に納得。 ついでに言えば、あんた ワシワシMAXも継承しとるがなwww 自分も、ワシワシMAXいいっすか?(懇願) au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ >> << 千歌ちゃんのバック転も別に珍しくなかった こないだの話ですが 高海千歌がラサ2期第7話で「側転、バック転」を披露するという展開がありました。 これを見て僕も最初は「おお、これはすごいや!」と思っていたのですが、「ラブライブ!」無印を見直して気付いたのは「凛ちゃんだって、側転、バック転やってた」ってことです。 (無印1期5話) 『ラ!サ!!はラ!の組み換えである』というのが僕の持論ですが、千歌ちゃんの「飛んだり跳ねたり」だけはオリジナルだと思ってました。 でもこれも違いました。 実はこの動きも前作の要素なんだと気付かされたわけです。 つまり『ラ!サ!!』も『ラ!』だということですね。 ポジティブな意味でこの気づきがありました。 良かったです。 僕のこころは輝いています。 にこちゃんが逃げ回ったスーパーの名前は『ハナマルストア』 どうでもいいことなんですが、にこちゃんがメンバーから逃げ回った例のスーパーの名前が 「HANAMAR Store(ハナマルストア)」って名前でした。 (無印2期4話) すみません、全然覚えていませんでした。 笑 「ハナマル」ってワードはアニメが先ですよね? この時点でAqoursはまだプロジェクト始動してないですよね? これも「花丸ちゃんもラ!の一部なんやね!(キラキラした目で)」って思いました。 「ラ!サ!!=ラ!組み換え説」の確信を深めました。 『ラブライブ!サンシャイン!! 例の「5周年本」が根拠です。 「5周年本が映ったからと言って5年後とは限らないけど、そんなに古い本をいつまでの引き出しに入れておかないだろうから、これは新刊が出てすぐに買ったのだ」 という推理です。 僕も考えてみたんですが、まあそれで良いかなって思います。 で、順番に並べるとこんな感じ? ポイントは「ゆきあり世代」と「だいまりなん世代」が被るのかどうか。 3年後あたりなら、ゆきありとダイまりなんがスクールアイドルやってたかもしれないです。 『元祖Aqours』が結成されたのがダイまりなんが1年生だった頃だから、あの頃にラブライブ!に出場できれば秋葉ドームあたりでゆきありが作ったハラショーなユニットと出会えたのかもしれないのかと思うとワクワクします。 au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ >> << 統堂英玲奈のロボMADを思い出したwww 「もしも統堂英玲奈がiOSだったら」ってしょーもない動画があるんですよ。 笑ったね。 むかし見たものを思い出して探したんだけど、やっぱ今見ても面白いわこれ。 で、最後に 『Shocking Party』歌うんだけどさwww 誰だよ 「siriたい siriたい(iOSだけにwww)」って言ったやつ 誰うまwwwwwwwwwwww 本物はこっち A-RISEは良いライバル関係だった/でもSaint Snowのほうは… あとこれも無印全話見直して思ったんすけど、マジでA-RISEっていいライバルだよね。 見る目あるよね。 敵に塩を送るって感じ? お互いにリスペクトがあって、高め合ってる感じが良い。 いいよね、この関係。 まだ1回勝っただけだけど) ああいう舞台演出みたいなの好きなんだよね。 銀河英雄伝説にもあるけど、好きだわーこういうの(階段を下りるミュッケンベルガーと階段を上るラインハルト。 アニメ第16話) あと敗因を穂乃果に直接聞くところとかね。 負けたあとの態度もカッコいいし 最後に「みんなで叶える物語」ってフレーズみて、 微笑むツバサさんがマジ最高っすわ。 あの悟った感じ、「負けた理由が分かった」表情、いつ見てもいいよね。 本題:『ラブライブ! サンシャイン!! 』は面白くない気がする こんな感じで『ラブライブ! 』の話だったら色々思うことがあります。 良くも悪くも色々語れます。 もちろん全肯定ではありませんよ。 2期9話の猛吹雪展開とか、微妙な気もします。 あの程度で吹雪とか言わないで欲しいよね。 Saint Snowの前でもそんなこと言えるの?ってレベルwww でも、それでも『ラブライブ! 』は面白いと思うんですよ。 一方で『ラブライブ! サンシャイン!! 』は全然よく分からない。 僕の熱が冷めてしまっているのか、ストーリーが頭に入ってこないんだよね。 特に2期はさっぱりよく分からなくなってしまった。 1期はまだ「3年生組」の問題とか色々解決すべきものがあったから、最終回がアレだったとしても得るものはあった。 でも2期はなんの話かよく分からない。 なにが悪いんだろうね。 敵が悪いのかも。 A-RISEみたいな強敵が必要なのかも。 A-RISEいいなーって思えば思うほど、セイントスノーの微妙さね。 敵として弱いんだろうね、たぶん。 あと、あんだけ地元地元言うなら、もっと地元密着地域特化のスクールアイドルやればいいのに。 中途半端なのかもしれない。 個人的に「」って曲好きなんですけど、これを活かすような展開とか考えたらいいんじゃないかしら。 地元にお祭りで踊るストーリーとか。 (アニマスみたいな話だけど) お立ち台に立って、お祭り期間中は踊りを踊り続ける役をAqoursの誰かが引き受ける展開とか。 ダイヤさんが去年やったけど、今年は妹のルビィがやることになるんだけど、自信がなくてあーだこーだ、みたいな。 (まほろまてぃっくみたいな話だけど) そういうの、どうっすか? じいちゃんばあちゃんとワイワイやったらいいと思うんです。 なんか問題が生じたら日頃の行いが幸いして、町内会長さんとか青年団とか商店街の会長さんに助けてもらうとか。 理亜のミスにより転倒、予選突破を逃す。 そっか、ここでSaint Snow離脱しちゃう展開か……。 悲しいなあ。 で、やっぱり思うけどお互い下品なんだよね、Saint SnowもAqoursも。 ライブ前に楽屋で握手するけど、ちょっとお互いバチバチな感じで、品格に欠ける気がした。 僕の勝手な思い込みだけど。 要は、優勝して爪痕残すだけでしょ、ラブライブ!に残された意味は。 脚本がよく分からない。 ネガティブな印象を持っている。 「ラブライブ!」業界を支えてきた2大巨頭がいっぺんに去ってしまうというのは、当時の新生スクールアイドルの人たちにとってかなりショックだったんじゃないかなあと思いました。 そういうわけです。 なんかいいの無いっすか!? au・ドコモ両方で使える格安スマホ(SIM)- マイネオ >> << おすすめのVOD(動画配信サービス)• (30日間無料体験/月325円/プライム会員特典あり)• (31日間無料体験/月500円/作品数12万本以上/会員数500万人)• (14日間無料体験/月933円/作品数4万本/海外ドラマが充実)• (31日間無料体験/月1,990円/作品数6万本以上/他ラノベ・漫画) あわせて読みたいラブライブ!の記事 cample-hq.

次の