長芋 レシピ グラタン。 ホワイトソースを使わない長芋とねぎのホットグラタン [ダイエットレシピ] All About

旬の「長芋」がメインおかずに変身! 肉巻きやグラタンなど、ホクホク食感を楽しむ長芋レシピ3選

長芋 レシピ グラタン

フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

ホワイトソースを使わない長芋とねぎのホットグラタン [ダイエットレシピ] All About

長芋 レシピ グラタン

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。 気を補って冬の準備を始めましょう。 11月は晩秋であるはずなのに、ここへきてようやく秋らしく朝晩ひんやりとしてきました。 秋の養生は 乾燥対策がメインになりますが、冬にかけても太平洋側は乾燥しますし、日本海でも暖房をつけることによって乾燥は気になりますね。 今回は乾燥対策とともに冬支度を始めるレシピ、旬のタラと長芋を使ったグラタンをご紹介します。 キーワードは 「気」と「腎」。 「気」には様々な働きがありますが、 その中にはからだを温める作用、風邪などに対するバリア機能、血などを動かす(巡らせる)作用などがあります。 気が足りないとこれらの働きを十分に担うことができません。 また、寒い時期はからだに余分な力が入り、気を消耗しがちです。 そのため寒さが本番となる前に、今の時期からしっかりと気を補っておくことが大切です。 また、冬は寒いこともあって汗をあまりかかず、水分代謝のほとんどを腎(排尿)に頼ることになるため、酷使される腎を傷めやすい時期。 腎は成長や発育、老化に関わるところなのですが、もともと冷えに弱いこともあって、傷めると腰痛や頻尿、その他エイジングが加速することに。 そうならないためにも腎のケアが必要です。 タラは塩少々(分量外)をふり、酒とともにフライパンに入れて火にかける。 ふたをして沸いたら火を弱め、3分程蒸して(途中水分が足りないようなら湯大さじ1を足す)、適当な大きさにほぐす。 骨があれば取り除く。 長芋マッシュに味付け 2. レンチンしたタラを混ぜる 3. オーブンと電子レンジが一体型の場合は、必ずタラの加熱が終わってからオーブンの予熱を始めてくださいね。 また、にんにくのすりおろしの量はお好みですが、私はいつも小指の先ほどの量にとどめています。 そのほかのポイントとしては Bを混ぜ合わせる際、オリーブオイルがダマになりやすいので、 手でダマをつぶすように指先ですり合わせながら混ぜると、焼いたときに均一に焼き色がつきます。 温め食材は使っていないレシピなので、寒さが厳しくなってきたら、温めスパイスのナツメグを加えるのも良いですし、コショウを多めに使うのもおすすめです。 冷えに敏感になりましょう。 今回の内容にプラスしてお伝えしたいこと。 これから徐々に寒くなってくると、気づかずにからだが冷えて風邪をひいてしまうことがあります。 風邪をひくほどではなくても、 冷えは気血の巡りにも影響します。 気血が滞ることによる不調もでてくるので注意が必要です。 自分では気づかないレベルの風邪のひき始めには、気温が低くなくても冷えを感じ、自分でからだを温めることができない場合もあります。 ゾクッと来た時にすぐに対処できるよう、カイロをバッグに忍ばせておいてもよいですね。 私はそういった体調の時には、左右の肩甲骨の間にカイロを貼ります。 「この時期からカイロ?」と思うかもしれませんが、もうこの時期なら熱いとは思わないものです。 熱くなってしまったら、さっと外せばよいのでおすすめですよ。 関連記事:.

次の

【からだケアレシピ】そろそろ冬支度!「タラと長芋のグラタン」

長芋 レシピ グラタン

1 長芋とカブは皮をむき、2ミリ幅の輪切りにします。 玉葱はみじん切りにします。 トマトは皮を剥いて種を取り除き粗切りにする。 ベーコンは1センチ幅に切っておく。 2 鍋を熱してバター20グラムで、ベーコンを炒めてから、玉葱を炒めて、トマトを入れて炒める。 軽く塩・胡椒で味をします。 3 ボールに卵を割りほぐして、牛乳、生クリーム、エダムチーズ、みじん切りした香草とナツメッグ塩・胡椒で味を整えます。 4 グラタン皿にバター 分量外 を薄く塗る、長芋、2の玉葱、カブの順に並べ、これを2度繰り返し、3の合わせたものを詰める。 炒めた玉葱以外に、軽く塩・胡椒を降ります。 5 180度に熱したオーブンに40分間焼きます。 表面が焦げてきたらアルミを乗せる。 gnavi. 玉葱はみじん切りにします。 トマトは皮を剥いて種を取り除き粗切りにする。 ベーコンは1センチ幅に切っておく。 STEP2:鍋を熱してバター20グラムで、ベーコンを炒めてから、玉葱を炒めて、トマトを入れて炒める。 軽く塩・胡椒で味をします。 STEP3:ボールに卵を割りほぐして、牛乳、生クリーム、エダムチーズ、みじん切りした香草とナツメッグ塩・胡椒で味を整えます。 STEP4:グラタン皿にバター 分量外 を薄く塗る、長芋、2の玉葱、カブの順に並べ、これを2度繰り返し、3の合わせたものを詰める。 炒めた玉葱以外に、軽く塩・胡椒を降ります。 STEP5:180度に熱したオーブンに40分間焼きます。 表面が焦げてきたらアルミを乗せる。 そんな時に試したい料理ですね。 とにかくヘルシーなメイン料理です。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の