カブ価予想。 あつまれ どうぶつの森 カブ価をAI予測作成中の「ちょまど」さんとは

<あつ森>カブ価予想(計算)ツール取り扱い説明書

カブ価予想

カブは行商人として島に来る「ウリ」から購入することができます。 このウリは、毎週日曜日の午前中に島にやってきます。 大人から子供まで幅広い年齢層でやるゲームとしては、カブの売買は、こどもにはシュールな内容かもしれないですね。 何せ子供にカブの売買・ベルを稼ぐために日曜日は早起きするという縛りを教え込まなければなりませんから。 カブ取引の方法と注意点とは、インサイダーは、御法度だよ! 金策対策のひとつとして注目されるカブ取引ですが注意点がいくつかあります。 基本的なことは、購入時よりも高く売ることが目的の一つですが、刻一刻と値段が変わる、カブは中々高値で売りつけることが難しいのが、面白い要素。 購入時より高値で売ること• 1週間で腐るため長期投資はNG• 時間操作は、ペナルテー1分でも時間を戻すとカブが腐る たぬき商店がオープンすると取引開始となるので、買い取り依頼をすることになります。 ですが、値段は変化し続けるため、なるべく高値で売りたいですよね! でも、1週間でカブが腐ってしまいます。 腐ると価値は0円になってしまうので忘れずに1週間以内に売るように心がけてください。 最後に、最大の禁忌が、時間操作で時の巻き戻しをすると、カブは必ず腐ってしまいます。 未来にタイムスリップして過去に戻ってインサイダーなんてことは絶対に出来ないルールがあるので、十分注意するようにしましょう。 カブは他の島に行くと価格が違う お友達が多い人におすすめの手段になるのが、違う人の島でカブを売ってしまうことが、一番簡単で手っ取り早い。 カブ価は、島ごとに違うので他人の島に行き来しつつ高値で売れる島を探して売る。 これを繰り返すだけで大量のベルを入手することに成功してる人が数多くいます。 最後に カブの価格変動については、他にも予測をまとめている人がいるようですね。 ちょまどさんのAIで予測する計画とどっちが精度が高いか気になりますね。 一日でも早く、より精度の高い情報がわかれば、ベルの入手も簡単になるので待ち遠しいですね!.

次の

どうぶつの森のカブ価を予測するWebアプリ

カブ価予想

パターン2-B(四期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 4期目でピークとなるパターン。 ピーク後は暴落し、低価格で推移する(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 「変調」、「変調1期」などについては下記参照。 なお 四期型は2期目に1期よりもカブ価が下がることもある。 その後、3期には回復し、1期よりも高いカブ価となる。 パターン2-C(三期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 3期目でピークとなるパターン。 ピーク後は下落し、低価格で推移(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 いわゆる「高騰型」で、600ベル以上を記録することもある。 変調について 上記「パターン2-A(ジリ貧型)」のように小幅な値下がりで推移していたものが、木曜午後までのある時点で急に値上がりすることを「変調」という。 この場合「水曜午前に『変調』した」ことになる 「変調」が起こった時点(例では水曜午前の112ベル)を「変調1期」という。 以下、1期が午前ならその日の午後を、1期が午後なら翌日の午前を「変調2期」と定義(例では水曜午後196ベル)する。 「3期」(例では木曜午前576ベル)も同様。 「パターン2-C(三期型)」は、変調3期にピークを迎えることから、「三期型」と呼ばれている。 「四期型」も同様。 「変調」が起こると、『パターン2-B(四期型)』または『パターン2-C(三期型)』のどちらかになることが確定する。 変調は木曜午後までに起こる。 木曜午後まで値下がりが続いた場合は『パターン2-A(ジリ貧高騰無し型)』確定。 あくまでも『パターン2-A(ジリ貧型)』の推移から急に値上がりすることを「変調」というのであって、 『パターン1(波型)』の推移の中で値上がりしたことを「変調」とはいわない。 なお、「月曜午前変調四期型」は月曜午前に「変調」をする(とみなす)ことから、「小幅な値下がり後の急な値上がり」というパターンでなく、 月曜午前から火曜午後まで値上がりするパターンとなる(四期型のパターンとして、変調2期目(この場合月曜午後)に値下がりすることもある)。 これは「月曜午後変調四期型」(月曜午後に変調、水曜午前まで値上がり)、「月曜午後変調三期型」(月曜午後に変調、火曜午後まで値上がり)も同様。 例) 「月曜午前変調四期型」=月曜午前に「変調」したとみなす。 その後の動きは四期型で火曜午後にピークとなる。 その後の動きは四期型で水曜午前にピークとなる。 その後の動きは三期型で火曜午後にピークとなる。 月曜日午前 今作では月曜日午前の値でパターンを推測することは難しくなっています。 ちなみに前作までは、以下のような大まかな見極めが可能でした。 午前が 65ベル以下 or 92ベル以上 なら確実にパターン1(波型)。 午前が 66~67ベルor 88~91ベル ならほぼパターン1(波型)。 それ以外はパターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)。 今回は月曜午前が65ベル以下でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』になる例が報告されています。 また、月曜午前が92ベル以上でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』となる例が報告されています。 ここまでの報告を見る限り、月曜午前がだいたい110ベル以上の場合は『パターン1(波型)』となることが多いようです。 月曜午前の値だけでなく、月曜午後以降の動向をチェックしてパターンを推測することが賢明かと思います。 火曜午前が月曜午後よりも上昇していれば『パターン1(波型 』、早めに変調する『パターン2-B(四期型)』、『パターン2-C(三期型)』の可能性がある。 変調1期が月曜午後となるパターン(変調については上記参照)。 火曜午後まで上がり続けて220ベル以上ならおそらくこのパターン。 変調1期が月曜午前で、4期目の火曜午後にピークとなる。 変調1期が月曜午後で、4期目の水曜午前にピークとなる。 これらは『パターン1(波型 』との判別が難しい。 迷った時は火曜午後、水曜午前などピークとなる時まで待ってみるのも手。 上記のいずれもに当てはまらない場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前に月曜午後よりも大きく下落した、または火曜午前まで上がり続けても火曜午後に下落や横ばいとなったときは『パターン1(波型 』。 火曜午前以降に2~6ベルの範囲外での大幅な下落があった場合は『パターン1(波型 』。 月曜午後から引き続き木曜午後まで2~6ベルの下げ幅で減り続けた場合は『パターン2-A ジリ貧高騰無し型 』。 月曜午後から引き続き2~6ベルの下落が続いた後、木曜午後までのある時点で急に値上がりしたら、 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の可能性が高い。 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の判別は下記参照。 上記の「変調」があり、2期目に若干の下落があれば『パターン2-B 四期型 』 この場合、2期で若干下落しても3期目には1期よりも高い値にまで回復する。 それ以外の動きをする場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前以降、2~6ベルの範囲外での上昇があっても、下記『パターン2-C 三期型 』や『パターン2-B 四期型 』の動きに当てはまらず、上昇後すぐに大きく下落したりランダムな動きをする場合は『パターン1(波型 』 三期型、四期型の判別 変調前から1期にかけての変化ではパターンはわからない。 1期から2期にかけて、• 1期目よりも2期目の方が低かったら、間違いなく『パターン2-B 四期型 』。 1期目から2期目の上昇幅が小さかったら『パターン2-B 四期型 』の可能性が高い。 1期目から2期目の上昇幅が70ベル以上ならおそらく『パターン2-C 三期型 』。 2期から3期にかけて、• 3期目のカブ価が207ベル以上なら、おそらく『パターン2-C 三期型 』• 3期目のカブ値が150前後なら、おそらく『パターン2-B 四期型 』• 2期目から3期目の上昇幅が小さければ(13以下?)『パターン2-B 四期型 』の確率が高い• 2期目から3期目の上昇幅が大きければ(88以上?)『パターン2-C 三期型 』の確率が高い.

次の

<あつ森>カブ価予想(計算)ツール取り扱い説明書

カブ価予想

あつまれ どうぶつの森で一気にベルを稼ぐってなると、誰しもがカブに手を出すと思います。 買ったカブ価よりも高い値段で売れば一気に大金持ちになることも可能! お家のローンなんて一瞬で返済することが出来ます。 しかし、 もしも買値よりも安い値段で売るしかなくなったら…? そうです。 破滅です。 極端な例だと、100ベルで買ったカブを16ベルで売るってなると、計算するのも嫌になるくらい大赤字になってしまいます。 そんなときに便利なのが 「カブ価予測ツール」! ネットで探せば様々なカブ価予測ツールが見つかると思いますが、今回は僕が使っているおすすめツールを紹介しようと思います。 その名も「」!(そのまんま) 色々なツールがある中、僕は hyperWiki様のツールを利用しています。 今回はそんな「」の使い方や、なんでこれを使っているかの理由なんかを書いていこうと思います。 ジリ貧型:月曜午前が最高額でそれ以降は下がる一方• 3期型:最初は下がる一方ですが、途中でカブ価が3回連続で上がる(3回目が買値の約6倍)• 4期型:最初は下がる一方ですが、途中でカブ価が4回連続で上がる(4回目が買値の約2倍) って感じです。 カブ価予測ツールの使い方 使い方はメチャクチャ簡単です。 カブの買値、その日のカブ価、先週のカブ価の変動型を入力するだけ。 先週の変動型が分からない場合は無記入でも大丈夫ですが、カブ価は先週の変動パターンが影響するみたいなので、データがある方が正確になります。 このツールのおすすめポイント カブ価や変動パターンの予測をしてくれる なんで数あるツールの中からコレを利用しているかなんですが、 カブ価の予想金額や、今週の変動パターンの予測までしてくれるからなんですよね。 こんな感じで、変動パターンの確立や今後のカブ価がどれくらいまで行くのかっていう予測をしてくれます。 もちろん確実ではないので参考程度に留めるべきなのですが、この情報があるだけで自分のカブ価の予測が立てやすいです。 個人的には使い勝手が一番だと思うので、カブ価の予測ツールはこちらがオススメかなと思います。 判明したカブ価の仕組みを組み込んでいるので精度が高そう コチラの記事でカブ価のアルゴリズムを解説しています。 このアルゴリズムをツールにも組み込んでいるみたいなので、カブ価予測の精度が高いと思うんですよね。 この仕組みがツールにもあるおかげで金額の予測なども出来ていると思うので、ツールとしての信頼度が高いのも個人的にgoodでした。 まとめ:カブ価予測ツールで儲けを出そう ツールを使うだけで効率よくカブを売ることが出来ます。 ジリ貧型に遭遇すると確実に損をしてしまうので、そういう場合はフレンドに頼るしかありませんが、その判断もしやすくなると思います。 色々なツールがありますが、カブ価の予測や精度の高さなど、個人的にはオススメなポイントが満載なので良ければ使ってみてください! そりでは。

次の