東総 陸上 競技 場。 陸上競技部

「千葉県東総運動場陸上競技場」(旭市

東総 陸上 競技 場

歴史 [ ] 開場。 当時の名称は 千葉県総合運動場陸上競技場(ちばけん・そうごううんどうじょう・りくじょうきょうぎじょう)。 4月、千葉県の機構改革に伴い千葉県総合スポーツセンターが運営管理を行うこととなり、総合運動場も現名称に改称した。 隣接地にはがある。 施設概要 [ ]• 第1種公認• 天然芝フィールド• 3万人程度が収容可能なスタンド(メインスタンドが座席、他は芝生席)• 補助トラック(第3種公認8レーン) 主な大会 [ ]• (2003年度以降は使用せず)• (当初は総合開会式も行われる予定だったが、に変更となった。 1973年• 2010年)• 毎年 但し23日が日曜日の場合は24日 、2014年を持って大会終了 サッカー大会の会場としての経歴 [ ] 高校選手権1回戦から3回戦までの会場として(西暦奇数年度の大会によっては、準々決勝まで使われたことがある)2002年度まで使用された。 その後2003年度は、2004年度以降はに開催場所を移している。 千葉県総合スポーツセンターのグラウンドは、の跳躍場がインフィールド内に設けられており、このためが定める公式戦のピッチの大きさを確保できない状態が続いていた。 この事は(当時)がホームタウン選定の際にから千葉市を跳び越してをホームタウンとした理由の一つになっている(現在は千葉市・市原市の広域ホームタウンであるが、千葉市での試合会場は本スタジアムではなく、である)。 (のによりホームのが 1-0 で勝利。 ) また、1993年12月11日 土 には、2回戦( 2-0 東芝)が行われている。 公園内その他の施設 [ ]• 第2陸上競技場• 宿泊研修所• スポーツ科学センター• 軟式野球場・ソフトボール場• 庭球場• サッカー・ラグビー場 アクセス [ ]• 、下車徒歩7分。 、から草野車庫行きに乗ってスポーツセンター停留所で下車。 徒歩5分。 八重洲口から京成バス千葉北ルート(長沼原町行き)に乗って萩台入口停留所で下車。 徒歩7分。 道路 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 千葉県 先代: () 主競技場 次代: () 先代: () 主競技場 次代: ().

次の

陸上競技部(男女)

東総 陸上 競技 場

03 平成24年度東総支部中学校陸上競技記録会 5月19日 千葉県総合スポーツセンター東総運動場 【男子】 2年100m 3位 伊藤 祐輝 2 12. 20 共通400m 5位 遠藤 駿 3 58. 92 共通走高跳 6位 崎山 雅史 2 1. 45 8位 飯島 幹樹 3 1. 45 1年走幅跳 8位 石毛 翼 1 4. 10 共通砲丸投 6位 釜谷 庸記 3 8. 69 7位 遠藤 駿 3 8. 44 【女子】 1年100m 2位 在田 茉由 1 13. 90 3年100m 5位 浪川 佳奈 3 13. 62 共通走幅跳 8位 浪川 佳奈 3 4. 36 四種競技 2位 多田 怜那 3 1414点 第7回旭市民陸上競技大会 5月6日 千葉県総合スポーツセンター東総運動場 【男子】 1年100m 4位 岡野 凌也 1 14. 40 5位 椎名 寿弥 1 14. 59 2年100m 1位 伊藤 祐輝 2 12. 12 8位 嶋田 一期 2 13. 65 3年100m 5位 飯田 隼平 3 12. 12 共通200m 4位 堀川 宏明 3 26. 62 5位 石毛 岬 2 27. 03 共通800m 5位 野澤 祐貴 3 2. 79 7位 川口 昌悟 2 2. 61 7位 海上B 52. 89 共通走高跳 2位 崎山 雅史 2 1. 40 共通走幅跳 2位 田代 順也 2 5. 04 3位 遠藤 雅也 2 4. 68 6位 椎名 正浩 3 4. 31 【女子】 1年100m 1位 在田 茉由 1 13. 92〔県大会出場〕 6位 土佐 歩 1 16. 22 2年100m 7位 嶋田 美咲 2 15. 07 3年100m 1位 浪川 佳奈 3 13. 84 共通走高跳 4位 多田 怜那 3 1. 25 1年走幅跳 3位 多田 紫苑 1 3. 54 4位 多田 早希 1 3. 48 共通走幅跳 5位 関 ひかり 3 4. 15 6位 島田 郁乃 2 3. 91 8位 塙 由茉 2 3. 38 共通砲丸投 3位 平井 神奈 3 7. 29 5位 在田 早紀 3 7.

次の

「千葉県東総運動場陸上競技場」(旭市

東総 陸上 競技 場

1月17日(金)神之池緑地公園周回コースにて、県東地区高等学校駅伝大会が行われました。 男女ともに2位という悔しい結果になりましたが、冬期練習での成果も見ることが出来ました。 来シーズンに向けさらなる準備をしていきます。 目標としていたところには届きませんでしたが、5年ぶりの入賞を果たすことが出来ました。 男子総合8位 1区 佐藤 雅俊(2年) 32. 30 2区 坂本 翔 (2年) 9. 34 3区 大沼 良太郎(1年)27. 30 4区 柏熊 春 (3年) 26. 45 5区 坂本 駿 (1年) 10. 12 6区 飯田 慎也(3年) 16. 45 7区 川崎 要 (1年) 16. 52 合計タイム 2. 09 当日は、保護者の皆さま、卒業生など多くの方に応援をしていただき、とても力になりました。 ありがとうございました。 今年度の課題を来年度につなげ、6位以上を目指していきます。 令和元年度第23回関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会 9月19日(木)~20日(金)東総運動公園陸上競技場にて、県東地区高等学校新人陸上競技対校選手権大会が行われました。 多くの選手が入賞するとともに、多く課題を発見することが出来ました。 今後の成長につなげていきます。 多くの選手が自己記録を更新し、6種目入賞しました。 県高校駅伝、来年の総体に向けさらなる成長を目指していきます。 また、佐藤雅俊(1500m・5000m)、大沼良太郎(3000mSC が関東新人大会の出場権を獲得しました。 関東新人大会は、10月19(土). 20日(日)千葉県東総運動公園陸上競技場にて行われます。 以下の6位以内の選手が県大会の出場権を獲得しました。 県大会は、5月16日(木)~5月19日(日)笠松運動公園陸上競技場にて行われます。 ありがとうございました。 生徒、顧問ともに今回の経験を糧に今後さらなる結果を残せるよう、精一杯取り組んでいきたいと思います。 今後ともご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

次の