お忙しい中ありがとうございます 英語。 「お忙しい中」の意味とは?類語とメールで使える例文を紹介!

忙しいのにありがとうって英語でなんて言うの?

お忙しい中ありがとうございます 英語

「お忙しい中」の類語としては、「お忙しいところ」「ご多用の中」「ご多忙中」などといった言葉が挙げられます。 ビジネスシーンでは、そのときの状況や相手にあわせて使い分けると良いでしょう。 例えば、「お忙しい中〜ですが」は話し言葉としては言いやすいですが、メールなど文章にする場合には、「ご多用の中〜ですが」も同じように使うことができます。 「お忙しい中、恐れ入りますが」や「お忙しい中すみませんが」などは、柔らかい印象を受けるので、話し言葉で使用する人が多いです。 一方で、メールや書面などの文章では、「ご多用中、お手数をおかけしますが」や「ご多忙の中、誠に恐縮ですが」 などといった表現を使うことで、よりしっかりとした印象を与える文章を作ることができます。 このように、言葉の頭につける枕詞はいくつかのパターンがありますので、把握しておくと大変便利です。 「お忙しい中」とは敬語なのか? 「お忙しい中」という言葉は、相手が実際に忙しいかどうかは関係なく、使うことができるので、使用に際しての注意点としては、時間に余裕があることが明らかな場合など、嫌みに聞こえてしまうことがあります。 そのような状況の場合には、あえて「お忙しい中」を使わないという判断も賢明です。 また、その他の注意点として、「お忙しい中」を使用した場合は、相手に要求しすぎないことが大切です。 相手のことを考慮した言葉を使って、自分のお願いごとを聞いてもらっているにもかかわらず、納期を決めたり、複数のことを依頼したりすることはやめておきましょう。 そして、「お忙しい中」を使用した際は、相手に「指図」をしないようにしない気を付けましょう。 例えば、「早めのご返信お待ちしております」といった書き方は、相手に「早く返信するように」と指図していることになるので、このような書き方はやめましょう。 「お忙しい中」を使用するときの多くは、何か相手にお願い事をしたり、相手に回答を求めたりと、相手側に何かと労力や時間をかけさせてしまいそうな時によく使用します。 特に、上司や先輩といった目上の人に使用します。 「お忙しい中」という枕詞をお願い事をする際、冒頭に付け加えるだけで、相手の状況に気を遣っていることが伝わりますし、謙虚な姿勢で自分がお願い事をしているという状況も伝えることができます。 また、「お忙しい中」には、相手に猶予をもって取り組んでもらう、といった意味合いもあります。 相手の状況を配慮し、「お忙しい中」を付け加えることで、「もし可能であれば」といった意味合いや、「あなたのタイミングや都合に合わせます」といった意味合いをお願い事に付け足すことができます。 その結果、依頼された相手もそこまで負担感を持つことなく、お願い事を受け入れてもらいやすくなります。 正しい使い方2:感謝の気持ちを込めて 自分のために、誰かが何か時間を割いてしてくれたとき、相手の手間や労力を想像して「お忙しい中〜してくださってありがとうございます」などと使うことができます。 相手は、自分自身でもやることがある中、依頼した自分のためにわざわざ時間を割いてくれたことに感謝している気持ちを表しています。 実際に、相手からもし「お忙しい中」と言われた場合、もしかすると流してしまうような定型文でもあるのですが、「お忙しい中」を言われなかったら言われなかったで、なんだか寂しい気持ちになってしまう人もいることでしょう。 ただ、「ありがとう」と言われるよりも、プラスアルファで「お忙しい中」と言われた方が何だか嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。 正しい使い方3:時間を割いてもらった時 「お忙しい中」という言葉が出てくるのは、相手に時間を割いてもらっている、という意識があるから言えることです。 例えば、「お忙しい中ありがとうございます」を英語で表現すると、「Thank you for taking your time. 」といいます。 英語にしてみると表現が率直でさらに相手に時間を割いてもらっている、ということが伝わります。 どのような内容であったとしても、相手に時間を割いてもらっている、時間をかけてもらっていることに関して、英語でいう「time」の部分を日本語では「お忙しい中」と表現していることがわかります。 それでは続いて、「お忙しい中」の挨拶の例文をご紹介しますので、参考にしてみてください。 例文1:「お忙しい中恐れ入りますが」 英語で「お忙しい中」を表現する際、先ほどの「Thank you for taking your time. 」(お忙しい中ありがとうございます)の他にも、下記のような表現があります。 ・I know you must be busy.(あなたが忙しいことを知っている。 ) ・your busy schedule.(あなたの忙しいスケジュール) 上記の表現を使用した例文をご紹介します。 (すみません、あなたがお忙しいことは分かっていますが、少しお時間をいただきたいです。 ) ・Thank you for taking time out of your busy schedule. (忙しいスケジュールの中、お時間を割いてくださってありがとうございます。 ) 「お忙しい」とよく似ている表現に「ご多忙」があります。 こちらも「お忙しいところ」と同じように意味にほとんど違いはありません。 強いていうならば、口頭では「お忙しい」、書面では「ご多忙」の方がよく使用されている傾向があります。 また、似ている言葉で「ご多用」という表現もありますが、この言葉も「お忙しい中」や「ご多忙のところ」とほぼ同じ意味で使います。 「ご多忙」に「折」をつけた「ご多忙の折」という表現もありますが、これも「お忙しい中」という表現と大きな違いはありません。 「ご多忙の折」とは、会合やイベントなどの招待状でよく使用される表現です。 この場合の「折」というのは、時間や場所、機会や状況を表します。 一般的に、ビジネスの世界では、基本的に決められたスケジュールや時間の中で、忙しく働いているという前提があります。 そのような前提の中で、忙しい相手に対して、手間を必要とする仕事や予定以外の調べものなどを依頼する場合、誰でも多少なりとも恐縮してしまいます。 つまり、お願い事をする相手に対しての申し訳なさや謙虚さを表現している「お忙しい中」が、仕事を円滑に進める上で大変重宝されています。 後者の方が、格段に相手への印象が良く、その後の仕事もお互いにやりやすくなることが明確です。 今回、「お忙しい中」という言葉から、類似した意味を持つ言葉まで、色々な例文の挨拶パターンや正しい使い方をご紹介してきました。 今まであまり意味を深く考えずに、定型文として使っている機会もあったことでしょう。 また、中にはどのような場合に使うべき言葉なのか、毎回定型文として使用して良いのか、といった疑問を持ったこともあったのではないでしょうか。 本来の「お忙しい中」という意味を考え、相手の状況や立場を踏まえることで、これからは「お忙しい中」の使い方に対する迷いは少なくなるのではないでしょうか。 また、自分が相手にお願い事をする場面に直面した際、相手にどのような言葉を伝えたら快く引き受けてくれるだろうか、ということを常々考えながら、自分のためにも相手のためにもその都度、言葉を選んで上手に使っていきましょう。

次の

「ご連絡ありがとうございます」とは?使い方・メール例文・返信の仕方・英語表現を解説

お忙しい中ありがとうございます 英語

ビジネスで使える超頻出ありがとうフレーズ Thank you for all your assistance. ご対応ありがとうございます。 Thank you for your support. 貴方のサポートに感謝しています。 Thank you so much for your help. 手伝ってくださってありがとうございます。 Thank you for your kind cooperation. ご協力をありがとうございます。 Thank you for the data. データをありがとう。 Thank you for sending the files. ファイルを送ってくれてありがとう。 Thank you for the information. 情報をありがとうございます。 Thank you for the document you provided. 書類を送ってくださってありがとうございます。 Thank you for the materials you sent. 資料を送ってくださってありがとうございます。 Thank you so much for sharing this important document with us. この重要書類を私たちをシェアしてくださってありがとうございます。 Thank you for your email. メールをありがとう。 Thank you so much for the prompt reply. 迅速にご返信くださって本当にありがとうございます。 Many thanks for the quick reply. 早々にご返信くださってありがとうございます。 Thanks for the confirmation. ご確認ありがとうございます。 Thank you for your kindness. ご親切にありがとうございます。 Thank you for your patience. お待ちいただいてありがとうございます。 *日本語だと、『お待たせしてすみません。 』『しばらくお待ちください。 』 Thank you for your understanding. ご理解ありがとうございます。 Thank you for your concern. ご配慮ありがとうございます。 Thank you for your consideration. ご検討くだされば幸いです。 Thank you for your time. お時間いただきましてありがとうございます。 Thank you for visiting our website. 弊社ウェブサイトにお越しくださってありがとうございます。 Thank you for your feedback. フィードバックをありがとうございます。 Thank you for your inquiry. お問い合わせをありがとうございます。 Thank you for contacting us. ご連絡いただきましてありがとうございます。 Thanks for confirming the meeting schedule. ミーティングのスケジュールを確認してくださってありがとうございます。 Thank you for having time with us today. 本日は、お時間いただきましてありがとうございます。 Thank you for taking time out of your busy schedule. お忙しい中、お時間を割いてくださってありがとうございます。 Thank you for coming. お越しいただきありがとうございます。 Thank you for inviting us. ご招待くださってありがとうございます。 Thank you for your continued support. いつもありがとうございます。 Thank you for raising your concerns. ご指摘ありがとうございます。 Thank you for taking care of this matter so quickly. この件に関しまして、こんなに早く対応してくださってありがとうございました。 Thank you for your prompt action. 迅速なご対応をありがとうございます。 大いに感謝しております。 Thank you for your detailed explanation. 詳しいご説明をありがとうございます。 貴方がしてくださったこと全てに改めて御礼申し上げます。 Thank you so much for everything. 全てのことに本当に感謝しています。 I really appreciate it. 心より感謝しています。 We truly appreciate that. 私共、心より感謝しています。 We would appreciate your prompt attention to this matter. この件につきまして、迅速に対応していただけますと幸いです。 We are really grateful to you for choosing us. 弊社を選んでくださってありがとうございます。 親しい仕事仲間に送るカジュアルありがとうフレーズ Thanks always. いつもありがとう。 Thanks again. 改めて、ありがとう。 Again, thank you so much. 改めて、ありがとうございます。 Thanks from the heart. 心からありがとう。 Thanks for your sweetness. 優しいお気遣いに感謝します。 Thanks for clarifying. 明確な説明をありがとう。 Thank you for showing me around. 案内してくれてありがとう。 Thanks again for your business. ビジネスに関して、改めてありがとうございます。 Thank you! 何て言っていいか、ありがとう! I owe you one, thanks a lot! 助かりました。 どうもありがとう! * I owe you one. は、『恩に着る』『借りができた』 I just wanted to say thank you! ただ、ありがとうって、言いたかったんだ! I just wanted to send a note to say thank you. ただ、ありがとうって、メッセージを送りたかったんです。 I wanted to say thank you ASAP! 一刻も早くありがとうって言いたかったんだ! * ASAP の発音はエイサップ。 感謝してもしきれません。 貴方は命の恩人です! How can I repay you? どうやってお返しすればいいでしょう? I greatly appreciate your assistance. 貴方の対応に大いに感謝しています。 ちょっぴり凝った感謝フレーズ Thank you so much for taking the time to meet with me. 私と会うために、お時間を割いてくださってありがとうございます。 Thank you for taking the trouble to answer my questions. わざわざ質問に答えてくださってありがとうございます。 Thank you so much for your recent business with us. 最近の取引に、感謝しています。 Thanks again for the wonderful experience. 素晴らしい経験をさせてくださったことに、改めてお礼を申し上げます。 助けてくれて本当にありがとう。 貴方がしてくださったこと全てに感謝しています。 I want to thank you for all of you. 皆様に感謝しています。 I am so thankful. 本当に感謝しています。 I am all gratitude. 感謝でいっぱいです。 ご協力していただいて感謝の気持ちでいっぱいです。 My heart is filled with gratitude. 私の心は、感謝の気持ちでいっぱいです。 心から感謝しています。 あなたがしてくださった、全てのことに感謝します。 いろいろと本当にお世話になりました。 I really appreciate you taking the time for us. 私たちのために時間を割いてくださったことに心から感謝致します。 I appreciate that from the bottom of my heart. 心の底から、感謝しています。 We thank you for your precious time and consideration. 貴重なお時間をいただき、またご検討くださいましてありがとうございます。 貴方の心のこもったお言葉に、感謝しています。 貴方がしてくださったこと全てに感謝します。 感謝の念でいっぱいです。 あなたのサポートに、表せないくらい感謝しています。 感謝の意を表せないくらい感謝しています。 どんなに感謝しているか、言葉では言い表せません。 どんなに感謝しているか、言葉ではとても言い表せません。 I just want to tell you how much I appreciate you giving me the opportunity to talk with you. あなたとお話する機会をいただけけたことに、私がどんなに感謝しているかを申し上げたく存じます。 I truly value everything I have learned from you. あなたから学んだこと全てを本当にありがたく思います。 私を信頼してくださっていることに、深く感謝しています。 あなたのサポートに深い感謝の意を表します。 ビジネスに関して教えたくださったこと全てに感謝しています。 この機会をくださったことに、心から感謝いたします。 I wanted to send a quick thank you for inviting me. 私を招待してくださって、ありがとうございます。 取り急ぎ。 We are extremely grateful for the gift that you have given to us. プレゼント、本当にどうもありがとうございます。 How can I ever thank you enough. 感謝のしようがありません。 There are no words to express how grateful I am. 感謝の言葉もありません。 なんとお礼を言ったらいいか、術がありません。 Words are never enough to thank you. 感謝の意を表すのに、言葉では足りません。 Words are nothing to express my gratitude. 言葉では全く表せないほど、感謝しています。 貴方の助けとサポートに、どれだけ感謝しているか言葉では言い尽くせません。 貴方の思慮深いメッセージに、どれだけ感謝しているか言葉では表現できません。 貴方がしてくれた全てに、言葉では言い表せないくらい感謝しています。 No words can describe how thankful I am. 言葉では表現できないくらいに感謝しています。 No words can truly express how grateful we are. 言葉にできないほど心から感謝しています。 No words can express how grateful I am to have you. あなたがいてくださって、言葉で言い尽くせないほど感謝しています。 感謝の言葉が見つかりません。 Please accept my best, deepest thanks. 私の最高の感謝を受け取ってください。 昔流行った、Thanks a million! 大好きな言い方だけど、最近は聞かなくなりました。 Filed Under: 関連タグ:,.

次の

「お忙しいところ」の使い方と例|恐縮ですが・ありがとうございます

お忙しい中ありがとうございます 英語

「お越しいただき」の意味は? 「お越しいただき」の意味は「来てもらう」 「お越しいただき」は、相手に来てもらうことを丁寧に表現した言葉です。 相手が自分のところへ来たことを「お越しいただいた」と言います。 お客様が自分の会社に来たときなどに「お越しいただきありがとうございます。 」と使うことが多い表現です。 「お越しいただき」は謙譲語 「お越しいただき」は、「来る」を表す「お越し」と、「~してもらう」を表す「いただく」に分けられます。 お客様に「来てもらう」のは自分ですので、自分がへりくだった表現である謙譲語を使います。 「お越しいただき」と「お越しくださり」の違い 「お越しいただき」と似ている表現に「お越しくださり」があります。 どちらを使うべきか迷う方も多いかもしれません。 ここでは両者の違いと使い分け方を解説します。 「お越しくださり」は尊敬語 「お越しくださり」は、「来る」を表す「お越し」と、「くれる」を表す「くださる」に分けられます。 お客様が「来てくれる」ことを表していますので、お客様を持ち上げる尊敬語を使います。 「お越しいただき」と「お越しくださり」の使い分け 「お越しいただき」、そして「お越しくださり」は、相手が自分のところへ来るという同じ内容を表しています。 ビジネスでよく利用されている「お越しいただき、ありがとうございます。 」と「お越しくださり、ありがとうございます。 」は、どちらを使っても正しい表現です。 厳密にいうと、「お越しいただき」は「私が来てもらう」という謙譲語で、「お越しくださり」は「お客様が来てくれる」という尊敬語です。 主語が「私」か「お客様」という違いがあります。 自分がお願いして来てもらうときには「お越しいただき」を使うとよいでしょう。 覚えておきたい「お越しいただき」を使った例文 「お越しいただき」は、挨拶やお礼のメールなど、ビジネスのいろいろな場面で利用されています。 よく使われるフレーズで覚えておくと便利です。 ここではよく使われるフレーズを紹介します。 「お越しいただきありがとうございました」が基本 「お越しいただき」を使った表現で多いのが、「お越しいただきありがとうございました。 」です。 来ていただいたときの最初の挨拶や、ビジネスメールでお礼を伝えるときなどに利用します。 先日は弊社までお越しいただき、ありがとうございました。 天候が悪い中、こちらまでお越しいただき、ありがとうございます。 「お忙しい中お越しいただき」を使った例文 「お忙しい中お越しいただき」も、よく利用される表現ですので、覚えておくと便利です。 本日はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございます。 先日はお忙しい中お越しいただき、大変感謝しております。 「遠路お越しいただき」を使った表現 「遠路お越しいただき」や「遠路はるばるお越しいただき」も、よく利用される表現です。 遠方から来たほうが、来るために多くの時間や労力がかかっています。 より丁寧にお礼の言葉を述べるために「お越しいただき」は適した表現です。 本日は遠路はるばるお越しいただき、誠にありがとうございます。 「お越しいただきたい」ことを伝える例文 「お越しいただき」は、来てもらったことに対する感謝の気持ちを伝えることが多いです。 「来てもらいたい」という気持ちを伝えるときには、疑問文にするなど、少し言い回しを変えるといいでしょう。 弊社までお越しいただけますでしょうか。 直接会場にお越し願えますか。 「お越しいただき」の類語や言い換え 「お越しいただき」は「おいでいただき」や「ご足労いただき」に言い換えて使うことができます。 それぞれ例文で紹介します。 「おいでいただき」に言い換えた例文• 先日は弊社までおいでいただき、ありがとうございました。 本日は遠路はるばるおいでいただき、感謝しております。 「ご足労いただき」に言い換えた例文• 先日はご足労いただきまして、感謝しております。 わざわざご足労いただき、恐縮です。 「お越しいただき」を英語で表現すると? 「お越しいただき」は英語で「all the way from」 「all the way from~」で、「~からお越しいただいた」や「~からはるばる来てくれた」という意味になります。 例えば「Thank you very much for coming all the way from Japan. 」は、「日本からお越しいただきありがとうございます。 」と意訳できます。 「way」は「道」や「方法」を表しますので、日本から来るための道のりや方法、行動などすべてに感謝しているという表現です。 まとめ 「お越しいただき」は、感謝の言葉といっしょに使うことの多い敬語表現です。 感謝の言葉をつかいこなせるようになると、ビジネスで信頼関係を築きやすくなるかもしれません。 ぜひ、本記事を参考にして、「お越しいただき」や言い換えた表現を使ってみてください。

次の