ラファエル やらせ。 ラファエルは実際にカンボジアに井戸を作っていたことが判明!ヤラセじゃなかった笑

ラファエル (YouTuber)

ラファエル やらせ

ラファエル(YouTuber)のプロフィール 出典:• 名前:ラファエル• 常に仮面とグレーのパーカーを着用している。 仕事や経歴 ラファエルさんは、もともとは サラリーマンの営業として働いていました。 サラリーマンの前は 自衛隊員だったとのこと。 だから、筋肉がムキムキみたいですね。 その後、現在では営業の仕事はやめて、YouTuberとして活動されています。 金持ち過ぎる年収 ラファエルさんは、サラリーマン時代からかなりお金持ちだったようで、 サラリーマンなのに、なぜ金持ち? ということが気になりますが、• 営業の仕事が歩合制だった• FXで稼いでいた などが理由だったようです。 ラファエルさんは非常に優秀な営業マンだったようですが、動画でのトークスキルからもその片鱗は垣間見えますよね。 そして、なんでも年収はサラリーマン時代から 普通の社会人の3倍〜4倍と明かしており、過去の動画では、 4200万円 と明かしていたこともありました。 現在では、優に月収1000万円を突破しているようで、 年収1億 は突破しているそうです。 仕事はYouTube以外にも、不動産経営とFXをされているみたいですよ。 ラファエルの本名は? ラファエルさんの本名は 田中生一(たなかしょういち)さん とのこと。 ラファエルさんが炎上してしまった時に、経営している会社の情報からばれてしまったようです。 偽物の可能性もありますが、ラファエルさんと仲の良いシバターさんも「 田中生一(たなかしょういち)さん」と呼んでいた時があったため、おそらく本物ではないかと思われます。 ラファエルの過去の顔バレ騒動遍歴 これまでラファエルさんの素顔というのは、ネット上でたびたび騒がれてきました。 モーリーのツイートから素顔の画像が流出 2017年5月22日、謎に包まれていたYouTuberラファエルさんの素顔の画像が流出し、顔バレしたと話題に。 その原因となったのが、禁断ボーイズ・モーリーさんがツイッターにて投稿した下記画像。 出典: 一見なんてことはない画像のように見えますが、この画像の一部分を拡大してみると奥にグレーのパーカーを着た人物の姿が・・・ 出典: これがラファエルさん本人で仮面を外した素顔ではないかと言われているようです。 ラファエル顔バレ笑笑笑 服同じ — 和田 温斗 haruto55030114 YouTuberヒカルがツイート削除を要請する さらに、このツイートに対して、同じ事務所に所属する YouTuberのヒカルさんが 「モーリーツイート消しとけ」 と削除を要請。 出典: これにより一層信憑性が増してしまい、ネット上ではこの画像がラファエルさんの素顔で間違いないとみられています。 流出した画像は本物のラファエルの素顔ではなくネタ? 一方で、 「ヒカルさんがリプするのはおかしい」 「本当ならばDMやLINEを使う」 としてヤラセやネタだろうとみている人も多いようです。 ラファエルのは30パーはヤラセだな。 ほんとは違う顔とか。 ヒカルさんがリプするのがおかしいし。。。 緊急事態ならDMとかLINEでいうっしょ。 なので、ここまで見ればネタの可能性の方が高そうに思われましたが・・・ ツイートが削除されたことで信ぴょう性が上がる しかし、モーリーさんが該当ツイートを削除したことで、再び本物である可能性が高くなりました。 出典: しかも削除後、モーリーさんが何も言及していないことも余計に怪しいですね。 過去に流出した素顔の写真と比較 とはいえ、そもそも流出した画像の人物の目が、ラファエルさんの目とは違うと感じているファンも多い様子。 ラファエルこれ偽物やんけww目が違うわww — すにゃいぷ! naver. naver. 動画で仮面を外した瞬間の画像 ラファエルの顔 — CO2 isto96482002• YouTuber桐崎栄二の動画のサムネイル画像 ラファエルさん raphaelangel8183 がシェアした投稿 — 2016 11月 25 6:42午後 PST• 流出した日の前日、2017年5月21日のラファエルの画像 今日も1日終わりましたよ。 お疲れ様です。 — ラファエル ゲーム配信日本代表 raphaelchannel 以上がこれまでに流出していたラファエルさんの顔の手がかりが得られる画像ですが、 こうして比較してみると、• 髪型などの雰囲気• まつげの長さや目の感じ などの要素から別人の可能性も高そうです。 とはいえ、断定できるレベルの情報ではないので、真相に迫るには、もう少し手がかりが欲しいところですね。 関西コレクションの客引き目的か? ラファエルさんといえば、ヒカルさんとともに関西コレクションに出演することが決定しています。 よって今回、ラファエルさんの顔がバレてしまったと思っているファンからは 「顔がバレてしまって価値が下がった」 という声が相次いでいます。 YouTuberのラファエルさんの素顔がバレたらしい。 ヒカルさんが、関西コレクションに出演できる条件の1つが、来た人だけにランウェイでラファエルさんの素顔を見せるってことだったのに、こんな形でバレてしまっては難しいのでは? 本人に届くかな。 — tk モンスト. そのことから 「ラファエルの素顔が本物かどうか確認したい方は関西コレクションへ」 という客引きではないかと睨んでいる人もいるようです。 とりあえず、この騒動に対してラファエルさんがどう反応するのかに注目したいところですね。 【追記】ラファエルの顔バレはガセで禁断ボーイズのネタ動画だった 2017年5月24日、流出したラファエルさんの素顔とされる画像は偽物で禁断ボーイズのネタ動画出会ったことが判明しました。 ラファエルの素顔の新たな手がかり その後、ラファエルさんの素顔に関して、たびたび新たな手がかりが出てきています。 ヒカルさんの動画でのラファエルさんの横顔 出典:• 禁断ボーイズ田中さんがツイッターに投稿して即削除した画像 出典: ネット上では、この画像に写っている左の人物がラファエルさんなのではないかと噂されているようです。 出典: 雰囲気は違うような気もしますが、果たして本物なのか・・・ 炎上騒動中に拡散されたラファエルの素顔らしき画像は偽物だった 2017年8月15日にがきっかけとなり、ラファエルさんの素顔らしき画像が流出しましたが、これに関しては下記動画12分あたりより確認でき、 ラファエルさんが自分のものではない と否定されています。 その証拠として一緒に釣りに出かけた時に、こっそり撮影していたという画像もあわせて公開しています。 たしかに画像をみるかぎり、同一人物のように見えますよね。 このラファエルさんの本物とされる顔画像が拡散されると、ネット上からは ガチのイケメンYouTuberだった と話題になることとなりました。 素顔の公開は再生数稼ぎが目的? ちなみに、シバターさんが言うには、ラファエルさんの素顔公開はパフォーマンスである可能性が高いとされています。 というのも、動画の中で素顔のモザイクがかけ忘れられるなら考えられるけど• サムネイル画像で、ジャン君(ラファエルさんのマネージャー)にはモザイクをかけているのに、ラファエルさん本人にだけモザイクをかけないのはありえない。 画像はphotoshopで加工して作るため、普通に気づく とのこと。 そのため、動画が公開されたのが夏休みという時期もあり、 再生数を稼ぐ目的で自ら公開したのではないか? とされています。 なお、該当動画のサムネですが、騒動が話題になると、一度はサムネイルが変更されてモザイクつきに変わったそうですが、現時点では再度モザイクなしのサムネに切り替わっています。 この行動が意味するところとは・・・? ラファエルの年齢まで判明!? そして、シバターさんの上記の動画で、はからずもラファエルさんの年齢まで判明することとなりました。 シバターさんがいうには、ラファエルさんの年齢は 30代後半(37歳~38歳) とのこと。 続けて、• 年齢のわりに若く見える• ただ肌の質感とかしわとかからはさすがに年齢が隠せていない とも話しています。 かなり意外なほど年上であることが分かりますよね。 ヒカルと年齢が近いのでは? 一方で、これまでラファエルさんの年齢はヒカルさんと近いモノと考えられてきました。 というのも、ヒカルさんが過去に動画で「 年齢が近い」と発言していたからです。 ヒカルさんは現在26歳なので、大体28歳とかアラサーぐらいだろうとの見方が有力でした。 しかし、今回の年齢暴露で、だいぶ予想とは違うものであることが分かります。 これが意味するところとして、もしかしたら、シバターさんがラファエルさんと口裏をあわせて、でまかせを言っている可能性もありえなくはないかもしれません。 ラファエルさんとシバターさんは仲良しですし、ラファエルさんが30代後半となると、シバターさんよりも年上ということになり、ラファエルさんの謙虚すぎる物腰に若干違和感も感じます。 真相は不明ですが、100%30代後半の年齢だと断定するにはまだ早そうですね。

次の

ラファエルの素顔はイケメンだった!テレビ出演料/黒歴史/本名/年齢/身長/整形/ヤラセ/タピオカ/引退/彼女/マネージャーのイーサンについても!

ラファエル やらせ

これ全部やらせです。 アベマTVの暴露するところからなので、一度上の動画をご覧になってみてください。 演者は「えー」「うそー」などと言っていますが、完全に演技だと思います。 というのも、ラファエルのチャンネルを見ればわかりますが、 殆どの動画がドッキリです。 それの、ヒカルとのコラボで他人のクレジットカードを使ってブランド品を買い物するという内容があったんですけど、それをやってしまうと犯罪ですし、プチ炎上してやらせと本人が暴露していました。 結局のところ、Youtubeはテレビと同じで エンターテイメントなんですよね。 もはや、どこまでが本当でどこからが嘘なのかわかりません。 フィクションということですよね。 他のYoutuberのドッキリも全てやらせなのか ここまでやらせだらけだと、Youtuberみんなやらせで全部嘘だと思ってしまいますよね。 やらせなしでドッキリをやっているところと言えば朝倉未来ちゃんねるですよね。 ラファエルは計算でこれだとエンターテイメントとして視聴回数を稼げるとか考えてやってそうです。 YoutubeアカウントがBANされて取り上げられて更に有名になるのも、しくじり先生に出演することすら、全てが計算だと思います。 そう考えると恐ろしいですよね。 マイナスの事ですら全てプラスに転換している、まさに無敵状態です。 ですが、テレビでも同じような事をしているので、過激な事をやっても犯罪でなければ炎上してもそれは全て計算通りというか炎上商法です。 考えてみれば、炎上軍に入ってますからね。 しくじりに出て当たり前のみんな知っていることを言ってもなんだかなぁ・・・ たぶん、求められているからこのスタイルは変わらないだろうけど。 需要があればビジネスとして成立するので、ファンが喜べば何でもOKだよね。

次の

ラファエル(Youtube)の知られざる情報!全てをまとめてみた!

ラファエル やらせ

KNNポール神田です! テレビ朝日の『しくじり先生』に人気YouTuberの『ラファエル』が登場し、YouTuberな赤裸々な現状を語った…。 』(テレビ朝日)に、白い仮面にグレーのパーカーがトレードマークの人気YouTuber・ラファエルが登場。 「今なら、当時の自分には絶対に会社を辞めさせない」とも断言した。 その中でも、 YouTuberの寿命はだいたい5年と言及し、35年働くサラリーマンの生涯年収を超えられないので、『冷静に考えて(会社)を辞めちゃダメ』と諭す。 ラファエル氏も過去の自分にも言いたいくらいだそうだ。 それくらい稼げてはじめて会社を辞めるべきだという…。 これはかなりハードな条件といえるだろう。 しかし、トップYouTuberになれるほどのクリエイションと企画力があれば、他の環境や条件でも生き延びることができるだろうと考えられるが、ラファエル氏でさえも、『会社を辞めるな』と言及していることは傾聴するに値する。 という低い目標では完全にアウトということだ。 当時のラファエル氏のチャンネル登録者数は240万人。 現在(2020年5月)のまで登録者が復活しているが、アカウント停止から、1年半かけても67%の回復でしかない…。 ラファエル氏が言うには、トップレベルのYouTuberのチャンネルはテレビのゴールデンと同じ、『ホームレスに100万円』渡してみたらなんて企画はゴールデンでは絶対にやれない…。 YouTuberの収益源はYouTubeの広告からの分配金である。 YouTubeは広告収入の大半(8割とも言われる)をYouTuberに還元しているため、広告主が嫌がるようなコンテンツには非常に厳しくなっている。 昨今では児童用のコンテンツはさらに厳しくなった。 それだけテレビ以上の良質なコンテンツを集めたいので、そのような収益還元施策をとっているのだ。 従来のメディアとの比率の真逆だ。 テレビメディアで考えると制作費は広告の半分。 しかも、そこから孫請にまで半分とかの世界でクリエイターに渡るのは2割とも言われる。 出典:しくじり先生 さらにYouTubeの分配金以外に、『企業案件』という個別のPR動画という儲け方がある。 しかし、それらがアカウント停止で迷惑をかけてしまう…。 番組出演者もこれには大反応! オードリーの若林氏は『それをテレビでいうか!』と絶句する。 日本においても、ついに2019年にテレビ広告費がネット広告費に抜きされる年となった。 『テレビとネット、どっちにいたほうがいいかは明確!』と断言する。 これは、大爆笑であるが、2020年以降、テレビメディアを主戦場としてきたタレントや芸人がネットに流れてくるのが明確となった。 現在の『』がさらにそれに拍車をかける…。 そう、テレビメディアでもスタジオ出演の完全自粛で、テレワークでの出演となっているからだ。 天才的な芸やオーラを持つタレントたちが、自宅で配信しはじめると、テレビ番組のゴールデン枠でなくても自宅でできるという可能性を、タレントやタレント事務所の方が気づきはじめてもいる。 そう、テレビ制作会社も広告代理店もだ。 対応できないのはテレビ局のみだ。 彼らが本気で課金やCMをつけたネット番組を展開したら…、自粛でスタジアム公演ができないのであれば、それらを考えはじめてもまったく不思議ではない。 テレビメディアとネットメディアの大編成時代が起きようとしている。 若年層では当然だが、中高年までもがテレビよりもネット番組の編成をサブスクリプションするような時代になりつつあるだろう。 そう、『ヤラセ』とは仕込みであり、演出なのである。 過去動画の『』『』というような企画がすべて『演出』だったということが本人の口から語られたのだ…。 これは、もうお見事でしたと言わざるを得ない…。 すべての企画や演出が練られたものだからだ。 そして、なによりも『ヤラセのリアクション』が上手いのだ。 ある意味、ラファエル企画は、昭和の頃の元気のあったテレビ時代を彷彿させてくれる…。 のの探検隊シリーズなんて、ヤラセの連続で、初代の大脱出も…。 そう、ヤラセでないと企画が成立しない時代だったのである。 11PMでは裸体が溢れ、オトナの時間として成立していた。 そう、YouTubeはテレビの昭和時代で耳目を集めていたのだ。 『』というカタカナが闊歩するようになった平成、そして『コロナ禍』の令和を迎えてからはすべてが『ゴールデンタイム』のおじいちゃんおばあちゃんからお子様までのお茶の間を想定された作りになってきた。 個人ごとの『ロングテール市場』であったはずのネットの世界が、ゴールデン枠の『テレビ禍』しているといっても過言ではない。 これはネット広告費がテレビ広告費を抜いたことによってさらに強まる傾向にあるだろう。 『世の中にある仕事のほとんど、努力でできないことはない。 結果が出ないのは努力がたりなかったから。 2~3回ぶったおれるくらいが努力。 努力したらなりあがれる』と言葉を締括多々。 今回の『しくじり先生』は、テレビ朝日というテレビ局が『アベマTV』というプラットフォームを持つことによっての生き残りたのための施策番組ともいえるような気がしてきた。 後編 前編.

次の