ご 連絡 お待ち し て おり ます。 「待っている」の敬語とは? 「お待ち申し上げております」が正解【ビジネス用語】

ご連絡お待ちしてますって英語でなんて言うの?

ご 連絡 お待ち し て おり ます

人は、生活している以上は会話をする必要があります。 なぜなら、会話というのはコミュニケーションの手段でもあるからです。 そのため、私生活においても、ビジネスのシーンにおいても、人は会話をします。 ここで問題になるのが、言葉遣いです。 親しい友人に対して敬語を使う必要はありませんが、ビジネスシーンにおいてはどうでしょうか。 ビジネスシーンだと信用に繋がる 社会では、ビジネスマナーというものをわきまえて活動する必要があります。 そのため、上司や、一定の地位にある人に対しては、敬語を使う必要があるでしょう。 敬語を使わなければ、信用を失う事態に発展する可能性があります。 場合によっては、取引先との商談も失敗に終わる可能性があるので、敬語はそれだけ意識すべきなのです。 以下で、間違いやすい敬語である「お待ちしております」について見ていきましょう。 「お待ちしています」より「お待ちしております」の方が正しい敬語 企業に勤める従業員として、相手方にビジネス関連のメールを送る場合があります。 この時、メールの本文に「お待ちしています」という記載をするケースがあるでしょう。 しかし、この場合においては、「お待ちしております」の方がより正しい敬語になります。 では、なぜ「お待ちしております」の方が正しい敬語になるのでしょうか。 ここでは、その理由について詳しく説明していきます。 謙譲語が含まれている 基本的に、「いる」の謙譲語は「おる」となります。 従って、「お待ちしています」という言い方よりも、「お待ちしております」の方がより適切なのです。 ただし、「お待ちしています」という言い方の中にも敬語は含まれているので、こちらの方を選択してメールの本文に記載してしまうケースも多いでしょう。 敬語として正しいのは「お待ちしております」だというのを覚えておいてください。 「お待ちしております」よりも丁寧な敬語がある 「お待ちしております」については、敬語として問題はないため、一般的にもよく使われている表現のひとつです。 しかし、メールを受信した相手からの印象をより良くする上では、「お待ちしております」よりも丁重な表現の敬語があるのです。 ここでは、具体例を見ていきましょう。 「お待ち申し上げております」がより丁寧 「お待ちしております」という敬語より、「お待ち申し上げております」の方が、より丁重な印象を相手に与えられます。 なぜなら、「お」という接頭語と「申し上げる」の組み合わせは、謙譲語としてのひとつの型だからです。 従って、「お待ちしております」よりも「お待ち申し上げております」の方がより丁寧であり、ビジネスシーンであればこちらの敬語を活用するケースのほうが多くなるでしょう。 「お待ちしております」をより丁寧な敬語で表現するなら「お待ち申し上げております」 目上の人とのメールのやり取りをする上では、「お待ちしています」を使うのは最適とは言えません。 従って、「お待ちしております」や「お待ち申し上げおります」のように謙譲語を取り入れるのが大切となるのです。 ただし、シーンによっては、「お待ちしております」ではなく、別の表現の方が適切な場合もあるため、敬語を使い分けましょう。

次の

ご連絡お待ちしておりますって英語でなんて言うの?

ご 連絡 お待ち し て おり ます

ご質問どうもありがとうございます。 様々な表現があると思いますが、いくつか自然な表現を紹介します。 We look forward to hearing from you. (直訳)われわれは、あなたから聞くことを楽しみしております。 We look forward to your reply. あなたからのお返事を、われわれは楽しみしております。 We hope to hear from you soon. われわれは、これからあなたから聞くことに希望しております。 もちろん、「WE」(私たち)の代わりに、「I」(私)を使ってもよいです。 そうすると、文章は下記のとおりとなります。 1 - I look forward to hearing from you. 2 - I look forward to your reply. 3 - I hope to hear from you soon. お好みに合わせて使い分けてみてください。 ご参考にしていただければ幸いです。

次の

目上の人に「返信を待っている」ってどう言えばいいの?

ご 連絡 お待ち し て おり ます

クライアントからの電話やメール、お客さまの来店など、ビジネスでは何かを「待つ」というシーンが多くあります。 では、相手に「待っている」という気持ちを伝える時、あなたはなんて言いますか? 本稿では、「待っている」の敬語表現についてご紹介します。 それぞれどのような敬語なのか、詳しく見ていきましょう。 「お待ちしています」 「お待ちしています」という言葉は、「待っている」の「待つ」に、丁寧さを表す接頭語「お」を付け、「いる」に「ですます調」の「ます」を加えた丁寧語です。 「お待ちしております」 「います」の謙譲語が「おります」であることから、「お待ちしております」は謙譲語になります。 「お待ち申し上げております」 「お待ち申し上げております」は、「お待ちしております」と同様の謙譲語です。 「お待ちしております」と違う点は「申し上げる」という部分になりますが、「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 さらに、「います」の謙譲語「おります」が付いていますので、「お待ち申し上げております」という言葉は、とても丁寧で敬意の強い謙譲語と言えるでしょう。 「お待ちしています」は丁寧語ですから、基本的には誰に対しても使える言葉ですが、とりわけビジネスシーンでは、上司やお客さまといった目上の人を立てる必要があります。 そのため、目上の人に対しては、謙譲語である「お待ちしております」や「お待ち申し上げておりまのす」を用いた方が適切です。 ただし、「お待ちしております」よりも「お待ち申し上げております」の方がより敬意の強い謙譲語だということを覚えておきましょう。 最も丁寧で敬意の強い謙譲語「お待ち申し上げております」ですが、実は、二重敬語 ひとつの文章に複数の敬語 であるため、敬語としては誤りであるという見解もあります。 そもそも二重敬語が駄目だとされている理由は、丁寧に話そうとするあまり無理に敬語を重ね、相手に違和感を与えてしまうことが結果的に失礼にあたるからです。 例えば、「少しお待ちいただけますか」で十分なところ、「少しお待ちしていただけますか」と言ってしまうなど、敬語に不慣れな若者に多く見られる誤りです。 相手に敬意を示そうという気持ちは理解できますが、相手にスムーズに伝わらないようでは、敬語以前に言葉として不適切です。 その点、「お待ち申し上げております」は二重敬語とはいえ、不適切という程の違和感はありません。 他にも、「お慕い申し上げております」なんて言葉もありますが、こういった表現は、すでに多くのシーンで使われており、敬語として認められていると言えます。 ただ、二重敬語は皇族に対して使われるなど、とても堅苦しい表現になりますので、自分から見て非常に上の立場にある人に対してや、重要な文章にだけ使う程度に留めておいた方がいいかもしれません。 自分がお客さまの立場だとしたら、面と向かって「またのご来店を心よりお待ち申し上げております」と言われたら、敷居を高くされた感じがして、お店に近づき難い印象を受けてしまいます。 そんな時は、「またのご来店を心よりお待ちしております」くらいの方がいいのではないでしょうか。 敬語というものは、言葉が足りなければ不十分とされ、多ければ多いで失礼とされてしまう少々厄介な表現です。 しかしながら、そんな敬語を正しく使い分けることができてこそ"常識ある大人"と言えるのではないでしょうか。 大人として、社会人のマナーとして、正しい敬語をしっかりと身につけておきたいものですね。

次の