クレープ ビュッフェ。 マツコで紹介のクレープ食べ放題目黒ラ フェット ド フィーユ脅迫ツイート怖いと炎上?

6/7 東京スイーツブッフェ ベスト5 [ブッフェ・食べ放題・バイキング] All About

クレープ ビュッフェ

予約方法&混雑状況(待ち時間) (2018年7月12日現在)食べログからの予約も始まりました! (2018年11月9日現在)12月より料金改正し、税込3,500円となるそうです。 公式HPにはお店の電話番号ではなく、携帯電話の番号が記載されているので、ちょうど自分が電話をかけたときが迷惑な時間だったらどうしようとちょっとドキドキするかもしれません。 予約時間枠 【第1部】11:00〜14:00 【第2部】11:30〜14:30 【第3部】12:00〜15:00 【第4部】14:15〜17:15 【第5部】14:45〜17:45 【第6部】18:30〜21:30 【第7部】19:00〜22:00 しかし、1番動揺したのは来店時。 実は、「La fete de filles (ラ フェット ド フィーユ)」と書かれた看板がなく、入り口前には「キャベッチ」という名前が表示されているため、私だけでなく初日に訪れた多くの人が迷子になっている状態でした。 これから訪れる人は、この緑字のキャベッチを目印にして階段を昇って行ってください。 店内はとてもオシャレ!2階に続く階段、高い天井、そして大きな窓があり、どの場所も絵になります。 2階がどんな風になっているのかとても気になります!ちなみに、4名座れるテーブルは1卓のみで、他の席は本日はすべて2名席になっていました。 今回は初日だったせいもあるのかもしれませんが、提供には結構時間がかかります。 最速で食べて、すぐに次の料理をオーダーしたとしても、最大で1人6枚が限界くらいのペースでした。 席につくと、まずはメニュー内容やオーダーの仕方の説明がしっかりと行われます。 爽やかなスマイルの店員さんが丁寧に案内してくれるので、最初から居心地抜群です。 クレープメニューは全部で17種、ガレットは13種で、合計30種が食べ放題。 制限時間は3時間で、ラストオーダーは30分前となっています。 注文のタイミングは、1皿全てを完食し終えたらというのがこのお店のルール。 メニューには番号がついているので、メニュー名での注文でも、数字でも注文でも大丈夫でした。 クレープ&ガレットのメニューの他に、サイドメニューも用意されており、サイドメニューとドリンクバーはカウンターに自身で取りに行くスタイルという風に伺いました。 しかし、実際には自分で取りに行くのは「シャンパーニュ風チキンカレー」のみで、その他のものはテーブルでの注文ということに途中から変わりました。 〈クレープ〉 ドゥーブルショコラ シャン ド フレーズ トライフル ミント ショコラ ラ メール パシオン みやび オレンジシュゼット クラフティタタン カシス マロニエ ショコラ バナーヌ マティエル ブール ハニー バニーユ クレープ ブリュレ フロマージュ ドルチェ ミルティーユ エビス ローズ カナール オランジェ 〈ガレット〉 コンプレット サンドリプス ジャンボン クリュ グリエ ビアンド シトロン ド プレ ユイール ポワソン フォレラッテ グラチネ クルヴェット リ ファリーヌ サルードピカンテ シャンピニオン ジェノベーゼ クアトロフォルマッジョ 〈サイドメニュー〉 シャンパーニュ風チキンカレー フレンチフライ ボルドーStyle コーン ソイ ポタージュ 海老のカクテルサラダ~バジルジュレ仕立て~ アルザス風ビシソワーズ クリスプシーザーサラダ オリーブのニソワ ジャーサラダ メニュー表には、それぞれの商品にどんな具材が入っているのかもわかりやすく記載されています。 いざ実食!合鴨のクレープに海老のガレット! 1度目のクレープの注文を終えたら、できあがるまでの間はドリンクを堪能! サービスでスパークリングワインが目の前で注がれます。 ピンク色のほうはローズの香りのするノンアルコールカクテルで、お酒が苦手な方はこちらが提供されます。 ドリンクカウンターでは「セイロン アクア」という紅茶をオーダー。 この1杯目のティーのみカウンターでの注文でしたが、その後はテーブルオーダー制に変わりました。 本日は2名での来店で、合計11種のクレープ・ガレットと、カレーやサラダをいただいたのですが、今回この「はらぺこニュース」では、まず食事系ガレット&クレープを紹介していきます。 「シャンパーニュ風チキンカレー」は、11時の来店時にはまだ準備中で、30分ほど経過したころにカウンターにセットされました。 チキンとポテトがごろごろ入っていて、なかなかスパイシー! 「クリスプシーザーサラダ」はテーブルでのオーダーで、小さなグラスの中に入って登場!1人分のミニサイズで食べやすいです。 今回実食した食事系メニューの中で、もっとも私好みだったのがこちらの「グラチネ クルヴェット」。 メニュー説明には、「アスパラガスと海老の異なる食感がクセになるガレット。 新世界の白ワイン、特にシャルドネとの相性は抜群です」と書かれています。 ぷりぷりの海老がたっぷりで、シャキシャキのアスパラと一緒に食べると確かに異なる食感がクセになります。 なんといっても、私はこのホワイトソースが好きな味で、こればかり何度もおかわりするのでもいいかも?と考えたくらいです。 たぶん、このガレットは1~2分で完食していたと思います。 ドリンクも飲み放題なのですが、お気に入りは「ハーバルグレープ」という赤ワインのような色味のぶどうの紅茶と「ナッツマキアート」。 今までに食べたことのない、もっとも驚いたガレットは「グリエ ビアンド」。 豚肉・うずらの卵・青梗菜という組み合わせで中華のよう! クレープの中にも1つだけ食事系メニューがありました。 それが「カナール オランジュ」。 チョコ生地に、合鴨・オレンジ・バルサミコを合わせています。 本格フレンチディナーを味わっているような感覚のオシャレなメニューです。 ラストに食べた食事系ガレットは「サンドリプス」。 バターポテトがどっさり乗っているメニューなので、1番最後の〆にしようと決めていました!最初から食べるとすぐ満腹感がおそってきそうなので注意!カリカリに焼いたベーコンと、バターマッシュポテト、そして旨みの強いユニークなマスタードソースの相性がステキすぎる! この他に、デザート系の甘いクレープを6種類いただいたのですが、それは「イチゴ探偵」のほうで紹介しています。

次の

クレープのマツコの知らない世界・食べ放題・自分が話題

クレープ ビュッフェ

Contents• クレープビュッフェ「ラフェットドフィーユ」が炎上騒ぎで話題? 目黒にあるクレープ食べ放題の画像が不味そうだとツイートしたら、怒られてしまいました。 ごめんなさい。 — BLACK VAGINA peachyhole 目黒にあるクレープ食べ放題の画像が不味そうだとツイートしたら、怒られてしまいました。 ごめんなさい。 この「ラフェットドフィーユ」を知った方が自分の思ったことをつぶやいたら、店舗から謝罪要求がきた模様です。 そのやり取りがこちらです。 個人のSNSに対して、イメージが悪くなるから削除してほしいという問い合わせ。 個人的な口コミに対して、削除要請をするのは、ちょっとどうなのかな・・・?と思うところもありますが、まぁここまでは理解はできます。 そして投稿者も、お店に迷惑をかけてしまったと思ったのか、お店の要望通りツイートは削除して、きちんと謝罪もしています。 しかし、このあとも個人への要求は続きます。 ツイートを削除して終わりとなるところ、投稿者とお会いしたいのでお店に来てほしい、さらにはちゃんとアカウント名を名乗ってくれと書いているところに闇を感じます・・・ しまいには、投稿者の家に行ってでも直接謝罪をしろ。 ・注文は1皿ずつとなり、完食後にお次のご注文をお願い致します。 ・食べ残しは1皿500円、飲み残しは1杯300円の追加料金が発生致します。 ・大食いのお店ではございません。 満腹のみを求められる方はお越し下さらないようお願い致します。 ・料理提供には時間がかかります。 お急ぎの方、お待ちいただけない方は利用をご遠慮下さい。 完全禁煙 お店の外にも喫煙場所はございません。 タバコの臭いがする方はお店の外で消臭剤をかけさせて頂きます。 以下の条件に当てはまる方はご来店頂けません。 ・大人の方が2人未満の場合 ・伝染病、感染症をお持ちの方 ・香水や体臭の強い方 ・ルールの守れない方 ・周囲に不快感を与える方 ・男性のみの利用 「ラフェットドフィーユ」の営業ルールが厳しい? 😱悲しいですね…何故男性はダメなのでしょうか。 FF外から失礼しますね。 注意事項が凄いですね。 気をつけます(遠いので行かないと思うけど) — コアラ rily93764136 タバコ臭いと判断されたら消臭スプレーかけられるらしいです。 — m tkmd106stk.

次の

クレープのマツコの知らない世界・食べ放題・自分が話題

クレープ ビュッフェ

先日、東京・代官山にあるガレット&クレープのカフェ「Minifee Miel(ミニフェミエル)」が、をお伝えしました。 本格的なクレープと旬のフルーツが食べ放題とかで、 【想像以上に乙女チックな空間】 公式ホームページをチェックした際、そこはかとなく乙女チックなムードを感じ取っていましたが、「Minifee Miel」は想像以上に女子的空間でした。 2名以上でないと予約できないため、記者に頼まれて仕方なく同行したロケットニュース24編集部のなかの記者(男性)によると、「彼女に一緒に行ってと言われても考えるレベル」とのこと。 普段、安居酒屋でたこわさびをつまみにビールを飲んでいる記者からしても、 かなりハイレベルな乙女チックさ。 女子友だちがいる人は、女子同士で訪れた方がよさそうです。 【ちゃんとおいしくてビビった】 店内の様子からして、きっとここは「オシャレ感」を重視したカフェだなっと高を括った記者。 はいはい、カフェごはん、カフェごはん、っと。 しかし……!!! この日、提供されたのは食前酒、前菜、三種のトマトのガレット、食べ放題のクレープ、スープ、キャロットケーキ。 クレープについては後述しますが、どの料理もちゃんとおいしかったのです! 特にガレットは、もっちりとした香ばしい生地とトマトなどの野菜がよく合っていて、 もう1枚食べたいぐらいでした! 【そんじょそこらのクレープじゃない】 食べ放題のクレープは、「本日のフルーツ」の中からフルーツを3種類、「本日のアイス」の中からアイスクリームを1種類チョイス。 それを食べられる枚数分だけ繰り返します。 クレープはオーダーごとに焼いてくれるようで、提供までに少し時間がかかるようです。 記者たちは、茨城の「やよいひめ」、博多の「あまおう」、栃木の「スカイベリー」、そしてキャラメルアイスを選びました。 運ばれてきたクレープは、フルーツやソース、チーズなどで彩られていてにぎやか! クレープといえば「食べ歩きスイーツ」のイメージでしたが……思ってたのと違う! それぞれに異なる味わいのイチゴの食べ比べも楽しい! グルメななかの記者は 「これをこれと合わせるとこうなるのか」みたいなことを小声でつぶやいていましたが聞き取れませんでした。 とにかく、なかの記者的にもおいしかったようです。 同店のクレープ食べ放題は水曜日のディナータイムのみ実施されており、料金は女性3000円、男性4000円。 お店の人によると、目安はだいたい2人でクレープ3枚程度だそうです。 4・5月はイチゴを使ったクレープですが、季節ごとに使うフルーツは変わるみたい。

次の