妊娠 中 体重 増加 目安。 【助産師監修】妊娠初期~後期の理想の体重増加は?妊婦さんの体重管理│AMOMA

【妊娠中の体重増加の目安】実体験グラフ付きで体重推移を徹底解説!|はな*めも

妊娠 中 体重 増加 目安

スポンサーリンク 双子妊娠中の体重増加の目安 双子を妊娠中の体重増加の目安は、単胎妊娠の2倍というわけではなく、なんと単胎妊娠の時と同じです。 2人育っているのに不思議ですね。 ただ、 きちんとした双子妊娠中の体重の目安というものははっきりしておらず、妊娠前の体重からBMIから算出して割りだしたものが目安となるようです。 BMIが22が適正体重とされていて、統計的に一番病気になりにくいと言われています。 ちなみに子どもの指数はまた別の計算式を使うようです。 赤ちゃんが2人分なので納得ですね。 バランスの良い食事、生活に気をつけて過ごしていても体重が増えるならばそれは自然なことでもあります。 ですが、 血圧が上がる、尿内にたんぱくが出るなどの指摘があった場合は要注意です。 なぜなら、妊娠高血圧症候群などの合併症の危険があるからです。 双子妊娠は、単胎妊娠に比べてそのリスクが高いと言われています。 体重が増えすぎることでそのリスクの可能性が更に高くなってしまうのですね。 妊娠中に起こりやすい合併症はこちらです。 妊娠中に起こりやすい合併症• 妊娠高血圧症候群• 妊娠糖尿病• 分娩時 ぶんべんじ の弛緩出血 しかんしゅっけつ• 子宮内胎児発育不全 しきゅうないたいじはついくふぜん• 早産 赤ちゃんとママは繋 つな がっています。 ママの体に起こる異変は、赤ちゃんにもダイレクトに影響がでてしまいます。 これらはそんな合併症です。 1つずつ見ていってみましょう。 妊娠高血圧症候群 この合併症は妊婦さんの20人に1人がかかってしまうと言われています。 意外に多いですよね。 妊娠前や初期からママが高血圧の場合や、蛋白尿 たんぱくにょう が出たりすると、その症状によっても細かく分類されます。 以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていました。 重症化すると、ママの体に、けいれん発作・脳出血・肝臓、腎臓の機能障害 きのうしょうがい が起こったり、お腹の赤ちゃんには常位胎盤早期剥離 じょういたいばんそうきはくり が起こったりと母子共に危険な状態となることもあります。 本当に怖い合併症ですよね・・・。 双子妊娠の場合は、単胎妊娠よりも約3倍、発症率が高くなると言われています。 一定の基準を超えてしまうと、「妊娠糖尿病」と判断されます。 ママが血糖が高い状態だと、赤ちゃんも血糖値が高くなっています。 そのため、赤ちゃんにも影響が出てしまう合併症です。 妊娠糖尿病は先ほどの高血圧症候群や、羊水過多 ようすいかた 、赤ちゃんが大きく巨大児となることで帝王切開率 ていおうせっかいりつ が上がったりします。 無事に産まれた後の子どものメタボリック症候群にもつながると言われるのですから、長く影響が出てしまう怖い合併症です。 — 2019年10月月7日午前4時01分PDT 引用 インスタグラム 妊娠糖尿病の検査入院中の食事です。 とても質素 しっそ に見えますね。 でもこんなに気をつけた食事でも、血糖値が上がってしまうこともあるようです。 栄養バランスのとれた食事でも上がってしまうなんて、本当に難しいですよね。 弛緩出血 分娩時、赤ちゃんと胎盤がママの体から出てから、普通は子宮が収縮し元に戻りますが、戻らず出血が続くことを弛緩出血と言います。 単胎妊娠の場合は、難産で子宮が疲れてしまうことが原因の1つとされています。 双子の分娩時や分娩後に、この弛緩出血が原因となって大出血をすることがあります。 妊娠期間中に子宮が2人の赤ちゃんを支えて伸びきってしまい、産後元に戻すための収縮力が弱くなっていることが主な原因とされています。 子宮内胎児発育不全の赤ちゃんは、体が通常より小さいというだけでなく、臓器が未熟だったり、産まれてから死亡率や病気にかかる可能性が高くなってしまいます。 ママの体重増加が少ない場合は注意をしたほうが良いです。 体重増加は少なすぎてもリスクがあるのですね。 でも、それも乗り越えて赤ちゃんと出会えた喜びはとても大きいものだと思います。 双子は早産になりやすいと言われています。 順調な妊娠でも早産になりやすいのです。 通常、赤ちゃんは40週前後で外の世界に出てくる準備をしているので、それ以前に出てきてしまうと、体が未熟だったり合併症にかかりやすく命の危険にさらされることがあるのです。 あまりにも小さい場合や状態によって、NICU 新生児特定集中治療室 で治療、ケアを行う場合があります。 — 2019年10月月15日午前4時52分PDT 引用 インスタグラム ドラマなんかでも良く出てきたりするので一度は見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。 小さい赤ちゃんにたくさんの管がついているのを見るのは本当に痛々しく、かわいそうですよね・・・。 でもママのへその緒に変わり、赤ちゃんに栄養を運び育てている大事な管なんですよね。 妊娠中は唾液が減りやすく、つわりとかで歯磨きがままならないのも歯周病悪化の原因に。 妊娠を考えたら先ず、口腔ケアをするのもお勧めです。 — 深谷薬局養心堂 深谷幹子 moco242432 引用 Twitter 双子を妊娠中の体重管理で気をつけるポイント• 塩分を取り過ぎない• 鉄分をしっかり取る• 水分を制限しない• 一気に食べるのではなく、小分けに食べる• この状態をむくみと呼びます。 妊娠中はママの体重が増えたり血液量が増えることで腎臓の働きが追いつかなくなりむくみやすいと言われています。 むくむからといって水分を控えてしまうと血液がドロドロになり、血栓症のリスクが高まってしまいます。 むくみが出たといっても、尿検査、血液検査などで引っかからない限りはそれほど心配は要りません。 一気に食べることで苦しくなってしまうなら、 小分けに食べて必要な栄養をきちんと取りましょう。 妊娠中の運動として散歩、ウォーキングなどでお腹が張ってしまうようならやめましょう。 28週以降の運動は積極的にする必要はないです。 目かけの体重は気にしないで、バランス良く食べて。 それで増えても生理的なものだから。 — ひつじ(育児中)27w sheeeeep38 引用 Twitter この先生の言葉は本当に印象的だよね。 妊娠中は太りやすいから気をつけなくてはいけないというのが浸透しているけれど、妊娠中のダイエットがいかに危険なことなのかということも知らなくてはいけないね。 双子を妊娠中なのですが自分でもびっくりする位食べ過ぎてしまいます。 検診前ですが増え方がヤバイです。 上の子を妊娠中も体重が増え怒られました。 今回はそれよりも食欲増進ぎみです…。 逆に歩いて運動がてらの散歩だとお腹が張ったりしてきます。 お腹が大きくなるにつれ胃が圧迫され食欲減退になってきますが問題は今です…。 単体児の体重管理は産まれる迄に~8キロ位までが理想の様ですが双子の場合の体重理想も同じなのでしょうか? 妊娠中のダイエットなんて良くないと思いますが体重を減らす事は無理なのでしょうか? ちなみにテレビでお酢が血管を拡張し血液の流れを良くし高血圧の予防効果もあると聞きました。 妊娠中高血圧症候群の予防にも効果はあるのでしょうか? お酢の取りすぎはあまり良い様に思わないですが…? いろいろアドバイスをお願いします。 補足体重増加はいつの時点から計算するのでしょう? 妊娠前の体重? それともつわりで体重が減った時からの体重ですか? 引用 外部サイトへ飛びます ついつい食べ過ぎてしまって、運動してみるけどお腹が張ってきてしまう・・・このままでは良くないと分かるけれども、どうしたら良いのか分からないのですね。 私は最終的に15キロ増えてしまいました。 ですが、産後にきちんと元に戻りましたよ。 37週0日で破水し出産になりましたが、最後の一週間は血圧が上がり浮腫みが出てしまいました。 それを考えると15キロは増えすぎだったのかもしれないです。 3週間で2キロ以上増えたりで、10キロを過ぎたあたりから先生に注意はされていたのですが、 双子の妊婦はリスクが大きいのでお腹も張りやすいですし、運動をたくさんするわけにもいかないんですよね。 早産のリスクはもともとあるので本当に無理できないですよね。 体重はママの下の体形にもよると思いますが、単胎より重くてもいいと思いますよ。 何故なら双子分の胎盤だけで普通の倍の1キロありましたし、子供も二人合わせて5キロ以上になりましたから。 とりあえず、お腹の赤ちゃん達を優先に浮腫みと血圧が上がらない程度に頑張ればあまり気にしなくていいと思います。 頑張ってくださいね^^ 引用 外部サイトへ飛びます 双子だと2人合わせて5kg以上、順調に育つとお腹の赤ちゃんは確かにそれぐらいになりますよね。 双子妊娠中はリスクが高いので無理もできないのですね。 でも母乳がすごく出たので半年で元に戻りましたよ。 (母乳ダイエットってやつですかね) 健診の度に『妊娠中毒症になるぞ』とか『双子でも増えていいのは1人分の体重まで!! 』とか厳しいこと言われましたが、どうがんばっても体重は増える一方でした。 食事はとにかく薄味ばかりで煮付けなどはお湯で洗って食べていました。 私の場合産む直前まで食欲増進でした。 産む1ヶ月前から入院していたのですが、入院中無性に甘いものが食べたくなり毎日ケーキかプリンかヨーグルトを食べてました。 お酢のことはすみませんがわかりません・・・ただ 塩分をあまり取らないことだけ注意すればいいかと思います。 塩分を体外に流すのにはキュウリがいいみたいですよ! あと、運動は特になにもしてませんが産む1ヶ月前まで仕事していたので適度な運動になっていたのかも。 でも私もちょっと動くと張ったりしたのでゆっくりお腹を待ちながら動いてました(^^;) 今何ヶ月なのか分かりませんが、妊娠後期はかなり辛いです。。。 起きてても寝てても苦しいです。 でも3人で一緒にいられるのは今しかないので苦しくてもがんばって元気なお子さん産んでくださいね。 引用 外部サイトへ飛びます 1ヶ月前まで仕事していたのはすごい!塩分を取りすぎるのは厳禁なのですね。 妊娠中の体重管理で食べるのを我慢してた食べ物を「お産の時のお楽しみ」に用意しとくのもオススメ。 カステラ一本食べちゃう人とかいたな😂 私はハーゲンダッツ食べた。 その後陣痛強くなって吐いちゃう事もあるけど気にせずに~。 双子妊娠の場合も単胎妊娠の場合も増加する体重の目安は同じです• 体重増加の目安は、妊娠前の体重のBMIから割り出せます• 妊娠中に体重が増えすぎてしまうことで合併症になってしまう可能性が高くなることがあります• 栄養バランスよく食べていても増えるならそれは自然なことです• 妊娠中は、鉄分や水分を摂取することを意識して、栄養バランスの取れた食事・規則正しい生活を心がけることが、リスクを回避する方法となります 双子妊娠中と単胎妊娠中の体重増加の目安が一緒だとは驚きでしたね。 妊娠中は、体重が増えすぎても、体重の増えが少なすぎても良くないのだということが分かりましたね。 食事の栄養のバランス良く、気をつけて過ごすことがママの体や赤ちゃんの成長を守ってくれるのですね。 妊娠中はとても大変で、ましてや双子となるとママの体の負担や、気持ち的にも不安を抱えることもあるかと思います。 一番は、ママが今しかない妊娠という時間をできるだけ楽しめるといいなと思います。 あなたは初めての妊娠の時、たくさんの情報サイトを見て出産までそわそわしたり、産まれた後のことを想像してできるかな?と不安になったり可愛いだろうなあとほころんだりしませんでしたか? 私は1人目の出産の時、嬉しさもありましたが心配で心配でいろんなサイトを読みあさり、これがいいのかな?あれがいいのかな?と1人で悩んでいた時期がありました。 そして1人目の女の子を出産し、今2歳になりイヤイヤ期真っ只中(笑) そして、2人目の男の子の出産をしたのですが女の子と勝手が違うし、わからないことだらけでした!主人が転勤族でなかなかママ友もできず、実家も遠くて両親にも頼ることができず、頼りになるのは情報サイトだけでした。 でも、たくさんの情報サイトがありすぎてどれを信じたらいいのかな?と悩んだことはありませんか?ネットを見ると情報が溢れているので、どれを信じたらいいかわからなくなることもありますよね! そこで、男の子と女の子の育児を経験した私が、妊娠・出産・育児について情報発信していくことにしました!1人でも多くのママの助けになればいいと思っています。 よろしくお願いします。

次の

助産師が教える、妊娠中の体重管理と増加・やせすぎのリスク|妊娠・出産・マタニティ情報サイト

妊娠 中 体重 増加 目安

そう、それは1年前の今頃のこと。 一卵性の双子を妊娠していた私は、 恐ろしい速さで増えていく体重に歯止めが効かず「このままだと大台に乗ってしまうのではないか!!!」とかなり不安な日々を過ごしていました💦 まぁ、お腹が重すぎて、そして身体がダルすぎて、動くことすらままならない状況で、食欲だけは減らずだったので、仕方ないといえば仕方ないんですが😅 けど、そんな状況で妊娠後期を過ごしていたら最終的には妊娠高血圧症候群との診断を受けてしまい最後の最後でほんと痛い目にあいました・・・。 しかし周りの双子ママさんに聞いてみれば、「体重そんなに増えなかったよ〜」という人がものすごく多かったんですよね。 (5kgくらいしか増えなかったというママも!) そこでどんな風に体重管理していたのか気になって聞いてみたら、 皆さんものすごく努力されていたようで💦 今更ですが、私もちゃんと体重管理しとくべきだったなぁ〜と、今になってものすごく後悔したりしています。 ということで私の経験などを踏まえた上で、本来 双子妊婦さんが目安としたい双子妊娠中の体重増加目安と体重の管理の話、そして双子妊娠中の体重管理に失敗(!?)した私の体験談と産後の現状について今日は書いていきたいな、と。 Contents• 双子妊娠中の体重増加の目安って? 結論から言ってしまうと、 双子妊娠中の体重増加の目安は、10kg〜12kg増が理想なんだそうです。 ちなみに体重管理ができなかった私は最終的にはなんと プラス21kgで出産を迎えてしまったのですが、最終的に負ってしまったリスクや産後のトラブルに関してはまた後ほど💦 双子妊娠中に体重が増えすぎた場合のリスク 産前の体重プラス21kg増はよっぽどのことがない限りまずないかと思いますが😅、体重増加がきっかけで妊娠時特有のトラブルを抱えてしまうことも決して珍しいことではありません。 体重増加による妊婦さんや赤ちゃんの身体に対する影響は以下の通り👇 妊娠高血圧症候群 妊娠後期に体重増加が進んでしまった場合や、普段から塩分の多い食事をしている場合の人に出やすいと言われている、妊娠高血圧症候群。 (とはいえ、はっきりとした原因はわかっていないようです) もしなってしまうと、胎児の発育不全につながったり、出産時のトラブルにもつながりかねないと言われています。 私自身は出産予定の10日ほど前に重症の妊娠高血圧症候群と診断され管理入院しているのですが、実は自覚症状は全くと言っていいほどありませんでした。 また産後も血圧が高いのは変わらず、通常の血圧に戻るまで1ヶ月ほど時間を要しました。 (1ヶ月検診で血圧の値が戻ったので、あとは様子見でOKとの診断をもらいました) 妊娠糖尿病 妊娠糖尿病になると、妊娠高血圧症候群を合併したり、流産・早産を起こしやすくなったり、赤ちゃんが巨大児になったりと、母子共に影響を及ぼすと言われています。 万が一妊娠糖尿病になってしまった場合、自己管理が必要になりますし、場合によっては管理入院の対象となってしまうことも。 双子妊婦の場合は、単胎妊婦以上の負担が身体にかかってくるので、より妊娠糖尿病になりやすいとも言われています。 こちらも妊娠高血圧症候群同様、食生活などといったことが影響してくるようです。 産後の体調不良 これは私自身が身をもって一番実感していることなんですが💦、妊娠中に太りすぎてしまつたがためにか産後の体調がものすごくよろしくありません😭 休む暇もない双子育児で意外とすんなりと体重が減るかと思っていましたが、 私の場合は混合育児でも体重は思ったほど落ちることはありませんでした。 アファフォーで代謝も落ちてますしね。 年齢のせいもあると思う。 (というより、甘いもの依存症ってくらい食べまくっているほうが問題) あと体調が戻らないこともあってか、風邪はこれまでに3回、インフルエンザにはひと冬で2回、それ以外にもいろんなところにガタがきています(苦笑。 双子妊娠中の体重管理方法はどうする? 体重管理に失敗した私が言うのもなんですが😣、双子妊娠中の体重管理は食生活や生活習慣などを意識することである程度はコントロールできるのではないかと思います。 実際、周りの双子ママさんの中には、双子を妊娠中でも5kg程度しか体重が増えなかったと話している人も何人かいますし、体重が増えないようにと努力していた話も聞いているので、ある程度の努力は必要なんだと思います💭 と言うことで、実際に私の周りの双子ママさんたちが妊娠中に体重を増やさないために努力してきたこと(聞いた範囲のものではありますが)簡単にまとめてみました。 食生活の改善 双子妊娠中の体重増加が5〜10kg前後だった双子ママさんに聞いたところによると、• 糖質を控える• 塩分・糖分を控える• カロリー控えめの食事• 和食中心で食べる ようにして、とにかく摂取カロリーを増やさない努力をされていました。 (病院からの指導もあったそうです) ちょっと前に流行った糖質制限的な食生活も良いそうです。 ちなみに産後の食事もこんな感じで食事の楽しみは本当にありませんでした・・・ と、ちょっと話がずれ込んでしまいましたがw、まぁ何はともあれ、食生活は質素がいちばんってことなんでしょうね。 怠けすぎない 怠けすぎないってなんか言葉が悪いですがw。 安静指示が出ていない限りは、あまり怠けすぎないほうがいいのかな、と。 けどそんなこと言っている私は身体の調子がイマイチだからと、ソファでゴロゴロしつつ、お菓子を食べたりとかしてましたからね。 これを怠け者と言わないでなんという😅 あと体重は毎日チェックしたほうが絶対にいいです! 「双子妊婦は水分取っただけでも体重が増える」とか言いますが、今の自分の現状を知るにはやっぱり体重計に頼るのがいちばんですからね。 (って私が言ってもあまり説得力がありませんがw) 身体を動かす(医師の許可が必要) 「双子には安定期はない」だなんて言われていますが、 安静指示などが出ていない限りはできる限り身体を動かしておいたほうがいいのかな、と。 私自身は気が向いた時などにマタニティヨガっぽいことをやったりしていましたが、かなり気分転換にはなりましたね〜。 でも上には上がいるもので・・・。 体重を増やしすぎなかったママ友なんかは、「病院まで往復2時間歩いていたよ」とか言っていたので、 トラブル等なければ無理のない程度に身体を動かす努力はしたほうがいいのではないかと思います。 とはいえ、体重が増えやすい妊娠後期になってくると、身体を動かすことすら大変になってくる現実が待っているんですけどね😭 と、いろいろ書き綴ってしまいましたが、いちばん実践しやすいのはやっぱり食生活の改善ですかね〜。 一卵性双子を妊娠・出産した私の妊娠中の体重推移 では恥ずかしながらも私の双子妊娠中の体重推移について公開しちゃいたいと思います。 あまりの増加具合に引かないでくださいね💦 参考までに私の妊娠中の状況を説明しておくと、• つわりはかなり軽かった• 食べづわりで食べてばかりいた• 運動制限はなかった• 妊娠中期くらいから歩くのが辛くなってきた• 妊娠後期は移動も困難なほど身体が重くなってしまった• 妊娠中は食欲が減ることはなかった• もともと太りやすい体質 言い訳に聞こえてしまうかもしれませんが、こんな状況でした💦 妊娠9週以降の体重推移 妊娠前の体重は52kg前後。 筋トレにはまっていたのでw、「見た目より体重あるんだね」と言われていたことも。 しかしいま母子手帳を見てみたら、妊娠9週の時点での体重記録がなぜか59. 7kgもあるという。 食べづわりの影響?かしら、と思いつつも、今思い返してみたらこの時期は運動もせずによく食べていたなぁ、と😅 悪い見本ですみません。 ほんっと、参考にしないでください。 というか、双子妊娠中の体重管理に失敗した人の見本としてみていただければそれだけで十分です。 ということで、以下が私が双子を妊娠していた時の体重の推移になります👇 妊娠数週 体重 9週 59. 7kg 11週 58. 8kg 16週 61. 2kg 20週 63. 5kg 22週 65. 2kg 24週 67kg 26週 66. 7kg 28週 67. 5kg 30週 69. 6kg 32週 70. 6kg 34週 73kg 36週 74. 4kg 今こうやって振り返って見ても、恐ろしくなってしまうくらいの増加具合ですね・・・。 双子妊婦の体重増加の目安(10kg〜12kg)を大幅に超えてしまっています。 とはいえ私の場合は 食べづわりの影響で10kg前後増えてしまっていたと思うので、これはもういた仕方ない。 最終的には妊娠高血圧症候群にはなってしまいましたが、出産時のトラブルもなかったですし、双子にも何も影響がなかったようなので、とりあえず良かったということにしておきますw。 双子妊娠で体重が増えすぎてしまった私の産後の体重推移 産後の体重の変化に関しては、こんな感じ👇でした。 産後6日 68kg 産後35日 62. 6kg 産後6日目に測った時は、産前よりマイナス6. 4kg。 双子が合わせて5、000gほどだったので、双子の重さ+羊水その他が減った感じかな。 けど産後はもう少し減ってくれていると想像していたので、体重が元に戻るまではかなり努力しなければいけないかも・・・とかなり切なくなりましたね💦 そして 産後35日目にあった1ヶ月検診では、産前よりマイナス11. 8kg。 しかしそれでも妊娠前の体重まであと10kg減量しなければならないという現実にまたまた現実を見せつけられました・・・。 そして双子が生後8ヶ月になった現在。 不思議なことになぜか体重が増加しているんですよね😅 いや、多分ストレスで食べすぎているということも影響しているんですけどw。 「双子育児で大変すぎて食事を取る暇がない」「妊娠前より体重が落ちている」とか、よく聞きますが、私にはそんなことはなかったようです。 けど、産後1ヶ月でマイナス11kg体重が落ちていることを考えると、 双子妊娠中の体重増加目安の10〜12kg程度であればすぐに元に戻るのではないかと思いました💭 まとめ 体重が増えすぎてしまってほんと「自己管理ができていなかったなぁ」と今振り返ってもほんと反省点ばかりですが、双子妊娠中ってちょっと油断するとすぐに体重は増えてしまいます。

次の

妊娠中の体重増加の目安と、体重管理について

妊娠 中 体重 増加 目安

難産の傾向がある 心臓や肺に負担がかかり、内臓の機能が低下しやすい。 また、胎児が大きくなったり、産道が狭くなったりすることで出産が長引きやすくなる。 妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった合併症 を起こしやすい 妊娠線が生じやすい と3つのリスクがあるとのお話でした。 妊娠中にダイエット? 私は体重増加を指摘されたときに、実は妊娠中のダイエットについても調べました。 すると 「妊娠中に低栄養になると胎児が将来成人病になりやすい」という報告を見つけました。 つまり「食事制限をしすぎることは低栄養になるため望ましくない」ということですね。 太った後に減量するよりは、普段から 体重を「増やさない」ことを意識した生活を送るように心掛ける方がよさそうです。 そのためには、 適切な体重増加のペースを知ることが大切で、私も体重グラフを使うようになりました。 スポンサーリンク 妊娠中の体重コントロールの内訳 次に体重について疑問に思ったのは、 「赤ちゃんの体重は約3㎏と言われているのに、体重がもっと増えるのはどうして?」 「私は何の体重をコントロールしようとしているの?」 ということでした。 増えてもいい体重 答え: 妊娠中に体重が増えるのは「赤ちゃんを育てるために、体の中には様々な部分が増えるから」 赤ちゃん 約3kg 赤ちゃんの周囲 約2~2. 5kg 血液 約1. 5kg 水分 約1kg 脂肪など他 約3kg これが妊娠中の体重増加の内訳です。 つまり、赤ちゃん~水分までの生理的な増加分を見ると、 最低限6~8kgは増えそうですね。 なので 妊娠中の体重増加は「太る」わけではなく、必要な体の変化ということになります。 数字が増えていく体重計に乗るのは怖いですけどね。 コントロールしなくてはいけない体重 ここで忘れてはいけないのが、体重増加の内訳の最後。 「 脂肪など他 約3kg」の部分ですよね。 気づいてました?(笑) 次の項目で書きますが、 実際に増えていいと言われている体重は 6~8kgより多いです。 そこから考えると、 「 妊娠中、少なからず脂肪は増えていいけど、許可した脂肪量を超えて太らないようにね」 という部分が私たち妊婦の指導される体重コントロールなのでしょう。 妊娠中の最終的な体重増加のめやす 今少しだけ上で触れた「最終的に増えてもいい体重」の話をします。 妊娠中の体重増加のめやすは、 最低限の6~8㎏より多く提示されています。 (より) 具体的な基準は 妊娠前のBMI(ボディマスインデックス)に影響を受けるというのは聞いたことがありませんか? この書き方だと、ちょっとわかりにくいかも・・・ というのが私の感想(笑) なので、もう少しわかりやすくまとめ直してみました。 ~妊娠5ヵ月 (~19週) ほとんど増加の必要なし 妊娠6ヶ月 (20~23週) +1kg 妊娠7ヶ月 (24~27週) 前月+1kg (計+2kg) 妊娠8ヶ月 (28~31週) 前月+2kg (計+4kg) 妊娠9ヶ月 (32~35週) 前月+2kg (計+6kg) 妊娠6ヶ月 (36週~) +500g以内/1週間 こっちの方がまだ少しわかりやすいですかね?(笑) この めやす以上に増える部分が「許容範囲を超えた脂肪」になっていくんですね。 何が一番難しいって、つわりが抜けて食欲が一番進みだす5~6ヶ月頃に「4週間で1kg」ってところですよ! 実際私も「つわり」「貧血」「腰痛」とトラブルだらけでほとんど動くことが出来ませんでした。 私は あくまで無理をしないことが大前提だと思っています。 なので、 自分にプレッシャーをかけないように、できる時だけ運動するのが良いでしょう。 もちろん、妊娠中に運動する場合は、 事前に医師や助産師に相談してくださいね。 万が一、危険があったら大変ですから! 食生活を見直す 体重管理といえば「運動できなければ食事だろう!」とすぐに想像できますよね。 というわけで、 食生活を見直して体重管理をする方法についても調べました。 どこにでも書かれているのは、「 生活のリズムを整え、同時に食事のリズムを作りましょう」ということ。 仕事や家事などで忙しいとこちらも割と難しいですが、私は運動より食生活の見直しの方が重要ではないかと考えます。 なぜなら、 妊娠すると「1日の摂取エネルギー」や「食事内容」を調節しなくてはいけないと母子手帳にも書いてあるからです。 妊娠中の食事内容の調節 この調節について、参考までにカロリーの内容を記載すると、 非妊娠時 2000~2200kcal 妊娠初期 同上 妊娠中期 +250kcal 妊娠後期 +450kcal 授乳期 +350kcal と書いてあります。 (より) もちろん「お腹がすいていなくても、カロリー摂取のために無理して食べてください」というわけではないですよ。 こちらも無理をしすぎないことを大大大前提に、 バランスのよい食事を1日3回しっかり食べることを意識してくださいね。

次の