ヤング ガンガン。 ヤングガンガン

ヤングガンガンとは (ヤングガンガンとは) [単語記事]

ヤング ガンガン

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

ヤングガンガン

ヤング ガンガン

概要 [ ] に『』から『ヤングガンガン』に誌名を変更し創刊された。 毎月第1・第3金曜日に発売(翌年1月の第1金曜が年始休みとなる場合、12月第3金曜との合併号として、第4金曜に発売される)。 姉妹誌の『』や『』出身ないし現在も執筆中の漫画家の作品が多い。 ただし、作品冒頭に「この作品はフィクションです」を入れるなど、特異な性質を持つ。 創刊当初は、『』と『』を看板に据えていたが、後者はわずか3回で連載を中止した。 その後は、前者と『』や『』など、ファンタジーまたはコメディに特化した誌面となっている。 競合誌と比べても、化作品よりも化作品が多いのも特徴である。 ライトノベル等のコミカライズも数多く連載されている。 Vol. 8から、既存の少年・青年漫画雑誌に倣って、新人のも掲載するようになり、表紙も連載漫画のキャラクターから、グラビアアイドルに変わっている。 不振が続くグラドル業界へのは極めて珍しい。 また、よりと共同で新人アイドルオーディション「」を開催している。 6月に増刊号『増刊ヤングガンガン』が発刊されたが、同誌は隔月刊『増刊ヤングガンガンビッグ』へのリニューアルを経て10月より『』となり、独立性を強めている。 2017年3月17日発売の2017年7号より、電子書籍版の配信を開始した。 現在の連載作品 [ ] 太字はにも再掲載される作品(2020年6月現在)。 (、2006年12号 - )• (、2011年1号 - )• (、2013年9号読み切り、17号 - )• (原作: 作画:、2015年17号 - )• (、2015年8号 - 10号読み切り、24号 - )• (、2016年2号 - )• (、2015年18号 - 20号読み切り、2016年6号 - )• (原作: 漫画: キャラクター原案:、2016年9号 - )• (原作: 漫画: キャラクター原案:、2016年10号 - )• (原作: 作画:、2017年21号 - )• (、2018年3号 - )• (、2018年17号 - )• (原作: 漫画:、2019年3号 - )• (、2019年9号 - )• (、2019年10号 - )• (、2019年11号 - )• (、2019年17号 - )• (、2019年20号 - )• (、2019年24号 - )• (、2020年8号 - )• (、2020年10号 - )• (原作: 漫画: キャラクター原案:、2020年13号 - ) 月1連載 [ ]• (、2012年24号 - )• (金田一蓮十郎、2014年13号 - )• (、2017年14号 - 16号読み切り、20号 - )• (原作: 漫画: キャラクター原案: メカニックデザイン:、2018年5号 - )• (原案: 漫画:、2019年12号 - )• (、2019年19号 - )• (、2020年3号 - ) 連載休止中の作品 [ ]• (原作: 作画:、奇数号連載、2007年16号 - )• (、2012年1号 - ) - 2015年7月から不定期連載• (、2012年9号 - )• (、2012年22号 - )• (、2015年17号 - ) - 月1連載• (、2018年8号 - ) 移籍作品 [ ]• (、2004年創刊号 - 2006年19号、増刊ヤングガンガンへ移籍)• (、2004年創刊号 - 、増刊ヤングガンガンビッグへ移籍)• (原作: 漫画:、偶数号連載、2006年23号 - 2009年6号、へ移籍)• (、2008年24・2009年1合併号 - 2009年3号、増刊ヤングガンガンへ移籍)• (、2009年10号 - 12号、23号 - 2010年2号、13号 - 15号、増刊ヤングガンガンビッグへ移籍)• (原作: 作画:、2010年20号 - 2011年18号、月刊ビッグガンガンへ移籍)• (、2011年18号 - 2012年17号、月刊ビッグガンガン(2011年10月から開始)との並行連載から移行)• (、2011年19号 - 2015年23号、月刊ビッグガンガンへ移籍)• (、2014年9号 - 2016年6号、ガンガンONLINEへ移籍)• (原作: 漫画: キャラクター原案:、2016年24号 - 2019年9号、『』に移籍) 連載終了作品 [ ]• (原作: 作画:〈キム・ビョンジン〉、2004年創刊号 - 2005年2号)• (、2004年創刊号 - 2005年16号)• (、2004年創刊号 - 2005年21号)• (、2004年創刊号 - 2006年10号)• (原作: 漫画:、2004年創刊号 - 2007年17号)• (、2004年創刊号 - 2009年4号)• (原作: 作画:、2004年創刊号 - 2010年18号)• (、2004年創刊号 - 2012年3号)• (原作:〈イム・ダリョン〉 作画:〈パク・ソンウ〉 脚本協力:〈チョン・ミア〉〈第22話から〉、2004年創刊号 - 2012年13号)• (、2004年創刊号 - 2015年1号)• (、2004年創刊号 - 2015年14号) - 月1連載• (、2004年創刊号 - 2015年17号)• (、2005年1号 - 2005年16号)• (、2005年1号 - 2014年22号)• (、2005年2号 - 2005年4号)• (、2005年2号 - 2005年10号)• (、偶数号連載、2005年5号 - 2008年6号)• ()(、『』2004年壱号 - 参号、『ヤングガンガン』2005年6号 - 8号)• (、2005年10号 - 2005年21号)• (、2005年11号 - 2006年9号)• (原作: 作画:、2005年12号 - 2015年23号)• (脚本: 漫画:、2005年13号 - 2006年13号)• (、2005年14号 - 2005年24号)• (、2005年15号 - 2006年17号)• (、2005年19号 - 2006年22号)• (、2005年20号 - 2010年8号)• (原作: 作画:、2005年23号 - 2006年9号)• (原作: 作画:〈キム・ビョンジン〉、2005年24号 - 2008年18号)• (、奇数号連載、2006年1号 - 2007年13号)• (、2006年10号 - 2008年15号)• (、監修・取材協力:HT企画、2006年13号 - 2008年6号)• (、2006年14号 - 2007年5号)• (、2006年18号 - 2011年21号)• (原作:・ 漫画:、2006年19号 - 2007年15号)• (原作: 作画:、2006年20号 - 2008年5号)• (、2006年22号 - 2010年18号)• (、奇数号連載、2006年24号 - 2008年7号)• (原作: 作画:C. LINE、2007年6号 - 2012年20号)• (原作: 作画:、2007年13号 - 2008年19号)• (、2007年14号 - 2008年21号)• (、2007年15号 - 2010年21号)• (原作:製作委員会 作画:、2007年17号 - 2008年16号)• (、2008年1号 - 2009年14号)• (、2008年2号 - 2008年9号)• (、2008年3号 - 2011年21号)• (、2008年4号 - 2012年19号)• (原作: 作画: キャラクターデザイン:、2008年8号 - 2009年8号)• (原作: 作画:、2008年9号 - 17号)• (原作: 作画:、2008年11号 - 2011年21号)• (、奇数号連載、2008年12号 - 2009年5号)• (、2008年20号 - 2010年9号)• (原作: 作画:、2008年21号 - 2010年18号)• (原作: 作画:、2008年23号 - 2010年13号)• (原作: 作画: 構成協力:、2009年2号 - 2012年17号)• (原作: 作画:、2009年3号 - 2011年5号)• (、2009年8号 - 2010年13号)• (、2009年9号 - 2010年7号)• (、2010年9号 - 2012年17号)• (原作:BONES・ 作画:、2009年11号 - 2011年3号)• (、2009年12号 - 13号)• (原作: 作画: キャラクターデザイン: 原案: 監修: 企画・立案:、2009年19号 - 2011年21号)• (、2009年20号 - 2010年12号)• (原作: 漫画:、2010年5号 - 2012年6号)• (原作: 作画:、2010年11号 - 2011年3号)• (原作:BONES 漫画: by 、2010年18号 - 2011年24号)• (原作: 漫画: キャラクター原案:、2010年21号 - 2011年16号)• (原作: 漫画: キャラクターデザイン:、2010年22号 - 2018年11号)• (、2010年23号 - 2011年24号)• (、2010年24号 - 2013年6号)• ( 原作協力:、2011年16号 - 2013年4号)• (、2011年17号 - 2012年17号)• (漫画: シナリオ: 原案・協力: 協力:・、2011年18号 - 2013年3号)• (原作: 漫画: キャラクター原案:、2011年21号 - 2013年8号)• (原作: 作画:、2011年22号 - 2013年5号)• (原作: 漫画:、2011年24号 - 2014年6号)• (勇人、2012年2号 - 2013年16号)• (原作・原案: 漫画:、2012年3号 - 2013年4号)• (原作: 漫画: 構成協力: キャラクター原案:、2012年7号 - 2015年12号)• ( 原作協力:、2012年12号 - 2013年12号)• (原作: 漫画:、2012年14号 - 2013年22号)• (、2012年16号 - 2013年12号)• (、2012年21号 - 2014年20号)• (原作: 漫画: 脚本: 、2012年22号 - 2015年6号)• (、2012年23号 - 2013年20号)• (、2013年5号 - 2013年13号) - 短期集中連載• (原作: 作画: 監修:、2013年6号 - 2014年16号) - 月1連載• (、2013年7号 - 2013年11号) - 短期集中連載• (原作: 漫画: キャラクター原案:、2013年10号 - 2014年10号)• (、2013年11号 - 2014年14号)• (、2013年11号 - 2014年24号) - スピンオフ作品『のらうさぎ狩り』と交互に隔号連載• (原作: 作画:、2013年13号 - 2013年15号) - 短期集中連載• (原作・監修: 漫画:、2013年14号 - 2014年14号)• (、2013年14号 - 2014年17号) で並行連載• (、2013年15号 - 2016年4号)• (、2013年16号 - 2014年12号) - 月1連載• (、2013年17号 - 2014年13号) - 第一部完• (、2013年18号 - 2014年15号)• (、2014年6号 - 2015年5号) - 『月刊ビッグガンガン』より移籍• (、2014年11号 - 2015年15号)• (脚本: 作画:、2014年16号 - 2016年18号)• (、2014年21号 - 2015年19号) - 第一部完• (原作:大森藤ノ 漫画: キャラクター原案:ヤスダスズヒト、2014年22号 - 2015年12号、2016年9号 - 2017年5号)• (、2014年24号 - 2016年5号) - 集中連載• (、2015年1号 - )• (、2015年2号 - 2015年12号) - 月1連載• (、2015年2号 - 2017年19号)• (原作: 漫画: 構成協力:、2015年13号 - 2016年15号)• (、2015年18号 - 2016年11号)• (原作: 構成:カズキ 作画: キャラクター原案: 監修:、2015年19号プロローグ掲載、20号 - 2019年16号)• (原作: 作画: キャラクターデザイン:、2015年21号 - 2017年2号)• (、2015年21号 - 2017年12号)• (原作: 作画:、2015年16号・17号読み切り、22号 - 2017年12号)• (、2015年22号 - 2017年19号)• (、2015年23号 - 2016年3号)• (、2016年1号 - 2019年4号) - 作者死去により連載中止• (、2016年8号 - 2017年1号)• (原曲: 原作・キャラクターデザイン: 漫画: 、2016年21号 - 2017年21号)• (、2016年22号 - 2017年22号)• (原作: 作画:、2016年22号 - 2019年16号) - 月1連載• (原作: 漫画: キャラクター原案:エナミカツミ、2016年23号 - 2019年13号) - 2018年2号から月1連載• (、2017年6号 - 2018年6号)• (、2017年8号 - 2020年5号)• (極楽院櫻子、2017年10号、14号、20号 - 2018年7号) - 当初は不定期連載• (原作: 作画:、2018年2号 - 2019年13号)• (原作: 作画:、2018年12号 - 2020年11号)• (原作:蝸牛くも 作画: キャラクター原案:、2018年19号 - 2020年1号) - 2019年5号から月1連載• (、2018年23号 - 2020年5号)• (、2019年2号 - 2020年1号)• (、2019年4号 - 2020年13号)• (、2019年5号 - 2020年10号) ヤングガンガンコミックス [ ] ヤングガンガンコミックスは『ヤングガンガン』に掲載された作品を主に収録する。 5月創刊。 略称は「 YG COMICS」。 判型はB6判だが、他レーベルと同様にA5判の作品も一部存在する。 その他 [ ] 10月、編集部でグラビアを担当していた男性契約社員がの日記において未成年のと飲酒したという虚偽の情報、およびを中傷する記述をして問題になった。 スクウェア・エニックスはこの契約社員を解雇し、名前を挙げられたアイドルや関係者に謝罪した。 脚注 [ ] []• 第2話から現タイトルに変更された。 2014年12月5日. 2014年12月6日閲覧。 不定期掲載の読み切りから連載化。 2013年9号発売後に、作画担当の匣咲いすかの死去が発表された。 それ以降連載は中断していたが、作画担当を変更して再開された。 再開後はキャラクター原案として匣咲いすかがクレジットされている。 2013年15号に本作の原型となる読み切り「みこみみみみこ」が掲載され、2014年10号にはそれをリメイクした第0話が掲載された。 2014年6、7、16 - 22、24号に読み切りとして掲載ののち連載化。 明確に新連載と表記されたわけではないが、2015年1号から読み切り扱いでなくなっている。 『不倫少年 誠くん』のタイトルで読み切りとして6話まで掲載され、その後連載化。 2019年2月27日. 2019年2月27日閲覧。 2008年10月18日. 2009年9月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 公式サイト•

次の

デジタル版ヤングガンガン(最新号)

ヤング ガンガン

最新単行本好評発売中! 魔法陣グルグル2 おかえり! 勇者ニケ&魔法使いククリ! 先生にはまだ言わない 先生と生徒、女の子同士、秘密の恋• ゴブリンスレイヤー 俺は世界を救わない。 ゴブリンを殺すだけだ。 大人気ダークファンタジー!! ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。 俺、知らないうちに伝説になっていた!? 冒険者ライセンスを剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生を謳歌する 最強冒険者と呪われた少女の二人旅!! おっさん冒険者ケインの善行 おっさん系【究極】癒やしファンタジー! ふつーのおっさんの善行がみんなを幸せにする! 万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く オッサンが生まれ変わった!? 伝説の剣と共に、愛を交わす!! 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! オーバーテクノロジーを全く自重しない、異世界革命物語!! 通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー ヤンキーの皮かぶった優しさの権化• 氷属性男子とクールな同僚女子 クールな二人のピュア過ぎラブコメ• 現実 リアル の彼女 ヒロイン はいりません! ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 大人気ダークファンタジー外伝第2弾! これは、蝸牛くもの描く、灰と青春の物語。 ガンガンGAちゃんねる 第73回のパーソナリティーは本渡楓さんと千本木彩花さん!!

次の