東京 医科 歯科 大学。 東京医科歯科大学と東京歯科大学の違い

東京医科歯科大学医学部(偏差値・学費など)|医学部受験マニュアル

東京 医科 歯科 大学

2020. 10 NEW 2020. 10 NEW 2020. 08 NEW 2020. 24 NEW 2020. 13 NEW第22回福岡臨床研究奨励賞(東京医科歯科大学医科同窓会)を渡辺貴士先生が受賞されました。 2019. 01 NEW 2019. 01 NEW 2019. 08 NEW 臨床研究参加者募集 2019. 05 NEW第123回日本眼科学会総会学術展示優秀賞を岩崎優子先生が受賞されました。 2019. 04 NEW 2019. 26 NEW 2019. 17 NEWアルコン・医師主導研究プログラムに鴨居功樹先生が決定されました。 2019. 07 NEW 2019. 10 NEW第4回バイエル・レチナ・アワードを鴨居功樹先生が受賞されました。 2019. 06 NEW 2019. 20 NEW第21回福岡臨床研究奨励賞(東京医科歯科大学医科同窓会)を古田由花先生が受賞されました。 2019. 10 NEW平成30年度第8回 公益信託参天製薬創業者記念眼科医学研究基金を鴨居功樹先生が受賞されました。 2018. 01 NEW日本政府国費外国人留学生奨学金(MEXT に方雨新先生が決定されました。 2017. 15 NEW 2017. 11 NEW平成29年度日本眼科学会学術奨励賞を横井多恵先生が受賞されました。 2017. 24 NEW平成29年度学長裁量若手研究者奨励賞を篠原宏成先生が受賞されました。 2017. 27 NEW公益信託三島済一記念眼科研究国際交流基金において方雨新先生の海外研究助成が決定しました。 2017. 13 プレスリリース.

次の

東京医科歯科大学医学部(偏差値・学費など)|医学部受験マニュアル

東京 医科 歯科 大学

Q 二つの歯科大学について教えて下さい。 2013年の歯学部で一番偏差値の高い大学が、 国立…東京医科歯科大学 偏差値66 私立…東京歯科大学 偏差値56 ですが、 このとおり偏差値が10の開きがあります。 なぜこんなに私立と国公立とで差があるのでしょうか? (そして、私立で一番高い偏差値の東京歯科大学の偏差値が、意外と低い事に驚きました。 国立大学の文学部など、もっと上回る国立大学の学部が沢山あります。 ちなみに、北海道大学[文]64です。 今調べたら、北海道大学[歯]63と、歯学部の方が1低いのに驚いてしまいました…。 ) ちなみに、下記の参考URLでは、私立ではダントツ偏差値が高い東京歯科大学でも、 国立では、 東京医科歯科大学[歯・国・東京]66 大阪大学[歯・国・大阪]65 九州大学[歯・国・福岡]64 北海道大学[歯・国・北海道]63 東北大学[歯・国・宮城]63 岡山大学[歯・国・岡山]63 広島大学[歯・国・広島]63 新潟大学[歯・国・新潟]62 徳島大学[歯・国・徳島]62 長崎大学[歯・国・長崎]62 鹿児島大学[歯・国・鹿児島]62 九州歯科大学[歯・公・福岡]61 と、これだけ沢山載せてもまだまだ偏差値60を下回らず、 私立で一番の東京歯科大学の偏差値56に近づくことがなく、 偏差値の高い歯学部が国公立には沢山あります。 歯医者さんのHPには、歯科医師の出身大学が掲載されていますが、 一般的には、偏差値の高い大学を出た方が、 患者から良い歯医者さんじゃないか、と判断されて、 数多くの歯医者さんから選ばれてそこの歯科医院に足を運んで頂けるのではないでしょうか? 私立だと卒業迄に1000万円以上のお金が必要なのですよね? 何も高いお金を払って、私立の東京歯科大学を出るよりは、 日本一の偏差値の、学費も私立より控えめな国立の東京医科歯科大学を出た方が、 良いのではないのでしょうか。 偏差値が高い大学を出ている方が、後々多くの患者から選ばれやすいと思いますし、 自分より10も偏差値が低い学生達に囲まれているよりも、 でも、卒業後は、、と考えると、 東京歯科大学は歯科業界でコネが沢山あるから、 歯医者がコンビニの数より多い現在でも、 東京歯科大学出身者は食いっ逸れなくて済む、 と聞いた事があります。 ということは、 国立の東京医科歯科大学や上記に載せた国公立の歯学部に行ける学力がある人でも、 卒業後の進路を考えて、あえて高い学費がかかり偏差値が10低いけれど私立の東京歯科大学に行こう、というがたくさんいるのでしょうか? 1000万を超える学費は、普通の家計だと簡単に払えるレベルではありません。 私立の歯学部に行ける(行く)人達というのは、そうすると、 お医者さん(特に歯医者さん?)や大企業の社長のお子さんが多い、 生まれた時から裕福な暮らしで金銭面で苦労した事が無い人が多い ということなのでしょうか? そういう人が歯医者さんになると、 やはり、患者には保険診療ではなく自由診療を進めがちな歯医者さんになる気がします。 金銭面で患者思いではなく、医者や医院にとっていいように言いくるめられ、治療を進められてしまう…。 こういった歯医者さんに、「いやいや、保険対応でお願いします」と言うと、 痛くされたりごく事務的な対応になったりするかもしれない…。 実際、今行っている歯科医院は、そちらの歯医者さん全員が私大出身で 口コミを見ても「自由診療(自費)を進められる」、 と言っている患者さんが多かったです。 boy. html 二つの歯科大学について教えて下さい。 2013年の歯学部で一番偏差値の高い大学が、 国立…東京医科歯科大学 偏差値66 私立…東京歯科大学 偏差値56 ですが、 このとおり偏差値が10の開きがあります。 なぜこんなに私立と国公立とで差があるのでしょうか? (そして、私立で一番高い偏差値の東京歯科大学の偏差値が、意外と低い事に驚きました。 国立大学の文学部など、もっと上回る国立大学の学部が沢山あります。 ちなみに、北海道大学[文]64です。 今調べたら、北海道大学[歯]63と、歯学部の方が1低... 従って、多くの学費を徴収しなくてはなりません。 それに対して国立大学の補助金は多額であるため、学生から高額な学費を徴収しなくてすみます。 多額の費用を捻出できる方は少ないので、受験生の裾野が違います。 従って、偏差値には開きがあります。 高3時のテスト結果と歯科医としての資質が別物であることは常識で考えると分かります。 お近くで数多くの患者さんに恵まれている歯科医院を見て下さい。 金銭的に楽なのは当たり前です。 入試で合格すれば、わざわざ高い学費が必要な私立に行くより、国公立大学に行くのが普通でしょう。 親がその大学卒業者で思い入れが強い場合があるかもしれませんが、ごくごく稀でしょう。 東京歯科大だと食いっぱぐれがないということはありません。 本人しだいですので、どこの大学出身でも上手く開業している歯科医はいるし、ダメな歯科医もいます。 開業資金は国公立を卒業した歯科医でも私立を卒業した歯科医でも同じです。 私立出身の歯科医は親が裕福なので、あくせくしていない。 国公立出身の歯科医は出が貧乏なので、儲け主義に走って自由診療を進めがちになる、、、という妄想もできます。 「歯科医 過剰 ワーキングプア」などで検索してみて下さい。 そういう意味では補助金を1円ももらっていない松本歯科大学が一番です。 不正請求で保険医取り消しになってしまった歯科医には数多くの国公立大学卒業者がおります。 もちろん、私立大卒も多くいます。 繰り返しになりますが、どのこ大学出身者でも素晴らしい人間はいるし、クズもいます。 偏差値ですべてを語れるのなら、霞ヶ関の役人は全員立派な人間で、彼らに従っていれば日本は良い方向にどんどん向かってるはずですよ。 従って、多くの学費を徴収しなくてはなりません。 それに対して国立大学の補助金は多額であるため、学生から高額な学費を徴収しなくてすみます。 多額の費用を捻出できる方は少ないので、受験生の裾野が違います。 従って、偏差値には開きがあります。 Q こんばんは。 下の親知らずが真横に倒れた状態で、ほぼ完全に埋まって 隣の歯に接触しています。 東京医科歯科大学 歯学部附属病院か、日本大学 松戸歯学部附属病院 のどちらかで、手術を受けることにしました。 それぞれの良い点・良くない点なども教えていただければありがたいです。 A ベストアンサー 東京医科歯科大学 歯学部附属病院に通っています。 国立ということもあるのでしょうか。 術中、術後の傷口への細菌予防措置は徹底しています。 それと明朗会計なのが何よりいいです。 虫歯になっていないから口腔外科なのですね。 自分は虫歯の抜歯で手術を受けましたが、術後の措置も完璧で痛みも適切な薬でほとんど苦痛なく腫れもなく過ごせました。 問題は行ってすぐに治療をしてくれないということです。 口腔外科も虫歯・歯周病外来も患者数はとても多いですから、大抵は2~3ヶ月待ちです。 1日平均外来患者数は約1800名で、国内の歯科病院としては最も多数の患者が来院しています。 初診後はまず総合診療科に通されて、歯の現状のカルテを作ります。 その後担当医が決まるまでは自宅待機、決まると病院から通知が来て治療開始となります。 一旦治療が始まったらあとは街医者と同じで1~2週間のインターバルで予約を入れてサクサク進みます。 今回は多分詳細なレントゲンやCT写真を撮った後に具体的にどういう手術をするのかを決めると思います。 <下の親知らずが真横に倒れた状態で、ほぼ完全に埋まって隣の歯に接触しています> がどの程度の手術難易度なのか是非相談されることを勧めます。 いずれにしても何回も通う必要はないと思いますので、もしかしたら初診後あまり日を置かずに手術できるかも知れません。 東京医科歯科大学 歯学部附属病院に通っています。 国立ということもあるのでしょうか。 術中、術後の傷口への細菌予防措置は徹底しています。 それと明朗会計なのが何よりいいです。 虫歯になっていないから口腔外科なのですね。 自分は虫歯の抜歯で手術を受けましたが、術後の措置も完璧で痛みも適切な薬でほとんど苦痛なく腫れもなく過ごせました。 問題は行ってすぐに治療をしてくれないということです。 口腔外科も虫歯・歯周病外来も患者数はとても多いですから、大抵は2~3ヶ月待ちです。 1日平均外来患者数... A ベストアンサー 大学病院については、語弊もあるかもしれませんが、診療技術は千差万別です。 今年国家試験を合格し、研修医もいるかと思えば、経験30年なんて方もいらっしゃいます。 もちろん研修医だから、ダメということはなく、基本は経験年数10年以上の指導医がついています。 さらにsoorara さんの歯の状況です。 例えばごくごく一般的な根管治療の症例であれば、誰に当たるかわかりません。 しかしながら特殊な症例(極端な話、学会発表に使用したいような)であれば、かなりの顔ぶれがでてくるかもしれません。 なので、大学病院を手放しでいいですよとは、言えません。 自由診療の歯科医院ですが、これも各種あります。 例えば審美歯科中心の所や、義歯がメインの所では、根管治療はどうでしょうか。 日本では残念ながら根管治療に特化した自由診療の歯科医院は多いとは言えません。 (アメリカにはそれのみの診療を行っている専門医があります。 ただし健康保険ではありません。 ) 日本でもHP上ではそれを歌い文句にしている歯科医院もあります。 内情は知りませんから、これ以上は書けません。 ラバーダムやマイクロスコープに関してですが、ラバーダムはあった方がベターです。 多分大学病院ではほぼ使用するでしょうが、開業医では数%のみの使用率でしょう。 マイクロスコープですが、これが有効なのは、あくまでの根管の入り口付近です。 その先までは入りません。 その先の情報が欲しければ、ファイバースコープが、 (胃カメラでご存じでしょう、それよりも径が圧倒的に細い) 有効になりますが、現状ファイバースコープを保持しているのは、 大学病院に限られるかもしれません。 なので、仮にこういった装置があったからといって、それゆえに治療効果が高まるかは疑問です。 あくまでもマイクロスコープでファイバースコープにしても、治療の一助にはなりえるでしょうが、 最終的な治療効果はやはり術者である、歯科医師にかかってきます。 成功してもバイ菌が入ってダメになるものでしょうか? と最後にsoorara さんはいい事を書いています。 やはりこの世界は経験が物をいうのも事実です。 さらに根管治療は健康保険で考えれば、点数的に高いとは言えません。 それゆえ、一生懸命に時間をかけられないという事情もあります。 さらには人体の病気の治療なので、当然患者さん本人の自己治癒力が大切です。 参考URLを見て下さい。 まあ、少し過激な表現があるものの、マイクロスコープについて、論じています。 否定論者の様でですが、ある意味間違ってはいません。 ec-net. htm 大学病院については、語弊もあるかもしれませんが、診療技術は千差万別です。 今年国家試験を合格し、研修医もいるかと思えば、経験30年なんて方もいらっしゃいます。 もちろん研修医だから、ダメということはなく、基本は経験年数10年以上の指導医がついています。 さらにsoorara さんの歯の状況です。 例えばごくごく一般的な根管治療の症例であれば、誰に当たるかわかりません。 しかしながら特殊な症例(極端な話、学会発表に使用したいような)であれば、かなりの顔ぶれがでてくるかもしれません。 なので... A ベストアンサー 東京医科歯科大学と日本医科大学、両方通ったら99. 祖父祖母が日本医大卒で、両親も日本医大卒で、兄も日本医大に行っていて、日本医大病院で生まれて、日本医大から歩いて5分のところに暮らしている方は、もしかしたら日本医大に行くかも知れません。 東京医科歯科大学の良いところ ・入学試験が難しいので、合格すると人に自慢ができて、同級生の頭が良い ・授業料が安いので、親が庶民でも進学でき、当然同級生も普通の庶民が多いので、肩身の狭い思いをしなくてもすむ ・家庭教師のバイトの時給が良い(かもしれない) ・大病院の部長クラスに先輩が多いので、将来の就職の際にコネが効きやすい(かもしれない。 実際は東京医科歯科は入試偏差値のわりには関連病院が少なく、あまり強いコネを持っているわけではないし、現在はコネはあまり関係が無いという意見もある。 ) ・基礎研究も強く、研究者への道も開かれている 日本医科大学の良いところ ・入学試験が簡単なので、東京医科歯科大学と比べると、大学合格に必要な受験勉強の量が少なくても済む ・授業料が高いので、普通の庶民が入学できず、お金持ちの同級生たちとハイソな学生生活が楽しめる ・同級生たちは金持ちが多く、バイトなんかしなくても大学生活を送れる人が多い ・医師会役員の先輩が多く、将来の開業の際にコネが効きやすい ・開業だけでなく、様々な事業展開をしている先輩も多く、事業家への道も開かれている 一言、捕捉しておきますと、医者の世界では出世と収入は比例せず、むしろ反比例したりします。 東大や京大の教授になって、国際学会の会長になったりすると、医者の世界では一応出世ということになりますが、大学で業績が出せず、独立した同級生が、東大教授で国際学会会長の10倍の年収があったりします。 東京医科歯科大学と日本医科大学、両方通ったら99. 祖父祖母が日本医大卒で、両親も日本医大卒で、兄も日本医大に行っていて、日本医大病院で生まれて、日本医大から歩いて5分のところに暮らしている方は、もしかしたら日本医大に行くかも知れません。 東京医科歯科大学の良いところ ・入学試験が難しいので、合格すると人に自慢ができて、同級生の頭が良い ・授業料が安いので、親が庶民でも進学でき、当然同級生も普通の庶民が多いので、肩身の狭い思いをし... A ベストアンサー 過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。 あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。 私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。 1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと 元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。 2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条件はそんなに良くないこと。 また建物はそんなに綺麗ではないこと これも1と同じ理由です。 私は都心の一等地新築ビルで開業しているだけで、そんな歯医者さんには行きません。 何故なら、賃貸料を支払うために本来必要な治療以上に治療されてしまう危険性が「高い」からです。 3.外車や高級車を乗っていないこと。 1と同じ理由です。 4.歯科衛生士さんや受付嬢は居ないこと 1と同じ理由です。 患者本位の治療をしていると、人を雇うほどの収入はありません。 でも、家族で経営しているような歯医者さんもありますので、この辺は見極めが必要です。 5.必要以上にレントゲンを撮らないこと 知ってますか?日本人の癌患者のうち、2%の人は(つまり100人に2人)、検査時のレントゲンの被爆で発症しているという学会発表があります。 必要以上にレントゲンを撮らないことも患者本位の治療を心がけるうえでの条件です。 6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。 単に虫歯の治療をするだけではなく、その原因についてアドバイスしれくれたり生活スタイルまで踏み込んで話をしれくれる先生は最高ですね。 7.インプラントや矯正などを行っていないこと。 これらは本来ある姿ではありません。 歯科矯正なども外観的には治療する意味があるのでしょうが、でも人それぞれ顔かたちが異なるように、歯列にも個人差があると思っています。 そんな意味からこういった治療を行っている歯医者さんは私の範疇から除外しています。 8.神経を抜かない、抜歯しない。 9.大規模な広告などを行っていない。 1と同じ理由です。 10.保険が利く歯医者さんが良い歯医者さんとは限らない 患者のための治療を行うため、あえて保険が利かない自由診療を行っている歯医者さんもいますので、この点はご注意ください。 さて、これらの条件に合致する歯医者さんをみつけ、実際にその歯医者さんを訪れて、本当に患者のための治療を心がけている歯医者さんかどうか判断する簡単な方法をお教えいたします。 まず歯石だけを取ってもらう旨、先生にお話します。 そこで ・レントゲンを撮影しようとしたらバツ。 ・歯石だけを取ってくれて、特にコメントなく終わればマル(よっぽどの虫歯があれば別ですよ) ・(親不知があった場合)親不知を抜こうとすればバツ。 ・過去に他の歯医者さんが治療した歯を、意味も無く治療しようとすればバツ。 理由をはっきり聞いて納得できればマル。 ・歯石除去に超音波を使えばバツ。 「超音波は歯を痛めない」と歯医者さんは言いますが、そんなばかなことはありません。 物理学をチョットかじった人なら誰でもわかります。 ・治療後、ご自身が加入している健康保険組合にレセプトの開示を求め、「歯医者さんが開示しない」となった場合、その歯医者さんはバツ。 この場合、相当悪質な歯医者さんに間違いありません。 通常、患者の命にかかわるような重篤な病気であれば開示を拒否できますが、歯科領域にはそんな病気はありませんので、歯科医師に開示拒否の権限は存在しません。 お忘れなく。 最後に。 我々患者は、良き歯医者さんを選ぶ権利があります。 そしてそのためには患者もそれなりの勉強が必要です。 日本の医療業界もDRGを初めとする、ある意味競争原理が働きつつあります。 これからは患者本位の治療を行うことができない歯医者さん(お医者さん)は市場から淘汰されていくことと思います(でもこれって当たり前ですよね。 他の業界ではとっくの昔からはじまっている。 三菱自動車や雪印は記憶に新しいでしょ)。 隣の医者がベストとは限りません。 私は自分にとってベストのお医者さんを決めています。 私の家からそのお医者さんまでの通院時間はこんな感じです。 ・歯科医:2時間 ・皮膚科医:1.5時間 ・耳鼻咽喉科医:2時間 ・内科医:45分 ・漢方医:45分 長文失礼。 参考になれば幸いです。 過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。 あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。 私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。 1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと 元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。 2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条... A ベストアンサー 私は、定期的に掃除のために東京の歯学部付属病院に通っていますが、以前治療の時は特に消毒にものすごく気を遣って治療していました。 神経を抜く時も顕微鏡のようなもので確かめて、レントゲンで薬の入り具合を確かめたり、根が見つからなかった場合は時として他の医師と一緒に探したりと、かなり完璧を極めました。 ですので予後は痛みも含めて全く心配なかったです。 デメリットを挙げるとすれば、まず私の行った所は、全国で1,2位を争う位の来院患者数なので、初診から担当医が決まるまで3ヶ月ほどかかりました。 それと、大学付属ですから当然研修のために学生がやってきます。 私の時も言われましたが、傍らで教授クラスが見守る中で研修学生に治療をさせてもいいか、という打診がありました。 初診後2~3ヶ月待ちですが、研修の治療を希望する場合はすぐにでも取りかかれるとも言われました。 これは、研修の治療に加えて、教授が教えて直しながら治療していくので時間がかかりますが、治療はますます完璧となります。 時間がある人にはお勧めですが、これはメリットともデメリットとも言えないでしょうね。 あえて、研修の治療を望む患者さんもいるらしいです。 それと、写真や歯形をやたら取られました。 もちろん顔は映しませんがきっと授業で使うのでしょうね。 私の経験的なデメリットは、初診後から本格的な治療が始まるまで時間がかかったというくらいで、その他には見当たりません。 痛くて仕方がないからすぐに治療してくれ、という人には無理かも知れませんね。 私は、定期的に掃除のために東京の歯学部付属病院に通っていますが、以前治療の時は特に消毒にものすごく気を遣って治療していました。 神経を抜く時も顕微鏡のようなもので確かめて、レントゲンで薬の入り具合を確かめたり、根が見つからなかった場合は時として他の医師と一緒に探したりと、かなり完璧を極めました。 ですので予後は痛みも含めて全く心配なかったです。 デメリットを挙げるとすれば、まず私の行った所は、全国で1,2位を争う位の来院患者数なので、初診から担当医が決まるまで3ヶ月ほどかか... A ベストアンサー みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。 我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。 要するに普通は不必要に抜髄はしません。 で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。 デメリットとしては、 1 神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。 2 抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。 3 歯が生活歯にくらべて、もろくなる。 4 変色していく。 5 臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。 (残髄等) などがあげられます。 しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。 要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。 で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。 痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。 我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。 要するに普通は不必要に抜髄はしません。 で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。 デメリットとしては、 1 神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。 2 抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。 3 歯が生活歯にくらべて、... Q 子供の頃から体が弱いです。 入院や肺炎、喘息のたびにレントゲンを最低2枚ずつ取っていました。 そのほかに造影剤を使って、長時間機械の下で動かずにじっとする検査や学校の検診など、普通の人よりかなり放射線を浴びています。 中学生になった頃に、あまりにもレントゲンの回数が多いので、主治医から「将来体に影響が出るかも知れないから」といわれて、レントゲンの回数を減らすようにしようと言われ、なるべくとらないようにしてもらっていたのですが、引っ越して他県になってしまったので別の病院に行っています。 前の病院以外では普通にレントゲンを撮ってしまっているのですが、レントゲンってどれくらい危険なんでしょうか? 何枚くらい撮ったら被爆の恐れがあるのでしょうか? ガンや白血病などが怖いです。 とくにガンは祖母が子宮ガンと大腸ガンをしていますし、親類にも大腸ポリープ、胸部のしこりなどの経験者がいて心配です。 私も26歳にして大腸にポリープがあります。 ガンから逃げられないような気がして怖いです。 被爆について詳しく教えてください。 A ベストアンサー 診療放射線技師です。 ガンや白血病は「確率的影響」とされています。 また、ガンや白血病は200mGy以下の被曝では、 統計学的に有意な発生率増加は、無い事が分かっています。 胸部エックス線写真1枚での照射線量は0. 2mGy前後ですから、 1000枚程度では、全く被曝の影響はないといえます。 1000枚を越えたからと言って、すぐに影響がある訳でも勿論無く、 おそらく有意な影響が出てくるのは、何十・何百万枚でしょう。 ですから、質問者さんは、全く心配する必要はありませんし、 またこれからも必要のある検査は、勿論受けてかまいません。 医療被曝には「限度」と言うものはありません。 医療法施行規則第30条の27で定められているのは、 我々のような放射線作業従事者に関する限度であり、 #3の方のリンク先の内容は、全く正しくありません。 また、現在では職業被曝の限度も、全く違った数値となっています。 A ベストアンサー 現役歯科医師です。 口腔外科の医師は、基本的に歯学部出身でも医学部出身でもOKです。 しかし、圧倒的に歯学部出身が多いのは事実です。 口腔外科では、簡単なものでは抜歯から舌癌・歯肉癌・顎切除などの手術をやります。 ですが、舌癌・歯肉癌・顎切除は形成外科の領域でもあるんです。 こういうことで、形成外科がなく口腔外科しかないとこ(歯科大学など)では、歯科医師が上記の手術を行いますし、形成外科があるとこ(大学病院を除いて、形成外科があるところには、普通、口腔外科はない)は、医科出身の医師が手術をします。 口腔外科で手術する場合は、ほとんど歯科医師が行ってます。 余談ですが・・・口腔外科には、少数ですがダブルライセンス(医師免許と歯科医師免許両方もつ医師)がいます。 これらの医師は、医学部出身の先生であるし歯学部出身の先生であるとも言えます。 私も、ダブルライセンス狙ってる一人なんですけどね。

次の

東京医科歯科大学 眼科学教室

東京 医科 歯科 大学

概要 [ ] 本学は、1928年に日本で最初に教育機関として設置された、官立の東京高等歯科医学校を前身とする。 その後、1944年に医学科が設置され東京医学歯学専門学校となり、1951年にの「 東京医科歯科大学」となり、現在に至る。 の一員である。 また、 medU-net の幹事校である。 の2019-2020では、世界第401-500位、第55位、国内第8位に位置している。 2019では、医学分野で世界51-100位(国内第4位) 、歯学分野で世界第10位(国内第1位) にランクインしている。 1928年10月12日 の(現:)校舎を借りて東京高等歯科医学校設置、初代学校長。 1930年12月 の(現:)跡地に移転。 1944年4月1日 東京医学歯学専門学校となり、医学科を設置。 1946年8月27日 東京医科歯科大学を設置、附属図書館設置。 1949年6月1日 医学部歯学部附属医院を医学部附属病院と歯学部附属病院に改称。 1951年4月1日 国立東京医科歯科大学を設置。 歯科材料研究所を附置。 医学部附属厚生女子部を医学部附属に改称。 歯学部附属学校を設置。 1952年4月1日 を設置。 1955年4月1日 大学院医学研究科および大学院歯学研究科を設置。 医学および歯学進学課程を内に設置。 1958年4月1日 千葉大学内設置課程の学生募集を停止、本学の分校として医学、歯学進学課程を設置。 1962年4月1日 医学部附属学校を設置。 1965年4月1日 を設置。 1966年4月5日 歯科材料研究所を医用器材研究所に改称。 1970年4月17日 保健管理センターを設置。 1972年4月1日 医学部附属学校を設置。 1973年3月31日 医学部附属学校を廃止。 9月29日 を設置。 1989年4月1日 医学部保健衛生学科、看護学専攻および検査技術学専攻を設置。 5月19日 機器分析室を設置。 1991年3月31日 医学部附属看護学校および臨床検査技師学校を廃止。 1993年3月31日 機器分析室を廃止。 4月1日 医学研究科を大学院医学系研究科に改称。 大学院医学系研究科に専攻を設置。 疾患実験センターを設置。 1995年4月1日 大学院歯学研究科に博士課程生体機能制御歯科学専攻設置。 大学院医学系研究科に博士課程生体制御医科学系専攻および博士課程保健衛生学専攻を設置。 1996年5月11日 機器分析センターを設置。 1998年4月9日 総合センターを設置。 1999年4月1日 大学院医歯学総合研究科を設置。 医用器材研究所を工学研究所へと改組。 2000年4月1日 大学院医歯学総合研究科(7専攻)を設置。 大学院医学系研究科の学生募集を停止。 大学院医学系研究科の保健衛生学専攻を大学院保健衛生学研究科に改称。 2001年4月1日 大学院医歯学総合研究科を設置。 大学院医歯学総合研究科に課程医歯科学専攻を設置。 大学院保健衛生学研究科を設置。 2002年4月1日 医歯学教育システム研究センターを設置。 2003年4月1日 大学院生命情報科学教育部を設置。 機器分析センター、総合センター、施設を統合し、先端研究支援センターを設置。 大学院疾患生命科学研究部を設置。 9月1日 本部を設置。 2004年4月1日 国立大学法人東京医科歯科大学に改組。 大学院医歯学総合研究科博士課程医歯科学専攻に医療管理政策学コースを開設。 歯学部口腔保健学科を設置。 2004年4月1日 経営協議会学外委員に、、の3名が就任する。 2005年3月31日 歯学部附属歯科衛生士学校を廃止。 2009年4月 国際交流センターを設置。 12月 スチューデントセンターを設置。 2010年4月 図書館情報メディア機構を設置。 医歯学研究支援センターを設置。 センターを設置。 医歯学融合教育支援センターを設置。 生命倫理研究センターを常設センターに変更。 2011年4月 歯学部口腔保健学科(2専攻)を設置(口腔保健衛生学専攻・口腔保健工学専攻)。 研究・推進機構を設置。 8月 東京医科歯科大学基金を設置。 11月 病院運営企画部を設置。 2012年4月 大学院医歯学総合研究科を改組(2専攻)(大学院生命情報科学教育部を統合)。 女性研究者支援室を設置。 スポーツ医歯学センターを設置。 2013年2月 疾患バイオリソースセンターを常設センターに変更。 4月 研究センターを設置。 学生支援・保健管理機構を設置。 職員健康管理室を設置。 広報部を設置。 2016年4月 学長特別顧問に、、の3名が就任する。 2019年12月2日 - 2020年4月に「M&Dデータ科学センター」、2022年4月に新学部として「メディカルデータサイエンス学部」を設置する計画を明らかにした。 4月 - メディカルデータサイエンス学部新設予定 基礎データ [ ] 象徴 [ ] ミッション• 知と癒しの匠を創造する Cultivating Professionals with Knowledge and Humanity 教育理念• 幅広い教養と豊かな感性を備えた人間性の涵養• 自己問題提起、自己問題解決型の創造的人間の養成• 国際性豊かな医療人の養成 ブランドゴール• 医科歯科連携で、世界の医療・医歯学研究のグローバルスタンダードへ スクールカラー• Mission Blue• Bloom Gold 学生歌 [ ]• 『我等が東京医科歯科大学』(創立30周年記念行事記念歌) 作詞:倉林高次 作曲:境修(どちらも1935年歯卒) 交通アクセス [ ] 東京都文京区と、を挟んで向かい合うの地区にメインキャンパスが、に教養部がある。 湯島キャンパス(医学部、歯学部)• 駿河台キャンパス(難治疾患研究所、生体材料工学研究所) ・または東京メトロ下車。 国府台キャンパス(学部1年次) 下車徒歩10分または下車徒歩12分。 JR東日本などからで国府台病院下車。 組織 [ ] 学部 [ ] 研究科 [ ]• 医歯科学専攻(修士課程、標準修業年限2年)• 医歯科学専攻 医療管理政策学コース(修士課程)• 医療管理学コース(標準修業年限1年)• 医療政策学コース(標準修業年限2年)• 医歯学系専攻(博士課程、標準修業年限4年)• 口腔機能再構築学講座• 顎顔面頸部機能再建学講座• 生体支持組織学講座• 環境社会医歯学講座• 制御学講座• 全人的医療開発学講座• 医学講座• 生体環境応答学講座• 器官システム制御学講座• 先端医療開発学講座• 生命理工系専攻(博士後期課程、標準修業年限3年)• 生命理工学講座• 寄附講座・寄附研究部門 監視学講座、メディスン(DNP)講座、肝臓病態制御学講座、再生学講座、消化管先端治療学講座、整形外科先端治療開発学講座、睡眠制御学講座、小児・地域医療学講座、臓器ネットワーク講座、関節機能再建学講座、女性健康医学講座、先端的外科治療技術研究開発研究部門、先制医療講座、基礎学講座、血管代謝探索講座、茨城県循環器地域医療学講座• ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ研究部門 応用講座、先端技術医療応用学講座• 2014年度入学生より• 看護先進科学専攻 (一貫制博士課程)• 基盤看護開発学講座• 看護ケア技術開発学領域 看護ケア技術開発学分野• ヘルスプロモーション看護学領域 地域保健看護学分野、地域健康増進看護学分野• 臨床看護開発学講座• 先端緩和ケア看護学領域 先端侵襲緩和ケア看護学分野• 精神・人間発達看護学領域 精神保健看護学分野、小児・家族発達看護学分野、リプロダクティブヘルス看護学分野• 在宅看護学領域 在宅ケア看護学分野、がんエンドオブライフケア看護学分野• 先導的看護システム開発学講座• 国際的看護システム開発学領域 国際看護開発学分野、看護システムマネジメント学分野• 高齢社会看護ケア開発学領域 高齢社会看護ケア開発学分野• 共同災害看護学専攻(一貫制博士課程)• 生体検査科学専攻 (博士前期課程・博士後期課程)• 生命情報解析開発学講座 分子生命情報解析学分野、形態・生体情報解析学分野、生命機能情報解析学分野、生体機能支援システム学分野• 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学、生体防御検査学、分子病態検査学、先端血液検査学、先端生体分子分析学• 2013年度入学生まで• 総合保健看護学専攻• 地域・在宅ケア看護学講座 専攻分野:地域保健看護学、在宅ケア看護学、リプロダクティブヘルス看護学、精神保健看護学• 看護機能・ケアマネジメント開発学講座 専攻分野:生体・生活機能看護学、小児・家族発達看護学、先端侵襲緩和ケア看護学、高齢者看護・ケアシステム開発学、看護システムマネジメント学• 健康教育開発学講座 専攻分野:健康情報分析学、健康教育学、国際看護開発学• 生体検査科学専攻• 生命情報解析開発学講座 専攻分野:分子生命情報解析学、形態・生体情報解析学、生命機能情報解析学、生体機能支援システム学• 分子・遺伝子応用検査学講座 専攻分野:先端分析検査学、生体防御検査学、分子病態検査学、先端血液検査学、先端生体分子分析学• 疾患生命科学研究部(研究組織。 2012年3月に廃止)• 疾患生命情報学部門• 応用構造情報研究部門• 高次生命制御学研究部門• 生命情報科学教育部(教育組織。 博士前期課程・博士後期課程。 2012年4月に医歯学総合研究科に統合)• バイオ情報学専攻• 高次生命科学専攻 附属機関等 [ ]• (国立大学で教養部が残っているのは東京医科歯科大学のみ)• 人間科学系 教育分野:人文社会科学、 保健体育学• 自然科学系 教育分野:数学、物理学、化学、生物学• 外国語系 教育分野:英語、第二外国語• 図書館情報メディア機構• メディア教育推進部門• 情報基盤部門• 附属図書館• 本館(湯島キャンパス)• 分館(国府台キャンパス)• 生体材料工学研究所• 研究部門• 医療基盤材料 研究分野:金属生体材料学、無機生体材料学、有機生体材料学• 生体機能修復 研究分野:生体材料機能医学、物質医工学、• 医療デバイス 研究分野:バイオエレクトロニクス、バイオ情報、センサ医工学• 生体機能分子 研究分野:メディシナルケミストリー、生命有機化学、• 研究部門• 先端分子医学研究部門 分野:分子細胞生物学、分子神経科学、生体防御学、生体情報、制御、分子構造情報学、フロンティア研究室低酸素生物学、フロンティア研究室骨分子薬理学• 難治病態研究部門 分野:、病態細胞生物学、病態生理化学、発生再生生物学、幹細胞医学、、分子病態• 応用医学研究部門 分野:分子細胞遺伝、分子遺伝、分子、ゲノム病理学、、医科学数理、フロンティア研究室遺伝子発現制御学• 難病基盤・応用研究プロジェクト室• 難病IBD研究プロジェクト2• 頭頸部・• 研究拠点形成プロジェクト• 難治低酸素性研究プロジェクト• ゲノム解析室、細胞室、遺伝子改変マウス実験室、幹細胞支援室、形態機能解析室、バイオリソース支援室、構造情報解析室、生命情報室• 図書館情報メディア機構• 図書館• 情報基盤部門• 学生支援・保健管理機構• 保健管理センター• 学生・女性支援センター• 研究・産学連携推進機構• 医歯学研究支援センター• 実験動物センター• 生命倫理研究センター• 疾患バイオリソースセンター• 研究センター• 脳統合機能研究センター• 低侵襲医歯学研究センター• 医療イノベーション推進センター• 研究センター• スポーツサイエンス機構• 統合教育機構• 統合国際機構 廃止された関連学校 [ ]• 本科(2010年度をもって学生募集停止)• 実習科(2012年度をもって学生募集停止) 教育および研究 [ ] 研究 [ ] [ ]• 2003年 医学系• 歯と骨の分子破壊と再構築のフロンティア• 脳の機能統合とその失調 [ ]• 2008年 医学系• 歯と骨の分子疾患科学の国際教育研究拠点 学術賞 [ ]• 医学系• 島崎・島薗・高橋・融学術賞() 教育 [ ] 医学部および歯学部は、方式と呼ばれるを重視したで運営されている。 や歯科医師免許を取得するためには、他大学を卒業しても、教育を受けただけという認定になるため、6年間の必須年限が必要。 かつて制度は存在していたが、現在は廃止されている。 2004年以降、医学部医学科で学年の成績上位10名の学生は渡米して、ハーバード大学での単位互換臨床実習を行わなければならない。 採択されたプログラム [ ] 大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム• 2009年 総合的連携型• 学際生命科学東京コンソーシアムによる全人的大学院人材育成拠点の確立(、、と連携) 大学教育・学生支援推進事業• 2009年 テーマA• コンピュータによる診療模擬実習の展開 がんプロフェッショナル養成プラン• 2007年• 治療高度専門家養成プログラム(、などと共同) 大学病院間の相互連携による優れた専門医等の養成• 2010年、2011年• 都会と地方の協調連携による高度医療人養成(、と連携) 大学関係者と組織 [ ] 同窓会 [ ]• お茶の水会 医科同窓会• お茶の水会 看護同窓会• お茶の水会 検査技術学専攻同窓会• お茶の水会 歯科同窓会• お茶の水さつき会(口腔保健学科同窓会)• 技友会(歯学部附属歯科技工士学校同窓会) 大学関係者一覧 [ ] 詳細は「」を参照 学際生命科学東京コンソーシアム [ ] 2010年、とともに学際生命科学東京コンソーシアム(東京医科歯科大学、お茶の水女子大学、学習院大学、北里大学)を設立した。 企業 [ ] 企業などと共同研究を行う制度を設けており、と AI などを活用した医療機器を開発する連携協定を2018年に結んだ。 自治体 [ ] と「・医療系に資する大学保有機器等の共用に関する協定」を2019年に締結。 その他 [ ] 2008年、大学院医歯学総合研究科と医学研究科の間に特別研究学生交流協定が結ばれた。 国外 [ ] 国際交流協定校 [ ] 大学間 [ ] 国 大学 エクアドル保健省 クリニカ・ラス・コンデス病院/チリ国保健省 パラグアイ国保健省/クリニカ・ラス・コンデス 医学・保健系 [ ] 国 大学 看護学部 デンバー校看護学部 ジョン・カーティン医学研究院 医学部 大学院薬学研究科 医学部 医学部 記念医学研究所 医学部 医学部 医学部 医学部 医学部/保健衛生学部 医学部() 国立がんセンター 医学部 S. アスフェンディヤロフカザフ国立医科大学 歯学系 [ ] 国 大学 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 健康科学部歯学科 歯学部 歯学部 クロード・ベルナール・リヨン第1大学歯学部 健康科学部歯学科 医学部口腔科学科 口腔医学院 口腔医学院 口腔医学院 歯学部 口腔医学院 華西口腔医学院 口腔医学院 医学部歯学科 口腔医学院 歯学部 歯学部 歯科大学 歯科大学 歯学部 歯学部 マニラ校歯学部 インドネシア大学歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 医科学部歯学科 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 歯学部 生体材料工学研究所 [ ] 国 大学 バイオエンジニアリングユニット ・アンド・ウエストフィールド校生体医用材料総合研究センター 医用生体工学科 バイオサイバネティクス・生体工学研究所/バイオサイバネティクス国際センター 口腔医学院 生体材料研究所 工学部 パウリスタ校 難治疾患研究所 [ ] 国 大学 分子生物学・遺伝学研究所 腫瘍研究所 歯学部 大学院生命情報科学教育部・難治疾患研究所 [ ] 国 大学 生命情報学部 上海センター その他 [ ]• パートナーズ・ハーバード・メディカル・インターナショナル PHMI ( )と医学教育提携契約を締結している。 海外の医学部との交換留学プログラム ( )、()との交換留学プログラムが行われている。 と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる。 キャンパス [ ] 湯島キャンパス [ ] 湯島キャンパスは元々、(現:)の敷地の一部を間借りしていたものである。 時代、建築物の拡張の必要性に伴って、は1930年に同校およびこれに隣接した(を経て、現:)をに移転させ、本校の拡張が行われた。 このような経緯もあり、湯島、駿河台キャンパスは限られた土地に一杯のが密集した形で配置されている。 特に研究棟はであり、国立の研究機関としては特異な外観を呈している。 より見た東京医科歯科大学の夜景• 研究棟に一年中深夜まで煌々と明かりが灯っているのが、湯島・駿河台キャンパスがある地域の風景の一つになっている。 の『ガン回廊の朝』に、の創成期に、同センターの研究者が深夜の帰宅時に電車の車中から本学の研究室に煌々と灯りが灯っているのを見てショックを受け、その対抗心から同センターの研究者達もぎりぎりまで研究に打ち込むようになったエピソードが記されている。 アニメ『II』の第3話~13話において「都立中央病院」として登場している。 関連項目 [ ]• Wiki関係他プロジェクトリンク [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ]• 世界大学ランキング — 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 世界ランク 217 284 295 283 276 401-500 401-450 401—500 401—500 401—500 アジア順位 no data 41 39 40 31 52 47 46 49 55 国内順位 7 10 8 8 8 7 9 8 7 8• 東京医科歯科大学. 2019年9月28日閲覧。 東京医科歯科大学. 2013年12月5日閲覧。 www. com. 2019年12月3日閲覧。 2015年度版の東京医科歯科大学概要によると、分野には、口腔病理学、細菌感染制御学、分子免疫学、先端材料評価学、口腔病態診断科学、口腔放射線腫瘍学、顎口腔外科学、口腔放射線医学、麻酔・生体管理学、制御学、小児歯科学、咬合機能矯正学、制御学、摂食機能保存学、歯髄生物学、部分床補綴学、・口腔再生医学、有機材科学、機能材科学がある。 2015年度版の大学概要によると、分野には、形成・再建外科学、頭頸部外科学、腫瘍放射線治療学、顎顔面解剖学、認知神経生物学、分子発生学、分子細胞機能学、バイオデザイン、顎顔面外科学、顎顔面矯正学、顎顔面補綴学、金属材料学がある。 2015年度版の大学概要によると、分野には、細胞生物学、病態代謝解析学、運動器外科学、硬組織構造生物学、硬組織薬理学、結合組織再生学、硬組織病態生化学、分子情報伝達学、無機材料学、学がある。 2015年度版の大学概要によると、分野には、国際健康推進医学、国際環境寄生虫病学、法医学、政策科学、分子疫学、研究開発学、医療政策情報学、先進倫理医科学、法歯学、医療経済学、歯学教育開発学、健康推進歯学、スポーツ医歯学、歯学教育システム評価学、教育メディア開発学、保険医療管理学がある。 2015年度版の大学概要によると、分野には、血流制御内科学、医学、高齢者歯科学がある。 2015年度版の大学概要によると、分野には、臨床検査医学、生体集中管理学、心療・緩和医療学、薬物動態学、臨床医学教育開発学、救急災害医学、臨床腫瘍学、障害者歯科学、総合診療歯科学、歯科心身医学、歯科医療行動科学、顎関節口腔機能学、先駆的医療人材育成がある。 2015年度版の大学概要によると、分野には、神経機能形態学、システム神経生理学、細胞薬理学、分子、、眼科学、耳鼻咽喉科学、脳神経病態学、精神行動医科学、脳神経機能外科学、血管内治療学、NCNP脳機能病態学がある。 なお、NCNPは National Center of Neurology and Psychiatry を指す。 2015年度版の大学概要によると、分野には、学、制御学、免疫治療学、環境生物学、生体防御学、病態細胞生物学、代謝応答化学、免疫応答制御学、発生発達病態学、・内科学、皮膚科学、NCCHD成育医学がある。 なお、NCCHDは、 National Center for Child Health and Development を指す。 2015年度版の大学概要によると、分野には、人体病理学、細胞生理学、分子細胞循環器学、分子代謝医学、幹細胞制御、分子薬理学、幹細胞医学、統合呼吸器病学、消化器病態学、循環制御内科学、心肺統御麻酔学、心臓血管外科学、腎臓内科学、生殖機能協関学、腎泌尿器外科学、消化管外科学、細胞機能調節学、統合エピゲノミクス、時間生物学、呼吸器外科学、都医学研疾患分子生物学がある。 2015年度版の大学概要によると、分野には、臨床解剖学、システム発生・再生医学、包括病理学、分子腫瘍医学、診断病理学、疾患モデル動物解析学、シグナル遺伝子制御学、先端計測開発医学、生体材料機能医学、遺伝制御学、遺伝子応用医学、分子細胞遺伝学、遺伝生化学、血液内科学、分子内分泌代謝学、肝胆膵外科学、整形外科学、生体機能分子科学、先端機器開発医学、バイオメカニクス、生体界面工学、生命情報学、構造生物学、画像・核医学開発学、疾患、疾患多様性遺伝学、応用再生医学、JFCR腫瘍制御学がある。 なお、JFCRは、 Japanese Foundation for Cancer Research を指す。 2015年度版の大学概要によると、分野には、環境遺伝生態学、センサ医工学、バイオ情報、バイオエレクトロニクス、物質医工学、薬化学、生命有機化学、メディカルロボティクス分野、分子細胞生物学、発生再生生物学、免疫学、エピジェネティクス、システム情報生物学、分子構造情報学、高次神経科学、生体情報薬理学、分子遺伝学、環境エピゲノム、理研生体分子制御学、金属生体材料、無機生体材料、有機生体材料、治療ゲノム学、ゲノム構造制御、メディシナルケミストリー、NCC腫瘍医科学がある。 なお、NCCは、 National Cancer Center を指す。 2015年度版の大学概要• 講座、領域、分野の構成は、2015年度版の大学概要による。 講座、分野の構成は、2015年度版の大学概要による。 (2018年7月21日閲覧)• 東京都 報道発表資料(2019年07月16日)2019年9月25日閲覧• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 原虫病研究センター• 生体調節研究所• 放射光科学研究センター• 先端酵素学研究所• 海洋コア総合研究センター• 発生医学研究所• 熱帯生物圏研究センター• みらい医療推進センター• 自然・環境科学研究所天文科学センター• 先端医療技術開発センター• パネルデータ設計・解析センター• 発達障害医療研究所• 脳科学研究所• 生物資源ゲノム解析センター• 先端数理科学インスティテュート• 風工学研究センター• 三遠南信地域連携研究センター• 中部高等学術研究所国際GISセンター• 総合医科学研究所• アート・リサーチセンター• 舞台芸術研究センター• 文化ファッション研究機構• 日本常民文化研究所• JGSS研究センター• ソシオネットワーク戦略研究機構• 赤ちゃん学研究センター.

次の