トゲキッス 朝の日差し。 【ランクマッチシングル瞬間10位】構築紹介 カバキッスドリュウズ

【剣盾s7 最終57位・120位】奇襲ドラパウインディ〜冷蔵庫を添えて〜

トゲキッス 朝の日差し

閲覧ありがとうございます、でっぱと申します。 S7に使用した構築の記事を書きました。 よかったら最後まで見ていただけると嬉しいです。 それでは早速構築の紹介に移ります。 今回使用した構築はこちらです。 【コンセプト】 まず、今期は「拘り鉢巻ゴリランダー」が強いと思ったので軸にする事を決め、同じく鉢巻ゴリランダーを使っていた何人かに話を聞きました。 ・サイクルが回せなさそうな相手にはゴリランダーの高火力先制技、襷のストッパー性能を活かした対面的な戦い方をする。 という事をコンセプトに構築を組みました。 Aは11n、SはドラムアタックでSの下がったエースバーン抜き、残りは適当です。 高火力技による荒らし性能、GF下「グラススライダー」によるストッパー、スイーパー性能を兼ね備えた最強でした。 GF下、グラススライダー、ドラムアタックの火力はどれも凄まじく、半減でも後出しから受け切る事は困難です。 そこら辺のペラペラ達はグラスラで普通に落ちます。 あとシンプルにがめちゃくちゃ強く、後述する、の硬さを底上げしてくれてとても便利でした。 鉢巻ゴリランダーが流行っていた事もあり上位帯では常に警戒されていたので、逆に言えば相手のプレイングが読みやすく釣り交換や交換読みのはたき落とすが決まりやすかったのも強かったです。 技構成はウドハン、グラスラ、叩きは確定で、残りは蜻蛉返り、ドラムアタック、馬鹿力などから選択になりますが正直好みだと思います。 Sをアッキ意識まで伸ばし、物理受けなので残りはHBにたくさん振りました。 ただ、こののH実数値は191なのですが、持ち物が残飯なのでHは実数値193まで伸ばした方がいいかもです。 参考にした構築のが残飯じゃなかったんですごめんなさい。 環境に突然現れそのまま環境トップとなったエースバーン、ゴリランダーのどちらにも強く、まさしく「環境に刺さっていた」という表現がピッタリなでした。 物理に対する詰ませ性能が高く、気づいたら相手がで詰んでて勝ちみたいな対戦が多かったです。 技構成はこの4つで完結していると思います。 「竜の波動」は「ダイドラグーン」の元となる技としての採用で、相手が無理やり物理でこいつを突破してこようとする動きに対してダイドラグーンを撃つ事でAを下げ、そのまま相手をガス欠させて詰み、という状況を作れるとても優秀な技でした。 このを下に繰り出したら回復量やばすぎてニヤけます。 火力が足りないので特化、Sは本当に気持ち程度の、特殊受けなので残りはDにたくさん振りました。 上の2体で絶対に勝てない、辺りを強く意識して採用しました。 初手のゴリランダーを読んでこの2体を出してくる相手が多かったので、それにこのを合わせると対戦を有利に進められました。 特殊方面の固さはとんでもなく、キッスやに対しては安心してこのを後投げする事ができました。 ただ、相手がチョッキを舐めていると普通にキッスリザで突っ張ってくる事もあり、と違って回復手段がない事も相まってよりは少し動かし方が難しいという印象を受けました。 技構成は上3つは確定です。 水技枠は「」が主流だと思いますが、アリアだと相手の火傷を回復させてしまい、の鬼火とのが悪いので「波乗り」を採用しました。 残りの1枠はキッス相手に確実にダメージを稼げる「氷のつぶて」と迷いましたが、構築的に相手のが重いのと、ックスを切った状態でも相手のやに負担をかけたかったので「10万ボルト」を採用しました。 持ち物、技構成共に少し珍しいです。 サイクルを使う上できつい「物理、特殊どちらかの役割集中」に対してどう立ち回ればいいか分からなかったので、逆にこちらから無理やり相手のエースを突破しちゃおうという事で、火力、ストッパー性能、奇襲性能共に申し分ない「襷中」を採用しました。 この判断は大正解で、サイクルを回せなさそうだなと思うような攻めっ気のある構築相手に無類の強さを発揮し、相手のエースを無理やり1匹落とすことで、相手がこちらのサイクルを崩せなくなって勝ち、という状況を多く作れました。 また、相手の考慮外のタイミングでックスを切り、とりあえず数的有利を取った後にありがちな「相手の後続に積み技やダイジェットなどを積まれて結局全抜きされるパターン」も、このや前述した鉢巻グラスラゴリランダーをストッパーとして裏に置いておく事で回避できました。 あと、襷を持たせる事で僕の大好きな初手ヤンキープレイをする事がほんのちょっとだけ正当化されるのも楽しかったです。 技構成は構築単位で重いを無理やり突破しようとしたら少し変になりましたが、この技構成で大正解だったと思うくらいには強かったです。 このを使ってて1番楽しい瞬間は相手の初手鉢巻グラスラゴリランダーをられた時です。 最終日の初手ダルマゴリラ対面は全員グラススライダーを撃ってきたので、「ワイ、襷やが?w」って言いながら返り討ちにしてました。 準速までSを伸ばす事で相手の無振りアーマーガアやSを甘えた、を抜けたり、やのような構築単位で重いけどわざわざこいつ対策しなきゃなんないの?みたいなに軒並み強かったりと、いざという時に頼りになるちょうどいいでした。 「ラムの実」は相手の立ち回りプランを崩壊させる事ができるアイテムの一つですが、というあまり採用率の高くないにこれを持たせる事で、メジャーなに持たせた時よりも奇襲性能を高める事ができたと思います。 出す機会はあまり多くなかったですが、出して勝った対戦はがいなければ勝てなかったような対戦ばかりだったので助かりました。 ックス性能が高く、サイクル構築が「対面構築と比べてックスに重きを置いていない」という特性上、他のにックスを取っておきたいと考えることが少ないため、このをこのタイミングでックスさせる、という立ち回りのパターンを選出段階で組み立てやすかったです。 初手ックスで荒らして後続のサイクルやで詰める戦い方も、初手のやゴリランダーで荒らして後続にこいつを置いてックスさせて相手を倒しきる、という戦い方もできて、選出の幅を広げてくれました。 技構成は上3つは確定で、S5の頃は4枠目の技として「原始の力」や「あくび」を採用していましたが、そんなにもいなさそうだし、S5の頃と違って絶対に初手ックスさせるみたいな意図で採用したわけでもないので、や水に対して大きな圧力をかけられて、今の自分の構築により合っていると感じた「草結び」を採用しました。 元々対面的な戦い方が好きなのもあり、最終盤はを絡めた対面的な選出が多かったです。 【結果】 TN リョウ 最終43位 TN 채원 最終117位 マッチングした皆様、対戦ありがとうございました! 【ルサンクス】 鉢巻ゴリランダー入りの構築とその立ち回りについて教えてくれたスズ、クゥリ、サックー この3人のおかげで今期勝てました、本当にありがとう! 以下に参考にした方々の構築を投稿され次第掲載しておきます。 (スズ) (サックー) 【あとがき】 S7お疲れ様でした! なんと今期で3期連続となる最終2桁順位を達成できました!本当に嬉しいです! 今期は構築に結構自信を持てたというのもあり、かなり満足のいくシーズンになりました。 しかし、だからこそもっと早くから構築を完成させてランクマッチに取り組んでいれば更に上位を目指せたかなとも思うので、そこは少し悔しいです。 嬉しかった反面、実力的にもメンタル的にももっと強くならなきゃ最終一桁を取るのは難しいなあと感じさせられるシーズンになりました。 ガチでかわいい。 記事の内容は以上です。 ここまで読んでいただきありがとうございました! saksakcherry.

次の

ポケモンハートゴールド、ソウルシルバーのパーティ鑑定

トゲキッス 朝の日差し

キョダイマックスが使用可能ということで、ラプラスを倒すため&流行しているアイアントの上を取れるメガネサンダースを採用しました。 ラプラスはそこそこ出てきましたが、メガネ持っても全然一撃で倒せない上に 後ろにいるドリュウズ等に交代してくるか、耐えるからそのまま突っ張ってくるかの読みが博打になってしまって安定しませんでした。 サンダースのメガネ型自体があんまり刺さらなかった印象です。 メガネ雷でもダイマックスしたラプラスやトゲキッスは倒せません…。 1700達成の立役者。 スカーフを持つとミミッキュやドリュウズなどイーブイズが重い相手の上を取れるのが偉い。 ダイナックルの威力低下などもあって火力が絶妙に足りないのが惜しいところ。 特性「ちからもち」とかになんねぇかな…。 シャワーズを外してでも使いたかったエーフィ。 絶対PP増やそうな(反映されるのか知らないけどレンタルパーティは増やしたあと登録しました) 型自体はオススメできるのですが、いっそ受けループ対策に特化して甘えるかマジカルシャインを瞑想にしてもいいかもしれません。 というのもブラッキーニンフィアが圧倒的に強いのはわかりきっているので、あと一匹の枠で選ぶ機会が一番多かったという意味です。 タスキ持ちの汎用性が凄まじく、 弱点保険トゲキッスをニンフィアのダイフェアリー+グレイシアのミラーコートで倒すパターンがめちゃくちゃ多かったです。 弱点保険バンギラスが少なくなって、トゲキッスが増えていた環境にマッチしたのかも。 「ダイアイス」で火力が足りない機会より「こごえるかぜ」で勝った試合の方が多かったので凍える風は必須だと思いました。 ただ「れいとうビーム」を撃ちたい場面は多くて、なんなら「こおりのつぶて」を消してもいいのかもしれない。 その過剰火力を相手が予想してこないので、非常に強かった。 なんかもう特攻特化球持ち破壊光線じゃないと「物足りない…」ってなるんだろうなっていうレベル 一つアドバイスしたいのは、このパーティだと初手ダイマックスパターンが多すぎてハイパーボイスを使わない。 絶対サイコショックの方が強かった。 ドヒドイデ多すぎた。 フェアリースキンの仕様上、ダイアタックより破壊光線のほうが火力高いのはご存知の通り。 うそなきは全然使わなかったので他の技でもいいんですが、「ダイウォール」はめちゃ便利なので補助技仕込みたいですね。 このパーティの場合は電光石火使わん気がするし。 万能な「あくび」とか無茶できる「瞑想」とか、ありかもね? イーブイズパーティの総評 基本選出は「ブラッキー・ニンフィア+一匹」です。 やっぱりどう考えてもブラッキーニンフィア強すぎるんですよね。 45試合中、40試合は出てる。 +の枠に相手のパーティを見てという感じで、グレイシア>ブースター>サンダース=エーフィみたいな選出率でした。 エーフィ見てサニーゴは出てきませんが、ドヒドイデは普通に出てきます。 奴はPP枯らしてくる悪魔です。 他、今大会はカビゴンが多くて辛かったです。 黒い霧シャワーズとか居れば確実に泥沼まではいけそうですね。 今のランクバトルでどれだけ戦えるか微妙ですが、ぜひレンタルしてイーブイズライフを送ってみてください。

次の

ポケモンハートゴールド、ソウルシルバーのパーティ鑑定

トゲキッス 朝の日差し

【初めに】 こんにちは、あるふです。 今回はS6にて最高2位、最終8位で終わることができたのでその時使っていた構築を紹介したいと思います。 読みづらい部分もあるかと思いますが最後まで読んでもらえると嬉しいです。 【使用構築】 【構築経緯】 アッキのみを搭載し、回復技と積み技を両立したの詰め性能と立ち回りの幅の広さを評価し構築の起点にした。 や、ミトムなどのスタンパに組み込まれやすくキッスを通すうえで障害となるを適切に削ることのできるあくび残飯とオッカステロを採用し、対面とサイクルから積みによる詰ませを展開できるこの3体を基本選出とした。 アッキッス自身には高耐久に対する崩し性能はあるものの、フェアリー技を切ったこともあり、、パッチラゴンなどが組み込まれたサイクル志向の構築に対して不利を取ってしまう。 そこでそうしたサイクル志向の構築に対して強力な打点があり、加えて相手の切り返しの枠全般にも強めな命の珠を採用。 また相手のに対する切り返し性能が高く、低速で固められたこの構築とのあるを搭載したを採用した。 最後にランクマのモチベーション維持の目的で嫁枠のゲンガーを採用。 高速がいなかったのでゲンガーにスカーフを持たせ、トリックによる崩しやスイーパーの役割を持たせた。 【コンセプト】 ・ゲンガーは1番上 ・柔軟な選出、立ち回りでキッスを通す 【個別紹介】 ・ ゲンガー スカーフ 性格:臆病 特性:呪われボディ 技構成:シャドボ ヘドウェ 10万 トリック :60-x-12-252-4-180 H:16n-1 S:100族抜き C:ぶっぱ HB:特化ドラパ、特化エースバーンの不意耐え 特化の珠影うち耐え 相棒枠。 採用理由は使いたかったからただそれだけ。 できるだけ幅広く選出できるように少し耐久調整を加えスカーフを持たせた。 スカーフトリックで崩しの起点を作ることが主な役割で、ピクシー入のサイクルには特に選出した。 詳しい調整は以下のリンクの単体考察にて 異次元の強さを誇る。 アッキミミ、の流行、終盤のアーマーガアの増加等シーズンを通して環境に刺さっていた。 欠伸とノーマル技は確定では身代わりガルドや身代わりエースバーンへの打点、はバンギ、、への打点やヒトムナットへ一貫を取ることができ、尚且つダイナックルによる単体性能の向上を意識した。 ・ オッカの実 性格:呑気 特性:鉄の棘 技構成:ジャイロ 叩き ウィップ ステロ :252-220-36-x-0-0 A:H振りミトムをウィップで乱1(87. カビナットでステロ欠伸をしながらの一貫を作る。 ・ いのちのたま 性格:意地っ張り 特性:ハードロック 技構成:ロクブラ 炎のパンチ 馬鹿力 :4-252-0-x-0-252 ASぶっぱ キッスが明確に通しにくいパッチバンギヒトム入のサイクルパに選出する駒。 準速にすることでバンギアマガピクシーニンフなどのサイクルに組み込まれやすい駒全般に上から殴ることが可能。 たまに低速のやの上を取ることもできる。 ・ リリバの実 性格:意地っ張り 特性:化けの皮 技構成:じゃれ 影うち 呪い :164-236-108-x-0-0 A:11n HB:ドリュのアイへ耐え S1の流用個体。 相手のダイジェッターに対する切り返しとして採用。 パー全体が低速気味なのでそれと相性のいいを採用しキッス以外での勝ち筋の幅を広げた。 【終わりに】 改めてS6お疲れ様でした! 今期は最高2位、最終8位レート2177と最高順位更新&最終1桁という目標を達成でき、素晴らしい結果でシーズンを終えることができました。 また選出率こそ低かったのですが7世代振りにゲンガーとレート対戦に潜り、最高の結果を出せたことにとても満足しています。 今期はシーズン序盤からほとんど構築を変えておらず、強い構築を使い込めたのがよかったかと思います。 最終日は流れもよくプレイングも冴えていたため2桁から落ちることなく最上位での戦いを楽しめました。 構築だけでなくプレイングにも自信を持つことができたので今後も更に上を目指して頑張って行きたいと思います。 最後に、対戦してくださった皆さん、ここまで記事を読んでくれた方、ありがとうございました。

次の