ラビスタ 霧島 ブログ。 ハイクラス南欧調の館!ラビスタ霧島ヒルズは温泉も超上級!

『大満足の朝食バイキング。』by ***smile*** : ラビスタ霧島ヒルズ

ラビスタ 霧島 ブログ

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 霧島市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 鉄道駅周辺• 観光スポット周辺• 人気のある霧島市の観光スポット• 霧島市の人気カテゴリ• ホテル周辺•

次の

【公式】ラビスタ霧島ヒルズ|共立リゾート

ラビスタ 霧島 ブログ

鹿児島のラビスタ霧島ズに1泊した話の夕食編です。 先日の記事はこちら。 夕食は17:30~と20:00~の回がありますが、チェックイン時に17:30の回が埋まっていたので自動的に20:00の回になりました。 昼食が少し遅めだったので20:00で良かったです。 まずは部屋でのんびりしたあと、大浴場へ! みたいに人がたくさんいなくて、のんびりとを堪能できました。 共立リゾートではこのお凌ぎや夜食の夜鳴きそばのサービスは定番のようですね。 ありがたいです! さて、本題の夕食です。 プールを臨む窓際に案内して頂きました。 ワイングラスに入った柚子にスパークリングワインを注いでいただいて食前酒をいただきます。 を選ぶことも出来ました。 なんかすごいメニューの数々・・! ますはオードブル。 もう見た目が美しいです。 目で見て味わえますね!ホームページのイメージ写真は盛ってなかったですね!(失礼) パスタ この量感がまたいいです。 魚料理風 鹿児島県産黒豚の このほか、パンにスープにサラダもあったうえ、じっくり時間をかけて食事しているのでだいぶ満腹なのですが、お腹に余裕があればご飯とお味噌汁はいかがですか?と尋ねられました。 少量であさりご飯だというので、気づけば「お願いします!」とお答えしていました。 モダンティラミス、苺を添えて デザートも美しいうえに美味しい・・ 以上、ラビスタ霧島ズの夕食でした。 1時間半くらいかけてゆっくりといただき、贅沢な時間を過ごしました。 heionbujiki.

次の

ラビスタ霧島ヒルズに宿泊してきました

ラビスタ 霧島 ブログ

こちらは2018年12月にオープンしたばかりの ヨーロピアンテイストなホテルです。 全室露天風呂(しかも温泉)完備の客室の窓からは桜島が一望できます。 さらにペットも一緒に泊まれるそうです。 ゆったりとしたソファーに大理石?調のテーブルがなんともエレガント! ロビーより南側はガラス張り。 この日はあいにく曇りでしたが、晴天の時は桜島がくっきりと見えるそうです。 庭はしっかりと手入れされていました。 温泉の湯けむりも、モクモクと立ち込めています。 ロビーには無料のドリンクバーあり。 コーヒーマシンとマテェドニアウォーター。 エレベーターホール。 要所要所に、素敵なアートが散りばめられています。 コンセプトはヨーロッパというだけあって さりげなさの中に ヨーロッパテイストあふれるポイントがいくつもあり 雰囲気はバッチリです。 部屋の入口。 シックな雰囲気となっています。 ルームキーはオートロックではなく あえての、シリンダーキー インロックする事はありませんが、閉め忘れにはご注意を! 入ってすぐ。 右手には小さめのカウンター(写真には写っていない) と ウォーターバー 電気ケトルと小さめの洗面。 照明もオシャレ 冷蔵庫も完備 左のドアを開けるとレストルーム。 右の引き出しにはアメニティ ・歯ブラシ ・カミソリ ・くし ・綿棒 ・髪ゴム ・バンスクリップ ・ヘアバンド 左の引き出しには、ドライヤー トイレは TOTOのネオレスト(高級です) シャワーブースもあります。 レストルームは全体的に モザイクタイルでヨーロッパ感を演出しています。 部屋全体はこんな感じです。 ベッドはもちろんフカフカ ベッドの横には1人掛けのソファーが2つ テーブルは1つ ベランダに向け前面ガラス張りとなっております。 南向きの窓は晴れていたらさぞかし眺めも良かったんでしょうね。 加湿機能付きの空気清浄機。 ダイキン製の上質なデザインは部屋のイメージを崩すことなく しっかりと機能を果たしてくれます。 テレビは40インチくらい?(測り忘れた) AVボードの引き出し。 ティーセット&コップ こちらの引き出しには お茶 そして横には 手挽きのコーヒーミル これは珍しいですね。 ホテルでは初めて見ました。 このサービスは嬉しかったですね~ 翌朝 朝焼けのベランダでしっかりとした味わいのコーヒーを頂きました。 こちらはドレッサー 三面鏡付きです。 少し小ぶりですね ドレッサーの横にあるクローゼット バスローブガウン こちらはサムイ?かな? この服装で、ホテル内どこでも散策OKだそうです。 もちろん、レストランも。 この上には、金庫、ハンガークローゼット ベッドサイドには調光式のライト コンセント USBコンセントのベッドの数だけセットされています。 これはこれからの時代のマストかもしれませんね。 ベランダには露天風呂 1人で入るには広すぎるくらいのバスタブです。 この露天は、全室に備え付けだそうです。 しかも、蛇口からは温泉が出るそうな 可動式ウッドパーテーションで 外からの視線も気になりません 外に出るだけで温泉の硫黄の香りが敷地全体を包んでいました。 ベランダ用サンダルも、ちゃんと備え付けられています。 「お湯張り」ボタンは室内に こちらの「足し湯」ボタンはバスタブから届くところに設置されています。 朝食はバイキングです。 どちらもとても美味しかったのですが 朝食のバイキングは他のバイキングとは違い 種類も豊富、どれもおいしそうです。 3回おかわりしちゃいました。 それでもまだ、食してない料理もあり、大満足でした。 オムレツはコックさんが目の前で作ってくれます。 夕食、コースのメニューリスト テーブルセット 夕食、前菜 夕食、メインの前の魚料理 夕食、デザート 飲み物も豊富です。 美味しすぎて赤ワイン、ボトル1本あけてしまいました。 ちなみに、朝4時に入ってみました。 貸し切りでした。 大浴場への通路 突き当りには、貸し切り風呂が3部屋あります。 入ってすぐのパウダーコーナー 全体的にヨーロッパテイスト溢れるホテルですが 大浴場は対照的に「和」を基調としたつくりになっています。 陶器の洗面ボウルが高級感満載です。 水栓もスクエアなデザインで作り手のセンスを感じます。 露天の岩風呂。 広々とした作りで窮屈さは皆無です 庭のライトアップも素敵です。 開放感と安堵感に包まれ露天を満喫しました。 ツボ湯もあり 内湯は大浴場と水風呂、寝湯、打たせ湯、サウナ、ミスとサウナ、岩盤サウナと 豊富なバリエーションで満足感はしっかりと得ることが出来ます。 湯上りどころのテーブル 大きなテーブルにさりげなく置かれた花 照明一つにしても、センスの良さを感じます 湯上りどころには 霧島乳業の紙パック飲料が大量に!(無料です) 霧島牛乳をいただきました。 湯上りに牛乳はマストですね。 ちなみに昨晩はアイスキャンディが置いてありました。 共用廊下には自販機や製氷機も! 1Fのテラスからプールを眺める 奥にはドッグランも常設されており、 朝からワンちゃんを散歩させる方もチラホラ見かけました。 清掃も行き届いており、清潔感も伝わってきます。 夏にはプールもあり、ペット宿泊もOK。 まさに現代のニーズを対応したホテルという印象を受けました。 リピート確定ですね。

次の