コナン ss。 蘭「さぁコナン君、一緒にお風呂はいろ?」

コナン小説「告白」

コナン ss

初めて書きました。 この話は二次創作です。 拙いですか温かく見守ってくださると嬉しいです。 ありきたりの設定で自分が読みたいなっていう自分得な内容です。 以上のことが大丈夫な方は進んでください。 [newpage] [chapter:コナンが逆行しました。 ] [newpage] [chapter:プロローグ] 怒号の声、銃撃の音が聞こえる。 まだ、あの作戦は終わっていないようだ。 みんな、怪我していないだろうか?今のところそんな報告は上がっていないが… 自分の吐く息が大きく聞こえてくる。 「…っはぁ」 傷から血が流れた。 体に上手く力が入らない。 傷がじくじくと痛みだした。 傷口を手で押さえても血は止まらず流れていく。 ゆっくりと息を吐いた。 呼吸するたびに体のあちこちが痛い。 いつの間にか、銃撃の音が聞こえなくなっていた。 傷が深くて動けないコナンにはどちらが勝ったのか分からない。 最善は尽くした。 組織を壊滅させるために様々な機関と手を組んだ。 一つの機関に力が偏ると組織を壊滅できなくなるかもしれないから、作戦はコナンが考えた。 作戦にも穴はなかったはずだ。 うっすらと瞼を開いて自分の身体を見下ろした。 (ハハ、こりゃ死ぬな) 思わず笑いが漏れた。 現に自分の服には、自分のものか敵のものなのか分からない血がこびりついている。 ドクン、ドクンと心臓が鳴る音が聞こえた。 まだ、血は流れ続けている。 「…っ江戸川君!」 灰原の声が聞こえる。 幻聴か? あいつは後方支援のはずだ。 前線に来るなって言ったのに。 「…っ」 灰原が息を呑んだのが分かった。 そんなに酷い状態なのかと内心笑ってしまう。 血は未だに流れ続けている。 「…急いで止血するわ」 だから死んじゃ駄目よ。 泣きそうな表情で灰原はコナンの傷の手当てをしていく。 応急措置は自分である程度はしたが、なにせ自分の身体だ。 手の届かないところは放置していた。 「組織はどうなった…?」 コナンは灰原に目を向けた。 灰原は、此方を見ずに治療をしていく。 「あなたの考えた作戦は成功よ。 …取り逃がした残党はあの人たちが追っているわ」 淡々とした灰原の声がコナンの知りたい情報を紡ぎ出していく。 「怪我人はあなた以外、軽傷よ」 呆れたように灰原は言った。 「そうか…」 コナンはゆっくりと目を閉じた。 「なあ…灰原」 この傷じゃ、もう助からないだろ? 自分の死期を悟った眼でコナンは灰原を見上げた。 瞳には力強い光が宿っている。 「嫌よっ。 絶対あなたを死なせないっ」 だってあなたには待っている人が沢山いるのよ。 ぐっと灰原は唇を噛みしめる。 手はコナンの傷を治療したままだ。 「俺自身のことだ... もう体が限界なのは分かっている」 力なく呟かれたコナンの声に灰原はハッとコナンを見た。 コナンは灰原に告げる。 「俺は多分このまま死ぬのだろう。 だからお前は生きろ」 俺のあとを追うなよ…幸せになれよ。 コナンの意識が遠くなる。 もう死ぬのだろう。 組織に関わった以上死ぬ覚悟はできていた。 案外コナンの生活は楽しかったなぁ。 新一に戻れないことは残念だがそれは、仕方ないことだ。 でも、もし叶うことなら。 救いたかったな、あの人たちを。 周りの景色がだんだんぼやけてくる。 「じゃあな」 コナンの意識が落ちていく。 最後に灰原の泣き叫ぶ声が聞こえたような気がした。 [newpage] [chapter:登場人物] 江戸川コナン 工藤新一 黒の組織を倒すため様々な機関と手を組む。 もちろんコナンが司令塔。 コナンの作戦は無事成功した模様。 怪我人はコナンだけだったとか。 案外コナンとしての生活は楽しかったなぁと死ぬ間際思っていた。 灰原哀 コナンの死ぬ間際に駆けつける。 生きろと言われて死ぬことができなくなった。 その後どうなったのか別でかくかもしれない。

次の

蘭「さぁコナン君、一緒にお風呂はいろ?」

コナン ss

初めて書きました。 この話は二次創作です。 拙いですか温かく見守ってくださると嬉しいです。 ありきたりの設定で自分が読みたいなっていう自分得な内容です。 以上のことが大丈夫な方は進んでください。 [newpage] [chapter:コナンが逆行しました。 ] [newpage] [chapter:プロローグ] 怒号の声、銃撃の音が聞こえる。 まだ、あの作戦は終わっていないようだ。 みんな、怪我していないだろうか?今のところそんな報告は上がっていないが… 自分の吐く息が大きく聞こえてくる。 「…っはぁ」 傷から血が流れた。 体に上手く力が入らない。 傷がじくじくと痛みだした。 傷口を手で押さえても血は止まらず流れていく。 ゆっくりと息を吐いた。 呼吸するたびに体のあちこちが痛い。 いつの間にか、銃撃の音が聞こえなくなっていた。 傷が深くて動けないコナンにはどちらが勝ったのか分からない。 最善は尽くした。 組織を壊滅させるために様々な機関と手を組んだ。 一つの機関に力が偏ると組織を壊滅できなくなるかもしれないから、作戦はコナンが考えた。 作戦にも穴はなかったはずだ。 うっすらと瞼を開いて自分の身体を見下ろした。 (ハハ、こりゃ死ぬな) 思わず笑いが漏れた。 現に自分の服には、自分のものか敵のものなのか分からない血がこびりついている。 ドクン、ドクンと心臓が鳴る音が聞こえた。 まだ、血は流れ続けている。 「…っ江戸川君!」 灰原の声が聞こえる。 幻聴か? あいつは後方支援のはずだ。 前線に来るなって言ったのに。 「…っ」 灰原が息を呑んだのが分かった。 そんなに酷い状態なのかと内心笑ってしまう。 血は未だに流れ続けている。 「…急いで止血するわ」 だから死んじゃ駄目よ。 泣きそうな表情で灰原はコナンの傷の手当てをしていく。 応急措置は自分である程度はしたが、なにせ自分の身体だ。 手の届かないところは放置していた。 「組織はどうなった…?」 コナンは灰原に目を向けた。 灰原は、此方を見ずに治療をしていく。 「あなたの考えた作戦は成功よ。 …取り逃がした残党はあの人たちが追っているわ」 淡々とした灰原の声がコナンの知りたい情報を紡ぎ出していく。 「怪我人はあなた以外、軽傷よ」 呆れたように灰原は言った。 「そうか…」 コナンはゆっくりと目を閉じた。 「なあ…灰原」 この傷じゃ、もう助からないだろ? 自分の死期を悟った眼でコナンは灰原を見上げた。 瞳には力強い光が宿っている。 「嫌よっ。 絶対あなたを死なせないっ」 だってあなたには待っている人が沢山いるのよ。 ぐっと灰原は唇を噛みしめる。 手はコナンの傷を治療したままだ。 「俺自身のことだ... もう体が限界なのは分かっている」 力なく呟かれたコナンの声に灰原はハッとコナンを見た。 コナンは灰原に告げる。 「俺は多分このまま死ぬのだろう。 だからお前は生きろ」 俺のあとを追うなよ…幸せになれよ。 コナンの意識が遠くなる。 もう死ぬのだろう。 組織に関わった以上死ぬ覚悟はできていた。 案外コナンの生活は楽しかったなぁ。 新一に戻れないことは残念だがそれは、仕方ないことだ。 でも、もし叶うことなら。 救いたかったな、あの人たちを。 周りの景色がだんだんぼやけてくる。 「じゃあな」 コナンの意識が落ちていく。 最後に灰原の泣き叫ぶ声が聞こえたような気がした。 [newpage] [chapter:登場人物] 江戸川コナン 工藤新一 黒の組織を倒すため様々な機関と手を組む。 もちろんコナンが司令塔。 コナンの作戦は無事成功した模様。 怪我人はコナンだけだったとか。 案外コナンとしての生活は楽しかったなぁと死ぬ間際思っていた。 灰原哀 コナンの死ぬ間際に駆けつける。 生きろと言われて死ぬことができなくなった。 その後どうなったのか別でかくかもしれない。

次の

【マジキチ】コナンSSの個人的オススメ作品を挙げてく。【注意】 : 帝國速報

コナン ss

服部平次「実はこれ..... 」 遠山和葉「この......... ど変態!!!!!!!!!」 服部平次「和葉ぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」 服部平次「ヤバい.... 和葉にオナニー見られてしもた..... それにしてもあのボケ女余計な時に入って来よって..... どないしよ...... せや!工藤に相談や!!」 ーーー阿笠博士宅 コナン「.......... はぁ?」 服部平次 電話 「だぁかぁらぁ、さっきからゆうてるやろ!和葉にオナニー見られてしもてどないしょーゆう話やがな!!」 コナン「それで博士になにか便利な道具を作って貰おうってか....? 」 服部平次「せやせや!流石工藤や!それや!お前しょっちゅうあの爺さんにおもろい機械作って貰っとるがな!それを俺もやな...! 」 コナン「バーロー.... いくら博士でもそんな道具.... ダッチワイフかよ?」 博士「使い方は自由自在!遠山和葉のありとあらゆる情報を完全コピーしたリアル人形じゃ!!!!!!」 コナン「いつの間にそんなもん作ってたんだよ... 第一そんな道具じゃどうにもこうにも... 」 服部平次 電話 「それや!!!!!」 コナン「え?」 服部平次 電話 「いやそれや!流石爺さんや!!!」 服部平次 電話 「よう考えたら勝手に入ってきよったあのアホが悪いねん!大体男ならオナニーくらい誰でもしとるっちゅうねんボケ!腹たった分その人形で和葉犯しまくったろ!w」 コナン「おめぇ.... 性格悪いだろ..... しかも解決になってねえぜ?」 服部平次 電話 「ほほぅ...? 和葉の人形つこて3pしたないか?」 コナン「...! 」ゴクリ 服部平次 電話 「決まりや爺さん!早速こっちに送ってくれ!」 阿笠博士「ちなみにその人形に与えたありとあらゆる刺激は本人にも同じように伝わってしまうから気をつけるんじゃぞ!」 服部平次 電話 「ほな頼むでー」ガチャ 阿笠博士「くれぐれも悪用するんじゃないぞー」 ーーー服部平次宅 トントン 遠山和葉「お邪魔.... します.... 」 遠山和葉「平次.... いてる...? 」 服部平次「」Zzz 遠山和葉「平次.... よう考えたらな... うちが悪かったな.... 平次かて男の子やもん... 勝手に入ってしもたうちの方が悪いねん..... 」 服部平次「」Zzz 遠山和葉「ほ... ほんでな?平次.... なんか... そういう事したいんやったら... うちが... アホホンナ.... イテモウタラァ.. グゴォォォォォ」Zzz 遠山和葉「?!! あんた.... うちが大事な話してる時に.... !!!もうええ!!!ほんまに知らん!!!!」 遠山和葉「.....? 何やの? このダンボール.... 」 遠山和葉「えらい重そうやな....... 開けてみよ...... 」バリバリ 遠山和葉「えっ......? うち?...... なんで...? 」 遠山「こんなん作れるのは... 東京の蘭ちゃんの知り合いのあの人しかおらへん!!!!!」 遠山和葉「」ピッポッパ ーーー阿笠博士宅 阿笠博士「...... と、いうことなんじゃ」 コナン「全部喋ったのかよ?!」 遠山和葉 電話 「平次....... あのアホォ.....!!!!!!!!!! 」 遠山和葉 電話 「そういうことならお願いがあるねん!!!!!その人形に与えた刺激を平次に伝わるようにできひん?!」 阿笠博士「余裕じゃよ」 遠山和葉 電話 「じゃあお願いやで!!!あのど変態男..... 苦しんだらええねん!!!!」ガチャ コナン「服部の奴.... wそれより博士... 服部があの人形で何しようとしてたかまでは和葉ちゃんに言ってなかったよな?」 阿笠博士「ああ、別にかまわんじゃろ?」 コナン「まぁ... 」 ーーーー 遠山和葉「 せやけど平次... うちの人形で何しようとしてたんやろ... ん?なんや空いとるやないか」 服部平次「あの爺さんもええ加減やのー... !脱ぐで!!」ヌギヌギ 遠山和葉「 平次が気になって見に来てもうた..... うちの人形で何しようとしてるんや...? 」 服部平次「挿れるで.... 和葉ぁ.... やっぱりうちの事..... うちであんなに興奮してるんや... あんたがうちの事そんなに思ってくれてるとは思わんかったわ....

次の