思い出のマーニー レビュー。 思い出のマーニーのレビュー・感想・評価

ジブリアニメのキャッチコピークイズ『風立ちぬ』『思い出のマーニー』も!

思い出のマーニー レビュー

子供の頃からジブリ作品が好きだった。 テレビで映画を見始めたのは、ナウシカとラピュタの影響が大きかったし となりのトトロはDVDも持っていた はじめて女の子とデートして見に行ったのか、もののけ姫。 大好きなのは、魔女の宅急便 原作もたくさん読んでいる。 中でも、ゲド戦記の原作はおもしろかった。 ようするに、ジブリファンだったということです。 本書は、「思い出のマーニー」の原作本 この本を読むと映画の印象が変わってくる 深まる 新しい発見がある。 あらすじを簡単に話すと、 ロンドンからきたアンナは、湖の近くにある湿地の館で金髪の美少女マーニーと出会う という話しです。 このマーニーが今の人ではなく、50年前の人 ラストで自分の祖母であったと明かされるのです。 映画を見ていた時は、マーニーとアンナの交流 過去と現在の交差 不思議なSFという認識だったが・・・ 原作を読むと、かなり印象が違ってくる ロンドンからきたアンナは孤児です。 母が交通事故で死に、世話をしてくれていた祖母も病気で死ぬ ロンドンにいた親切な夫婦の養子となる。 しかし、その夫婦のことを「おじさん」「おばさん」と呼んでいます。 彼女は、自分が養女であることで孤立を感じているのです。 さらに、夫婦はお金を貰っていることも知る。 つまり、彼女からすると、金のために・・・引き取ったとなるのです。 この辺りの少女の孤独を原作本は丁寧に描いています。 そんな孤独な少女が田舎町にやってくる。 そこでマーニーと出会うのでした。 マーニーは祖母なのですから、当然、彼女にだけ見える。 どうして50年前の過去から彼女がやってきたのか。 それは大切な孫への「愛」だと思う。 絶望のどん底にいる孫に対して、この世界には、あなたのことを必要としている人間がいると伝えたかったのです。 それから、祖母は自分のことを孫に知って貰いたかったのかもしれません。 いずれにしても、そこに共通しているのは「愛」です。 こういう見方は映画ではできなかった。 これは不思議な過去と現在を繋ぐSFの話しではなく 孫と祖母の「愛」の物語なのです。 近くに住む性格の悪い女の子や、彼女のことをいつも優しい視線で見守っている彼女の世話をしている夫婦。 湖の無口な漁師の存在が、このメインのストーリーに重みをくわえていきます。 新しく、館に引っ越してきた一家と彼女は親しくなる そこから一気にラストに向かっていくミステリーのような謎解きは すごく楽しい。 映画の内容を忘れていたのもあり、「おーー、そうだったのか」と手をたたきそうになった。 マーニーとアンナの間の会話にこんなのがあります。 >>だって、あなたはあたしの大切な秘密なんですもの。 だから、誰にも話してないの。 これからだって話す気はないし。 もし話したら、せっかくの秘密がだいなしになっちゃうから・・・ この二人だけの秘め事というのが、より一層に互いを引き付ける磁石となるのです。 秘密を共有すると、一心同体のような錯覚を覚えることがあり その心理をうまく作者は利用しています。 マーニーと彼女の関係は、普通の友達以上の関係だと示唆しているのです。 映画では、どうしても2時間にまとめなくてはならないので、原作の絵になるシーンだけをパッチワークみたいに集めてダイジェスト版のようになります。 それでもいいのです。 世界観はきちんと踏襲されているし、魅力は伝わるのですが、もっと深読みしたい。 もっと知りたい時は、原作を読むといいようです。 すると、もっと楽しめます。 わくわくするような別の発見があるかもしれません。 それが原作本読みのだいご味だと思います。

次の

「思い出のマーニー」の映画の感想・評価・レビュー

思い出のマーニー レビュー

夢と現実が交差する、ひと夏の成長物語。 投稿日:2014年7月19日 【賛否両論チェック】 賛:不思議な体験を通して、主人公が少し成長していく様子に感動。 長さもちょうどイイ。 否:ファンタジー要素が強いので、好みはかなり分かれそう。 最初は他人と会話もままならなかった杏奈が、マーニーと出逢ってから少しずつ変わっていき、後半では大分しっかりしていく様子が、巧みに描かれています。 「私は・・・私が嫌い。 」 と閉ざされていた杏奈の心を、幾重にも優しく包み込むマーニーを始めとする登場人物達が、とってもステキです。 そして、最後に明かされる哀しくも温かい真実にも、思わず感動です。 ストーリー自体はかなりファンタジー要素が強くて、現実的な映画が好きな人には敬遠されそうですが、デートでも家族でも安心して観られる万能型映画です。 この夏、是非映画館でご覧下さい。 なかなかの良作 投稿日:2014年7月19日 『思い出のマーニー』を鑑賞。 スタジオジブリ最新作で、監督は「借りぐらしのアリエッティ」の米林宏昌、原作はイギリスの同名児童文学である。 事情があって養父母に育てられた杏奈は喘息の療養を兼ねて夏休みの間、海辺の村に住む養父母の親戚に預けられる。 そこで金髪の少女マーニーと出会い、不思議な体験を通して成長していく物語。 心を閉ざし終始無表情の杏奈がマーニーと出会う事で少しづつ心を開いていく様子は非常に丁寧に描かれており良かった。 物語は終盤まで盛り上がりにはかけるもののその分、最後の最後で大きな感動を産む仕掛けになっている。 杏奈はなぜ養父母に育てられているのか? 杏奈が心を閉ざした原因は? マーニーとは一体何者なのか? 少しづつ謎が明らかになっていく展開はミステリー小説の如く観客を引き込んでいく。 原作を知らない人には決してネタバレしてはいけない類の作品なので書きづらいのだが、もっと話題になっても良さそうな作品である。 公開初日にも関わらずガラガラだったのが残念。 是非とも口コミで広がって欲しいと思う良作である。 ネタバレ出来ない物語の特性からか、予告編やCMを観てもどんな映画かさっぱりわからないなど、宣伝方法に若干問題がある気もするが、映画自体は良作なので安心してご覧頂きたい。 大人になると忘れちゃうけど きっと子供の頃だったら誰もが考えて見てきた世界が この映画の中にはあると感じました。 私もしたことがあります。 きっと、みんなもしてるはず… どこまでが現実で どこからが夢物語なのか 考えたくなる方もいるかもしれませんが あの世界観は、あの世界観のまま 深く掘り下げない方がきっと楽しいと思います。 主人公・アンナの成長ぶりも 素敵だと思いました。 ストーリーも、ジブリらしい。 全体的にジブリらしいのですが… なんか、腑に落ちない部分や現実的過ぎて引いてしまうところがチラホラ…気になる~。 賛否両論、見る人によってかなり評価が変わってくる作品かもしれません。 ジブリ作品それぞれにある大きなテーマも感じられないし、ただただ夢あふれる見ていてわくわくするような物語でもないんです。 感動は、するけど。 ジブリらしい作品なんだけど… なんとなく、ジブリらしくない。 矛盾してるのですが、そんな感想。

次の

優しく切ない感動、ジブリの隠れた傑作『思い出のマーニー』感想・評価・レビュー ※ネタバレなし

思い出のマーニー レビュー

同賞は、映画の普及促進を行う団体としては現存最古の歴史を持つ、米国映画批評会議がその年に公開された優秀な作品・俳優を選ぶ映画賞。 宮崎監督の作品がアニメーション映画賞を受賞するのは、2001年の『千と千尋の神隠し』以来、12年ぶり二度目となります。 そして、来夏には早くも最新作『思い出のマーニー』が公開されるとのこと。 そこで、今回はジブリの長編アニメ全21作につけられた名キャッチコピーを独自に英訳、英文から作品タイトルを答えるクイズにしました。 懐かしいものから最新作まで、みなさんぜひチャレンジしてみてください!! <>内はヒントです。 【1】 A girl's love works miracle. <Hint! : Giant Warrior> 【2】 One day, a Girl has fallen from the Sky... <Hint! : Levitation Stone> 【3】 This strange creature still lives in Japan. May be. <Hint! : Bus in the shape of a cat> 【4】 We decided to survive only by two persons, 4 years old and 14 years old. <Hint! : Sakuma Drops> 【5】 I got depressed but still energetic. <Hint! : Broom> 【6】 I am traveling with myself. <Hint! : Yamagata in 1982> 【7】 Cool guy who lives in own way. <Hint! : Flying boat> 【8】 Even TANUKI do the best. <Hint! : Tama New town development> 【9】 I am falling in Love. <Hint! : Library> 【10】 Live. <Hint! : Big Japanese serow> 【11】 The families in peace are same as the world wishes. <Hint! : Bush warbler> 【12】 There is the city of wonder over the tunnel. <Hint! : White dragon> 【13】 Why not? You could be cat. <Hint! : The kingdom of the cats> 【14】 Two of us lived. <Hint! : Hatter> 【15】 Follow your heart. <Hint! : Ursula Kroeber Le Guin> 【16】 Happy to birth. <Hint! : Brunhild> 【17】 We must hide from human. <Hint! : Under the floor> 【18】 Looking up and go ahead. <Hint! : A mariner's father and a cameraman's mother> 【19】 We must try to live. <Hint! : Aviation engineer> 【20】 The Princess's guilt and punishment. <Hint! : A princess in a bamboo> 【21】 There is a ring of invisible magic in the world. <Hint! : Latest work> いかがですか? 作品タイトルは以下の通りです。 ヒントの Giant Warriorは、巨神兵。 世界を焼き払ったといわれる人型人工生命体です。 【2】 『天空の城ラピュタ』 英タイトル: CASTLE IN THE SKY キャッチコピー:「ある日、少女が空から降ってきた…」 One day, a Girl has fallen from the Sky... ヒントの Levitation Stoneは、飛行石。 シータ が持っていたペンダントの石です。 【3】 『となりのトトロ』 英タイトル: MY NEIGHBOR TOTORO キャッチコピー:「このへんないきものは まだ日本にいるのです。 たぶん。 」 This strange creature still lives in Japan. May be. ヒントの Bus in the shape of a catは、猫の形をしたバス。 つまり猫バスです。 【4】 『火垂るの墓』 英タイトル: GRAVE of the FIREFLIES キャッチコピー:「4歳と14歳で、生きようと思った。 」 We decided to survive only by two persons, 4 years old and 14 years old. ヒントの Sakuma Dropsは、サクマ式ドロップ。 節子の飢えをしのぐために清太が与えていました。 【5】 『魔女の宅急便』 英タイトル: KIKI's DELIVERY SERVICE キャッチコピー:「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。 」 I got depressed but still energetic. ヒントの Broomは、ほうき。 キキはこれに跨がっていました。 【6】 『おもひでぽろぽろ』 英タイトル: Only Yesterday キャッチコピー:「私はワタシと旅にでる。 」 I am traveling with myself. ヒントの Yamagata in 1982は、1982年の山形県。 物語の舞台です。 【7】 『紅の豚』 英タイトル: Porco Rosso キャッチコピー:「カッコイイとは、こういうことさ。 」 Cool guy who lives in own way. ヒントの Flying boatは、飛行艇。 主人公ポルコの乗り物ですね。 【8】 『平成狸合戦ぽんぽこ』 英タイトル: Pom Poko キャッチコピー:「タヌキだってがんばってるんだよォ」 Even TANUKI do the best. ヒントの Tama New town developmentは、多摩ニュータウンの開発事業。 これをきっかけに狸たちは人間たちに抵抗します。 【9】 『耳をすませば』 英タイトル: Whisper of the Heart キャッチコピー:「好きなひとが、できました。 」 I am falling in Love. ヒントの Libraryは、図書館。 主人公の月島雫が頻繁に通っていましたね。 【10】 『もののけ姫』 英タイトル: Princess Mononoke キャッチコピー:「生きろ。 」 Live. ヒントの Big Japanese serowは、大きなカモシカ。 主人公アシタカと常に行動をともにしていた、ヤックルのことです。 【11】 『ホーホケキョ となりの山田くん』 英タイトル: My Neighbors The Yamadas キャッチコピー:「家内安全は、世界の願い。 」 The families in peace are same as the world wishes. ヒントの Bush warblerは、ウグイス。 ホーホケキョということで。 【12】 『千と千尋の神隠し』 英タイトル: Spirited Away キャッチコピー:「トンネルのむこうは、不思議の町でした。 」 There is the city of wonder over the tunnel. ヒントの White dragonは、白竜。 湯屋で働いている少年、ハクの正体です。 【13】 『猫の恩返し』 英タイトル: The Cat Returns キャッチコピー:「猫になっても、いいんじゃないッ?」 Why not? You could be cat. ヒントの The kingdom of the catsは、猫の国。 主人公、吉岡ハルは猫の国の王子ルーンを交通事故から助けました。 【14】 『ハウルの動く城』 英タイトル: Howl's Moving Castle キャッチコピー:「ふたりが暮らした。 」 Two of us lived. ヒントの Hatterは、帽子屋。 主人公のソフィーは、小さな帽子屋でお針子をしていました。 【15】 『ゲド戦記』 英タイトル: Tales from Earthsea キャッチコピー:「見えぬものこそ。 」 Follow your heart. 【16】 『崖の上のポニョ』 英タイトル: PoNyo キャッチコピー:「生まれてきてよかった。 」 Happy to birth. ヒントの Brunhild(ブリュンヒルデ)は、ポニョの本名です。 【17】 『借りぐらしのアリエッティ』 英タイトル: The Borrower Arrietty キャッチコピー:「人間に見られてはいけない。 」 We must hide from human. ヒントの Under the floorは、床下。 アリエッティと両親は、古い屋敷の床下で人間の生活品を借りながら暮らしていました。 【18】 『コクリコ坂から』 英タイトル: From Up On Poppy Hill キャッチコピー:「上を向いて歩こう。 」 Looking up and go ahead. ヒントの A mariner's father and a cameraman's motherは、船乗りの父とカメラマンの母。 主人公、小松崎海の両親の職業です。 【19】 『風立ちぬ』 英タイトル: The Wind Rises キャッチコピー:「生きねば。 」 We must try to live. ヒントの Aviation engineerは、航空技術者。 主人公、堀越二郎の職業です。 【20】 『かぐや姫の物語』 英タイトル:未定 キャッチコピー:「姫の犯した罪と罰。 」 The Princess's guilt and punishment. ヒントの A princess in a bambooは、竹の中のお姫様。 かぐや姫ですね。 【21】 『思い出のマーニー』 英タイトル:未定 キャッチコピー:「この世には目に見えない魔法の輪がある。 」 There is a ring of invisible magic in the world. ヒントの Latest workは、最新作という意味です。 みなさん、いくつわかりましたか? はたして『風立ちぬ』はオスカーを手にすることができるのか、期待が高まります。 アカデミー賞の発表は、2014年3月2日。 プレゼンターが、「Academy Award for Best Animated Feature is 『The Wind Rises』!! 」とアナウンスしてくれることを祈りましょう!.

次の