離乳食 味付け。 離乳食の味付けはいつからOK?バター・砂糖・醤油・塩はいつから?

「離乳食のだし」市販で買える【無添加・おすすめ出汁】まとめ

離乳食 味付け

離乳食の味付けの目安|初期・中期・後期・完了期の調味料の種類や量 離乳食の味が嫌で食べない時は、調味料の力を借りて味付けすると食べてくれやすくなります。 離乳食が進んでも食べないため時のために、段階別に使える種類や量を知っておきましょう。 離乳食の味付けで気を付けるもう一つのポイントは計量の仕方です。 大人の料理を目分量で行っている人は特に注意が必要。 離乳食を味付けする時は面倒でも 調味料を正確に計量して加え、食べる前に味見をして薄味に仕上がっているかを確認してください。 離乳食初期(生後5、6ヶ月)の味付け|塩・砂糖・油脂はまだ使えない 離乳食をスタートしたばかりの初期1ヶ月目は、調味料を使用できません。 まずは素材の味を感じられるように、味付けせずに慣らしてあげましょう。 赤ちゃんが離乳食をある程度食べ慣れてきて、下記の調味料を使用できますが、調味料は手作りか無添加、ベビーフードを選びましょう。 離乳食初期に味付けOKな調味料• バター・油類 1回0~1gまで) 基本的に使う必要なし。 使う場合は初期後半からとし無塩バターを選ぶ• 昆布だし、野菜だし 昆布、野菜からとっただしを薄めて使用する• ベビーフードのコンソメやだしの素、中華スープの素 メーカーの表記に従い使用する 離乳食初期は食材と体の相性を確認し、離乳食中期以降に食べられる食材を増やすための大切な時期。 特にママやパパに体に合わない食材がある場合、新しい食材を慎重に進める必要があるため、 味付けよりも新しい食材の味そのものの体験が大切です。 もし離乳食を完食しなくても、離乳食初期は食後のミルクで不足する栄養を補えます。 ただし母乳の場合はママが自分の食事で授乳中に必要な鉄分などの栄養を、バランスよくしっかり摂ってください。 また離乳食初期は 一口食べて吐き出すから「この味が嫌いなんだ」と決めつけないで!赤ちゃんの嗜好は変わりますし、同じ味の離乳食でも舌ざわりや大きさ、食感などを変えるとペロリと食べる子が多いです。 離乳食のスプーンを口の中に突っ込んで食べさせることも、赤ちゃんが食べなくなる原因になります。 反射的で吐き出したり食べなくなったりするため、 スプーンは下唇に乗せるだけにし、自分で上唇を使って食べさせるように与えましょう。 離乳食中期(生後7、8ヶ月)の味付け|砂糖・塩・バターを使えるけどできれば控えて! 離乳食初期の味付けに比べると、中期の後半からは使える調味料の種類が増え、色々なメニューや調理法に挑戦できるようになります。 ただし赤ちゃんの発達には個人差があるため、内臓の負担を考えると 調味料はできることなら使わないのがベスト。 味付けをする場合は使用量に十分注意して薄味を心がけてください。 離乳食中期に味付けOKな調味料• バター・油類(1回2~2. 5gまで) できれば控えましょう• 砂糖(1回2〜2. 5gまで) 甘味は果糖が含まれる果物やサツマイモ、カボチャ等でプラス。 ヨーグルトは砂糖なしを選ぶ• 塩(1回0. 1gまで) 出来る限り使わない• かつおだし かつお節からとっただしを薄めて使用 バターや砂糖、塩が使えるようになりますが、前述した「油分」「甘味」「塩分」が含まれているので赤ちゃんには良い調味料ではありません。 使う時は意識してください。 またマーガリンには近年有害性が指摘されるトランス脂肪酸が含まれているため、赤ちゃんの離乳食にはおすすめできません。 離乳食後期(生後9~11ヶ月)の味付け|同じ油でも動物性のラードは与えないで! 離乳食後期になると味付けに油など色々な調味料が使えますが、動物性のラードは体に負担がかかるため植物性の油を選び、揚げ物は油を多く使うため控えて下さい。 また母やミルク、ほとんどの食材に塩分が含まれているため 塩を使う味付けは基本的に不要。 一つの料理に複数の調味料を使わず、一つだけにしましょう。 離乳食後期に味付けOKな調味料• バター・油類 1回3gまで) 油は植物油を選ぶ。 オリーブオイルがおすすめ• 砂糖(1回3gまで)• 塩(0. 1g~0. 3gまで) 9ヶ月0. 1g、10ヶ月0. 2g、11ヶ月0. 3gまでが目安。 使わないのがベストだが使う時はごく少量• ごく少量を風味付け程度に• みそ だし入りでない無添加のみそを使用。 大人用の味噌汁の取り分けは上澄みを2~4倍に薄める• トマトケチャップ 1回3gまで) 出来ればトマトケチャップよりトマトピューレやトマトジュースが望ましい の一つは、手づかみ食べできるメニュー。 赤ちゃんが自分の手で食べることに興味を持ち始める時期なので、手でづかみしやすいメニューにして食欲を掻き立ててください。 よく食べる赤ちゃんの場合は食事と共に調味料の量も摂りすぎてしまいがちなので、して、芋やバナナなど調味料を使わないおやつや水分の量で食欲を調整しましょう。 離乳食完了期(生後12~15ヶ月)|マヨネーズやハチミツの与え始めは気を付けて! 離乳食完了期は 必要な栄養の80%を離乳食から摂れるのが理想ですが、一度に多くの量を食べられないので3回の食事に加えて午前・午後の2回のおやつを与えます。 離乳食期のおやつは市販のビスケットなどが便利ですが、味付けの面では果物やサツマイモなど調味料不使用の軽食、牛乳などがおすすめです。 ため常備しておくと手軽に空腹を満たせます。 離乳食完了期に味付けOKな調味料• バター・油類(1回4gまで) 1歳を過ぎると揚げ物も食べられるが、頻繁になり過ぎないように注意• 砂糖(1回4gまで)• 塩(0. 4〜0. 6gまで)• マヨネーズ(ごく少量) 生卵を使用しているため初めはしっかり加熱してから与え、離乳期や幼児期は少量にする• はちみつ 必ず1歳を過ぎてから与える!1歳以降も離乳期はごく少量 マヨネーズは油、生卵黄、酢が主原料です。 油や生ものは完了期にあまり与えたくないので、ごく少量にしたり、 手作りマヨネーズで油や塩分の量を減らすなどの工夫をしましょう。 離乳食の味付けを薄くする理由|赤ちゃんはどんな悪影響を受ける? 離乳食の味付けをしない、もしくは薄味にする理由は、赤ちゃんの健康や発達に悪影響を及ぼす恐れがあるためです。 時期や量にもよりますが離乳食に味付けをすると、赤ちゃんはどのような悪影響を受ける恐れがあるのでしょう。 塩分の摂り過ぎは命の危険をもたらす 赤ちゃんの体は大人に比べるとかなり未熟。 塩分を摂りすぎると体に負担がかかり、量によっては命を危険にさらす危険性があります。 2015年に盛岡市の認可外保育施設で元経営者が1歳児に過剰な塩を与えて命を奪ったとされる事件が発生していますが、朝日新聞によると 1歳児なら5~6g(小さじ1杯)で亡くなる恐れがあります。 食塩以外の調味料にも塩が含まれた商品は多く、野菜や米、魚や肉などほとんどの食材にはナトリウムが含まれているので、離乳食の味付けでは塩分量に特に注意が必要です。 ナトリウムを2. 5倍した量が塩分量なので、離乳食に全く味付けをしなくても塩を食べているような状態になります。 「1歳で4gまでは塩を与えても大丈夫」「夏場は塩を多めに与えた方がいい」などの誤った捉え方をしないように注意してください。 離乳食が進むと少しずつ調味料を使い始めますが、毎回正確な塩分量を計算するのは大変なので、大人が食べて美味しいかどうかではなく赤ちゃんの健康を守れる薄味の離乳食を作りましょう。 味が薄い食事を食べられなくなる 離乳食時期に塩気の強い濃い味付けを覚えさせると、「味付けしないと食べない」「塩分の濃い食事ばかりを好む」など嗜好が偏り、将来的にも食生活に弊害が生じる恐れがあります。 農林水産省のHPによると 砂糖・油脂・かつおダシの3つは多くの人をやみつきにする特性があります。 そのため離乳食に砂糖や油を使ったかどうかは子供の施行にあまり関係ありません。 一方 塩は旨味を強める作用があるため、離乳食で濃い味に慣れた赤ちゃんは薄味だと旨味を感じにくく、物足りなくなり生涯濃い味付けの食事ばかりを求めるようになる恐れがあります。 生活習慣病になるリスクが現在だけでなく生涯高くなる 離乳食期に塩分や糖分、脂肪分などを過剰に摂取すると、子供の味覚が偏り偏食になりやすく、小児期や成人してから生活習慣病になるリスクが高まります。 大人がかかる病気と思われがちですが子供でもなることがあり、昔に比べてという調査結果もあります。 子供はまだ体が未熟なので大人と同じ味付けだと悪影響を受けやすいです。 離乳食の段階から味付けには十分に注意しましょう。 赤ちゃんは味付けした離乳食が好き?新生児は塩気が嫌い! 味の素株式会社が行った赤ちゃんの味覚の研究結果によると、個人差はありましたがミルクを飲ませていた 新生児に食塩水を飲ませたら「ギャー」という顔をしたそうです。 一方砂糖水を飲ませたら満足そうな顔をしたので、体に害の強い塩分から反応したと考えられます。 また、離乳食が始まった赤ちゃんの嗜好の調査では、離乳食で甘い食べ物を与えている場合は甘い離乳食を、塩分が多い食べ物を与えている場合は味の濃い離乳食を好むと結果となりました。 灯油や洗剤の誤飲があるように、基本的に赤ちゃんにはどんな食べ物でも受け入れる能力があり、日々味覚の学習をし続けていると考えられます。 初期に食べなかった食材を久しぶりに与えたらペロッと食べるケースも少なくありません。 赤ちゃんに限らず人間の脳は楽しい記憶とその時に食べた食事の記憶が一緒になるため、食事中の雰囲気が楽しければ「これは美味しい」とインプットされることも。 離乳食を食べないからと味付けを濃くして完食させようとせず、舌ざわりや大きさ、硬さ、香りの強さなどを再確認すると共に、楽しい雰囲気の食事を経験させて食欲が増すように心を育てましょう。 離乳食を味付けなしでも食べたくなる5つの技 今まで喜んで食べていたのに急に食べなくなったり、なかなか離乳食を食べる量が増えなかったりすると、ママも味が薄いから美味しくないのかしらと思ってしまいがちです。 ただ、早い段階で濃い味になれてしまことは、赤ちゃんにとつても良いことではありません。 離乳食の味付けなしでも赤ちゃんが食べてくれる技を紹介しますので、試してみてください。 1だしを使用する。 だしは、一度に沢山作って製氷皿などで小分けにして冷凍しておくと便利です。 だしを作る時間がないという方は、離乳食用の薄めで安全なだしの素が販売されているので、そちらを利用するのも良いでしょう。 ただし、 スーパーに売られている大人用のだしの素はNGです!大人用のだしの素には添加物だけでなく、塩分も含まれていますので、離乳食期は手作りかベビー用のだしの素で離乳食の味付けをしましょう。 野菜や魚・肉類の味付け以外に、茶わん蒸しや大人の料理を取り分けした時の味を薄める時などにも使えるので、だしは、離乳食の強い味方です。 植物性と動物性を合わせると、旨みがアップしますので、野菜にはかつおだし、肉や魚には昆布だしなどと使い分けると、離乳食がさらに美味しくなります。 2野菜スープを使用する 和風だしと共に離乳食期に活躍するのが野菜スープです。 鍋で野菜を柔らかく煮た時にでる汁を小分けにして冷凍庫にストックしておきましょう。 野菜スープを作る際は、出来るだけ新鮮な野菜を選びましょう。 お粥をたまには、野菜スープやトマトで煮て洋風にしてあげると、赤ちゃんも喜ぶかもしれません。 野菜スープは、パン粥やスパゲッティなどの洋食メニューの味付けにピッタリなので、離乳食のレパートリーが増えます。 3新しい食材にチャレンジしましょう いつも同じ食材ばかり食べていると、赤ちゃんも飽きてしまいます。 新しい食材やメニューを積極的に取り入れていきましょう。 野菜や果物は、旬のものをできるだけ食べさせてあげましょう。 4とろみをつける 赤ちゃんはパサパサした食感を好まない傾向にあります。 片栗粉やヨーグルト等でとろみをつけると食べやすくなるので、魚や肉をちっとも食べないと感じる時はぜひ試してみてください。 厚生労働省のガイドでも離乳食を手作りする際はベビーフードが参考になると推奨していますので、とろみや味付け、食材の大きさなどをスタート時やステップアップの際に確認してみるとよいでしょう。 5調味料以外で風味づけする 離乳食の味付けは、調味料以外のものでも可能です。 海苔やです。 海苔は、塩やしょうゆの代わりとして、きな粉は、砂糖の代わりとして使用するとよいでしょう。 ただし。 味付け海苔は塩分が濃いため、離乳食には不向きです。 大きい海苔を与えると、のどに張り付いて窒息の恐れがありますので、必ずちぎってから与えましょう。 くりごはん 31歳 A新鮮な地元野菜のおかげです 結婚するまで料理を殆どしたことが無かった私は、長男の離乳食作りには本当に苦労しました。 初めのうちは離乳食のレシピ本を読みながら料理していたので、時間がかかり作っている最中に長男の機嫌が悪くなることもしばしばありました。 ただ、助かったのは、近くに地元野菜を販売しているお店があったことです。 新鮮なお野菜の味は、赤ちゃんにもわかるようで、1歳を過ぎる頃まで味付けを殆どせずに食べてくれました。 離乳食は、味付けより素材選びが大切ではないかと思います。 薄味でも、素材の旨味が感じられたら赤ちゃんも食べてくれるのではないでしょうか。 おかげで長男は味に敏感な子に成長し、お米の品種を変えるとすぐに気付くほどです。 あまやどり 28歳 A圧力鍋が大活躍! 娘を出産した際に先輩ママから、「離乳食作りに絶対便利だから!」と圧力鍋を出産祝いにプレゼントして頂きました。 今まで圧力鍋を使ったことがなかったので、初めは不安でしたが使ってみると意外と簡単で安全でした。 野菜やお肉を食材の旨味を逃さずに、素早く柔らかく調理できるので、本当に助かりました。 また、圧力鍋で野菜を煮た時に出る煮汁は、とても濃厚で、離乳食の味付けの野菜スープとして大活躍!娘は、野菜スープでマカロニや野菜を煮た料理が大好物でした。 離乳食は薄味が基本ということなので、味付けは殆どしませんでした。 途中、食が進まない時もありましたが、味を濃くすることはせず、手掴みできやすい形にしたり、お皿を変えてみたりと工夫して乗り切りました。 かきのたね 36歳 A兄弟逆転!? 長男の時は、育児書を読みながら離乳食作りをしていましたが、次男の時は、かなり適当になってしまっていました。 調味料も目分量で加えていたり、早くから大人の料理を取り分けしていたりという具合で、いつの間にか離乳食期間が終了していました。 すると次男はいつの間にか濃い味を覚えてしまっていたようで、長男が「塩辛い」と言って食べないインスタントラーメンを、次男は平気で食べてしまいます。 やはり、離乳食期にきちんと薄味のものを食べさせるのが大切だと痛感しました。 今、3人目を妊娠中なので、次は、きちんと素材の味を大切にした離乳食作りをしたいと思っています。 エリンギを使った離乳食完了期のおすすめレシピ エリンギとささみのドリアのレシピ 材料:軟飯50g、クリームソース大さじ2杯、鶏ささみ肉10g、玉ねぎ10g、エリンギ10g、粉チーズ少量• 鶏ささみ肉は電子レンジで加熱し、みじん切りにする• エリンギは柔らかい先端部分を使い、皮をむいた玉ねぎとともにみじん切りにしてから電子レンジで火を通す• クリームソースに1、2を入れ、よく混ぜておく• アルミカップや耐熱容器に軟飯、2の順に入れ、粉チーズをふりかける• オーブントースターで5分程度焼いたら完成です 子育て4コマ漫画:離乳食の味付けは薄味を守るべし! 離乳食の味付けは赤ちゃんが食べないと気になりがちですが、大人でも若い時と中年、高齢者の嗜好が違うように、赤ちゃんもママやパパとは違います。 実際これまで食べなかった食材を、永岡さくら(saku)さんの子育て4コマ漫画のように、離乳食の味付けを変えたら食べるようになったという子も多いです。 遊び食べや好き嫌いが激しくなる中期後半からは、離乳食の味のバリエーションを増やすことも大切です。 ので、赤ちゃんが大きくなってきて好き嫌いに悩んだら利用してみるとよいでしょう。

次の

生後9ヶ月の離乳食。味付けはいつからか|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食 味付け

1歳になったばかりの離乳食についてですが、 ほとんど毎日醤油ばかりです。 野菜、お肉、お魚の中から5種類くらい組み合わせて煮て2種類作っているのですが、 ほぼ毎日昼食と夕食2回とも醤油ばかりです。 味の濃いものを使ったときは味付けはなしでもいけるのですが、 人参やなすやレタスなどでは味付けしないと嫌がります。 なので結局醤油をたらします。 その量ももしかしたら多いのかもしれません。 時にはそれに砂糖もほんのちょっとだけ入れます。 他にどんな調味料を使っていますか? コンソメもたまに使いますがたくさん入れないと 味が付かないのであまり使っていません。 1歳1ヶ月の娘がいます。 赤ちゃんにとって、塩分はかなり内臓の負担になるそうです。 醤油は塩と同じ、と考えるそうです。 塩はただでさえ、うどんやパンやパスタにも含まれているので、調味には使わないぐらいの方がよい、と習いました。 離乳食の本に、時期別の目安量(食事1回分につき)が載っていたのですが、1歳~1歳3ヶ月までは 塩・・・0.1グラム以下 醤油・・・0.7ml以下 みそ・・・0.8グラム以下 砂糖・・・4グラム以下(小さじ1と1/3) バター(無塩がおすすめ)・・・4グラム(小さじ1) 植物油・・・小さじ1 マヨネーズ・・・4グラム以下 とのことです。 醤油の量は小さじで見ると、1/3あるかないかぐらいです。 なので、6~7滴は少し多いかもしれませんね。 私自身濃い味が大好きで、離乳食の味見をするとほとんど味を感じないぐらいなのですが、それで十分のようです。 うちはあとケチャップも少しだけ(小さじ半分ぐらい)、チキンライスなどに使います。 大人用の市販のコンソメは、塩分だけでなく化学調味料も使われているので、ベビー用の野菜スープを使います。 ベビー用の調味料は、初期の頃から活用していました。 和風だし、ホワイトソース、野菜スープなど、今でも重宝しています。 おダシの成分、「うまみ」がないので、美味しく感じないのではありませんか? 簡単なのは、大人の食事から取り分ける方が断然楽ですよ。 お味噌汁は一番簡単な方法ですね。 離乳食期は、ダシをしっかりとって上げてください。 それだけでも味付けが随分減らせます。 そして、具沢山にすると、素材そのものからうまみが出て、 それだけでも美味しいスープになります。 それでも味が薄かったら、大人が美味しいと感じる半分くらいのお味噌を入れて、まずは離乳食分だけ取り分けます。 そして、大人用に残り半分の味噌を加えれば良いのです。 豚汁でも良いし、シチューなんかも同じ方法で行けますよ。 (味はこちらの方が落ちます。 ) コンソメの味が付かない、、、と仰ってましたが、ウチではお鍋いっぱいにスープを作っても、 コンソメキューブ1個しか使わないですよ。 圧力鍋を使うんです。 圧力鍋ですと、野菜の味がグンと出て、 コンソメキューブ1個でも、野菜の甘さ、うまみが溶け出していて、凄く美味しくなります。 タマネギもトロトロに煮えるし、にんじんもにんじん臭さが抜けて食べやすくなります。 出来ればジャガイモを一緒に煮てやると、より美味しくなります。 圧力鍋を使う場合は、野菜を大きく切って下さいね。 溶けちゃいますから。 もし、圧力鍋が手元になければ、煮えにくい野菜をあらかじめレンジで加熱して下さい。 それから火にかければ、短時間で柔らかく煮えあがります。 圧力鍋は、離乳食にも、これからの寒い時期にもとても便利です。 慣れるまで、ちょっと怖いかも知れませんが、それなら保温鍋もあります。 どちらも加熱時間が短くて済み、ガス代の節約にもなりますので、 興味がおありでしたら、この機会に検討してみるのも良いかも知れませんよ。 最後に和風のダシですが、ダシをとるのが面倒なら、煮干の粉末状のものを買って使うと良いですよ。 ウチは、これが子供たちに大うけで、そのまま味噌汁に入れて、(漉さなくて良いです。 気になる人は漉します)食べます。 カルシウムも取れて一石二鳥です。 じっくり煮たものと材料だけ軟らかくして味だけつけるのでは 違うなぁとゆうのは感じていました。 大人のとりわけが楽ってみんなに言われるのですが、 私の場合逆に面倒な気がするんです。 時間帯も子供の方が早いので(同じ時間まで待てない)先に作ってしまったら大人が食べる時にまた温め直さないといけない手間と、 煮物はいいですが、炒め物のときに多少シャキっととした食感の残った野菜は小さく切って軟らかくゆで直さないといけないですよね? 結局自分が面倒くさがってるだけなんですよね…。 ちなみに野菜をハート型に切っても全然喜ぶ気配もないですね…。 会社終わってバタバタとご飯の支度を始めるので 余裕もないと思います。 Q 娘は、好き嫌いがあまりなく、比較的何でも食べてくれます。 ただ、私が料理が苦手なため、レパートリーが少なく、 毎日同じような献立になってしまいます。 ちなみに、昨日は、 朝 チーズトースト1枚、卵焼き、いちご(またはバナナ) 昼 ふりかけご飯、ウィンナー、湯豆腐 夜 うどん、野菜炒め でした。 毎日、こんなような感じになってしまいます。 育児雑誌などを見ると、「1歳過ぎると取り分けてあげれるので、楽です」とか書いてあるのですが、 自分がうどんを食べる時くらいしか、取り分けが思いつきません。 お昼に、自分はスパゲティを食べる事が多いのですが、いつもトマトソース系のパスタを 食べるので、子供は食べれれないだろうから、 結局子供の分だけ別に作るか、ベビーフードを利用してしまいます。 また、夕食がカレーやマーボー豆腐の場合も、 子供の分だけ別に作るか、ベビーフードになってしまいます。 なるべく、手作りの物を食べさせてあげたいのですが、 なかなか取り分けがうまくいきません。 同じくらいの年齢のお子さんをお持ちのかた、 良い方法があれば、教えて下さい。 よろしくお願いします。 娘は、好き嫌いがあまりなく、比較的何でも食べてくれます。 ただ、私が料理が苦手なため、レパートリーが少なく、 毎日同じような献立になってしまいます。 ちなみに、昨日は、 朝 チーズトースト1枚、卵焼き、いちご(またはバナナ) 昼 ふりかけご飯、ウィンナー、湯豆腐 夜 うどん、野菜炒め でした。 毎日、こんなような感じになってしまいます。 育児雑誌などを見ると、「1歳過ぎると取り分けてあげれるので、楽です」とか書いてあるのですが、 自分がうどんを食べる時くらいしか、取り分けが思い... A ベストアンサー こんにちは。 1歳3カ月の娘がいます。 取り分けですが、味が濃いものは薄める、歯茎で噛めないものは柔らかく煮直すか細かく砕く、生ものは2歳過ぎてから、消化の悪いものはあげない、くらいを守ればたいていの大人の食事は取りわけられますよ。 カレーですが、カレールーを入れる前の段階の野菜は取り分けられます。 1歳を過ぎれば多少の油分も平気です。 この野菜たちを少量のケチャップと和えてもいいし、私は出来上がったカレーにお湯を入れてカレールーを洗い流して食べ出せました。 マーボー豆腐は取り分けが難しいですが、豆板醤を入れる前に豆腐とひき肉を取り出して小鍋で少量の味噌を入れて煮たりとか。 取り分けで一番いいのはお味噌汁です。 野菜を3種類くらい入れて、豆腐も入れて、わかめやお麩なども入れて具だくさんにして、子供に食べさせるときは2倍から3杯くらいに薄めればいいです。 スパゲッティミートソースなら、市販のだと塩分が濃いですが、手作りなら塩加減も調節できるし、お料理の基本で塩は出来上がり直前に入れるのでその前に取り出してしまえばいいです。 ミートソースなどトマト系の味付けは子供も好みます。 スパゲッティも柔らかく煮込んでしまえば食べられます。 別メニューって1歳すぎの子だと大人のを真似してみたいはずですから。 おでんだとはんぺん、大根、じゃがいも、卵なんかがいいと思います。 つゆが染みてしまって濃いので、おでんのつゆは混ぜないように。 シチューだと薄めるだけで取り分けられるので便利ですよ! コロッケやてんぷらも衣を外せばいけますし、多少衣を食べさせても大丈夫です。 ハンバーグも焼いた後に少し煮直して柔らかくすればいいです。 うちの子は幸いなんでも食べてくれますが、まだ奥歯が生えていないので固いと出してしまいます。 ヌードルカッターでつぶしたりしています。 私もそんなにお料理が得意ではありませんが、野菜3種類以上、炭水化物1種類、たんぱく質1種類を頭に置いて、なるべくバランスの良い食事になるように頑張っています。 うちの子は便秘気味だったので食物繊維をたくさん取ること、水分補給の意味で野菜ジュースを3倍から5倍くらいに薄めて飲ませています。 朝はそれと食パン一枚、ヨーグルト70g、バナナ1本です。 お昼はご飯130gくらい、晩の残りか、冷凍ストックしてある野菜類を耐熱ボウルに入れてチンして、調味料をほんの少し入れて食べさせています。 おやつはバナナや果物、牛乳が多いです。 夕食はなるべく取り分けできるような献立にして、いちいち作らなくてもいいようにしています。 お腹を壊さない程度の物ならもう食べさせてもいい頃ですので、冒頭に書いた、薄める、柔らかくする、刻むということをすればそんなに考え込まなくても大丈夫ですよ! こんにちは。 1歳3カ月の娘がいます。 取り分けですが、味が濃いものは薄める、歯茎で噛めないものは柔らかく煮直すか細かく砕く、生ものは2歳過ぎてから、消化の悪いものはあげない、くらいを守ればたいていの大人の食事は取りわけられますよ。 カレーですが、カレールーを入れる前の段階の野菜は取り分けられます。 1歳を過ぎれば多少の油分も平気です。 この野菜たちを少量のケチャップと和えてもいいし、私は出来上がったカレーにお湯を入れてカレールーを洗い流して食べ出せました。 マーボー豆腐は取り分... Q いつもお世話になっております。 もうすぐ1歳6ヶ月の息子の母親です。 タイトル通りなのですが、市販のコンソメや鶏がらスープの素、だしの素はいつから使っても良いのでしょうか。 そういうのって育児書みたいなものに示されているのでしょうか。 我が家では現在は息子の食事には上記のものは一切使っていません。 大人用の食事には和風だしもだしをとったりせずだしの素を使ってしまっています。 使わないに越したことはないのでしょうが、結構大変なのでそろそろ使ってもいいのかな、でもまだかわいそうかな、といろいろ考えてしまいます。 育児書のようなものでそういう記述を見たことがある方、教えていただけますか。 または、「うちはこれくらいから使ってるよ。 」、「うちはこれくらいになるまでは使わないよ。 」というようなご意見をお聞かせいただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんばんは! 離乳食のころを思い出してなつかしい気分になりました。 「だしの素」は、確かに塩分が多いので、赤ちゃんには使わないように! と育児書にはありますが、じゃあいつまで? と思いますよね。 私は、大人からの取り分け前は、ベビーフードのだしの素を使ってました。 ピジョンベビーフード 和風だし 明治ベビーフード 赤ちゃん村シリーズ コンソメ・和風だし 等です。 これなら、子供用だけ作るときには楽にできます。 大人用の取り分けは1歳過ぎから始めました。 そのときは、市販のだしの素を使った料理をベースに、 味噌汁ならちょっとお湯で薄めたり、 ミートソースなら野菜を煮込んでコンソメ入れる前に取り分けて、 うすーく味付けしたり、してました。 でも、せいぜい1歳3ヶ月ぐらいまででした。 アバウトなので。。。 あまりお役に立てないかもしれませんが、参考までにどうぞ。 Q こんにちは、生後9ヶ月の母親です。 離乳食について質問させてください。 私は週末に10種類位の野菜やお肉をゆがき冷凍して、それを組み合わせて与えています。 一週に2,3品は新しい素材のものも用意しておきます。 でも味付けをせず、鶏やさつまいもやバナナなど味の強いものを野菜に ちょっと混ぜて終わりです。 メニューというのもなく お野菜のこの組み合わせだったら美味しいかなぁと思うものを選んだりする位です。 時間がないというのもありますが、素材の味を楽しんで欲しいという気持ちからです。 現在離乳食を1回で分量はおかゆ30g野菜20gお肉5g~10gを2回で小食ぎみです。 成長過程はとてもよくて身長も体重も健康そのものです。 でもベビーフードで手作りママ応援など宣伝を見ると 私の離乳食では子供が不憫なのではと疑問がわきました。 私のような与え方で将来的に何か問題になったりするのでしょうか? どなたかご存知でしたら教えてください。 どうぞよろしくお願いいたします!! Q もうすぐ1歳になる息子がいます。 順調に離乳食も食べてくれるのでそろそろ完了期へ進もうと思っています。 お昼はパンや麺類などご飯以外のものを食べさせることが多いのですが、麺類の1回量はどれぐらい与えればいいのか分かりません。 パクパクと食べちゃって、ご飯よりも物足りなさそうなんです。 1回の量はどれぐらいなのか載っているサイトやご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。 ちなみにご飯は軟ご飯80~90グラム食べます。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 基本的には「お子さんが食べる量だけ」というのが大前提ですが・・・。 それでも全く目安がないと「我が子は多すぎ?」とか「少なすぎ?」とか、不安になりますよね。 私は、離乳食に関しても、幼児食に関しても本を買って量や形態などだいたいのことは参考にして進めていました。 もうすぐ1歳でしたら、「幼児食」について書かれている本を1冊買ってもこれからの参考になると思いますよ。 (私の持っている幼児食の本は離乳食完了期からのことが書かれています。 ) それによると、「1~2歳代の目安量はご飯なら子供用茶碗1杯分、パンなら8枚切り食パンが1枚、茹でうどんなら1/3玉」だそうです。 本を買うよりも手っ取り早くというのでしたら、こんなサイトも見つけました。 和光堂のホームページに12~18ヶ月の離乳食の目安というPDFファイルがありました。 いきなりPDFを参考URLに貼り付けるのも気になりましたので、こちらのページの下の方からアクセスしてみてください。 wakodo. wakodo. html 基本的には「お子さんが食べる量だけ」というのが大前提ですが・・・。 それでも全く目安がないと「我が子は多すぎ?」とか「少なすぎ?」とか、不安になりますよね。 私は、離乳食に関しても、幼児食に関しても本を買って量や形態などだいたいのことは参考にして進めていました。 もうすぐ1歳でしたら、「幼児食」について書かれている本を1冊買ってもこれからの参考になると思いますよ。 (私の持っている幼児食の本は離乳食完了期からのことが書かれています。 ) それによると、「1~2歳代の目安量はご飯... Q 今日、1歳半健診があり行ってきました。 事前のチェック項目の備考欄に「とにかく落ち着き無く動き回る子です」という感じの事を記入していました。 そして息子の健診になったのですが、案の定落ちつきく動き回っていたので、保健士さんに「断言はできませんが、多動の疑いが有ると言えます」と言われ、療育センターの案内をもらいました。 私は成長がゆっくり目な息子を心配して、1歳健診、1歳3ヶ月健診と、かかり付けの小児科で受けていて、そのどちらでも「成長はゆっくりだが、自閉症等の問題は見受けられない」と言われていました。 でも、ここにきて「多動かもしれない」との保健士さんの言葉。 もう、頭を何かで殴られた感じでした。 息子の事ですが 首座り5ヶ月、寝返り7ヶ月、腰座り8ヶ月、とここまでは成長がゆっくりでした。 ですが、つかまり立ち10ヶ月、一人歩き12ヶ月、と順調に成長し、今では走り回っています。 言葉は「ママ、パパ、ブッブ、クック(靴)」、バイバイやパチパチ、指差し、積み木を積む、は健診でもできました。 目もしっかり合うし、良く笑うし、健診当日も「いないいないばぁ」と言いながら保健士さんにして見せていました。 (涙が出るほど嬉しかった!) 本のタイトルを言えばその本を持ってくるし、こちらの言ってる事は(ほぼ無視するけど)理解しているように感じます。 ただ、本当によく動くのです。 あっちのオモチャで遊んだかと思えばこっちの椅子を押してみたり、かと思えば机の引き出しを開けてみたり。 私の事なんてお構いなしに動き回っていました。 集中力なんて皆無で、じっとしてる時も皆無。 本を読んでいる時はじっとしていますが、今日は初めての場所に興奮したのか終始動き回っていました。 人見知りはありません。 よく言われる言葉が「エネルギーが爆発してるね」です。 そこで気になったのが、1歳3ヶ月健診の時に受診した先生の言葉です。 「多動の子はこんなもんじゃないよ」 あの時は「そうなのか」程度でしたが、ここにきて多動の子の「こんなもんじゃない」がどんなものなのかすごく知りたくなりました。 息子は多動ですか?とこちらでお聞きしても、文章だけでは伝わらない事もあると思いますので、多動の子がどれだけ動くのか、をご存知の方がいらっしゃいましたらご意見を伺わせて欲しいです。 まだ心の整理が出来てない部分もありますが、もし息子が多動なら、私も知識を付けて成長を見守っていかなければと思っています。 今日、1歳半健診があり行ってきました。 事前のチェック項目の備考欄に「とにかく落ち着き無く動き回る子です」という感じの事を記入していました。 そして息子の健診になったのですが、案の定落ちつきく動き回っていたので、保健士さんに「断言はできませんが、多動の疑いが有ると言えます」と言われ、療育センターの案内をもらいました。 私は成長がゆっくり目な息子を心配して、1歳健診、1歳3ヶ月健診と、かかり付けの小児科で受けていて、そのどちらでも「成長はゆっくりだが、自閉症等の問題は見受けら... A ベストアンサー 2歳3カ月で多動を言われた双子の母です。 多動 って 言葉だけに惑わされないようにしてください。 私も言葉がへたくそなので傷つけないように気を付けるつもりですが 本当に下手なのでその点よろしくお願いします。 本当の多動 ・・・ これは 何かしらの障碍があり、多動が出ている場合は 話を聞くときもフラフラぴょんぴょん飛び跳ね 起きている間じっと座ることもできないようなもの。 これは多動。 ではうちの子の 多動 は ただ落ち着きがない。 これは家では別にそうではありません そういう診断中 先生の顔を見て 先生の話を聞いて座っていられた双子の弟に比べると 兄は立ってあっちに行ったりこっちに行ったりをしました。 多動 と言われました。 これは保健師さんではなく発達の専門家です。 心配だったのは実は兄ではなく弟の方でした。 癇癪ひどく3時間同じもので4時間でも遊び続ける 自閉症っぽい行動ほとんど当てはまりましたが、結果問題なし 私がまともだと思っていた兄の方に指摘を受けました。 それから毎日公園に散歩に行きました。 雨の日も出かけとにかく朝夕と遊びまくりました それから1年3歳2か月 また発達相談に予約が来たので行きました 先生は感動していました。 よくこれだけお座りできたねと。 弟は変わらず座っていて言葉は2歳半並み 兄は良く話すのにもかかわらず弟と同レベル これは体の発達が兄の方が早い為に聞き取りやすいだけであって言語レベルでは同じとのこと 兄は30分以上座っていられましたが、30分後、嫌なわからない質問が出てきて 帰ると言って立って靴を履きだしました 違うことをしようと、また座らせましたが 自分がしたいものではないと あれがしたいと先生の話をうまく聞けませんでした。 しかし全く障碍はないとの診断、 ただ、自分勝手なマイペースさんということで 引き続き発達相談は行い、じっと座らせ自分のしたいことを我慢して違うことを誰かと楽しくする訓練をするように言われました。 1歳で多動と言われる子は多いです。 近所の子も多動と診断を受けた子数人いますが ごく普通の子です。 ただ、専門家は見る目が違いますので親の普通と先生の普通はまた違います そして多動にも最初に述べたように 障碍ありの多動 と 性格 の問題の多動とあります。 どちらにしても、頭を殴られたショックを受けるものではないと私は思います。 自分が普通の子だと思っていた兄がそう診断を受けた私はよかったと思いました。 だって知らなければ私は努力もしなかったし、これでいいと思っていました 幼稚園で座っていられない子にはなってほしくないですからね^^ 小学生でも座っていられない授業を受けていられない授業中にトイレに行くこ躾のなっていない子が たくさん今の時代いますよ。 おっしゃるように多動ならどうすればいいのか そこを教えて欲しいですねその保健師さん? 毎日公園でエネルギーの発散することは大変いいことで、五感が発達し 体も発達すれば頭もいろいろ発達し落ち着くこともできてきます。 兄は普段じっとテレビを見ることも出来るし、パソコンも使いこなせます。 ただ 多動と言われた原因は、 そういう1対1で質問して答えてそれを続けていられないということ 2歳少しなら当然だと思っていましたし、家ではそんなこともありませんが 1対1で私と向き合って何かするということがなく双子なのでわかりませんでした でもおかしいと思う弟は家ではまた見せない姿を先生の前で見せて大変お利口で 次は何?と先生の顔をうかがいできたら褒めてと言う顔をしじっと最後まで座ってられたのです それだけでも多動と名前が付きました。 何かを診断する場合、 元気な子 とかじっと知れられない子 とかよりも 多動がわかりやすく そういう名前になっているだけの事。 訓練次第で落ち着く子もたくさんいます。 こんなものじゃないというのは本当に その通り、とにかくぴょんぴょんです。 また、近所の子は発達相談に行ってませんし検診しか言ってませんが明らかに私から見れば多動です。 毎日遊ぶ友達ですが、幼稚園に入ってもみな教室に入るのにその子だけが砂場に走ってしまいます 自分の好きなお遊戯だけはします。 名前が付いたから どうとかではなく、これからの育て方を教えてもらうだけですごく幸せなことで すごく子供の為に親がしてやれることの道が開けるんです。 落ちこむことなんてないですよ! 知らないで小学校になっても多動と診断されなくとも座ってられない子は可哀想だと思います。 じっとしない兄ですが、食事だけは躾の御蔭でキチンと座って食べれます。 後は親と向き合い訓練です^^ 2歳3カ月で多動を言われた双子の母です。 多動 って 言葉だけに惑わされないようにしてください。 私も言葉がへたくそなので傷つけないように気を付けるつもりですが 本当に下手なのでその点よろしくお願いします。 本当の多動 ・・・ これは 何かしらの障碍があり、多動が出ている場合は 話を聞くときもフラフラぴょんぴょん飛び跳ね 起きている間じっと座ることもできないようなもの。 これは多動。 ではうちの子の 多動 は ただ落ち着きがない。 これは家では別にそうではありません そうい... Q 6月現在1歳7か月の男児です。 夏にTシャツの下に肌着を着せるべきか悩んでい ます。 1年前の0歳児のときは2枚着せると暑そうだったので、上は半袖ボディスーツ1 枚で過ごしていました。 今年もそうしようと思ったのですが、周囲の同年代の 子はみんなシャツをズボンから出して着ているので、半袖ボディスーツ1枚ら しき子はいません。 Tシャツ1枚だとすぐにお腹が出てしまうのが気になってしかたがありませんし、 ノースリーブのボディスーツ肌着をTシャツの下に着せると、6月でさえ暑そう にしています。 周囲のママさんたちに聞きたいのですが、若いママさんたち自体がヘソ出しス タイルをしているので、聞けなくて困っています。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 今3歳の息子がいます。 去年の夏、暑くてかわいそうだと思ってTシャツ一枚で過ごさせていたら、あせもだらけになってしまいました。 Tシャツは下着ほどには汗を吸いません。 こまめにシャワーを浴びせて治し、かつ下着を着せるようにしたらあせもは治りその後再発しませんでした。 お腹が出るのが気になるのはなぜですか?冷えるから?だとしたら真夏は冷房に気をつければ冷えないと思います。 それとも気持ちの問題としてお腹が出るのが気になるのですか?だとしたらボディスーツタイプを着せるしかなさそうですが…。 ちなみに私は気分的にお腹が出ているのは好きでないので、この冬までは息子にボディスーツタイプの肌着を着せてました。 さすがにサイズが大きくなるとボディスーツタイプはなくなるので今はランニングタイプの肌着です。 でもボディースーツタイプより風通しがよくて本人にしてみたら暑い時期はこのほうがいいかも、と最近は思ってます。 Q 1歳の娘の育児にウンザリしています 1歳1カ月になったばかりの娘の事ですが、 とにかく1日中ぐずってばかりで、機嫌よく一人で遊ぶ事は1日のうちで 10分くらいです。 着替えさせようとすると、のけぞって暴れるし、 買い物に行くためにチャイルドシートに乗せると、乗るのが嫌でまた暴れたり、 わめきます。 スーパーに着いて、ベビーカートに乗せると、それに乗るのも嫌で、 10分足らずでぐずりだし、おりたがってわめきます。 無視して買い物していると、私が虐待しているかのような大声で叫んだり わめいたりするので、 結局いつも途中でベビーカートからおろし、 まだ歩けないので娘を片手に抱っこし、片手にかごを持って・・・という感じで 最低限の物だけ買って、急いでレジをすませますが、 抱っこしている時も、嫌がって暴れます。 ベビーカートも嫌、抱っこも嫌、で本当にどうしていいかわかりません。 スーパーのベビーカートが嫌なのかなと思い、自分ちのベビーカーに乗せた事もありますが 同じで、嫌がって乗ってくれません。 おもちゃを取りつけて気をそらそうとしてみても、だめだっだし 買い物している時に、お菓子やジュースをあげたりもしましたが、 お菓子はあっというまに食べ終わってしまって、そんなにたくさん与えたくもないので、 結局食べ終わるとまたぐずりだして、解決になりませんでした。 もう最近、買い物に行くのも憂鬱です。 たかが買い物なのに、帰って来るだけで疲れてしまい、家事をする気力もなくなります。 極力夫が休みの時に行くようにしていますが、夫は仕事柄不定休で、 休日出勤も多いので、1週間連続勤務という事もあり、 なかなか3人で行くという事も出来ません。 夫に、仕事の帰りに買って来てもらうという手もありますが、仕事が終わるのが9時過ぎで、 通勤に40分かかるうえ、近所のスーパーは夜10時には閉まってしまうので 帰りに買って来てもらうという事も出来ません。 また、娘はかんのむしが強いのか、家にいる時も、気に入らない事があると、すぐに そっくりかえって、わめいたり叫んだりします。 眠かったり、おなかがへっていたり、体調が悪いわけでもないのに、 すぐグズったり、わめいたりするので、私も1日中子供の相手をしていると、 頭にきてしまって、子供に怒鳴ってしまいます。 1歳検診でも、特に異常はありませんでしたが、こんなにぐずるのか心配で、 同じ年の子がいる知人に聞いてみましたが、 「うちはどっちかというと、おとなしいタイプだから、そんなにぐずらないかも・・・」と 言っていたし、保健センターに相談したりもしましたが、 「たぶん、そういう性格なんだと思うから頑張るしかないですね」と言われただけでした。 1歳1カ月の子って、こんなにぐずるものなのでしょうか? それとも、娘がこういう性格だからなのでしょうか? 最近は、どこへ行ってもこんな感じで、すぐわめいたりぐずるので、 外出もままなりません。 ちょっと気分転換したい、と思っても、出掛ける事が出来ず、ストレスがたまる一方です。 子供に対しても、常にイライラしてしまって、 ひどい時は「うっとうしい」「なんなの!?」と思ってしまいます。 正直、子供を保育園に預けて働いたほうが精神衛生上いいと思って、 片っぱしから保育園に問い合わせましたが、どこも待機児童がたくさんいて、だめでした。 娘は、女の子なのに男の子なみに声が大きいので、 わめかれたり、叫ばれると、頭にキーンときて、よけいイライラしてしまいます。 家事も、まともに出来ているのは洗濯程度で、食事はまともに作れていません。 夕飯の支度をしていても、子供がぐずって、うるさくて、 イライラしてしまうので、「あたためるだけ」の半調理品とか冷凍食品ばかりです。 夫は、休みの日は子供を連れ出してくれたり、 普段は出勤前に家事をやってくれたり、オムツを替えて行ってくれたりしますが、 サービス業のため、休みが少なく、連休もめったにありません。 なので、毎日子供と二人きりです。 いつまで、こんな状態が続くのでしょうか? いつになったら、「ちょっとは楽になった」と思えるのでしょうか? 2歳のイヤイヤ期が大変と聞きますが、 まだ1歳なのに、既にこんな状態で、もううんざりしています。 ちなみに、夫私共に実家は遠方ですが、1カ月に1度は自分の実家に1泊程度で帰っています。 1歳の娘の育児にウンザリしています 1歳1カ月になったばかりの娘の事ですが、 とにかく1日中ぐずってばかりで、機嫌よく一人で遊ぶ事は1日のうちで 10分くらいです。 着替えさせようとすると、のけぞって暴れるし、 買い物に行くためにチャイルドシートに乗せると、乗るのが嫌でまた暴れたり、 わめきます。 スーパーに着いて、ベビーカートに乗せると、それに乗るのも嫌で、 10分足らずでぐずりだし、おりたがってわめきます。 無視して買い物していると、私が虐待しているかのような大声で叫んだり わ... A ベストアンサー うちも上の娘が似たような感じの手のかかる子でした。 買いものに車(チャイルドシート)で行ったり、ベビーカーやショッピングカートに乗せて歩くなど考えられない子でしたので、どこに行くにも2歳近くまでは抱っこかおんぶでした。 2歳近くなってベビーカーにおとなしく乗るようになったわけではなく、私が下の子を妊娠し、切迫流産になってしまったため、やむなくお菓子でつったり帰宅後の魅惑的な約束で釣ったりして泣かれながらも強引にベビーカーに押し込むようになっただけのことですが。 でもベビーカーはなぜかその後2歳半位になったら突然好きになり、喜んで乗るようになりました。 (今、思いついて娘にきいたら、ベビーカーが嫌いだった理由はそれがママではなかったからで、好きになった理由はそれを押しているのはママだとわかったからだと答えました。 娘は人並はずれて神経が細かかったせいか、小さい頃の感情を驚くほど覚えているのです。 ) とにかくいつも機嫌が悪くぐずりっぱなしで、1歳から保育園に預けて仕事に復帰しましたが、正直私にとって仕事が憩いの場でした。 仕事から帰ってきた後の家事はまったく手がつけられず地獄でしたが、それでも仕事があってよかったなーといつも思っていました。 人見知り・場所見知りも激しく、知らない顔を見たり知らないところに行くとおびえたように泣きわめき、慣れた保育園以外に預けられるところなんてなかったです。 でもそんな中でも、少し楽になったかもという1段目の階段は1歳半頃でした。 言葉がほぼはっきりわかるようになったため、癇癪や言うこと聞かないのは以前と変わらなくても、なんとなーく手ごたえを感じるようになったのです。 わけもわからないままギャーギャー泣かれて一つも言うことを聞かないよりは、反抗されているらしいとか言われたことはわかったけれどそれはムリってことなんだなみたいな感覚が出てきて、気分的にほんの少し楽になりました。 実際にはその後も魔の2歳児、二人目出産のせいで赤ちゃん返りという具合に、試練は続きましたが、やっぱり言葉が通じるようになったというのは大きな要素でした。 手のかかる子供を育てている親の多くは、1歳半は一つのポイントだったと考えている人が多いみたいですよ。 その後完全に楽になったのは3歳の誕生日を過ぎてからですね。 3歳から4歳までは目覚ましく変わり、4歳になった頃には標準より手のかからない子になっていました。 神経質である分、周りに気を使ったり普段の行動も慎重で先生や親のいうこともよく覚えていますし、何を一人でやらせていても大きな心配はない感じですね。 まさに前の方の回答者さんがおっしゃっているあとあと楽になる子の典型だったと思います。 でもおどかすわけではないのですが、知人のお子さんで同じように小さい時手のかかる子だったのが、3歳4歳になってもまだまだ人一倍言うことをきかず困り果てているママを知っています。 こればっかりは子供の個性に負うところも大きいんでしょうね。 仕事をしていた分ちょっとラクをしていた私がいうのも説得力が弱いかもしれませんが、ラクになるいちばんの方法は、自分の子はそういう子なんだとあきらめることかなーと思います。 私もあきらかに周りのママたちより苦労が多いなーと自分の身を憂いたりもしましたが、結局自分の産んだ子なので自分がつき合ってあげるしかないんですよね。 頭ではわかっていても現実に24時間ぐずられて、寝付きも人一倍悪く、夜泣きもあるという子でしたから、親も体力が弱ってしまいます。 普段ほとんど熱なんて出ない私でしたが、当時は1週間のうち2日は熱が出てました。 そうなると気持ちも弱ってしまって、いい方向にに思えないお気持ちもすごーくわかります。 でも結局は、どんなに頑張っても半年後に大きく変わることはあっても明日急に変わるってことはないですから、あきらめるのがいちばんだと思います。 そんなもんだ、と無感動に、怒りを含めた感情のスイッチを遮断してしまうことがいちばんラクだと思います。 ただ淡々とつきあうのです。 できるかぎりご主人とはその辛さを共有してもらうことを忘れずに。 私も今となっては夫と、上の子はあーだったよね、下の子ではこんなにラクしてるけど、上の子ではありえなかったよね・・・などと笑い話が共有できています。 うちも上の娘が似たような感じの手のかかる子でした。 買いものに車(チャイルドシート)で行ったり、ベビーカーやショッピングカートに乗せて歩くなど考えられない子でしたので、どこに行くにも2歳近くまでは抱っこかおんぶでした。 2歳近くなってベビーカーにおとなしく乗るようになったわけではなく、私が下の子を妊娠し、切迫流産になってしまったため、やむなくお菓子でつったり帰宅後の魅惑的な約束で釣ったりして泣かれながらも強引にベビーカーに押し込むようになっただけのことですが。 でもベビーカーは... Q 1歳半の娘がいます。 ちょっと前まではなんでも食べてくれていましたがこの1ケ月ほど好きなものしか食べません。 食べるのはうどん等の麺類、パン、豆腐くらいです。 あと食べるものといえばコロッケや唐揚げは食べますがふた口ほどで終わります。 果物は一切食べません。 もちろんですがお菓子等の甘いものはいくらでも欲しがります。 栄養が足りてなさそうでミルクをあげていますが規定の一日400ccです。 色々おかずも試していますがどれもイマイチです。 肉じゃが、煮魚、焼き魚、ハンバーグ、グラタン、味噌汁、海苔巻、などなどあれこれ試していますが全然ダメです。 ご飯なら一粒ずつ口に運んで合計2~30粒が限界で私が口に入れてやると吐き出します。 うどんやパスタは具を入れると怒って具だけ手でつまんで出します。 パンもピザパン風に具をのせると吐き出します。 サンドイッチも具は食べません。 今までは何もお腹に入らないのはかわいそうだと思って多少は食べてくれるバターロールやうどん、コーンフレーク等を最後にあげてお腹を満たしていましたがこれがいけないのでしょうか。 最近、私も献立を考えることに疲れてきて今まで子供はこういう時期があると思って我慢してきましたがそろそろ限界になりました。 一生懸命になりすぎでしょうか? 今晩も何も食べなかったので夜のミルクも抜いてそのまま寝てしまいました。 朝もおにぎり(パンなら間違いなく食べるので)を食べなかったら何もあげないでおこうと思います。 こんな荒治療をされたことある方いますか? その結果、お腹を空かせてたべてくれましたか? 意味がないなら今までとおり食べてくれるものとミルクで乗り切るしかないと思ってますが。 そのうち食べてくれるんでしょうけど、いつ今の状態が終わるのかこの状態が長く続けば私がストレスになりそうです。 1歳半の娘がいます。 ちょっと前まではなんでも食べてくれていましたがこの1ケ月ほど好きなものしか食べません。 食べるのはうどん等の麺類、パン、豆腐くらいです。 あと食べるものといえばコロッケや唐揚げは食べますがふた口ほどで終わります。 果物は一切食べません。 もちろんですがお菓子等の甘いものはいくらでも欲しがります。 栄養が足りてなさそうでミルクをあげていますが規定の一日400ccです。 色々おかずも試していますがどれもイマイチです。 肉じゃが、煮魚、焼き魚、ハンバーグ、グラタン... A ベストアンサー kajitaさん、こんにちは。 それまで順調だったのに、突然食べなくなるのはよくあることです。 kajitaさんの書き込みを拝見する限り、お子様の体調の変化をとてもしっかりキャッチしてあげておいでなので、食べないときは無理強いしないで、ようすを見てあげる感じで大丈夫だと思いますよ。 我が家には7歳になった男児がいますが、これがまたムラ食い王者で、母乳育児だったのですが4歳すぎるまでほとんど何も食べませんでした。 母乳オンリーです。 でも体は頑丈で病気もほとんどしない元気な子です。 大人でも食べたくないときは食事を抜いたほうが調子がよくなることってありますから、内臓を休めているんだと考えて、お子様の要求を優先させてあげてくださいね。 もちろん水分は定期的に補給させるように、それだけ注意なされば十分だと思います。 何か病気で食べたくないのなら、お母様には必ずそれとわかると思いますし。 でも一所懸命考えて用意した食事をべーっとされると本当に情けないし腹が立ちますよね。 先は長いです、のんびりした気持ちを忘れないでくださいね。 kajitaさん、こんにちは。 それまで順調だったのに、突然食べなくなるのはよくあることです。 kajitaさんの書き込みを拝見する限り、お子様の体調の変化をとてもしっかりキャッチしてあげておいでなので、食べないときは無理強いしないで、ようすを見てあげる感じで大丈夫だと思いますよ。 我が家には7歳になった男児がいますが、これがまたムラ食い王者で、母乳育児だったのですが4歳すぎるまでほとんど何も食べませんでした。 母乳オンリーです。 でも体は頑丈で病気もほとんどしない元気な子です。 Q 1歳半の娘がいまだに夜2、3時間おきに起きて泣いています。 いつも20~21時に寝かしつけています。 たま~に5時間くらいまとめて寝ることもあるので新生児の頃よりはラクになってますが、寝ない時は本当寝なくて… 夕べは深夜3時過ぎまでずっと2、30分おきに寝たり泣いたりの繰り返しでもうげんなり… 抱っこしたり授乳すればだいたい寝るんですが、ぐずって泣き続ける時もあります。 お昼寝は1時間くらいで午前11時前後が多いです。 お昼寝がよくないのかなと思って無理に寝させないようにするとぐずぐずになってしまいます。 日中はお出かけしたり遊んであげたり、それなりに疲れさせてるつもりですが…。 待機児童中なので保育園には行けていません。 少食で食事は少ししか食べません。 一食につき大人の2、3口分しか食べないことも… それも原因の一つでしょうかね… 母乳はできれば卒乳がいいと思っています。 断乳しても必ずしも夜泣きがなくなるわけでもないそうなので、断乳は考えていません。 寝つきがよくなるコツや食べ物などありましたら教えてください。 1歳半の娘がいまだに夜2、3時間おきに起きて泣いています。 いつも20~21時に寝かしつけています。 たま~に5時間くらいまとめて寝ることもあるので新生児の頃よりはラクになってますが、寝ない時は本当寝なくて… 夕べは深夜3時過ぎまでずっと2、30分おきに寝たり泣いたりの繰り返しでもうげんなり… 抱っこしたり授乳すればだいたい寝るんですが、ぐずって泣き続ける時もあります。 お昼寝は1時間くらいで午前11時前後が多いです。 お昼寝がよくないのかなと思って無理に寝させないようにするとぐずぐずになって... A ベストアンサー うちも上の子は1歳半までは30分~1時間おきに泣いてました。 断乳したら、最初1か月ぐらいは激しい夜泣きや寝なくて困りましたが それを過ぎると朝まで寝るようになりました。 授乳を辞めて100%寝るわけじゃないですが 可能性はかなり高いですね。 特に、添い乳、授乳で寝かしつけをしてる場合は、です。 もしどうしても卒乳がいいとか、断乳したくないとしても 極力夜間の授乳や、寝かしつけの添い乳は抱っこやトントンにシフトした方がいいです。 いきなりやめるのが嫌なら、可能な限り、限界まで 少々泣いても抱っこで揺らしたりとか。 大人でも睡眠リズムというのがありますが 赤ちゃんも一定のサイクルで眠りが深くなったり、浅くなったりします。 添い乳で寝る子は、睡眠が浅くなると「ん?おっぱいがないぞ」と起きて泣きます ご存知の通り、半覚せいの子どもはそれはもうぐずりますので…。 いちいち抱っこは大変だからトントンとかのほうがいいかもしれませんね。 寝落ちするまで絵本をたくさん読み聞かせたりもしてました。 それから授乳を辞めたら、夜中に最初の2週間ぐらいはパンやおにぎりを欲しがるように。 消化器官も休むことなく夜中に動いて、そういうリズムになってたんだなぁと思いました。 夜中に眠れて、影響ない子なら授乳してもいいのでしょうけど… お子さんもまとまって眠れないのは多少負担もあるかもしれません。 小食も授乳が関係してると思います。 2~3口は少ないと思います。 1歳半の子が必要なカロリーを得ようと思うと 母乳は90%弱が水分なので、大量に飲まないといけません。 母乳が薄くなるわけでもないけれ必要な栄養やカロリーに対して効率が悪いんです。 だからある程度食事はしっかりとらせた方がいいと思います。 あとはどうしても添い乳も可能な限り続けたいというなら もしくは、泣くのに付き合ったりするより添い乳の方が楽だというなら もう、ある程度起きるのは仕方ないですよ。 体力も付くし、赤ちゃんの時以上に1歳半の頃は頻繁に起きていましたもの。 それはもう上の子は寝ない子でしたから。 免疫などメリットもあるので細々母乳を続けるのはいいですが 寝かしつけは少しずつ変えたほうがいいし、回数も減らした方がいいでしょうね。 食べ物だとレタスの煮汁がいいというので、レタスのスープとかどうでしょう。 あとは添い乳に変わる入眠儀式を何か作ることですね。 母乳を否定するわけではないですが どうしてもいろんな説の母乳に肯定的な意見を取りがちになるのがあると思いますが 減らすには減らすなりのメリットや説もありますので。 やめないまでも減らして卒乳へ誘導してあげるのも第一歩かなと思います 完全に子供が離れるまで自然にこだわるなら4歳ぐらいまで飲むかもしれないことも覚悟しないといけないですよ。 知人の子は二けたの年まで離れなかったって子もいますから。 うちも上の子は1歳半までは30分~1時間おきに泣いてました。 断乳したら、最初1か月ぐらいは激しい夜泣きや寝なくて困りましたが それを過ぎると朝まで寝るようになりました。 授乳を辞めて100%寝るわけじゃないですが 可能性はかなり高いですね。 特に、添い乳、授乳で寝かしつけをしてる場合は、です。 もしどうしても卒乳がいいとか、断乳したくないとしても 極力夜間の授乳や、寝かしつけの添い乳は抱っこやトントンにシフトした方がいいです。 いきなりやめるのが嫌なら、可能な限り、限界まで 少々泣...

次の

生後9ヶ月の離乳食。味付けはいつからか|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食 味付け

離乳食の味付けは中期(7ヶ月・8カ月)から少しずつ薄味で! 離乳食を開始して1ヶ月、2ヶ月が経過した、生後7・8カ月頃(離乳食中期)からは、風味付け程度なら砂糖やバターなどを使用した味付けが可能です(注1)。 赤ちゃんの味覚も発達し、味がしないメニューを嫌がったり、離乳食に飽きているようなときに上手に取り入れましょう。 ただし、大人が使う調味料すべてを使えるわけではないので、使用時期や量には注意してください。 なぜ初期は味付けしない?赤ちゃんの味覚はとっても敏感! 人間の味覚は「甘味」「酸味」「うま味」「苦味」「塩味」の5つですが、これらを感じ取るのは舌にある「味蕾(みらい)」という感覚器官です。 実は赤ちゃんにはこの「味蕾」が大人の1. 3倍も存在しているので、味覚が非常に敏感です。 まったく味付けをしない離乳食は、大人にとっては薄味でも、赤ちゃんはその敏感な味覚でしっかりと味を感じ取っています。 離乳食の味付けに使える調味料 離乳食中期からは、少量の調味料で味付けをしても構いません。 赤ちゃんが離乳食に飽きてきているとき、食べムラがあるときなどに上手に活用していきましょう。 バター|無塩タイプを中期から風味付け程度に! 普通のバターは塩分が多いので、無塩タイプを選びましょう。 中期から風味付け程度になら使用できます。 砂糖|食材の旨味を引き出すのに使える!少量を中期から使用する 初期から食べている野菜や果物にも糖分は含まれているので、中期以降、控えめに使用すること自体に問題はありません。 食べ物の旨味を引き出したり、コクをプラスします。 黒砂糖は、はちみつ同様に乳児ボツリヌス症の恐れがあるため、1歳までは使用しないでください。 塩|塩分の取りすぎは体の負担になるので後期以降に! 塩分は腎臓に負担がかかる可能性があるので、食塩を使用できるのは離乳食後期の9ヶ月過ぎからです。 日本人は世界的に見て塩分を摂りすぎているので、他の調味料に比べても、使用に関しては慎重に、極力少な目が望ましいでしょう。 大人が食べてみて物足りないくらいで十分です。 醤油|後期からOKだがアレルギーには注意 塩と同様、塩分が高いので後期から使用し始める調味料です。 大豆アレルギーの症状が出る可能性もあるので、風味をつける程度にします。 塩を使用した場合は使うのを控えましょう。 味噌|後期からだし入りではなく無添加が良い 離乳食後期から使えますが、だし入りタイプの使用は控え、無添加の味噌が望ましいです。 大人用のお味噌汁を離乳食として取り分ける時は、うわずみをすくって2~4倍に薄めてから与えます。 マヨネーズ|中期後半~後期に全卵を食べられるようになってから! マヨネーズの主原料は卵ですから、マヨネーズを与えて良いのは、 全卵を食べられた赤ちゃんのみです。 離乳食の時期としては、油分も多いので、少量から試すようにしましょう。 トマトピューレ(トマトペースト)|中期以降に薄めて加熱した食材に混ぜる トマトピューレは、トマトを煮詰めて、裏ごしした食材です。 食塩を含まないものなら、薄めて中期から使用できます。 赤ちゃんには少々酸っぱいかもしれないので、お粥やじゃがいもなどと混ぜて使いましょう ケチャップ|砂糖の含有量が多いため離乳食完了期1歳過ぎから 子供には大人気のケチャップですが、味が濃く、使えるのは離乳食完了期の1歳以降になります。 ケチャップには多量の砂糖も含まれています。 ケチャップの代用品として、砂糖や塩の含まれていないトマトピューレやトマトジュースで味付けをする方がおすすめです。 サラダ油|7ヶ月から薄くのばしてフライパン調理 生後7ヶ月以降は、多少ならサラダ油を使った調理もOKです。 ただし、消化器官が未熟な9ヶ月未満は控えめにし、できるだけテフロン加工のフライパンなどで火を通しましょう。 離乳食にはおすすめできない調味料• 酢…少量の使用なら問題はないが、離乳食の味付けには不向き・• みりん…アルコールが入っているので、離乳食期は原則使用不可・• はちみつ・黒砂糖…乳児ボツリヌス菌の恐れがあるため、使用不可。 離乳食の味付けのポイント 「あまり食べてくれない…」「レパートリーが少なくて飽きてしまうのでは?」など、離乳食を作る方の悩みは尽きません。 しかし、調味料を使う以外にも、赤ちゃんの食を進ませる方法はあります。 出汁(だし)を上手く利用する 味つけで大活躍するのがお出汁(だし)です。 昆布、かつお煮干しなど出汁自体の味を変えても、赤ちゃんの敏感な味覚なら違いがわかります。 大量に作って、製氷機で冷凍しておけば、少量から便利に使えます。 ベビーフードの出汁も活用OK! 時間がないという方は、市販されている離乳食用の出汁を利用しても大丈夫です。 大人用の顆粒だしには添加物や塩分が含まれているので使用できません。 最近のベビーフードの出汁の種類は豊富で、和風だしや野菜スープ以外にも、コンソメやホワイトソース、味噌汁のもとやあんかけなども存在します。 野菜スープで洋風の味付けも簡単 出汁と同様に。 野菜から作るスープも離乳食では大活躍します。 大きめの鍋で野菜を柔らかくなるまで茹でて、そのスープを小分けにして冷凍しておきます。 新鮮なものや旬の野菜を使用するのがおすすめです。 野菜スープでお粥を作っていつもと違う味にしたり、柔らかくしたパスタを入れたり、パンを浸したりと、簡単に洋風の味も楽しめます。 旬の食材を使用する 赤ちゃんには、ぜひ旬の野菜や果物、魚などを与えてください。 現代では、季節関係なく、野菜や果物、魚などを手に入れることができますが、旬の食材は最も生育条件が整った環境で収穫されています。 そのため、 味も良く、栄養価も高いというメリットがあります。 また、一般的には旬の時期の方が、販売価格も安いはずです。 食材が良いのなら、味付けは薄くても、おいしく食べられるものです。 マンネリ化を防ぐためにも、季節に応じてさまざまな食材を使用することを意識しましょう。 風味や旨味が強い食材を活用しよう 味付け=調味料ではありません。 風味が強い食材や旨味がある食材を利用することで、しっかりとした、満足度の高い1品に仕上げることは可能です。 1.焼き海苔【中期からOK】 栄養価の高い海苔は離乳食に最適な食材です。 お粥に混ぜたり、ふりかけにすると、香ばしい風味がプラスされて食欲を刺激します。 味付け海苔は塩分が高いので、焼き海苔を使用します。 また、大きいまま与えると喉に張り付いて危険です。 必ず小さくちぎり、中期は温かいお粥に混ぜる、煮るなどしてふやかしてから与えてください。 2.青のり【中期からOK】 青のりも風味づけに便利な海藻類です。 おかゆやうどんなどの炭水化物に軽くふると、豊かな磯の香りが広がります。 実は鉄分含有量が多いので、赤ちゃんの貧血が心配な生後9ヶ月以降には、積極的に使いたい食材の1つです。 3.きな粉【中期からOK】 お粥やパン粥、ヨーグルトなどと混ぜて、幅広く使用できます。 たんぱく質が豊富なので、単なる風味づけだけでなく、栄養面にもメリットがあります。 パサつき、むせやすいので、必ずとろみのあるものと混ぜるようにしましょう。 大豆原料なので、アレルギーには注意しながら与えてください。 トマト出汁を作ってみよう• 鍋にトマトと水を1:2の割合で入れる• 弱火でじっくり温め、沸騰後5~10分に立たせる• キッチンペーパーなどで濾す トマトそのものを離乳食に使う際には、皮をむき、口当たりが悪いときには種も取り除いてあげましょう。 安全性を高めるためにも、グルタミン酸を増加させるためにも、加熱が基本です。 昆布出汁との相性も良いので、スープなどに積極的に使ってください。 5.粉チーズ【中期からOK】 チーズも、トマト同様に旨味グルタミン酸を多く含む食品の1つです。 ただし、塩分は高いので、使用料には気を付け、軽く振りかける程度にしましょう。 野菜スープとの相性も良いので、グラタンやリゾットなど洋風の離乳食にはとてもよく合います。 6.豆腐【初期からOK】 豆腐は、しっかり水を切ってから食べると、はっきりとした大豆の風味を感じます。 赤ちゃんの敏感な味覚なら尚更のことでしょう。 お出汁で柔らかく似た野菜と和えれば、調味料を使わなくても、赤ちゃん用の白和えが完成します。 離乳食の味付けを薄くした方が良い理由 離乳食の味付けには時期によって調味料を使うことも可能ではありますが、極力薄味に仕上げることが望ましいです。 もちろん赤ちゃんの健康のためですが、他にも味付けを薄くした方が良い理由がいくつかあります。 味覚形成に影響する これまで母乳やミルクでしか飲んでこなかった赤ちゃんにとって、離乳食ははじめての食事です。 一度濃い味に慣れてしまうと、薄味での食事を「おいしい」と感じにくくなってしまい、今後の食生活に影響を及ぼす可能性があります。 消化器官に負担がかかる 赤ちゃんの消化器官は、まだまだ未発達です。 塩分や脂肪分、糖分が多い食事を食べた場合、赤ちゃんの消化器官には大きな負担がかかります。 大人が食べて「おいしい」と感じる料理は、赤ちゃんにとっては多すぎる塩分や糖分が入っている可能性が高いです。 基本的に「物足りない」と思う程度の薄味にして、消化を促してあげましょう。 生活習慣病になりやすくなる 濃く味付けた料理には、塩分や糖分が多量に含まれていますから、健康面が心配です。 最近では、子供の肥満(小児肥満)が増加傾向にあり、高度の小児肥満は、そのまま高血圧・糖尿病などの生活習慣病を合併する可能性も高くなります(注3)。 濃い味付けになれてしまっている子供は、野菜などの素材の味を嫌がったり、塩分・油分が多い高カロリーのものを好むようになりやすい傾向があります。 赤ちゃんへは、まずは素材の味を覚えさせることを優先させましょう。 離乳食だけでなく、家庭全体として、薄味を心がけることが健康には良いはずです。 離乳食の味付けは控えめに! 「おいしい離乳食を食べさせてあげたい!」という気持ちはわかりますが、赤ちゃんの味覚は私たち大人よりも繊細で敏感なので、薄味でも問題ありません。 出汁を上手に活用し、旬のおいしい食材を使えば、調味料の使用量を減らすことができるでしょう。 ママやパパも、赤ちゃんの離乳食をきっかけに薄味に慣れて、家族みんなで健康的な食生活を送りましょう!.

次の