アポロン ファミリア。 ダンまち6巻ネタバレ!遂に動き出すアポロン「戦争遊戯(ウォーゲーム)」勃発!!三大冒険者依頼(クエスト)の存在

ダンまち6巻ネタバレ!遂に動き出すアポロン「戦争遊戯(ウォーゲーム)」勃発!!三大冒険者依頼(クエスト)の存在

アポロン ファミリア

しかし翌朝、ベルとヘスティアの 本拠地 ( ホーム )に【アポロン・ファミリア】の襲撃が。 街中に追手が配置され、ベルとヘスティアが提案を呑むまで、どこまでも追い込む……それこそがアポロンの狙いだった。 ベルくんとの酒場での喧嘩を利用してウォーゲームを仕掛けてきたアポロンの罠にはめられるベルくんとヘスティアちゃんの様子が描かれる今回となっています。 しかし、そんな一方的なアポロンのやり方に反発をするヘスティアちゃん、それに強襲でベルくんを奪おうとするアポロン。 はたして二人の愛の逃避行の行方は!?そんなシリアス展開に手に汗握る今回、ベルくんの決断が気になる第2話であります。 ベルくんとアポロン・ファミリアの眷属とのケンカを利用してベルくん奪取のためにヘスティアちゃんにウォーゲームを仕掛ける太陽神・アポロン。 ダメじゃないか、ヘスティア。 ゲスな笑顔が気色悪い彼でありますw 天界の頃はヘスティアちゃんにも手を出していたというが、男女御構い無しかい💧 そんな、アポロンの罠にハメられるヘスティアちゃんとベルくん。 こんな茶番には付き合えないと出ていく二人。 しかし、翌日にダンジョンに出かける所をアポロン・ファミリアの連中から襲撃を受けることに。 ダフネ&カサンドラの二人に投降するように脅迫されるベルくん。 そんな彼等からヘスティアちゃんをお姫様抱っこで町中を逃げ回る彼であります。 おのれ、よくもベルくんとボクの愛の巣を! ヘスティアちゃん、いてる場合かwww そんなファミリア同志の抗争に心配そうなシルちゃんやリューさんの様子も。 リューさんの顔が1期よりもちょっぴりふっくらとしていて幼く見えるのは気のせいかな? ベルくんに気に入った相手にはしつこくつきまとうと投降を呼びかけるダフネさん。 ベルくんが捕まってくるのを待ちわびるアポロンがド変態すぎるぞw しかし、それにもベルくんは投降を拒否してその場から逃亡。 そんな彼にカサンドラさんは予知夢でこれ以上追うのは危険だという。 だが、それを信じようとはしないダフネさん。 追撃を始める彼女であります。 一方、ダンジョンに行くために待ち合わせるもなかなか来ないベルくんに胸騒ぎのリリルカちゃんとヴェルフ。 街ではアポロン・ファミリアがヘスティア・ファミリアを相手に抗争を始めたと噂に。 そのことはアイズちゃんにも伝わるが、フィンからは関わるなと釘を刺されてしまう。 18階層で助けた時とは違うと・・・ そんな中でギルドへ逃げ込もうとするヘスティアちゃんとベルくん。 しかし、そこに例のヒュアキントスが待ち構えていてベルくんと交戦状態に。 アポロンからの寵愛を受けるのは自分一人だと主に気に入られたベルくんに嫉妬丸出しなヒュアキントス。 ド変態アポロン眷属・ヒュアキントスもまたド変態だったぁああwwww あら、類友? そんなヒュアキントスの攻撃に全身ちまみれで追い詰められるベルくん。 エイナさんが抗争を止めるように上司に働きかけるもアポロンもペナルティを承知で仕掛けていると取り合おうとはしない。 その間にもヒュアキントスの攻撃を受け、満身創痍のベルくん。 すると、そこにリリルカちゃんたちが呼んだミアハ・ファミリアやタケミカヅチ・ファミリアが加勢に現れる。 ナァーザさんの狙撃でなんとかヒュアキントスから逃げ延びるベルくんとヘスティアちゃん、リリルカちゃんやヴェルフの協力で逃亡を続ける二人であります。 戦意を無くしたようにソーマ・ファミリアに戻るとどこかへ行ってしまう彼女であります。 リリちゃん、どぅしたん? しかも、どうもアポロンに加勢しているようにも見えるソーマ・ファミリア。 はたしてそれは何を意味するのか。 その一方で橋の下へと逃げ込んだベルくんとヘスティアちゃん。 ギルドまで逃げ切れないと感じた彼女はベルくんにこのオラリオから逃げようという。 と、そんな愛の告白に砲撃で邪魔をされたヘスティアちゃんwwww それに大激怒の彼女はギルドへの避難をとりやめてアポロン・ファミリアへ乗り込むことにw そこでアポロンに手袋を投げつけ、正式にウォーゲームを承諾するヘスティアちゃん。 そんな彼女に怪しい笑みを浮かべるアポロン。 余裕な彼のはたしてベルくん攻略の方法とは・・・ そして、戦いのカギを握るのはベルくんの成長。 リリルカちゃんのことは自分に任せて自分のやるべきことをしろというヘスティアちゃん。 そこでアイズちゃんに特訓を頼もうとファミリアにかけ合おうとする彼だったが、門前払い・・・ だが、それにヒュルテ姉妹の機転でベルくんはアイズちゃんと無事対面。 特訓を引き受けるアイズちゃんだったが、ベルくんの成長はいかに。 そんなわけで、たった二人のファミリアでアポロン・ファミリアにどうベルくんたちが挑むのかが気になる次回、ベルくんとアイズちゃんの特訓の模様に期待が高まります。 学園都市の超能力者序列第一位である一方通行(アクセラレータ)を主人公としたダークヒーローサイドの物語が描かれていく本作となっています。 そんな第1話では頭に銃弾を受けてミサカネットワークの補助を受けながら木原数多と戦いラストオーダーを救出した後から物語はスタート。 病院に入院中のアクセラレータだったが、そこに鷹田杳子ら三人の高校生が彼のDNA情報を奪うためテロ攻撃を開始することに。 そんな中でアクセラレータの回復を祝いにやってきたラストオーダーが戦いに巻き込まれてしまう。 そんな彼女を守るため戦うアクセラレータ。 そんな彼のダークヒーローっぷりが炸裂の今回、ラストオーダーのかわいさもたまらん第1話でありますw 当ブログでは著作権侵害ならびに 営利目的のために画像を利用いたしておりません。 著作権法第三十二条(引用) 『 公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 』の定義に基づき画像を引用させていただいております。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 また著作権者さまから左上に記載のメールにお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。 当ブログはAmazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 Count per Day• 1923現在の記事:• 350863総閲覧数:• 142今日の閲覧数:• 220222総訪問者数:• 97今日の訪問者数:• 1現在オンライン中の人数:• 2019年4月20日カウント開始日:.

次の

ダンまち2 第4話の感想 「勝敗の鍵を握ったのはシルがくれた首飾り(ペンダント)だった?」

アポロン ファミリア

よってここから先は での閲覧をお勧めします。 「 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの登場人物一覧」では、による「」及び「」の登場の紹介を行う。 なお、登場は所属組織ごとに分けるものとする。 【ヘスティア・ファミリア】 [:] 「、帰ってきましたー!」 本作品の。 が特徴で、しばしばに例えられる。 駆け出しの冒険者で、【 ・】の一の団員。 での出会いをめてオラにやってきた。 性格は 素直でひたむきだが、に対してはやや手。 ある時でのに陥っていたところ、同業者であるに助けられ、一惚れをする。 [:] 「ふふっ、君みたいな子に会えては者だよ」 地上に舞い降りてきた。 は「」。 との界線を揺れ動いているような幼い容姿をしているが、胸は大きいので他のからは「」「」と呼ばれている。 構成員がベル一人という細である為、【・】を支えるためにを行っている。 ベルに強い好意を抱いており、彼にのが近づくとをらせ、中でもベルの憧れであるには強にしている。 この項は、の重大な成分を含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 「は、あの人達を助けたい!!」 6巻にて、のザニスの陰謀により屋に監禁されるが、自分を助けに来た達のを知り自で。 その後に自らの覚悟を示し、彼の許しを得て【・】を脱退。 そして宗の儀を執り行い、【・】への入団を果たした。 【・】の二人の団員。 【・】の三人の団員。 そして上記ベルのという事態を知り、であるの後押しと自身の強い意思により【・】を脱退し、一年の限定期間付き(予定)で【・】へと宗した。 【・】の四人の団員。 のと瞳が特徴の。 ずけずけと物を言う皮屋な性格で、を「ど」とからかって度々喧をしている。 が好みで、の構成員であるを心底可がっている。 以前は々に殺し合いをけしかけるような危険なであったが、下界に降りてからは()達が大好きになり、性格も丸くなったと言われている。 [:] 「あの……、ですか?」 まで長いと色の瞳を持つの。 年齢は。 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、【】のを持つと名高い女士。 ベルの命の恩人であり、憧れの相手。 本作のである「」ではとして活躍している。 ・ディムナ [:] 「冒険者とはいんな時くらいは助け合おう」 【(ブ)】のを持つ、【・】の。 6の第一級冒険者。 小人族なので見たこそ幼いが、冒険者の間ではその名を知らぬ者はいない実者。 頭が非常にきれる。 の揮の為に時に冷な判断を下すこともあるが、のの安全を第一に考えて行動している。 普段は温厚な性格で、ネやのたちにもがある。 6の第一級冒険者にして、の副。 の王族である「」という種族で、オラにおいて名実ともにの。 は【九魔(・)】。 また、にも匹敵する絶世の美貌の持ちでもある。 たち若い冒険者を保護者のようなで見守っている。 ガ・ [:] 「がはは、すっかり親代わりになっているな、リヴェ」 【・】に所属するLv. 6の第一級冒険者で、筋々のの。 、リヴェとともにの首にして戦の一人。 【・】発足時から所属している古。 リヴェ同様保護者のような役回りが多い。 ナ・ヒリュテ [:] 「いっっくよぉーーーー!」 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、の。 「大双(ガ)」と呼ばれる巨大な両(両端がでん中が柄になっている)を操るで、は【大切断()】。 元気で明るく、のムード的存在。 同じであるネはので、ベートとはの仲。 ネ・ヒリュテ [:] 「さぁ、。 私ののです、たーんと食べて下さい」 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、の。 二の湾短()を駆使して戦う。 のであるナとべると的で落ち着いているように見えるが、その実は非常に好戦的な性格。 のであるに心を抱いており、積極的にしている。 ベート・ローガ [:] 「は弱ぇが大っ嫌いなだけだ」 【・】に所属するLv. 5の第一級冒険者で、人()の。 実至上義者の為、自分より格下の冒険者を見下す傾向にある。 その為ナやリヴェとしばしば意見が対立している。 粗暴で口は悪いが、というわけではなく、で誤解されやすい性格でもある。 最近のことが気になっている様子。 製のを装着した高速の蹴り技が得意。 は【(ヴァンド)】。 レフィーヤ・ウィリディス [:] 「守られているだけじゃいけないのに、いつも私は……」 【・】に所属するの。 3のであり、ではを務めることが多い。 たち第一級冒険者とべると経験に差があるものの、の実は非常に高く、条件を満たせばのを全て扱えることから【千の(サウザンド・)】のを持っている。 しかしいざに出ると及びになってしまい、本来のを発揮できないでいる。 何度も窮地を救ってくれたに憧れている。 ・ルド [:] 【・】に所属するので、Lv. 4の第二級冒険者。 遠征時は第一級冒険者たちのにとして同行している。 のより中層におけるの揮を一時的に任されるなど、彼からの信頼とりの実はある模様。 獲得した『魔石』の換交渉も任されているが、以前ちょろまかしてバレてしまったことがあるらしい。 ラクタ 【・】に所属する。 3になったばかりであり、同様【お勉強】という名でとして深層域のに同行している。 【ヘファイストス・ファミリア】 ヘストス [:] 「この期に及んで、また頼み事ですって?」 探索と師を生業とする巨大、【ヘストス・】の。 炎のようないといが特徴の。 とは界時代からの親友だが、地上に降り立った後も【ヘストス・】で自堕落に過ごすの姿に堪袋の緒が切れ、【】から追い出した後、最後の情けとして後に【・】のとなるの隠しを与えた。 [:] 「………いや、短(ミノたん)」 【ヘストス・】に所属している師での。 年齢は。 の商店区画で武具を探していたベルと出会い、彼の専属師と仮のを取り交わした。 師としての腕は確かだが、が独特なのが玉に瑕。 またを打てるクロッゾの血筋を受け継いでいるが、とある理由から作ろうとはしない。 快活で気の良い肌な性格。 【ソーマ・ファミリア】 【・】ので、至高のを造ることに全てを費やしている。 『()』という、飲んだ者を心の底から酔わせるのごとき美を製造することができる。 しかし造り以外には関心の為、のは団員達に任せきりで実質放置状態にある。 [:] 「、。 ですが、なんか探したりしていませんか?」 【・】所属ので小人族の。 年齢はで、称は。 のからを受けており、者扱いされた挙句から解除させられてしまった。 その後駆け出し冒険者であるベルに自分を売り込み、となる。 上級冒険者たちのに参加していた経験から、やの知識は豊富。 ザニス・ルス 【・】の。 2の冒険者で、をかけた細面のの。 は【守(ガンヴァ)】。 が碌に閥の統率をしないのを良いことに、団員達を私利私欲の為に操っている。 ・イ 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、の。 『最高に美味い』をめて【・】に入団したが、簡単にに有りつけない現状に不満を抱いている。 をしているザニスを良く思っていない様子。 カヌゥ・ベル [:] 【・】の構成員で、の中年。 でをている者の一人であり、に銭をたかっている。 【ミアハ・ファミリア】 ハ [:] 「ふははっ、お互い【】が細であると苦労するな」 な顔立ちをしたの男。 に回復を取り扱うのを営んでいる。 大らかな性格だが、商品でるをタダ同然で配ったりと、かなりのお人よしでもある。 【・】とは同じ極貧同士ということもあり、お互い懇意の関係にある。 ナァーザ・ 「ベル、どう、そろそろこの・なんか使ってみない……?」 【ハ・】に所属する人(プ)ので、が営むの。 年齢は。 どこか眠たげな雰囲気を持つが、商魂逞しく、隙あらばベルに高額な商品を売りつけようとするしたたかな一面も持つ。 元はLv. 2の冒険者であったが、とある事件がきっかけで冒険者を業した。 であるハに好意を抱いているが、彼のさや度を過ぎたお人よしに苦悩している。 【タケミカヅチ・ファミリア】 [:] 「いつも言っているが、初心を忘れるな」 然として男前な容姿の男。 にがある為、他の男からまれたりイジられ役になったりと、何かと不遇な扱いが多い。 探索系のを営んでおり、Lv. 2の冒険者を二人ほど輩出しているが、まだ下位閥の為、自らを行っている。 とは仲が良く、親友の間柄。 ・命(みこと) [:] 「それでは行って参ります、様!」 【・】に所属するLv. 2の冒険者。 年齢は。 長いとの瞳を持つ、で整った顔立ちのの。 礼儀正しく義理堅い性格。 普段はによる近接を行うが、一定領域にの檻を発生させる強なを扱うこともできる(ただし他の冒険者を巻き込む恐れがある為、間での使用は禁じられている)。 カシマ・(おうか) [:] 「はとも知らない等の命より、等の方がよっぽど大事だ」 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、の。 でにが致命傷を負い、もに囲まれのにあったところ、偶然通りかかったベルたちのにを押し付ける行為、『怪物進呈(パス・パレード)』を行った。 ヒタチ・千(ちぐさ) [:] 【・】に所属するLv. 1の冒険者で、の。 元を前で隠しており、どこかおどおどした印を持つ。 【フレイヤ・ファミリア】 [:] 「には悪いことをするけど……もらうわね、」 【・】と共にオラの二大閥だと言われている【・】の。 見る者すべてを虜にさせるような絶世の美貌を持つ、美の。 ものが好きで、が見たことのいような澄んだ魂の色を持つベルに一惚れをし、自分のに取り込もうと画策している。 正と負の二面性を持ち、的の為ならば手段を選ばない残酷な面も持つ。 オッ [:良寛] 「様のお心のままに」 【・】のにして、の右腕的存在。 2mをえる巨の人(ボアズ)。 年齢は歳。 オラで一のLv. 7というタスを持つ、の冒険者。 は【猛者(おうじゃ)】。 6になったを軽くあしらう程の実を持つ。 【ヘルメス・ファミリア】 [:] 「ははっ、つれないなぁ」 鍔広を被った、細身で優男の男。 非常に奔放な性格で、の拠点こそオラに置いているものの、自身は中をして回っておりはほったらかし状態なことが多い。 閥間では『台頭を好まず中立を気取る』という方針から、には団員たちのを偽って報告している。 く、「清濁併せむ抜けのない」。 最近オラでになっているベルにをつけ、手助けしたりちょっかいを出したりしている。 フィ・・ [:] 「このなら、後衛も私一人で十分ですかね」 【・】に所属するLv. 4の冒険者で、の。 ので、をかけたの。 普段は理知然とした雰囲気を持つが、のぶりに頭を悩ませることが多い。 【万者(セウス)】のを持つ実者で、稀代の魔具作製者()でもある。 ネ・ 【・】に所属するLv. 3の冒険者で、人の。 年齢は。 の人物から運び屋のを請け負ったところ、リヴィラので事件に巻き込まれてしまい、偶然わせた達と知り合うこととなる。 3巻ではとを組むことになり、作成()の技術やのを活かした立ち回りを披露する。 ガー 【・】に所属する冒険者で、虎人(ワー)の。 3巻にて隊を分ける際、と共にの揮を任された。 【・】に所属する冒険者で、の。 メ 【・】に所属する冒険者で、小人族の。 小柄ながらも上位としての実を持っている。 ネリー 【・】に所属する冒険者で、の。 のを務めている。 のを被っている。 のは自分の姿を模した像建造物で、名は『アム・』。 の勢も上位であり、優秀な師(テイマー)が多く所属している。 口癖は「がだ!」。 リー・ャー 【・】に所属する冒険者。 は【火炎爆炎火炎(ー・・)】。 自称「喋る火炎」。 6巻の【・】と【・】のにおいてを務めた。 ハシャーナ・ 【・】に所属するLv. 4の冒険者で、は【剛闘士】。 冒険者の間でも有名な実者だったが、を被ったの女との密会中に……。 【ディアンケヒト・ファミリア】 ディ がかったとをたくわえる初老の男。 治療と製のを営んでおり、【ハ・】は商売敵にあたる。 【ハ・】に多額の銭を貸しており、借の返済が出来ないハに直接取り立てに出向き、見下したりしている。 余談だが、上ではハはディのにあたる。 そして自分よりも才に秀でたハにし、何度も襲撃を繰り返し、最終的に頭を断ち割り絶命させたとされている。 アミッド・テナーレ 【ディ・】に所属するの。 聡明で心優しい性格で、たちとは信頼関係にある。 一級治療師としての技も持っており、【・】の相手に高額の商談を行っている為、での地位はりに高いことがえる。 【ゴブニュ・ファミリア】 ゴブニュ を連想させるような、小柄で逞しい体初老の男。 のである『三槌の場』でを営んでいる。 【・】も常連ので、のはゴブニュが鍛えている。 寡黙な性格で、の団員からは親方と呼ばれている。 【ディオニュソス・ファミリア】 ニュソス 富ののような外見をした品の良い男。 相手に隙をわせず、逆に相手の胸の内を見透かしてしまうかのような雰囲気を漂わせている。 ヴィス・シャ 【ニュソス・】に所属するLv. 3の冒険者で、の。 長いのと緋の瞳を持つ、を彷彿とさせるようなの。 『27階層の』という事件の数少ない生き残り。 その為他者との関わりを避けるようになり、内でもでありながら孤立している。 のニュソスにだけは心を開いていたが、共にを組んだレフィーヤに対しても次第に打ち解けるようになった。 でも対応できる士で、レフィーヤも舌を巻く程の実の持ち。 【デメテル・ファミリア】 デメ [:] 色のと豊満な胸を持つ。 柔和で大らかな性格。 やを栽培して売り出す商業系のを営んでいる。 に好きな男が出来たと聞いて々の様子。 【アポロン・ファミリア】 日ののようなのを持つ端正な顔立ちの男。 好色なで、気に入った者には性別を問わず熱に()をかけている。 どちらかというと男好き。 狙った者は地の果てまでも追っていくような、非常に執念深い性格。 ヒュントス・ 【・】のにしてLv. 3の第二級冒険者。 にも負けないな顔立ちをしたの。 であるに心酔している。 は【の寵童(ポエ・)】。 ダフネ・ラウロス 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、気の強そうな短の。 に見初められ、半ば強引に入団させられたという経緯を持つ。 ・イ 【・】に所属するLv. 2の冒険者で、おどおどした長の。 元は良い所のだったが、ダフネ同様強引に入団させられたがある。 本人く『予知夢』を見ることができる。 ・ 【・】に所属する小人族の。 の画策により、場にいたベル達に因縁を付けた。 しかし元々は小心者の為、命とはいえ損な役回りが多いことに不満を抱いている。 リッソス 【・】に所属するの。 のを任されている。 【イシュタル・ファミリア】 イシュ 煌びやかな装飾品と扇情的なを身にった、美とをる。 同じ美のであるに対してしい心を抱いている。 第一級冒険者のと第二級冒険者の団員を数人抱えており、の勢図はオラでも上位。 名は『女の(ベーレト・リ)』。 オラの歓楽第三区画は丸ごとイシュの息がかかっており、団員のどは婦として働いている。 フリュネ・ジャミール 【イシュ・】のにしてLv. 5の第一級冒険者。 2mをえるで、でありながらに覆われた巨大な体つきをしている。 [の・ギョロギョロと蠢く玉・横に避けた口唇]という醜悪な容姿をしており、初対面のベルにを連想させたほどであるが、当人は自分をかなりのだと思い込んでいる。 またに性欲が強く、歓楽を訪れ(てしまっ)た数多のを再起にしている。 リヴィラの街 ・ 18階層で上級冒険者たちがしている、『リヴィラの』の。 3の冒険者で、所属は不明。 左にをした面の。 見かけだけではなく実も兼ねえており、他の冒険者に対して強気な態度を取っているが、格上の冒険者(ベート等)には頭が上がらない様子。 ギルド ウラノス オラの管理「」の。 の地下に設けられた祭壇に鎮座する、2mをす巨体の老。 が発足する前の「」と呼ばれる時代、の侵攻にされる人類に「の恩恵」をもたらし、 や要塞の着工に尽したことから『オラの創設』として崇められている。 彼がに祈祷をげることで、の地上流出を防いでいると言われている。 年齢は19歳。 ほっそりとったと淡いの瞳を持つ、(との)の。 ベルののアドザーであり、駆け出し冒険者である彼の安否を常に気にかけている。 ベルのことは分のような存在だと思っているようだが、好きなを考えている時にベルを想像して動揺するなど、彼を異性として意識している節もある。 ミィシャ・フ [:] の受付嬢での。 背が低く、あどけない容姿をしている。 同僚のナとは仲が良い。 豊穣の女主人 ・ [:] 「、アタシにここまで言わせたんだ、くたばったら許さないからねえ」 場「豊の女人」の女将。 従業員や一部の常連客からは「」と呼ばれている。 の中でも一際巨体で、に対しても物怖じしない肝の据わった。 元はかなりの実を持った冒険者でもあった。 怒らせると相当に怖いらしく、場で争い事があるとのが降ると言われている。 冒険者として駆け出しのベルを、時に厳しくもなりにしている。 シル・ヴァ [:] 「っ、お、いてらっしゃるんですか?」 場「豊の女人」で働いているの。 年齢は。 薄鈍色のをおヘアーとにまとめている。 ある日、ベルが落とした魔石を拾ったことで彼と親交を持つようになる。 ベルに好意を抱いており、に通う彼の為に毎回を作って手渡している。 様々な人と触れ合い、新しい発見をするのが。 リュー・ [:] 「私が最初に手を振り払わなかったのは、方で三人です」 「豊の女人」で働く性。 年齢は歳。 礼儀正しく、生面な性格。 同僚であるシルの路をしている。 元はLv. 4にして「」のを持つ名うての冒険者だったが、ある事件をきっかけに冒険者を業した。 潔癖なにしては較的柔軟な対応ができる人物だが、認めた相手ではないと他者からの肌の接触を許さないという性質を持っている。 しかし5巻にてベルに自身の生い立ちを話し、自分から握手をしたり、普段のな表情からは考えられないようなを見せるなど、彼に特別な信頼を寄せるようになっている。 ・ [:] 「豊の女人」で働くピープルの。 ・ロロ [:] 「豊の女人」で働くピープルの。 ベルのに一惚れをしている。 ル [:芳野由奈] 「豊の女人」で働くの。 一見温厚そうだが、リューをので呼んだに対し、他の共々を放ったことがある。 関連項目• 外部リンク• nicovideo.

次の

ダンまち「ウォーゲーム」勃発!?第1話「神の宴(パーティー)」感想※6巻ネタバレあり

アポロン ファミリア

ダンまち2のOPより引用 感想(ネタバレあり) さあ戦争遊戯本番です。 第3話まで溜まりに溜まったヘイトの解消の時…と思ったのですが、案外あっさり終わっちゃいました。 う~ん、駆け足過ぎる。 この後にエピソード(たぶん春姫のやつ)に時間を割かなければいけないので、こんな風になったのでしょうけどちと残念でした。 特にヒュアキントスとベル君のバトル。 ベル君がアイズやティオナとの特訓でどれぐらいパワーアップしたのかわかりづらかったです。 一応ヒュアキントスがベル君が強くなったことを印象づけるようなセリフを吐いてましたけど、あれだけでは。 これまでアポロン・ファミリアへのヘイトが溜まっていた分、もっとスカッとしたかったのですけど。 今回の勝敗を決めたのはシルの首飾り(ペンダント)と言っても過言ではないでしょう。 仮にあの首飾りがなければベル君は敗北し、ヘスティア・ファミリアは解散になってたと思います。 第3話の感想記事はこちらからどうぞ。 前回はソーマ・ファミリアに捕らわれたリリをヘスティアたちが救出する話がメイン。 またリリに続き、ヴェルフと命がヘスティア・ファミリアへ改宗、さらにリューさんが助っ人参戦決定したところで終わりました。 ヘスティア・ファミリアの戦略とアポロン・ファミリアの戦略 今回の戦争遊戯。 形式は攻城戦で行われ、勝敗はそれぞれの大将が倒されるか、またはアポロン・ファミリアが3日間大将を守り切れたら終了となります。 アポロン・ファミリアとしてはヘスティア・ファミリアの大将を倒そうとせず、3日間過ぎるのを待てばいいのですから、無理に戦闘をする必要はありません。 一方の ヘスティア・ファミリアは敵の大将を倒さなければならず、そのためにはまず城へ入る必要があります。 しかしまともに正面から入ろうとしても入れないのは確実。 そこでヘスティア・ファミリアは大胆な役割分担をすることになります。 一体誰がこの戦略を考えたのでしょうかねぇ。 ヘスティア・ファミリアの団員たちの役割分担 ではヘスティア・ファミリアの団員たちがどんな役割を演じたのか一人づつ見ていきましょう。 リリの役割「内部潜入してかく乱&招き入れる」 リリの強みは変身魔法。 その 変身を使ってアポロン・ファミリアを大いにかく乱します。 誰も生意気チビのルアンにリリが化けているなんて思いもしなかったことでしょう。 と思ったら、カサンドラがはっきり「トロイが潜入した」と言ってましたね。 カサンドラの話にダフネが信じたら違った展開となったかもしれません。 ダンまち2 第4話より引用 アポロン・ファミリアは大人数だという驕りもあったのでしょうけど、もうちょっと耳を傾けるべきでしたね。 かく乱に成功した後はベル君とヴェルフを城に中に招き入れることにも成功。 たぶん今回一番活躍したのリリだと思いますわ。 ちなみにリリがルアンを誘拐し入れ替わった時のお話はダンまちのソーシャルゲーム「ダンメモ」の中で描かれております。 ダンメモより引用 興味がある方はダンメモをプレーしましょう。 初めてプレーされる方でも簡単にこのリリがルアンを誘拐するお話を見ることができます。 リューさんの役割「大規模陽動でアポロン・ファミリアの半分を引き受ける」 100人以上の団員数を誇るアポロン・ファミリア。 さすがにこれだけの人数を相手にしていると3日間なんてすぐに過ぎてしまいます。 そこで リューさんがあえて目立つような行動を取り、リリのかく乱でアポロン・ファミリアの約半分、50人の冒険者を引きつけることに成功します。 ダンまち2 第4話より引用 冒険者としてのリューさんはアポロン・ファミリアの団員たちより強いですけど、一度に50人も相手にするのですから生半可な覚悟ではできません。 それだけベル君を助けたいという気持ちが…と言いたいところですが、シルに頼まれたので頑張ったというのがリューさんの本心だと思います。 現時点ではリューさんにとってベル君はシルが惚れている相手ぐらいの認識なので。 あくまで現時点では。 命の役割「重力魔法で足止め」 リューさんの陽動で城の中のアポロン・ファミリアの団員の数は半減しました。 しかしそれでも50人以上はいるはず。 そこで 命は自分の重力魔法を使い、アポロン・ファミリアの多くの団員たちを足止めします。 ダンまち2 第4話より引用 城に潜入するところからずっと魔法の詠唱を続ける命。 魔法ってこれだけ長い詠唱をしなければ普通は発動しません。 無詠唱で放つことができるベル君のファイアボルトがどれだけチート技かよくわかりますわ。 重力魔法の発動に成功し、足止めに成功する命。 ただし自分も動けなくなることに。 ヴェルフの役割「魔法を使える冒険者の掃討とダフネの足止め」 アポロン・ファミリアで警戒すべきは団長のヒュアキントス、そしてダフネとカサンドラぐらい。 そこでダフネを足止めをヴェルフが担当することになります。 また同時に魔法を使う冒険者の一掃もヴェルフが担うことに。 ダンまち2 第4話より引用 ヴェルフの魔法は発動すると敵が放とうとする魔法を逆流させることができ、それを有効活用してアポロン・ファミリアの魔法が使える冒険者の一掃に成功します。 そういえばこの魔法、アニメ1期の時にバスパレードされた後、狼のモンスター相手にヴェルフが使ってましたね。 これで残りはダフネのみ。 同じレベル2同士、決着はつかなかったみたいですがヴェルフは十分役割を演じきりました。 ベル君の役割「ヒュアキントスを倒す」 最後はベル君です。 ベル君の役割は当然ヒュアキントスを倒すこと。 戦争遊戯に勝つため、そしてこれまで溜まった視聴者の鬱憤を晴らすことが期待される大きな役割です。 そしてベル君はその役割をしっかりと演じきりました。 ダンまち2 第4話より引用 ただし普通ならばベル君は敗北していましたね。 ベル君が勝てたのは戦争遊戯の前にシルから貰ったグリーンの首飾り(ペンダント)のおかげ。 あの首飾りが身代わりとなってヒュアキントスの攻撃からベル君を守り、その結果ベル君の逆襲が成功したのですから。 もちろんアイズからの助言「トドメを刺す時に隙ができる」も役に立ったと思います。 しかしアイズの助言も、あの首飾りでベル君が助けられた故に意味を成したのですから、やっぱり貢献度は首飾りが上だと思います。 あと 元を辿ればあの首飾り、フレイヤの物だったような描写が。 アイズたちとの特訓で確かに強くはなったけど、最後の最後で勝敗を分けたのはハーレム要員からのプレゼントだったとは。 まあプレゼント貰うのもベル君の人となりのおかげですから、すべてベル君の実力と言えなくもありませんが、何だかなぁと思ってしまいますわ。 アポロン・ファミリアの財産没収で大金持ちに ヒュアキントスがベル君に破れ、戦争遊戯は終了。 ヘスティア・ファミリアの勝利です。 さあ、ヘスティアの逆襲の始まりですよ。 ダンまち2 第4話より引用 ベル君を奪われそうになったり、ホームを破壊されたり、アポロン・ファミリアの団員に追い掛け回されたり…。 溜まりに溜まったヘスティアの鬱憤がすべてアポロンへ向けて爆発します。 ヘスティアはアポロン・ファミリアの全財産没収とファミリアの解散、そしてアポロンのオラリオ追放を要求します。 第3話でヘスティア・ファミリアが勝てば何でも言うことを聞くと言った手前、アポロンは従わざるを得ません。 まあ驕れる者は久からずですわ。 旧アポロン・ファミリアのホームを接収したヘスティアたち。 ダンまち2 第4話より引用 ヘスティアはこの機にファミリアのエンブレムを作ります。 でもヘスティアとベル君だけを示すようなエンブレムにするのはどうかと。 既に他の団員もいるのに。

次の