マオ メディカル クリニック。 東京都の心理カウンセリングを受けられる病院 79件 16~30件目 【病院なび】

医療法人エルア会マオメディカルクリニック(東京都東京都品川区南大井6丁目28

マオ メディカル クリニック

理事長・院長 : 植月 俊介(うえつき しゅんすけ) 略歴 2006年4月 宗像水光会総合病院 初期研修 2008年4月 医療法人 杏和会 阪南病院 認知症疾患センター担当 児童精神科担当医南大阪医療センター リエゾンコンサルテーション 非常勤いちメンタルクリニック 非常勤 2014年3月 静波 しずなみ こころの診療所 開院 2019年4月 マオメディカルクリニック 開院 資格 精神保健指定医 日本精神神経学会 精神科専門医 ドクターからひとこと 平成26年に大阪の天満で「静波こころの診療所」を開設し、その後多くのご縁に恵まれ、東京では大森で「マオメディカルクリニック」を開設することになりました。 「治す」から「変わる」という「未病への想い」のもと、複数科による多面的かつ柔軟に対応できる医院を目指していきます。 まずは身体の不調があればお気軽にお越しください。 マオメディカルクリニックの特徴 「治す」から「変わる」へ あなたの人生をカラフルにするクリニックを目指します 地域の方々のかかりつけ医として 内科外来は、地域の皆様の「かかりつけ医」として内科系疾患に広く対応し、日常的な不調や、健康管理をする身近な内科診療を目指します。 泌尿器科外来は、ご高齢の方に多い病気というイメージですが、最近増加傾向にある尿失禁や過活動膀胱、間質性膀胱炎など婦人泌尿器科といわれる分野や先天奇形、夜尿症を扱う小児泌尿器科、慢性腎不全における人工透析など診療分野も多岐に亘ります。 心療内科外来は、「病気を診るより、病人を診て」心と体の両面から治療します。 人を身体面だけでなく、心理面や社会面などを含めて、全人的に治療しようとするのが心療内科です。 皮膚科は、一般的な皮膚疾患への治療はもちろん、いぼ・ほくろやシミ・たるみなどの処置、また上まぶたが垂れ下がってお悩みの方へは、眼瞼下垂の手術などもおこなっています。 エントランスに描かれているクリニックのロゴマークは院長先生がデザインをされたそうで、受付に飾られている絵画も院長先生自ら描かれたそうです。 また、院内のカーテンや院長先生の白衣には可愛らしい絵が描かれており、親しみやすさを感じます。 スタッフの方も含め皆さんの笑顔がとても素敵でした。

次の

ホーム

マオ メディカル クリニック

理事長・院長 : 植月 俊介(うえつき しゅんすけ) 略歴 2006年4月 宗像水光会総合病院 初期研修 2008年4月 医療法人 杏和会 阪南病院 認知症疾患センター担当 児童精神科担当医南大阪医療センター リエゾンコンサルテーション 非常勤いちメンタルクリニック 非常勤 2014年3月 静波 しずなみ こころの診療所 開院 2019年4月 マオメディカルクリニック 開院 資格 精神保健指定医 日本精神神経学会 精神科専門医 ドクターからひとこと 平成26年に大阪の天満で「静波こころの診療所」を開設し、その後多くのご縁に恵まれ、東京では大森で「マオメディカルクリニック」を開設することになりました。 「治す」から「変わる」という「未病への想い」のもと、複数科による多面的かつ柔軟に対応できる医院を目指していきます。 まずは身体の不調があればお気軽にお越しください。 マオメディカルクリニックの特徴 「治す」から「変わる」へ あなたの人生をカラフルにするクリニックを目指します 地域の方々のかかりつけ医として 内科外来は、地域の皆様の「かかりつけ医」として内科系疾患に広く対応し、日常的な不調や、健康管理をする身近な内科診療を目指します。 泌尿器科外来は、ご高齢の方に多い病気というイメージですが、最近増加傾向にある尿失禁や過活動膀胱、間質性膀胱炎など婦人泌尿器科といわれる分野や先天奇形、夜尿症を扱う小児泌尿器科、慢性腎不全における人工透析など診療分野も多岐に亘ります。 心療内科外来は、「病気を診るより、病人を診て」心と体の両面から治療します。 人を身体面だけでなく、心理面や社会面などを含めて、全人的に治療しようとするのが心療内科です。 皮膚科は、一般的な皮膚疾患への治療はもちろん、いぼ・ほくろやシミ・たるみなどの処置、また上まぶたが垂れ下がってお悩みの方へは、眼瞼下垂の手術などもおこなっています。 エントランスに描かれているクリニックのロゴマークは院長先生がデザインをされたそうで、受付に飾られている絵画も院長先生自ら描かれたそうです。 また、院内のカーテンや院長先生の白衣には可愛らしい絵が描かれており、親しみやすさを感じます。 スタッフの方も含め皆さんの笑顔がとても素敵でした。

次の

医療法人エルア会マオメディカルクリニック(東京都東京都品川区南大井6丁目28

マオ メディカル クリニック

理事長・院長 : 植月 俊介(うえつき しゅんすけ) 略歴 2006年4月 宗像水光会総合病院 初期研修 2008年4月 医療法人 杏和会 阪南病院 認知症疾患センター担当 児童精神科担当医南大阪医療センター リエゾンコンサルテーション 非常勤いちメンタルクリニック 非常勤 2014年3月 静波 しずなみ こころの診療所 開院 2019年4月 マオメディカルクリニック 開院 資格 精神保健指定医 日本精神神経学会 精神科専門医 ドクターからひとこと 平成26年に大阪の天満で「静波こころの診療所」を開設し、その後多くのご縁に恵まれ、東京では大森で「マオメディカルクリニック」を開設することになりました。 「治す」から「変わる」という「未病への想い」のもと、複数科による多面的かつ柔軟に対応できる医院を目指していきます。 まずは身体の不調があればお気軽にお越しください。 マオメディカルクリニックの特徴 「治す」から「変わる」へ あなたの人生をカラフルにするクリニックを目指します 地域の方々のかかりつけ医として 内科外来は、地域の皆様の「かかりつけ医」として内科系疾患に広く対応し、日常的な不調や、健康管理をする身近な内科診療を目指します。 泌尿器科外来は、ご高齢の方に多い病気というイメージですが、最近増加傾向にある尿失禁や過活動膀胱、間質性膀胱炎など婦人泌尿器科といわれる分野や先天奇形、夜尿症を扱う小児泌尿器科、慢性腎不全における人工透析など診療分野も多岐に亘ります。 心療内科外来は、「病気を診るより、病人を診て」心と体の両面から治療します。 人を身体面だけでなく、心理面や社会面などを含めて、全人的に治療しようとするのが心療内科です。 皮膚科は、一般的な皮膚疾患への治療はもちろん、いぼ・ほくろやシミ・たるみなどの処置、また上まぶたが垂れ下がってお悩みの方へは、眼瞼下垂の手術などもおこなっています。 エントランスに描かれているクリニックのロゴマークは院長先生がデザインをされたそうで、受付に飾られている絵画も院長先生自ら描かれたそうです。 また、院内のカーテンや院長先生の白衣には可愛らしい絵が描かれており、親しみやすさを感じます。 スタッフの方も含め皆さんの笑顔がとても素敵でした。

次の