結婚式 友人 マナー。 結婚式お呼ばれゲスト♪服装やご祝儀など知っておきたいマナー

結婚式お呼ばれゲスト<当日のマナー>挨拶やご祝儀袋の渡し方

結婚式 友人 マナー

<目次>• 遅くとも2~3日中には返信するように。 祝儀袋と新札を事前に用意しておきましょう。 自信がなくても新朗新婦へのお祝いの気持ちを言葉にするつもりで引き受けましょう。 あらかじめ原稿を書いて読む練習をしておけば安心です。 特別な芸でなくても心がこもっていれば大丈夫です。 和装の場合、未婚女性は振袖が正装になります。 既婚女性は、訪問着や付け下げ、色無地にするのが一般的。 和装は、着慣れていなければ不安ですが、伝統的な美しさが映えます。 洋装なら花嫁の色である純白はもちろん白っぽい服は避け、花嫁より派手にならないように気をつけます。 男性は、昼はディレクターズスーツなどのフォーマルスーツ、夜はタキシードが正装。 最近の披露宴は昼に行われるのが多いので、ブラックスーツなら昼夜の区別なく着られるので便利です。 できれば、20~30分前には会場に着いておくように。 前日に御祝儀、服装などのチェックをし、当日は慌てないように気をつけて。 コートや手荷物などをクロークに預け、化粧室で身だしなみをととのえます。 披露宴の最中に席を立つのはNG。 ここで身だしなみの最終チェック。 そして持参したお祝い金を渡し、芳名帳に記帳します。 (必ず自分で記帳を。 代筆はマナー違反。 )夫婦で出席した場合、夫のあとに妻の名も並べて書きます。 祝儀袋はむき出しでバッグに入れず、必ず袱紗に包んで持参すること。 お祝いを当日までに贈っている場合も記帳しておきましょう。 また友人とおしゃべりばかりしないで、面識のない人とも話す気遣いを忘れずに。 乾杯の挨拶までは、厳粛な気持ちを持って静かに話を聞くのがエチケット。 ケーキ入刀は、前半のクライマックス。 司会者の合図で遠慮せずに前に出て写真撮影を。 同じテーブルの人がスピーチをしている時は、食事の途中でも手を止めて耳を傾けましょう。 トイレのタイミングは、スピーチの合間や歓談中に目立たないように。 できる限り周囲の人と会話しながら食事を進めましょう。 新郎新婦の話題で場を盛り上げます。 新郎新婦が再入場したら、拍手で迎え、自分たちのテーブルにやって来たら、「おめでとう」「きれい!」とお祝いの言葉をかけましょう。 料理が残っていたとしても未練がましくつついたりしないように。 両家代表の挨拶がすめば、お開きとなります。 退席の順番は特に決まりはありません。 タイミングを見計らって退席。 」などとお礼の言葉をかけるとよいでしょう。 また、大勢の人が退席するので、出口でのあいさつは手短に。 二次会の準備もあるかもしれませんので、新郎新婦をいつまでも引き止めないように。 【関連記事】•

次の

結婚準備ガイド 結婚式出席準備マニュアル【ウエディングパーク】

結婚式 友人 マナー

もくじ• 結婚式での友人代表のスピーチ!頼まれたらまずするべきこと 友人代表のスピーチを頼まれるタイミングとしては、結婚式の招待状をもらうかもらわないか位の頃かと思います^^ 一般的には、結婚式の2~3ヶ月前くらいでしょうか。 結婚式での友人代表のスピーチを頼まれたら、「えー、スピーチ? どうしよう!」って躊躇してしまいがちですが・・・まず何をするべきか見ていきましょうね! なるべく早くスピーチ可否の意思を伝える 結婚式での友人代表のスピーチを頼まれたら、引き受けるか引き受けないか、なるべく早く返事をしましょうね! なぜなら新郎(新婦)は、もしもあなたに断られたら、違う人に友人代表のスピーチを頼まなければいけないからです>< でもせっかく新郎(新婦)も、 「あなたに、ぜひお願いしたい!」と結婚式での友人代表のスピーチを依頼していると思うので、よほどの理由がない限りは引き受けてあげたいですね! 出産が近い場合などは辞退した方が無難 とはいえ、もしあなたが結婚式の前後に出産を控えている場合は、残念ながら友人代表のスピーチを辞退した方が無難かもしれません>< なぜなら、いくら大丈夫と思っていても出産日が早まったり遅れたりすることはよくあることだし、産前産後は体調が万全だとは言い切れないからです。 祝福の言葉• 自己紹介• 新郎(新婦)の人柄・エピソード• はなむけの言葉• 〇〇ちゃんと私は家が近所ということもあり、小さい頃からお互いの家に遊びに行くほど仲良しです。 〇〇ちゃんは昔から優しくて明るい性格の女の子だったので、私も〇〇ちゃんと遊ぶ時間を毎回楽しみにしていました。 〇〇ちゃん、覚えてますか? 小学校の夏休み、毎日のように学校のプールに行って真っ黒に日焼けするまで遊びましたね。 それに隣町まで自転車で行くことを「冒険ごっこ」と呼んで、地図を描いたりして散策しましたよね。 途中、2人で食べたおにぎりがとっても美味しかったのを今でも覚えています。 そして大人になってお互い社会人になると、「私たちも化粧をしながらお喋りするようになったね」って笑い合ったこともありましたね。 夜遅くまでお互いの恋愛の話をしたりすることもありました。 〇〇ちゃんとの思い出は、話し出したらキリがない位沢山あって、そのすべてが私の宝物になっています。 でもやっぱり、嬉しさの方が大きいです。 元々明るくて優しい性格の〇〇ちゃん。 家庭的でいい奥さん、そして将来いいお母さんになるだろうなと私は確信しています。 〇〇ちゃん、幸せになってね。 お2人の幸せが末永く続くことを、心よりお祈りしています。 本日は本当におめでとうございました。 ん~! 結婚式の友人代表のスピーチって感じ^^ 照らし合わせると、さっきの構成どおりのスピーチだね^^ そうですね。 上級者になると、司会者から名前を呼ばれた時に、同じテーブルの方々にも一礼して席を立つようですが、緊張して余裕がない時は無理にしなくてもいいのかな、と思います。 マイクに近づいて語尾までハッキリと喋る さて、せっかく新郎新婦に贈る、結婚式での友人代表のスピーチ。 緊張するかとは思いますが、マイクに近づいて語尾までハッキリと喋ることを心がけましょうね! 私は幼馴染みの結婚式での友人代表スピーチで、緊張のあまり立つ位置がマイクから遠くなってしまい、会場から「聞こえない!」とヤジが飛んで来たことがあります>< でもその方が続けて、「だって、せっかくのスピーチなのに・・・」と言って下さったので、 「ちゃんと聞いてくれてるんだ」と思い直し、マイクに近づいてハッキリと話し直すことができました^^ 普段やっている癖が出ないように気をつける 結婚式の友人代表のスピーチに限らずですが、緊張すると自分を落ち着かせるためか、無意識に普段やっている癖が出ることがあります^^; 例えば、髪の毛を触ったり、体を揺らしながら喋ったり・・・。

次の

結婚式での色留袖マナー!種類と選び方・着こなしポイント

結婚式 友人 マナー

結婚式 服装のマナー 男性の服装 服装のマナー 説明 ・「ハレの日にふさわしい服」プラス「会場の格にふさわしい服」を心掛ける。 ・ホテルでの挙式、結婚式場での結婚式、レストランでのウェディング、人前結婚式など、今ではスタイルもさまざまです。 基本的にはブラックスーツを中心にしたフォーマル、準フォーマルとなります。 また、「平服で」と招待状に書かれている式の場合でも、基本的にはスーツ着用またはカジュアル系でもジャケット着用が中心となります。 ダメージドジーンズ、スウェット、ジャージなどはNGです。 ・礼服に合わせるネクタイは、喪服を連想させるものはNG ・ブラックスーツに白ネクタイという定番スタイルの他にも、シルバーネクタイ、白銀ストライプ、白黒ストライプなどがあります。 蝶ネクタイを合わせることもあります。 喪服を連想させる黒ネクタイはNGです。 女性の服装 服装のマナー 説明 ・「ハレの日にふさわしい服」プラス「会場の格にふさわしい服」を心掛ける。 ・ホテルでの挙式、結婚式場での結婚式、レストランでのウェディング、人前結婚式など、今ではスタイルもさまざまです。 ドレス、ワンピース、着物など、 普段着よりも格式の高い服装を心掛けるだけでなく、結婚式の会場の格に合った服装を心掛けます。 基本的にはフォーマル、準フォーマルとなりますが、「平服で」と招待状に書かれている式の場合には、ふだんでも着れそうなワンピースなどにアクセサリーやコサージュ、ブローチなどでアクセントをつけましょう。 なお、和服の場合、既婚女性は振袖の着用は不可とされています。 振袖は未婚女性の正装であり、既婚女性の場合は黒留袖または色留袖などが正装(第一礼装)とされます。 ・昼の結婚式の場合はあまり肌を露出しない ・昼の結婚式の場合は、胸元が大きく開いたものや、肩ヒモだけのドレスなどは避けましょう。 ・白い色のドレスは避ける。 ・純白は花嫁の色とされています。 花嫁以外の女性は白い色のドレスを着用しないようにします。 ・新婦(花嫁)の友人や同僚の皆さんは明るい綺麗なカラーの装いを心がけると、会場が華やかになります。 (男性陣が黒礼服、親族が黒留袖という場合、華やかな色合いのドレスを着用するのは新婦の友人たちの年齢層に限られます。 地味な色よりも綺麗な色の服を選ぶと良いでしょう) ・ストッキングを着用する。 素足はNG。 ・ナマ足は不可。 ストッキングを着用します。 黒い礼服や黒いドレスを着用する時は喪服を連想させる黒ストッキングを避け肌色のストッキングにしましょう。 ・足の指が見える靴は好ましくない。 ・靴については、つま先が開いたデザインはなるべく避けるようにします。 サンダルや、ミュールも普段着の延長ですので、基本的には好ましくありません。 かかとだけがバックベルトになっているものなら良いでしょう。 その他 ・神社での挙式 ・寺での挙式 ・教会での挙式 ・近年人気の神前結婚式についてご説明します。 神社での挙式の場合でも、親族や参列者の服装は以下の1,2は同じ。 1.新郎新婦よりは控えめにする。 2.両親、媒酌人の服装の格は新郎新婦と同格にする。 …新郎新婦が正礼装なら、両親および媒酌人も正礼装。 新郎新婦が準礼装なら、両親および媒酌人も略礼装。 ・その他の親族の服装についても礼服・略礼服等については同様ですが、ファーについては、神社での神聖な神前結婚式では着用しないほうが無難かもしれません。 ・同様に、仏式の結婚式(菩提寺で行うもので、焼香などの儀式もあります)や、キリスト教式の結婚式(チャペル・教会で行うもの)についても、ファーは避ける方が無難でしょう。 ・人前結婚式や、カジュアルなレストランなどでの挙式であれば、服装も多少の自由はありますが、特に格式を重んじる会場の場合、ファーはマナー違反なので注意してください(結婚式場、披露宴会場のいずれも着用しないほうが無難です)。 2.結婚式・披露宴の女性の服装 結婚式では、原則としてフォーマルな服装が求められます。 招待状に「平服でおこしください」と書かれていても、男性ならダークスーツまたはスーツ等、上着やジャケット着用で、また女性の場合もワンピース、スーツ、ドレスなどが基本となります。 アクセサリーなどでフォーマル感を演出してください。 着付けやヘアメイクは、行きつけの美容院に依頼することが多いと思いますが、遠方での結婚披露宴の場合には、ホテルや結婚式場で着付け、ヘアメイクを予約することもできます。 できれば1ヶ月前には予約しておきましょう。 髪につけるアクセサリーは、あまり地味にならないよう、ドレスや着物とコーディネイトします。 披露宴の服装 (女性) 女性 披露宴の服装マナー(女性の服装) 季節 フォーマル系の会場の披露宴 (女性・女) 春 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 和服なら振袖、訪問着も可。 NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。 肌の露出の多いものもダメです。 素足やサンダル、ミュールは不可。 つま先の開いた靴も不可です。 黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。 夏 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 礼服を着用している男性に合わせてクーラーが効きすぎた会場・式場が多いので薄手でもショール、ボレロなどの肩にかけられるものを用意すると安心です。 和服なら振袖、訪問着も良いでしょう。 ただし暑苦しい印象にならないように注意してください。 NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。 肌の露出の多いものもダメです。 素足やサンダル、ミュールは不可。 つま先の開いた靴も不可です。 黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。 秋 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 和服なら振袖、訪問着も可。 NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。 肌の露出の多いものもダメです。 素足やサンダル、ミュールは不可。 つま先の開いた靴も不可です。 黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。 冬 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 和服なら振袖、訪問着も可。 NGの服装 新婦の色である白い色の服はNG。 肌の露出の多いものもダメです。 素足やサンダル、ミュールは不可。 つま先の開いた靴も不可です。 黒いドレスの場合にはストッキングは黒は避けます。 会場内では、コートや防寒着の着用はNG。 また、ファーのついたボレロや羽織りものなどもよほどくだけた式でないかぎり基本的にはマナー違反です。 3.二次会の女性の服装 結婚式の二次会とひとくちに言っても、フォーマルなものから比較的カジュアルなものまでさまざまです。 服装の大原則は会場の格に合わせることですが、ホテルなどでの挙式・披露宴の後でそのまま流れていくような二次会の場合は、ほとんどの出席者がそのままの服装で出席します。 同じ服装のままで二次会に出席する場合には、羽織り物をストールからボレロに変えたり、カーディガンにしたり等、変化をつけても良いでしょう。 同じドレスでもアクセサリーやコサージュを変える、スカーフを使う、ストールを使うなどの工夫でイメージを変えることができます。 カジュアルなレストランや居酒屋などで、肩のこらないごく親しい人だけの二次会の場合には、服装も比較的カジュアルになります。 下記は、季節ごとに会場の格や雰囲気に合わせた服装を紹介したものです。 また、あまりにも肌の露出の多い服装は基本的にはNGです。 季節 判定 フォーマル系の会場の二次会 (女性・女) カジュアル系の会場の二次会 (女性・女) 春 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。 ワンピース、スーツなどが望ましい。 できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。 夏 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。 ワンピース、スーツなどが望ましい。 できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。 秋 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。 ワンピース、スーツなどが望ましい。 できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。 冬 OKの服装 フォーマルドレス、フォーマルワンピースがメインです。 披露宴からそのまま流れる場合には振袖、訪問着も可。 季節柄、ボレロなども可。 披露宴では毛皮は不可です。 二次会でも毛皮はできれば避けた方が無難かもしれません。 ワンピース、スーツなどが望ましい。 できればブラウス+スカートだけよりもジャケット(あるいはカーディガン、ボレロ等)がある方がベター。 季節柄、ファーを使ったボレロなども可(毛皮は披露宴では不可です。 カジュアルな会場での二次会では許される範囲でしょう。

次の